« ■プロジェクション・マッヒング seeper - Interactive Arts + Technology Collective | トップページ | ■ヤン・シュヴァンクマイエル 新作『Surviving Life』に関するパリでのティーチイン »

2010.12.14

■押井守のノート映像 @ MOLESKINノートブックの世界巡回展「Detour」

Detour Exhibition - MAMORU OSHII from Moleskine ® on Vimeo

押井守監督的なもの: MOLESKINノートブックの世界巡回展「Detour」のビデオ

" 昨年見に行きたくても行けなったMOLESKINEの展示会。実はそこに押井守監督のノートも展示されていたのである。
 ここに描かれた絵、これは何かと思っていたのであるがよくよく見てみるとヒルズで行われている226のイベントで公開されたとある短篇の元になったもののようである。しっかり「G2.5」というロゴも見て取れるのでその場に居た方ならピンと来たことだろう。"

 モレスキンのノートブックに著名人が描いたメモの展示会があったようです。
 そしてその中の1冊が、押井守のイメージスケッチ。
 そしてその動画が上に掲載されている。

 リンク先にある"G2.5"とか"ヒルズ"というキーワードと、押井守の名で、ググっても詳細は不明。226は"Howling in the Night 押井守《戦争》を語る"のことと思われる。

 どうやら、この226の内容は、会場以外で、一切、口外無用ということなのでネットにもそこで上映された映像の情報がほとんど存在しない。

Moleskin

 そこでは、いつも特別な映像が公開されているということで、直接"Howling in the Night"に参加するしかない、一回性の映像としては、しごく魅力的。
 上に掲載したノート映像から、押井の幻視力を夢想するしかないw

 どこかで観たような押井的意匠。そして魔術的な物語が立ち上がってくるようなイメージ画です。

|

« ■プロジェクション・マッヒング seeper - Interactive Arts + Technology Collective | トップページ | ■ヤン・シュヴァンクマイエル 新作『Surviving Life』に関するパリでのティーチイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/50272359

この記事へのトラックバック一覧です: ■押井守のノート映像 @ MOLESKINノートブックの世界巡回展「Detour」:

« ■プロジェクション・マッヒング seeper - Interactive Arts + Technology Collective | トップページ | ■ヤン・シュヴァンクマイエル 新作『Surviving Life』に関するパリでのティーチイン »