« ■MM9 特撮メイキング 限定公開中 | トップページ | ■iPhoneアプリ PRO HDR うちの近所はサイケデリック »

2010.10.18

■MACULA プラハ旧市街 天文時計 建築+CGマッピングパフォーマンス : Mapping during 600 years anniversary of the astrological tower clock situated at Old Town Square in center of Prague

The 600 Years from the macula on Vimeo
 2010.9/10、ヤン・シュヴァンクマイエルの自宅からほど近い、チェコプラハの旧市街地区のマジック・リアリズムな映像空間を映し出したビデオ。
 これには鳥肌が立ちました。凄い。記事を読む前に、とにかく一見を。できれば大ボリュームで音響も楽しむことをお薦めします。

the macula(公式HP) 制作したアートグループ

"Mapping během oslav 600 let Staroměstského orloje na Staroměstském náměstí v Praze. Mapping Macula, Lukáš Duběda, Michal Kotek.

Mapping during 600 years anniversary of the astrological tower clock situated at Old Town Square in center of Prague.
Mapping by Macula, Lukáš Duběda, Michal Kotek.

hudba / music: data-live
foto & video/ photos & video: Michal Ureš
teaser audio: Hecq -Typhon"

『プラハの天文時計』600周年記念イベントで魅せた驚愕のプロジェク映像トパフォーマンス:カラパイア

"プラハの天文時計は、1410年に時計職人ミクラーシュとカレル大学の数学教授ヤン=シンデルが製作。今年が建立600周年にあたり、チェコの映像プロダクション『Tomato Prodaction』は、この時計台を使ったプロジェクトアートを上映した。"

Twitter / 俵屋宗達さん(Twitter/shamonさん経由)

"ラテルナ・マジカ」のチェコなので映像には驚かないけど、驚異の完璧マッピング!さすがとしか言いようがない。"

Twitter / 俵屋宗達さん

"『プラハの天文時計』は観光名所になって世界中から人を集めているけれど、作られた当時はハイテク技術の機密情報の塊だった。特許制度のなかった当時、作った 天才技術者はどうなったかというと…近隣諸国に技術移転して国家に経済的ダメージを与えないように、完成直後に捉えられて目を潰された。"

The 600 Years on Vimeo.

"Hi...thank you for very kind words. Yes, all was done with two Christie projectors (2x18000 lumens in HD). No additional lights in composition:)"

 映像はご覧になっただろうか。
 MACULAがコメントしているように、これはChristie社(クリスティ・デジタル・システムズ)の18000ルーメンのプロジェクタ2台のみを用いた建築物へのCG映像のマッピングプロジェクトの一大成果。

 映像のソリッドな感覚と壮大なディジタル音響の効果で、チェコプラハの旧市街地区が魔術的な空間に転移している。これを究極映像と言わずして、なんとしよう。この現場に立ち会えなかったのは、まさしく残念。そうそうチェコに行けるわけではないのだが、痛恨(^^;)。
 ヤン・シュヴァンクマイエルはこのパフォーマンスを観たのだろうか?

Photo

 この手法、日本の建造物には合わないかもしれないが、是非、国内でもイベントが実施されてほしいものである。

◆関連リンク
YouTube - Prague 600 years anniversery / Praha oslav 600 let Staroměstského orloje
 別のアングルからの動画。斜めからなので立体感がある。
・制作したMACURAの本プロジェクト公式HP
 時計塔に映し出された映像素材だけのムービー(一部)もあります。
 ※初めての方は、まず本ページトップの縦長動画を必ず先に観て下さい!
MACULAのプロジェクト
 他にも各地で歴史的建築物と映像のマッピングプロジェクトを繰り広げているようで、6つのプロジェクトの動画を観ることが出来る。チェコの魔術的芸術の血が流れていますね、まさにマジックリアリズム。
Tomato Production
 驚異の映像を企画したチェコのTomato Production。この公式HPはコンテンツがほとんどないですね。何をしているプロダクションなのか、よくわからない(^^;)
Data-Live
 音楽を担当したチェコのData-Liveの公式HP。
・その音楽はSOUND CLOUDのData-Liveのページで聴ける。
MACULAのVIMEOの動画HP
 公式HPになかった動画もある。Data-Liveとの別のパフォーマンスとか。
プラハの天文時計 - Wikipedia

"プラハの天文時計(てんもんどけい)またはプラハのオルロイ(Prague Orloj, チェコ語 Pražský orloj, [[praʒski: ɔrlɔi]])はチェコ共和国の首都プラハにある中世の天文時計のひとつ。同市の観光名所として名高い。 このオルロイは3つの主要な部分、すなわち空の太陽や月の位置などの天文図を示すための文字盤、「使徒の行進 (The Walk of the Apostles)」と呼ばれるキリストの使徒などが時間ごとに動く人形仕掛け、それから月々を表す浮き彫りの暦版からなる。"

◆当Blog関連 過去記事
チェコプラハ① ヤン・シュヴァンクマイエル他監督『Kouzelny Cirkus (Wonderful Circus)』at ラテルナマギカ
 プラハのマジックリアリズムの一つ、ラテルナ・マギカについて。
・ヤン・シュヴァンクマイエルが一部演出した舞台"kouzelny-cirkus"のビデオ

|

« ■MM9 特撮メイキング 限定公開中 | トップページ | ■iPhoneアプリ PRO HDR うちの近所はサイケデリック »

コメント

 say*3さん、あいかわらずの亀レス、すいません。

>>チェコは機会があれば言ってみたい国のひとつです。

 僕は海外出張時の土日にプラハへ寄っただけですが、よかったですよー。是非、是非、あの迷宮の街へ。

投稿: BP(say*3さんへ) | 2010.11.06 09:54

チェコは機会があれば言ってみたい国のひとつです。
ヨーロッパは何ヶ所か行きました(仕事絡み)が、東欧はないんですよね。

投稿: say*3 | 2010.10.18 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/49764758

この記事へのトラックバック一覧です: ■MACULA プラハ旧市街 天文時計 建築+CGマッピングパフォーマンス : Mapping during 600 years anniversary of the astrological tower clock situated at Old Town Square in center of Prague:

« ■MM9 特撮メイキング 限定公開中 | トップページ | ■iPhoneアプリ PRO HDR うちの近所はサイケデリック »