« 2010年3月28日 - 2010年4月3日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »

2010年4月4日 - 2010年4月10日

2010.04.09

■感想 ラ・マシン ハイビジョン特集『動け!巨大マシーン』

La_machine

ハイビジョン特集『動け!巨大マシーン  ~ある日、君の住む街がガリバーの国に~』

BShi 4月3日(土)午後8:00~9:30
フランスのラ・マシーンの特番。工房の100体以上の今までの作品も紹介。

 BS-hiでラ・マシーンのドキュメンタリーのハイビジョン放映があった。上の写真は、下記の関連リンクで紹介したYoutubeの動画から(たぶんフランスのTV番組。NHKのと似たシーンが撮られている)。
 
 で、番組はラ・マシーンの本拠地 フランスの島 ナントでの工房の様子と、昨年の横浜での活躍を描いている。

 Youtubeで観てはいたが、ハイビジョンで観るラ・マシーンに圧倒される。まずは巨象のでかさと内部構造が圧巻!あれって、50人を乗せることが出来るんだ。
 次に『巨人の神話』登場! 眼を見開くところの音が聴こえる!
 そして、2006年の巨大な砲弾と少女とスルタン。これはネットで見つけてBlogで紹介した時の興奮を今も思い出します。うちのBlog記事

La_machine_face_book

 次に、巨大象のスケッチから完成までのプロセス。工房の50人による22ヶ月の制作の過程。巨象は観客50人を乗せられるように設計される。そして職人による木材模型作製とコンピュータへのデータ取り込み。45tを支える鉄骨。

 そして巨大象は、なんと収まりきらなくなって途中で工房を建て直し。
 眼に命を吹き込む工房の代表フランソワ氏。機構はロボット工学のDr.が担当。アートとエンジニアリングの融合。誰か、この人達に巨大ロボット作らせよう!

 ナント島の都市計画、1周が5kmの島をマシンで埋め尽くす計画! フランソワのイメージ図が説明される。今、進行中なのが海の世界と名付けられた3階だての20mメリー・ゴーランド(上の引用写真の右下の図)。35の空想的な生き物のマシンが飾られ、客が自分で動かせるという。これは下記のYoutubeのリンク先で観られます。

 そして最後に、40mのアオサギの木の計画。ナント市の国際的なイメージアップを狙った事業計画。
 これってフランスの国が予算出しているのだろうか。もしそうなら、こういうセンス・オブ・ワンダーな文化に予算をつけられるフランスって凄い。日本でもヤノベケンジに100億円も渡せば、すんごいものができると思うのだけれど、、、(^^;)。

◆関連リンク
YouTube - Les Machines de l'île de Nantes fêtent leurs deux ans 海の世界
ラ・マシーンのfacebookに最新の写真が満載。右上のも。
 最新の出し物は、不思議な球体とスチーム・パンクな 巨大魚。フランスのナントで2010.4/1-4/7まで開催されたらしい。
40mのアオサギの木の計画 イメージ図と写真
ラ・ マシン - Wikipedia

『 ラ・マシン ライヴ・イン・ヨコハマ』
 今、検索して知った。これ、去年末に出てたんだ!
ロワイヤル・ド・リュクス『巨人の神話』
ロワイヤル・ド・リュクス『スルタンの象と少女』

当Blog記事
la machine:ラ・マシン『La Princesse:巨大クモ』@開国博Y150
SF作家ジュール・ヴェル ヌの没後100年パレード  ゴシック 月世界 ジャイアント・マンモスと巨大アンドロイド少女
新刊メモ 『映 像+ 7 ラ・マシン特集』他
巨大スペク タルアート劇団「ラ・マシン:La Machine 」  巨大な生命のある機械 日本上陸!
巨大ロボッ ト2点 La Machine 15メートルの巨大クモ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

■樋口真嗣監督新作始動開始 山本弘『MM9』ドラマ化!?

