« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »

2010年8月1日 - 2010年8月7日

2010.08.06

■感想 チャーリー・カウフマン監督『脳内ニューヨーク:Synecdoche, New York』

Horz_2

チャーリー・カウフマン監督『脳内ニューヨーク』
脳内ニューヨーク - Wikipedia
提喩 - Wikipedia

提喩(ていゆ)は、修辞技法のひとつで、シネクドキ(synecdoche)ともいう。隠喩の一種で、上位概念を下位概念で、または逆に下位概念を上位概念で言い換えることをいう。

具体的には

    * あるカテゴリと、それに含まれる個別要素
    * 全体と、その一部分
    * 物体と、その材料

などの関係に基づいて言い換えを行う。

 チャーリー・カウフマン『脳内ニューヨーク』薄氷を進んで誰も辿り着いたことのない映画の極北のどこかに着地した奇跡の作品。
 原題の"Synecdoche, New York"は『提喩ニューヨーク』提喩は修辞学の隠喩の一種、上位概念を下位概念で、又は下位概念を上位概念で言い換えることらしいが、まさに現実に入れ子構造を作り出し、上と下からリアルをあぶり出している本作にふさわしいタイトルだ。(にしても日本のタイトルは最低に映画のトーンとミスマッチだ!)

 映画は数十年に渡って悩み続ける演劇の演出家が自らの小心な人生を大きな劇場の中にリアルに再現しつつ進んでいく。ニューヨークの街に存在する劇場としての入れ子構造の彼の人生。演出家が年老いていくリアルな生活と、その芝居が俳優達に演じられる舞台の街。虚構と現実が実際に混濁して辿り着く場所、、、。

 この最後に辿り着く場所の見事さは類型がない(と思う)。突然新たな登場人物が主要な役で出てきても全く違和感のない世界。そこで演出家ははじめて自分以外の他者の人生に触れることになる。脚本と演出の絶妙がここにある(途中何回か薄氷を踏み抜いているような気もするが、、、ww)。

 とにかく僕は凄い味わい深い傑作である、と思った。
 トップにこの映画の海外版ポスターを掲載したが、これらの方がコメディタッチでなんだか茶化した日本版ポスターよりも映画の陰鬱なイメージを見事に表現している。これらダーク系のポスターで興味を持った方は観て下さい。かなり観客を選ぶ映画であることは間違いないので、心して鑑賞下さい。

◆関連リンク
映画『脳内ニューヨーク』公式サイト コメント
 神山健治監督,池谷裕二氏,大森望氏,川勝正幸氏他『脳内ニューヨーク』へのコメント 。川勝氏の"辻褄への配慮なし"はちょっと違うのでは、と突っ込みたくなるくらい、考えられた精緻な脚本と思ったけれど、、、(要2回目鑑賞)。
 一方で、本谷有希子氏が "この世に「考えすぎて死ぬ」=「考え死」という死に方がなくて、本当によかったですね、と監督にすごく言いたい..!" と書いている。
真紅のthinkingdays 迷宮劇場〜『脳内ニューヨーク』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.05

■宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展

Info100731a

 みちゃむんさんから、本日開催スタートの宮崎駿選の書籍展示について、作成された50冊のリストの転載のOKをいただきましたので、速報で掲載します。著者名・訳者名・さし絵とAmazonへのリンクまで貼られた大変な労作です。
 みちゃむんさん、本当にありがとうございます!
宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展
  (マチュピッチカ迷走記)

↓に行ってきました。
https://www2.seibu.jp/wsc/010/N000035693/1536/info_d_pv

【速報】
掲載順

星の王子さま/サン=テグジュペリ 作・絵/内藤濯 訳
チポリーノの冒険/ジャンニ・ロダーニ 作/杉浦明平 訳/さし絵:B.スチュエーヴァ
・バラとゆびわ/サッカレイ 作/刈田元司 訳/さし絵:岡部一彦
ムギと王さま/E.ファージョン 作/石井桃子 訳/さし絵:エドワード・アーディゾーニ
三銃士/アレクサンドル・デュマ 作/生島遼一 訳/さし絵:長沢節
秘密の花園/バーネット 作/吉田勝江 訳/口絵さし絵:深沢紅子
・ニーベルンゲンの宝/G.シャルク 編/相良守峯 訳/さし絵:向井潤吉
不思議の国のアリス/ルイス・キャロル 作/脇 明子 訳/さし絵:ジョン・テニエル
シャーロック・ホウムズの冒険/コナン・ドイル 作/林 克己 訳/さし絵:向井潤吉
小さい牛追い/マリー・ハムズン 作/石井桃子 訳/さし絵:エルザ・ジェム

