« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

2010年5月30日 - 2010年6月5日

2010.06.04

■テスラ・モーターズ と テスラ・コイル

Tesladownunder_car

Tesla Motors - High performance electric vehicles. Available now
テスラ から4ドアEVスポーツ…モデルS 誕生 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

 パワートレーンは新開発の液冷式9インチモーター。シングルスピードのギアボックスと組み合わせられる。床下に置かれる2次電池は、新開発のリチウムイオン バッテリー。3種類の容量が用意され、最大航続距離はそれぞれ160マイル(約257km)、230マイル(約370km)、300マイル(約 483km)となる。

 トヨタと提携したテスラ・モーターズのモデルS、後ろ姿がかっこいい。
 顔は口が大きくてちょっと下品(^^;)。公式twitterフォローした→ @TeslaMotors

 テスラと言えばテスラ・コイル(^^;)。というわけで、ひさびさに検索してみました。

Tesla Downunder

 で、こちらのページから引用したのが右上の写真。強烈ですねー。多重露光したもののようだけれど、これは凄い。リンク先にはプールの中で電光を浴びている写真もあるが、この人たち、命がけで馬鹿やってます。
 電気自動車の屋根からこんな電撃が出たらかっこいいでしょうね。<<おぃおぃww! もちろんトヨタの発売するテスラカーからは火花は飛びません(まず間違いなく(^^;))。

◆関連リンク
当Blog記事
『ヤノベケン ジ―ウルトラ』展@豊田市美術館 作品「ウルトラ-黒い太陽」起動!!
ヤノベケンジ-ウルトラ展 図録
世界最大のプラネタリウム建造中@名古屋市科学館
 テスラ・コイル常設予定とのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.03

■ロボットと美術展 機械×身体のビジュアルイメージ

Robot_art

ロボットと美術展(公式HP)

青森県立美術館
 2010.7.10 - 8.29
静岡県立美術館
 2010.9.18 - 11.7
島根県立石見美術館
 2010.11.20 - 2011.1.10

 本展はロボットと美術とのかかわりの歴史を紹介し、その文化史的意義を問うものです。(略)
 「ロボット」をメインモチーフとしてとりあげることにより、科学技術と芸術、そして私たちの身体観の相互的な結びつきを明らかにしようとする試みです。

ロボットと美術展 » アニメーション

 新作アニメを展覧会の出品作の一つとして位置づける今回の企画、もちろん美術館としては初の試みです。
「舞台は近未来の日本。「チャリ」と呼ばれる乗り物型のロボットと少女の物語…」

原作 トリメガ
(川西由里、工藤健志、村上敬)
監督 ロマのフ比嘉
(「警察戦車隊 TANK S.W.A.T.01」監督)
脚本 湯浅弘章
(「真・女立喰師列伝〜草間のささやき 氷苺の玖実」監督)

 チャペックからヤノベケンジまで、というロボットの展示会。
 ヤノベケンジ作品は右の引用にあるように「イエロー・スーツ」。この潜水服をイメージした曲線が初期ヤノベ作品の特徴だけれど、とてもロボット好きの心をくすぐるカーブだと思う。

 他にも美術展用のロボットアニメも企画されている。その脚本が押井守『真・女立喰師列伝』にて映像面を支えていた湯浅弘章氏。こちらも期待される。

 評判が良かったら、僕は一番近いところで静岡県立美術館へ行ってみようかと思う。

◆関連リンク
ロボットと美術展 (robots_and_arts) on Twitter
ロボットと美術展(Blog)
・当Blog記事
 押井守原作・総監修『真・女立喰師列伝』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.02

■イメージフォーラム・フェスティバル2010@名古屋

2010

映像アートの祭典
イメージフォーラム・フェスティバル2010
24th Image Forum Festival

6/16(水)-6/20(日)
名古屋愛知芸術文化センター

6/20 16:30-
特集 手への回帰
ドローイング・アニメーションの力2
ドン・ハーツフェルト特集
7作品74分 _ アメリカ
『リジェクテッド』がアカデミー賞にノミネートされ、現在まで150以上の賞を受賞。ドローイング一本のスタイルを貫き、配給、販売まで作者自身がこなしている。ドン・ハーツフェルトの作品を日本初紹介。

 以前に紹介したドン・ハーツフェルト作品の上映会が名古屋でも開催。
 主に自分の備忘録として掲載。
 この74分の衝撃を楽しみにしている。というわけで以前の記事以降、Youtube他ネットの作品(Don Hertzfeldt - Google 動画 検索)は観てません。

