« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

2010年1月10日 - 2010年1月16日

2010.01.15

■デイヴィッド・リンチ 建築家フランク・ゲーリーの
 ポーランド ルージの文化センター建設支援を呼びかけ

Lodz Twitter / David Lynch

If you support a new cultural center in Lodz, please retweet this using #Lodz. Let's see the power of Twitter at work.

 デイヴィッド・リンチがポーランドLodz:ルージの文化センター建設支援の呼びかけをtwitterでしている。賛同いただけたら、この呟きをtwitterでRT:Re Tweetして下さい(^^;)。

Polish Architecture, Frank Gehry and Lodz, Poland.

Frank Gehry is to build a very large cultural center in Lodz, Poland.
This is the first time that Gehry will design a building in Poland. The interior is going to be made up of a large projected screen and it’s roof will complement the gothic cathedral in Lodz. There will be 4 movie theaters, 1 large concert auditorium, 1 small auditorium and a large courtyard.

 文化センターは建築家フランク・ゲーリーのポーランド初となるデザイン。
 上のリンク先の紹介では、4映画館と大コンサートホール、小ホールと大きな中庭よりなり、インテリアが巨大プロジェクタスクリーンになっている、とあります。引用した絵で映写されているようにみえる人々の姿が、このプロジェクタによるものなのでしょう。 

 支援の輪はtwitterで広がり、世界193453人のデイヴィッド・リンチfollowersのパワーでRTが広がっている。twitterのパワーが何らかの力を発揮できることを祈りたい。

◆関連リンク
フランク・ゲーリー - Wikipedia
 「脱構築主義建築」の旗手とのこと。プラハのナショナル・ネーデルランド・ビル, 通称「踊るビル」とか、グッゲンハイム美術館とか奇抜な建築を数多く手がけている。
 ひと言でいうと、シュルレアリスムの高山良策氏のウルトラ怪獣ブルトンみたいな建築w。
Frank Gehry - Google 画像検索

・当Blog 過去記事
 『Sketches of Frank Gehry』

 アメリカの建築家 フランク・ゲーリーのドキュメント映画。監督はシドニー・ポラック。
 特にベルリンにあるというDG BANKが圧巻。

 チェコプラハ ラテルナマギカレポート
 この建築、プラハでシュヴァンクマイエルの芝居をずっと上演している劇場ラテルナマギカにもどことなく似ています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.14

■感想 フィリップ・ハース監督
 『Lathe of Heaven : 天のろくろ』

Lathe_of_heavenフィリップ・ハース監督
『Lathe of Heaven : 天のろくろ』

『ゲド戦記』のアーシュラ・K.ル=グウィンの小説「天のろくろ」を映像化。近未来でドラッグに溺れる生活を送っていたオアには自分の意思と関係なく現実を変えてしまう力があった。ある日、彼に相談を持ちかけられたセラピストは彼を利用しようと企む。

 レンタル店で偶然見かけて借りた。調べてみると、既に二回目の映画化。

 なかなか面白い。バリバリ低予算なのだけれど、シンプルにまとまっている。
 ほとんど一つのビルの中とその周辺だけで展開するこじんまりとした映画になっている。ただチープだけど現実の改変の様子をうまく切り出していて、好感が持てる。金をかけるだけが映画じゃないですね。

 ただ原作のあらすじをみると、もっと破天荒に現実が改変されるようで、そちらの方がSF映画になったら凄そう。

 すでに原作は絶版だけれど、復刊時に購入しておくべきだったと後悔。
 ということで本屋を捜しました。んで、名古屋駅前のジュンク堂でゲット。いずれ読んでレビュウします!

◆関連リンク

Ursula K. Le Guin『The Lathe Of Heaven』
DVD『The Lathe Of Heaven』1980版

『天のろくろ』復刊版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.13

■『東のエデン劇場版Ⅰ The King of Eden』興収
 サマーウォーズvsヱヴァ破vsアバター

Photo

『東のエデン劇場版Ⅰ』 公開38日で興収1億円突破(アニメ!アニメ!)

 この数字は1月4日までに同作を公開した全国劇場10館の合計で、期間中の動員数は7万5647人、興収は1億80万円になる。映画の公開は7館でスタートしており、10館以下興行として異例の好成績となっている。

 shamonさんのmixi記事より、『東のエデン劇場版Ⅰ The King of Eden』の興収状況を知りました。好成績ということで当初より神山健治監督の『東のエデン』をプッシュしてきた当Blogとして嬉しいのですが、この数字が他の映画と比べてどの程度のものなのか、比較したくなり調べてみました。

 結果は冒頭の比較表のとおり。(『アバター』のみ国内の数字がないため、全米の数字を使用)
 公開規模では、『東のエデン』10館に対して、『ヱヴァ破』229館,『サマーウォーズ』127館,『アバター』3400館と雲泥の差があります。そこで興収を比較するのに、一日一館あたりの金額で比較。
 表の興収(万円/日館)をご覧下さい。
 『東のエデン』27に対して、『ヱヴァ破』30,『サマーウォーズ』22,『アバター』57万円/日館という結果です。『アバター』は別格として『ヱヴァ破』に迫っているというのは相当ポイント高いのではないでしょうか。

 どうですか、興行会社および館主殿、『東のエデン劇場版II Paradise Lost』公開してみませんか(^^)。
 公開館数が増えることを一ファンとして祈りながら、まとめてみました。
------------------------------------------------
 本当はここに制作費のデータも加えて分析したいものですが、残念ながら『東のエデン劇場版Ⅰ The King of Eden』の制作費はネットで調べる限り公表されていないので、見送りまた。
 制作費では『アバター』は約300億円との噂もあり、ここでも桁違いの比較になるでしょうね。

◆関連リンク(源泉データ)
全米映画ランキング - 映画のことならeiga.com.

ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」公開17日での累計興収を約3億5210万ドルとしている。

「サマーウォーズ」興収14億円 動員107万人 夏は終わらず(アニメ!アニメ!)

9月19日までに観客動員数は107万人、興収は14億円を超えた。

大ヒット発進!サマーウォーズ』の興行状況(CINEMA TOPICS ONLINE)

8月1日より全国公開となりました。公開館数127館でスタートし、各劇場で満員が続出、先週末(8月1〜2日)の興行収入でスクリーンアベレージ(1館あたりの平均興行収入)はダントツのナンバーワンを記録しました。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 - Wikipedia

6/27公開。初日公開館数は120館、興収40億円。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開劇場リストより全劇場の公開日数より平均公開日数を算出。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.01.12

■関和亮監督 PV サカナクション「アルクアラウンド」

Aruku_around PV サカナクション/アルクアラウンド
(Youtube)
(クリハラ (klixxxx) on Twitter経由)

2010年代の幕開けとともにサカナクション約1年ぶりの新曲となる「アルクアラウンド」。2010年代のミュージックシーン を牽引する予感に満ち溢れたハイパーサウンドとなっている。

 とにかくリンク先のPVを一度、観てみて下さい。
 映像のアイディアもサウンドも快適! テキストの解体! 気持ちのいいPVです。

◆関連リンク
サカナクション「アルクアラウンド」ミュージック・ビデオ公開! - CDJournal.com ニュース.

  監督は、Perfumeのメジャー・デビュー後の全シングルにおけるPVディレクション/アート・ディレクションなどを手掛ける関和亮。また、前作「ネイ ティブダンサー」に続き、北澤“momo”寿志がスタイリング、アーティスト・ビジュアル・オーガナイズおよびプロデュースを手がけています。

サカナクション『アルクアラウンド(初回限定盤)』

エレクトロクラブミュージック+ロックサウンド+80'sダンスミュージックという最先端のサウンドコンセプト。そして文学性の高い、繊細に紡ぎ出された詞。ともすれば相反するこの二つの要素が非常に高水準で融合された「アルクアラウンド」。(略)
中心にたたずみ、苦悩しているかのように見える女性の顔には 「アルクアラウンド」歌詞が記されるという、非常にアート性が高い作品となっている。雑誌やインターネットのメディアなどで歌詞を無断転載してはならない、という著作権上の法律による理由でプロモーションに使用されるジャケットは歌詞の部分が差し替えられているダミーのジャケットとなっており、歌詞が記載されている正式なジャケットは1月13日に発売されるCDのみでしか確認できないという。

関和亮 (KazuakiSeki) on Twitter

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.11

■ベテルギウスにスーパーノヴァ/ハイパーノヴァ爆発の兆候

Eso_betelguse ベテルギウスに爆発の兆候
大きさ急減、表面でこぼこ(asahi.com)

専門家は「爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない」と話す。もし爆発すれば、満月ほどの明るさになり、昼でも見えるようになる。

超新星爆発を目にした瞬間、人間は死ぬのですか? (Yahoo知恵袋)

ガンマ線バーストは(略)地球から1000光年以内で発生し、ビームが地球方向を向いていたら、地球の大気が完全に剥ぎ取られます。

 ペテルギュウスは640光年の距離なので、その危険がない訳ではないという事ですね。これが明日から数万年後まで地球のリスクになる。でもガンマ線バーストは起こるかどうかもまだ理論的にわからないみたいだし、極限られた範囲へ放出されるようで、確率は相当低いのでしょうね。

ガンマ線バースト(wiki)

ビームの幅はわずか数度の角度範囲に限られる。

 詳細とガンマ線バーストを捉えた別の恒星の写真はリンク先を参照。

極超新星:ハイパーノヴァ(wiki)

 これでもし本当にノヴァ化して満月の光くらいになれば、『NOVA 1 書き下ろし日本SFコレクション』の良い広告塔に、、、ってそんなまとめか!?

◆関連リンク
ESO - eso0927b - A close look at Betelgeuse
ESO’s Very Large Telescope (VLT) でとらえたベデルギウス。
ESO - eso0927 - Sharpest views of Betelgeuse reveal how supergiant stars lose mass 引用した写真はこのEOSのページより。
ベテルギウス - Wikipedia

原綴りの Betelgeuse は英語式の綴りで、英語では [ビートルジュース] というように発音される。

・ビートルジュース - Wikipedia

ビートルジュース、という名前はベテルギウスの英語読みの発音にbeetle(カブトムシ)とjuice(ジュース)を当てはめたものであり、それ以上の意味はない。

 これは知らなかった。
YouTube - Betelgeuse Surface Video + Going Supernova

Tribute video to the famus red supergiant star Betelgeuse. Features a surface video and a picture of the spectacular supernova explosion.
  When it explodes, it may become a Pulsar surrounded by a big nebula.
  Computer simulations by Bernd Freytag

 ベテルギュウスの表面をシミュレーションしたコンピュータグラフィクス。
HyperNova - PodTube
 ハイパーノヴァ、スーパーノヴァのCG映像のリンクを集めたサイト。
 これはなかなかの見ものです。

 

BetelgeuseFilm_Chi.mp4 (video/mp4 オブジェクト)

 2002年〜2009年の別の恒星の観測写真を動画化した映像がパリ天文台にありました。大きさが太陽-地球間の距離ほど変化。明るさの鳴動も不気味。

 右図の中央部に置かれたのが太陽と地球の軌道。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »