« ■iPhoneアプリ PRO HDR うちの近所はサイケデリック | トップページ | ■ヴァーチャルリアリティ学会誌 磯光雄他「アニメ『電脳コイル』にみるリアルとバーチャルの接点〜複合現実感の未来実現形態を探る」 »

2010.10.20

■天願大介 脚本・演出 métro第2回公演「舞台版・妹と油揚」

Photo_2

演劇ユニットmetro公式HP 「舞台版・妹と油揚」の宣伝用動画

 2009年12月3日(木)〜13日(日) at SPACE雑遊

 天願大介のPFFアワード作「妹と油揚げ」の芝居が、昨年、公開されていた。
 公式HPの「過去の公演情報」にある芝居のポスターが強烈。左が自主映画版、右がmétroの舞台版。イヅナの鴇巣直樹氏が鬼気迫る表情。
 既に公演は一年近く前に終わっているが、この舞台、なんとかDVDが出ないものかな。演劇はその一回性が素晴らしいのだけれど、地方ファンのために、是非ともDVDをPlease!!

Photo_2

 天願大介監督の自主映画「妹と油揚げ」を観たのは、既に20年くらい前だけれど、衝撃の一本だった。
 特に、鴇巣直樹演ずるイヅナは映画版でも凄かった。
 この作品、もう一度観たい。昨年末上映会が東京であったとは!

◆最近の天願大介の仕事
・métro 2010年の公演
 週刊大極宮 | 大極宮 -大沢オフィス公式ホームページ-

"月船さらら×出口結美子の演劇ユニットmetroの第三回公演がありました。
 一回目は「陰獣」、二回目は「妹と油揚げ」でありまして、今回は谷崎潤一郎『痴人の愛』。出演は月船さん(ナオミ)と池下重大さん(譲治)、天願チームの怪優・鴇巣直樹さん(痩せた男)。今回出口さんはプロデューサーと声の出演。
 一回目はミステリ、二回目は妖怪(全日本妖怪推進委員会推進舞台)ということで、僕なんぞにもお呼びがかかりまして、脚本・演出の天願大介さんとトークなどをさせていただきました。"

 京極夏彦がエッセイで上のように書いている。
 京極と天願の対談、これは興味深い。(残念ながら既に終了)

 最新では、天願大介、三池崇史監督の『十三人の刺客』で脚本書いている。巷の評判がいいので、僕も天願シナリオを観に行きたいのだが、なかなか時間が、、、。
 それにしても、『世界で一番美しい夜』(2008)に続く監督次回作はどうなってるんだろ?

◆旧作だけれど、、、 

 今村昌平監督『カンゾー先生』観た。天願大介との共同脚本。
 さすがに今村昌平の最高傑作、というわけではないけれどなかなか良かった。なにしろクライマックスで、あんなスペクタクルがあろうとは、、。老いても豪快ですね。そして天願のシナリオの力なのかも。

|

« ■iPhoneアプリ PRO HDR うちの近所はサイケデリック | トップページ | ■ヴァーチャルリアリティ学会誌 磯光雄他「アニメ『電脳コイル』にみるリアルとバーチャルの接点〜複合現実感の未来実現形態を探る」 »

コメント

 IT革命の戦士さん、コメント、有り難うございます。

 天願監督、映画の結構がカッチリとして、それでいて情念をとらえていて、とても魅力的な映画を撮る監督/脚本家さんですね。

>>映画はどうもエログロとまではいかないまでも、セクシーな作品が多そうですねえ。

 天願大介 - Wikipedia
 たしかに人間の性がテーマのひとつであることは間違いないですね。というより、人の営みがテーマというか。

 僕は『アジアン・ビート(日本編)アイ・ラブ・ニッポン』『暗いところで待ち合わせ』とか好きです。後者は性からは離れて、サスペンスをエンタテインメントとして見事に描いた、どなたにでもお薦めできる傑作です。

投稿: BP(IT革命の戦士さんへ) | 2011.02.20 19:18

天願大介監督のお父さんが、あの今村昌平監督とは驚いた。私は最近の映画にはうといので、天願監督を知ったのは、三池監督のサイトです。庄内映画村での三池監督との写真を見た時、お世辞ではなくいい顔をした監督さんだなと思いました。きっとお父さんも若い時分は、ああいう顔をしていたんだろうなと思う今日この頃です。苗字の天願は母方を名乗っているのか、それともペン・ネームなのか・・・?そんなことはどうでもいいことかもしれませんが。映画はどうもエログロとまではいかないまでも、セクシーな作品が多そうですねえ。

投稿: IT革命の戦士 | 2011.02.20 03:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/49759811

この記事へのトラックバック一覧です: ■天願大介 脚本・演出 métro第2回公演「舞台版・妹と油揚」:

« ■iPhoneアプリ PRO HDR うちの近所はサイケデリック | トップページ | ■ヴァーチャルリアリティ学会誌 磯光雄他「アニメ『電脳コイル』にみるリアルとバーチャルの接点〜複合現実感の未来実現形態を探る」 »