Directorhiguchiproject

樋口真嗣監督 新作発表「XX9」(仮)
  (アニメ!アニメ!)

 2010年04月01日
 樋口真嗣監督が、2010年に大きな話題を呼ぶ新作で動き出した。
 作品は超弩級SF大作と名を打って、「謎の生命体による未曾有の非常事態に立ち向かう、報われない救世主たちの物語」とする。大掛かりなSF映像を喚起させる内容だ。

 そして紹介されている公式サイトが、http://mmmmmmmmm.jp/。いかにもな展開。

Twitter / 樋口真嗣: つまり、あれはエイプリルフールだけど

つ まり、あれはエイプリルフールだけど嘘じゃないところとそうじゃないところがあるってことです。ややこしくて申し訳ない。よーく見るとキャストは顔バレし てるんですけど、誰かは内緒です。ふうう。さて花見。

 その後、上のように樋口監督ご本人のtweetで、いくつかのサイトに流れた上の情報は、エイプリルフールと判明。しかし、、、。

Twitter / 樋口真嗣: あ。え、えーと、スイマセン。

あ。 え、えーと、スイマセン。、ビジュアルは下げさせてもらいました。が、現在豪華キャスト・スタッフでドラマを作ってます!初ドラマです!オー

Twitter / 「樋口真嗣監督新作発表「XX9」(仮)始動開始」
 (more_than_human 森井清太郎さんtweet)

「樋口真嗣監督新作発表「XX9」(仮)始動開始」 http://bit.ly/cSfKPa すでに噂は流れ始めてますが、山本弘「MM9」ドラマ化らしいです 特撮巨大怪獣ものを徹底的に説得力あるSF考証で裏付けてエポックメイキングになった小説

 どうも山本弘「MM9」ドラマ化の噂があるみたいです。
 4/末に真相が公表されるようですが、展開を期待して待ちたい。で、ちゃんと金華山の麓、長良川沿岸でロケしてほしい。

 このドラマ、全くの邪推だけれど、制作が庵野監督のカラーということはありえないだろうか。円谷プロに続く、特撮映像プロダクションになったら素晴らしいだろうな、と。ヱヴァンゲリヲン新劇場版とパチンコの版権ビジネスでそうしたことが実現したらいいですね。で、「MM9」は樋口真嗣総監督で、どこかの数話を庵野監督も撮るとか。なんだか勝手に想像は広がります。4月末を刮目して待て!!

◆関連リンク
山本弘『MM9』

当Blog記事
感想 山本弘 『MM9』 僕たちの町であんな怪獣を暴れさせないでくれ(^^)
【続編 ネット 公開】山本弘『MM9―invasion―』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.04.07

■神山健治監督X鈴木心氏 対談、 『小説 東のエデン 劇場版 』発売

神山健治監督X鈴木心氏 対談 10. 3/26

Kamiyama_suzuki_sinn

 Ustreamで配信された2時間の対談映像がアーカイブされています。聞いていただくのが一番ですが、その内容についてメモ。

・師匠を持つことの意味。
・アニメのアングルと実写のアングルについて。アニメにシンメトリーを持ち込んだりすると、作り込んだように、不自然になってしまう。
・サリンジャー作品の映画化について。
・携帯を物語に出すことについて。物語が作りにくくなった部分があるが、逆にそれを利用して今までになかった物語を描く必要がある。
・ちかたん、けんたん。「らしい」の意味、レイアーについて。
・プライベートについて
 神山監督のお子さんは15歳と7歳。奥さんは小柄でぽちゃっとしたタイプ。
 好きな食べ物は、焼きタラコ。子供の頃にあまり食べ物を食べられずに。

・twitterからの質問も会場で鈴木心氏から。
・エデンでもtwitterは気になっていたが、今後、物語を作るのにtwitterは避けて通れない。twitterの登場はひとつの事件。
・twitter、レスの早さとか面白い。iPhone手放せない。
・SAC 1st. 9話、アバターでの会話と並行して文字も流れて行く。あれ、twitterですね、と言われた。
・9話、レスの中に笑い男の本当の犯人が書かれている。DVDでは見えないが、ブルーレイではみれるはず。

・次回作について、具体的な話がスタートした。劇場作品。僕自身の作品ではなく、手伝いという形。押井監督と週1〜2回打ち合わせ。今回はいっしょに仕事するかも。あの続編ではないか?との質問に、今はそれも言えませんと答えている。9という数字が付いている。

『小説 東のエデン 劇場版 』発売記念
 神山健治監督サイン会開催(メディアファクトリー)

 『小説 東のエデン 劇場版  The King of Eden Paradise Lost』が4月23 日(金)発売決定!
 発売を記念して、サイン会も開催します。ぜひ ご参加下さい!

■日時:4月24日(土)16:00〜
■場所:有隣堂 ヨドバシ AKIBA店
■参加方法:4月10日(土) A.M.9:30より有隣堂ヨドバシAKIBA店へ電話にて予約、お買い上げのお客様・先着 100名様に整理券を配布。

 この本の出版に関して、twitterで神山監督からコメントをもらったので、以下その引用です。

@kixyuubann 劇場版Ⅱはその思想的表現とかが、小説メディアに向いた話と思いますので期待しています! RT @icitomohiko 小説 東のエデン 劇場版 発売記念 神山監督サイン会決定!(butfilp BP@究極映像研)

@butfilp いつも応援ありがとうございます。もっと別の映像表現もあったのかもしれませんが、今回はああなりました。活字でも確認いただけたら幸いです〜(kixyuubann 神山健治)

◆関連リンク
『 東のエデン完全設定資料集』
神山健治監督『アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

■wiggle stereoscopy メガネ不要な3Dミュージックビデオ

Doubtful_comforts

blue roses"doubtful comforts"
(first 3D camera-shift musicvideo!)

(YouTube )(ギズモード・ジャパン経由)

 Blue Rosesが歌う「Doubtful Comforts」のミュージックビデオです。(略) この技法、英語では「wiggle stereoscopy」と言います。(略)
 カメラ2台をやや離して撮って右!左!右!左!...とめまぐるしく切り替えてるだけなのに立体に見えるんだから不思議ですよね。

 これは面白いPV。
 ポップな歌と「wiggle stereoscopy」の手法がバッチリはまってます。

 この映像による立体感も脳内の映像処理が働いた結果なのでしょうね。

◆関連リンク
YouTube - aniceideaeveryday さんのチャンネル
 tandemoro - "diamonds" ネガ映像のPV、こちらも素晴らしい。
Blue Roses CD『Blue Roses』 
Wiggle Stereoscopic Viewer
Wiggle stereoscopy - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.05

■感想『Cinefex No.16 日本版 -アバター特集』

Cinefex_16_2 『Cinefex No.16 日本版 -アバター』
 日本語版 公式HP
 Cinefex 120  米国公式HP

 僕が『アバター』を映画4.0と考える理由は、3Dの映像もだけれど、やはりアニメーション(?)でフォトリアルな異世界を、思いのままの映像として実現したことであると思う。

 見終わった後に、この映像技術の革新について激しく知りたくなった。元々映画の制作過程を追ったドキュメントは好きなのだけれど、これほど映画メイキング本を読みたくなったのはどれだけぶりだろう。

 ところが日本ではそのメイキングに触れた本が出ていなかった!
 そんな時に救世主のように現れたのが、この本である(^^;)。いえ、茶化してるのではなく真面目にそのように思った先端映像ファンは多いと思う。

◆総論 (と言うか、僕の感激)

 この本のコンテンツは、『アバター』特集がカラー全71頁、『2012』特集が32頁、その他の記事は全くない。二つの映画のメイキングに集中して、読み応え充分。好きな映画について長文でドキュメントが読める幸せ(^^;)。映画館でパンフを買わずに待った甲斐があった。