◆関連リンク
・当Blog記事
 イメー ジフォーラム・フェスティバル2010 Don Hertzfeldt ドン・ハーツフェルト特集

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.06.01

■樋口真嗣総監督のドラマ「MM9」公式情報 公開

Mm9_dorama

MM9(公式HP)
MM9 エム・エム・ナイン (MBS公式)

『MM9−MONSTER MAGNITUDE−(エム・エム・ナイン)』
毎日放送・ほか
7月7日(水)25:30- スタート!!
 舞台は架空の 「気象庁/特異生物部/対策課」、通称【気特対】。 主人公はそこに勤める職員たちである。
 彼らは、特異生物=M(モンスター)が出現しても自衛隊のように前線で戦う事はない。彼らに武器は無いのである。 テレビの報道中継を観ながら、Mへの注意点やMの弱点を自衛隊にアドバイスすることによって、被害を最小限におさえようと する影の存在なのである。
 彼らの武器は知識と経験だけ──。

 ついに公式に広報されました。
 全13話。気特対の活躍、期待!
 総監督樋口真嗣、脚本伊藤和典氏と古厩智之、及川中、登坂琢磨、田口清隆各話監督。各話監督は公表されている以外のサプライズ、例えば庵野監督が撮るとか期待したりしてww!
 樋口総監督でウルトラマンの科特隊を模した組織のドラマだったら、庵野監督が登場しなければ嘘ですよね、とか(^^;)。

 さらに詳細が山本弘氏のBlogで公開。

山本弘のSF秘密基地BLOG:『MM9』ドラマ放映決定!

 今のところMBSのみ、 関西ローカルなんですが、評判がよければ他の地域でも放映されると思います。
 最初にお断りしておきますが――  ヒメは出ません!(笑)
 最初は出す案もあったんだけど、結局はポシャっちゃいました。やっぱ実写では無理みたいです。ま、しょうがないですけど。
 だもんで、設定とキャラクターは原作にほぼ準拠していますが、ストーリーはオリジナルです。

 ストーリーはオリジナル。えぇーっ! それはないんじゃない!
 しかしヒメを出さないとしたら、オリジナルにならざるをえないか!?やはり長良川のあのシーンはテレビ放映は絶対出来ないか、、、。

◆関連リンク
iPad:樋口真嗣監督のドラマ「MM9」を放送と同時に無料配信 MBSが専用アプリで - MANTANWEB(まんたんウェブ).

放送開始と同時に米アップルの携帯端末「iPad」で無料配信されることが28日、明らかになった。テレビ番組が専用アプリを使ってドラマを同時配信するのは初めて。
当初はiPad限定だが、iPhoneにも対応する予定。

ネット連載中の山本弘『MM9―invasion―』
 こちらの東京創元社サイトで原作の続篇が読めます。でも、結局テレビとはこれも違う話なのか。
山本弘『MM9』 文庫版
当Blog記事
山本弘 『MM9』感想 僕たちの町であんな怪獣を暴れさせないでくれ(^^)
樋口真嗣監督新作始動開始『MM9』ドラマ化!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.31

■内林武史展「キカイノ ココロ-どんな夢を見ているのだろう?-」

Verthorz

新生堂 内林武史展
(星野勝之氏twitter 経由)

2010.5/26
〜6/5
11:00~18:00
(最終日は17:00まで)

Atelier GARAG Official WebSite |Objet|(公式HP)

■■◆ GARAGの引き出し
(Blog)

天井高5〜6メートル程ある撮影スタジオのような地下スペースに
・空飛ぶソファ(ぜひ座ってください!)
・テレビ付きテーブル
・新作の濃いブルーのオブジェ(秘密の仕掛け付き!)
・新作の白い三本脚のテーブルオブジェ
(ひっそりと音楽が鳴ってます)  を展示。

もう一つの中地下の部屋は真っ暗にできる不思議な空間で 新作を含む光るオブジェ達約10点を展示しました。 音や映像、近づくとセンサーが感知し、自動で光る星のオブジェなどなど。

 公式HPのObjetコーナーで各種作品を閲覧できます。
 Blog記事によると今回の個展には写真引用させていただいた作品が展示されているようです。
 家具や日常な物と家電等の融合のオブジェは、テレビ世代の我々の感覚にぴったりです。椅子は座ることも出来るということなので、会場でオブジェを体感!!
(例によって、田舎の私は到底行けませんが、、、)

【GARAG'shop】 art/objet
 こちらの作品一覧から、購入が出来ます。

◆関連リンク
内林武史 - Google 検索
・内林武史 展 異空都市 写真

内林 武史展「キカイ ノ ココロ-どんな夢を見ているのだろう?-」: ひねもすのたりの日々
 shamonさんの詳細なレポート(6/5追記)

| | コメント (6) | トラックバック (2)

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »