« ■神山健治監督『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』立体映像 予告篇 | トップページ | ■金田伊功 の 作画解析-3 3D空間をいかに原画に取込むか »

2010.12.29

■マルチアート集団 溺れたエビの検死報告書


溺れたエビの検死報告書(公式HP) 

" 頭はエビ、体は人間。 怪人【溺れたエビ・総帥】率いるマルチアート集団。 2001年より、関西を拠点に全国的に活動中。 集団の統治者【溺れたエビ・総帥】のもとに日本中の多数のミュージシャンやパフォーマーがエビ人間に改造され参加。 メンバーは全員、精巧な【エビ】の仮面を装着。(ライブ中に決して外す事は無い。)

 往年のP-FunkやTalkingHeadsを彷彿とさすようなファンクから、特撮怪獣映画サントラのようなオーケストレイションを用いた重厚なプログレやチェンバーロック、 アメリカのカートゥーンアニメが目まぐるしく走り回るようなコミカルな曲や、アンビエントやドローン音響系、そして完全快楽主義で天真爛漫なテクノまでその表現手段は多岐に渡っている。

 しかし表現する題材は常に、<溺れたエビ達が生息する>人間社会とは全くの異世界である水中(海中)がテーマとなっており、それは極彩色のサイケデリックな風景であったり漆黒の深海であったりする。"

 偶然、Youtubeで知った音楽パフォーマンスグループ「溺れたエビの検死報告書」。
 冒頭の引用動画は、このグループの【アノマロカリス】という曲。
 奇妙な蝦の風采のバンドによって、特撮風のマーチが勇壮に奏でられる。

 そして素晴らしいのが次にリンクしたページにあるパフォーマンスの写真。
溺れたエビの検死報告書 photo

Photo

 赤と青の鮮烈な光の中の、クールな怪獣達。
 引用させていただいた写真の素晴らしさもあると思うが、こんな映像が目の前に生で展開し、そして怪獣音楽のような勇壮な音楽が奏でられるとしたら、なかなかの鳥肌ものではないだろうか。

 是非とも一度、ライブを拝見したいものである。

|

« ■神山健治監督『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』立体映像 予告篇 | トップページ | ■金田伊功 の 作画解析-3 3D空間をいかに原画に取込むか »

コメント

 t_dragon_2000さん、コメントありがとうございます。

>>見た目もすごいのですが、音楽はけっこうはまる。もう少しメジャーになってもいいのですがねえ。一度NHKのコンテストでおしくも2位になったことがありましたよ。

 僕も一度実物を観てみたいものです。
 音楽も生で聴きたいけれど、造形とか、しっかり観てみたいです。

投稿: BP(t_dragon_2000さんへ) | 2011.10.30 19:57

はじめまして。

2009年にライブがあったのですが、レポートを書いて
おります。みてやってください。

見た目もすごいのですが、音楽はけっこうはまる。もう少しメジャーになってもいいのですがねえ。一度NHKのコンテストでおしくも2位になったことがありましたよ。

ではー

投稿: t_dragon_2000 | 2011.10.24 13:31

 say3さん、お久しぶりです。

>>これ面白いですねぇ。
>>ウチでも紹介させてもらいます。

 いいですよね、こんな扮装がしてみたい! 解放されますよねww。

投稿: BP(say3さんへ) | 2010.12.31 23:29

これ面白いですねぇ。
ウチでも紹介させてもらいます。

投稿: say3 | 2010.12.30 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/50405381

この記事へのトラックバック一覧です: ■マルチアート集団 溺れたエビの検死報告書:

« ■神山健治監督『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』立体映像 予告篇 | トップページ | ■金田伊功 の 作画解析-3 3D空間をいかに原画に取込むか »