« ■ヤノベケンジ×ウルトラファクトリー『MYTHOS』展@発電所美術館 ドキュメントムービー | トップページ | ■感想 スタニスワフ・レム「マスク」: Stanislaw Lem "MASKA" (ブラザーズ・クエイ映画化作品) »

2010.12.07

■NHKTV ETV特集 あいちトリエンナーレ 有吉達宏、倉田愛実

Photo

NHKTV ETV特集 あいちトリエンナーレ アートアニメ
 (Blog 美学を探し求めて さんより)

11/21(日)夜10:00〜 NHK教育テレビ
ETV特集「ぼくらの夢の物語」 〜ぼくらの芸術祭 72日間の記録〜
《出演アニメーション作家》
倉田愛実「春風列車」(音楽:ビバ☆シェリー) 、有吉達宏「ある心の旅」(音楽 大表史明 樋口貴英)

 あいちトリエンナーレで自主制作アニメを作成し公開した若者のドキュメント番組。この番組中でそのメイキングが紹介された有吉達宏「ある心の旅」と倉田愛実「春風列車」が素晴らしい。

 特に有吉達宏「ある心の旅」。
 冒頭はこのアニメーションからの引用写真。番組を録画してそのTV画面を撮影したもの。
 全て手描きで描かれていて、この画像がダイナミックな色彩と動きで画面に躍動する。番組で紹介されたのは一部(約2秒)だったが、是非全篇を観たいものだ。

NHKネットクラブ 番組詳細 アート空間 FIVE「ある心の旅」
10.9/24 0:55-1:00放映

(アニメ)有吉達宏×(音楽)大表史明・釣心会(ちょうしんかい) 孤独のカラをを破り、旅に出た少年の心のオデッセー。イメージの爆発とも言える映像世界。
詳細     少年は心の中を吹きすさぶ風の中にいた。生きているか、死んでいるかさえわからなかった。少年は旅に出た。ある場所との出会いから、心の中で壮絶なイメージがうずまき爆発し、ついに少年は孤独のカラを打ち破る。ムンクやゴッホを想起させる膨大な絵が奔流になって動く、見たことがないような映像世界。

 実は9月に同じNHKで全篇放映されていたらしい。
 見逃したのが、残念で堪らない。
 上の紹介にある通り、まさにムンクやゴッホを想起させる陰鬱なイメージの絵がカラフルな色彩とともに画面で爆発するのだ。

 いつか上映会、もしくは番組の再放映で、全体を観てみたいものである

◆倉田愛実「春風列車」 4分30秒 2010
  (音楽:奥田聡子(ビバ☆シェリー)

Photo_2

 こちらもTV画面からの引用。
 冒頭の機関車の質感がとてもいい。ここからどんなドラマが始まるか、ワクワクさせる映像。
 こちらもNHK-BSで全篇紹介されたようだ。
 愛知トリエンナーレの長者町会場へ脚を伸ばさなかったのが、悔やまれる。
 幸いなことに倉田氏の作品は、以下のYoutubeで動画が観られるので、参照下さい。

◆関連リンク
有吉達宏 (ariyoshitatsuhi) on Twitter
倉田 愛実ウェブサイト TONAMI WEB 
YouTube - 君に触れる 1 有吉達宏の最初の作品とのこと。
 残念ながら非常に画素が荒いので、試聴はお薦めできません。

倉田愛実「シェルター」

ひめじ国際短編映画祭2008グランプリ、第5回CO2入選、第7回メルヘンアニメコ­ンテストでノミネート、 neofest2008秋neo賞、第4回吉祥寺アニメーショ­ン映画祭審査員特別賞、Individual Film Festival'08入選、第13回学生CGコンテスト動画部門最終ノミネート、第­8回宝塚映画祭(アニメ部門)入選、BACA-JA2007特別 賞。

ETV特集「ぼくらの夢の物語」 2010.11.21 | テレビをみるひと
 放映のナレーション全書き起こし

|

« ■ヤノベケンジ×ウルトラファクトリー『MYTHOS』展@発電所美術館 ドキュメントムービー | トップページ | ■感想 スタニスワフ・レム「マスク」: Stanislaw Lem "MASKA" (ブラザーズ・クエイ映画化作品) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/50196844

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHKTV ETV特集 あいちトリエンナーレ 有吉達宏、倉田愛実:

« ■ヤノベケンジ×ウルトラファクトリー『MYTHOS』展@発電所美術館 ドキュメントムービー | トップページ | ■感想 スタニスワフ・レム「マスク」: Stanislaw Lem "MASKA" (ブラザーズ・クエイ映画化作品) »