せむしの小馬/エルショーフ 作/網野菊 訳/さし絵:V.プレスニャコフ
ファーブル昆虫記/ファーブル 作/大岡信 編訳
日本霊異記/水上勉 作/さし絵:司修
イワンのばか/レフ・トルストイ 作/金子幸彦 訳/さし絵:スズキコージ
第九軍団のワシ/ローズマリ・サトクリフ 作/猪熊 葉子 訳/さし絵:C.ウォルター・ホッジズ
くまのプーさん/A.A.ミルン 作/石井桃子 訳/さし絵:E.H.シェパード
・風の王子たち/ボードウイ 作/安藤次男 訳/さし絵:寺島龍一
思い出のマーニー/シェーン・ロビンソン 作/松野正子 訳/さし絵:ペギー・フォートナム
長い冬/ローラ・インガルス・ワイルダー 作/谷口由美子 訳/さし絵:ガース・ウィリアムズ
たのしい川べ/ケネス・グレーアム 作/石井 桃子 訳/さし絵:E.H.シェパード

飛ぶ船/ヒルダ・ルイス 作/石井桃子 訳/さし絵:ノーラ・ラヴリン
フランバース屋敷の人びと1/K.M. ペイトン 作/掛川恭子 訳/さし絵:ビクター・G・アンブラス
真夜中のパーティ/フィリパ・ピアス 作/猪熊葉子 訳/さし絵:フェイス・ジェイクス
トム・ソーヤーの冒険/マーク トウェイン 作/石井桃子 訳/さし絵:T.W.ウィリアムズ/カバー絵:ノーマン・ロックウェル
注文の多い料理店イーハトーヴ童話集/宮沢賢治 作/さし絵:菊池武雄/カバー絵:宮沢賢治
ハイジ/ヨハンナ・シュピリ 作/上田真而子 訳/さし絵:マルタ・プファネンシュミート
海底二万里/ジュール・ヴェルヌ 作/私市保彦 訳/さし絵:アルフォンス・ド・ヌヴィル
床下の小人たち/ノートン 作/林容吉 訳/さし絵:ディアナ・スタンレイ
長い長いお医者さんの話/K.チャベック 作/中野好夫 訳/さし絵:ヨセフ・チャベック
ツバメ号とアマゾン号/アーサー・ランサム 作/岩田欣三、神宮輝夫 訳/

飛ぶ教室/エーリヒ・ケストナー 作/池田香代子 訳/さし絵:ヴァルター・トリアー
ロビンソン・クルーソー/デフォー 作/海保眞夫 訳/さし絵:ウォルター・パジェット
宝島/スティーブンスン 作/阿部知二 訳/さし絵:寺島竜二
森は生きている/サムイル・マルシャーク 作/湯浅芳子 訳/さし絵:ヴァルヴァーラ・ブブーノヴァ
みどりのゆび/モーリス・ドリュオン 作/安藤次男 訳/さし絵:ジャクリーヌ・デュエーム
ネギをうえた人/金素雲 作/さし絵:金義煥
聊斎志異/蒲松齢 作/立間祥介 訳
ドリトル先生航海記/ヒュー・ロフティング 作・絵/井伏鱒二 訳
西遊記/呉承恩 作/伊藤貴麿 編訳/さし絵:吉岡 堅二
小公子/バーネット 作/吉田甲子太郎 訳/さし絵:古茂田守助