 この本は、まさにキャメロン監督とスタッフたちが、『アバター』ために、様々な映像技術の開発を行った冒険の軌跡である。『アバター』の映像の秘密を知りたいファンにはまさしくお薦め。

◆『アバター』を作り上げた革新

 以下、僕が感激したその革新技術について、興味深い部分を御紹介。

<バーチャル・カメラ>
・監督がCGのシーンに対して、バーチャルカメラでカメラワークを試せる(p14)。
・バーチャルカメラは、その液晶画面に、CGワールドを映し出し、ズーム、ドリー、クレーン、ステディカムなどの動きをシミュレート可能(p22)。これによりCGが完成してからカメラワークを修正指示して再度レンダリングということがなくなった。
・バーチャルカメラは、モニターとコントローラだけの3kgのスウィングカム(p23)
・バーチャルカメラの映像はゲームの解像度相当のバージョン。キャメロンがカメラワークを付け最終的に映像に入るべきものが全て入っていた(p47)。

<フェイシャル・キャプチャー, パフォーマンス・キャプチャー>
・可動式フェイシャルキャプチャーシステムはNTSCカメラを用いている(p20)。
・フェイシャルキャプチャーは、人間とナヴィ族の顔の形の違いをリターゲットして動きを変換する(p19)。
・フェイシャルキャプチャーによるキャラクターの表情生成はキャプチャーデータが90%、残り10%をアニメータがHD補助カメラの映像を参考に動きを付ける(ヘッドリグの映像は魚眼だったため使えなかった)(p27)。
・体の動きを写したモーションキャプチャーの映像を観ながら顔の表情をアフレコするフェイシャルパフォーマンスリプレイスメント それによりアニメーションの最高の参考映像を手に入れた(p47)。

・パーフォーマンスキャプチャーは、ジャイアントスタジオ社が最高峰。マーカーを2~3見逃してもそれを補完するロジックが凄い(p30)。

<3D-CG>
・ナヴィ族はCGモデルから、3.2mの身長のラピッドプロトを制作した(p39)。
・3Dカメラは11-15kgと軽量(P50)。
・CGをその場で実写に合成するカメラ サイマルカム(p51)。CGとの融合を確認しながら実写を撮影。これってARだ。
・キャラクタ数百体が同一の画面でレンダリングする必要がある。効率的演算のために筋肉や脂肪、身体組織を物理計算させた。球面調和関数による効率的ライティング(p58)。
・種を植え木を育てるシミュレーションMassive(p68)。
・レンダリングのプルーニング技術。木々の映像は、遠ざかるとポリゴンが減る(p68)。
・浮遊島の映像は、Maya fluid、Maya particles+滝専用流体シミュレーション(p70)。

 これらの集積があの『アバター』世界を作り上げた。
 パフォーマンス・キャプチャ+3D-CGアニメーションということは知っていたが、俳優のモーションをデータとしてとらえ、それをアニメータが実写映像を参考に動きを仕上げている。さらにそのアニメータに参考にされた表情の実写も、俳優によりアフレコの様に全体の映像を見ながら撮り直されている。俳優の動きの最大限の利用、その利用方法の技術開発がひとつのエポックを作り上げたということのようである。しかし、まだまだ語りきられていない映像技術の集積があるのだと思う。特に立体映像のノウハウについてはほとんど語られていない。
 DVDのメイキング映像でさらに明らかにされることを期待。

◆関連リンク
『 アバター ブルーレイ&DVDセット』
Cinefex 日本版 16号 掲載記事に関する情報 : 『アバター』『2012』のメイキング記事へのリンク
 このリンク集は素晴らしい労作!!
・アバター - Wikipedia
WETA DIGITALの『アバター』へ至る偉業

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年3月28日 - 2010年4月3日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »