« ■鴻上尚史 脚本・演出 虚構の劇団『エゴ・サーチ』 | トップページ | ■感想 京極 夏彦『死ねばいいのに』電子本 »

2010.07.15

■RED Digital Cinema - EPIC-X S35

Photo

RED / Index 公式                          

 2540プログレッシブで60fpsまでのRAWファイル収録。4520 x 2540 ピクセルで、Mysterium™ はあなたの掌の中で純粋なデジタル映像であるウルトラHD映像を録画します。

 フィルムカメラ同様に被写界深度とフォーカスを合わせることができます。Mysterium™ は29平方ミクロンピクセルに66db以上のS/N比で処理します。
 12,065,000ピクセルという超高解像こそウルトラHDと呼べる映像です。

 雑誌『ビデオサロン』で見た超ハイビジョンカメラ。これ、アメリカのベンチャーのものなのですね。業界では有名のようで今さら紹介しても、新しくはないのだけれど、なんと言ってもこのカメラのデザインと構造が素晴らしいので取り上げた。

 各機能ごとに四角いブロックで組み合せていく、このプラグマティックなデザイン! ハイビジョンの次世代をこうしたカメラに奪われないよう、SONYとPANASONICにも頑張ってほしいもの。

YouTube - Createasphere - RED Digital Cinema - EPIC-X S35 - Hands On Preview - Playback

|

« ■鴻上尚史 脚本・演出 虚構の劇団『エゴ・サーチ』 | トップページ | ■感想 京極 夏彦『死ねばいいのに』電子本 »

コメント

 ぬさん、コメントありがとうございます。

>>学研の雑誌広告にあった「電子ブロック」思い出しました。
>>組み替えると嘘発見器になったりしてw

 確かに電子ブロック感覚ww。
 組み替えて3Dカメラにはなりそうですね!

投稿: BP(ぬさんへ) | 2010.07.17 07:23

学研の雑誌広告にあった「電子ブロック」思い出しました。
組み替えると嘘発見器になったりしてw

投稿: ぬ | 2010.07.15 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/48729540

この記事へのトラックバック一覧です: ■RED Digital Cinema - EPIC-X S35:

« ■鴻上尚史 脚本・演出 虚構の劇団『エゴ・サーチ』 | トップページ | ■感想 京極 夏彦『死ねばいいのに』電子本 »