クローディアの秘密/E.L.カニグズバーグ 作・絵/松永ふみ子 訳
やかまし村の子どもたち/アストリッド・リンドグレーン 作/大塚勇三 訳/さし絵:イロン・ヴィークランド
ホビットの冒険/J.R.R. トールキン 作/瀬田 貞二 訳/さし絵:寺島竜二
影との戦い(ゲド戦記1)/アーシュラ・K. ル=グウィン 作/清水真砂子 訳/さし絵:ルース・ロビンス
まぼろしの白馬/エリザベス グージ 作/石井桃子 訳/さし絵:ウォルター・ホッジズ
ぼくらはわんぱく5人組/カレル・ポラーチェク 作/小野田澄子 訳/さし絵:岩淵 慶造
・ジェーン・アダムスの生涯/ジャッドソン 作/村岡花子 訳/さし絵:ラルフ・レイ
キュリー夫人/エリナー・ドーリイ 作/光吉夏弥 訳/さし絵:ロバート・ギビングス
オタバリの少年探偵たち/セシル・デイ ルイス 作/脇明子 訳/さし絵:エドワード・アーディゾーニ
ハンス・ブリンカー/メアリー・メイプス ドッジ 作/石井桃子 訳/さし絵:ヒルダ・ファン・ストックム

巻末寄稿文より
中川李枝子さんのおすすめ
あらしのまえ/ドラ・ド・ヨング
あらしのあと/ドラ・ド ヨング 作
パセリ通りの古い家/ベナリイ・イスベルト 作
ふしぎなオルガン/レアンダー 作
ふたりのロッテ/エーリヒ・ケストナー 作

【追記】
順番修正しました。会場で配られる小冊子の掲載順です。
リンクが切れてるものは現在絶版になっているものです。

【追記】
今回は岩波少年文庫の創刊60周年記念の展示なので、紹介された本はすべて岩波少年文庫より発刊されたものです。現在発売されていないものも含まれています。
石井桃子氏の訳を強調しました。
宮崎さん曰く、ここでは紹介しなかった言わずもがなな名作はあえて省き、1人の著者からはできるだけ1冊だけに収めるようにしたそうです。

 圧巻の50冊です。
 あの宮崎漫画映画の養分は、こんなところから得られていた訳ですね。残念ながら僕が子供の頃に読んだ本は、わずか4冊でした。
 岩波書店より一字違いの岩崎書店のSFジュヴィナイルで育ったので(^^;)

◆関連リンク
宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展:
「岩波少年文庫」60年を記念し開催 - 毎日jp

▽8/4~8 東京都豊島区の西武池袋本店
▽8/11~17 神戸市中央区の神戸阪急
▽9/4~19 北海道留寿都村のルスツリゾート
▽9/22~10/11 名古屋市中区の松坂屋名古屋店
▽10/16~11/7 鹿児島市のタカプラ

 この展示、地方へも巡回があるようです。
 僕は名古屋で推薦文を読みに行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.04

■感想 押井守(実写)監督『アサルトガールズ』

Tenjin_fronthorz

 先日の『G.R.M.』に刺激され、そのヴィジュアルプランの一端を流用したように予告篇等の映像から考えられる『アサルトガールズ』をDVDで観た。評判が悪いのは彼方此方で言われていたので、あまり過度な期待は抱いてなかったのだけれど、、、。

 これは本当に辛い出来ですねww。二宮金次郎で完全に見限りました。
 やはり押井守実写、僕はいつも相性が悪い。好きだったのは『立喰師列伝』 だけだもんなぁー。あ、あれは実写でなく「オシメーション」とか言うんだったww。

 とはいえ映像的には撮影監督湯浅弘章氏とVFXスーパーバイザー佐藤敦紀氏の力によるものか、グレイの光学迷彩戦闘機、巨大降下猟兵FsJ87 Temjin(天人)あたりはとてもよかった。鬼頭栄作氏デザインのTemjinは『G.R.M.』に通じますね。

 で、駄目だったのは役者の演技とスナクジラの擬人的なポーズとか。現場の押井演出に問題があるのでは。メイキングどんなんだろ?

 犬監督、ボケたふりしてストーリーを練らないで映画を作るのは10年は早いんじゃないか。宮崎作品の批判をしている暇(ポニョ)があったら足下見直してほしいなー。舞台鉄人とアサルトガールズは猛省しないと本当に次の映画なんて撮れなくなると思う(ファンとしての正直な危機感)。
 『G.R.M.』撮るためにもまだまだマジメに積み上げていってほしいと切望。

◆関連リンク
「アサルトガールズ」公開記念 tokuma-EC限定「巨大降下猟兵Temjin」フィギュア 特設サイト|tokuma-EC

 デザインは第11回日本グラフィック展にて準グランプリを受賞し、「ゼイラム」「イノセンス」で造型を担当した鬼頭栄作氏がCG用に作成した原型そのままを複製、全高48CMの“ある意味”1/1スケールとして、お届けいたします。

真・女立喰師列伝 - Wikipedia

 ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.03

■デイヴィッド・リンチ監督 次回作!?
 『マルホランド・ドライブ:Mulholland Drive』続篇情報!?

Muldrivevert

続編情報!『ロビン・フッド』『マルホランド・ドライブ』『ミートボール』 | HotTrash.com

 デヴィッド・リンチが監督した01年の傑作『マルホランド・ドライブ』の続編も製作されるという。一作目に出演し、最近リンチと顔を合わせたというローラ・エレナ・ハリングは、最新インタビューでこのように語っている。「続編が作られるのは確かよ。二作目が誕生するの。私が知っていることは、今はこれ以上話せないけど」。『インランド・エンパイア』以来のリンチ最新作がいよいよ観られるというだけでも、ファンとしては嬉しい限りだが、

 日本で掲載されたこのニュース、まさか!
 でも激しく観たい。映画という表現形態の到達点と思う作品の続篇!
 前作は20世紀の終わりに撮られ2001年に公開された。今度は21世紀の映画の幕開けになるような傑作になることを祈りたいけれど、同じ監督が20世紀と21世紀の両方で、それだけの達成を両方で起こすことが出来たら、これはもう奇跡でしょうねww。

Actress Teases Return to Mulholland Drive | Movieline.

he’s keen to revisit that world in a sequel. “I’m very sure it’s coming, it’s being born,”

 原文を探してみたら、どうやらこれらしい。
 ローラ・エレナ・ハリングの短い談話として語られている。そしてこれを追従し別で続篇を伝えるニュースはまだないようだ。
 もうひとつ見つけたのが、上の記事の真相をローラに突っ込んで聞いたインタビュー。

Laura Harring on the Mulholland Drive Follow-Up: 'Please Don't Get Me in Trouble!' | Movieline.

I didn’t mean to say what David is doing or not doing, but we definitely have talked about collaborating in the future.

 ローラ・エレナ・ハリング、なんかはぐらかしてます。全く可能性がないわけでないのか??ここからだけでは判断しにくい。先走りしてローラが自分の希望を語ってしまったのか、それとも箝口令がしかれたのか??

 既にあのラストで物語は完結しているので、テレビシリーズ用に用意されていた話を前作映画のラストから遡って描く、というのは有りかもしれない。枝葉のストーリーもいろいろ伏線があったのでそれも面白いかな。

◆関連リンク
デヴィッド・リンチ『マルホランド・ドライブ』TV版(?)パイロットフィルム!!David Lynch Mulholland Drive - Deleted pilot material
 パイロットの映像がいくつかYoutubeに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.02

■八王子市夢美術館「押井守と映像の魔術師たち」
 『ガルム戦記 G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR』

Photo

特別展 押井守と映像の魔術師たち 八王子市夢美術館

2010.07.16(金)〜 09.05(日)10:00 - 19:00
 入館18:30 ただし8/7,8は 21:00まで
監修 押井 守
特別協力 バンダイビジュアル/Production I.G/DEIZ/バルク/モーターライズ/水野プロダクション/八八粍

 篠原重工のある八王子の地(^^)に初めて降り立ち、題記展示会を見てきた。
 展示全体については、関連リンクに示した各Blogの記事を参照いただきたい。

 僕はとにかく表向きに展示が公にされていない(未完成ゆえいろいろと権利関係がややこしいのだと想像される)『ガルム戦記 G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR』に特化してレポートしたい。

Photo_2

 なにしろ『G.R.M.』に関するスタンスは徹底しており、会場で最もインパクトがあり素晴らしい展示品であるその関連資料が、全236ページ/3150円という大部の図録にも写真1枚掲載されていない。関連リンクにある雑誌記事でも『G.R.M.』の文字は出てこない。
 ここでこの作品を中心に書くと、今後の展示にもしかしたら支障が出るのでは、と心配になるくらいの徹底ぶりであるが、所詮このネット時代に一般公開している展示品の情報が公になることは間違いのない事実なので、うちだけが口をつぐんでも、と思い、ならいっそ、しっかりした情報を押井ファンのために掲載する。

Photo_4

(トップの写真説明:左は展覧会のチラシ。右は図録の表紙と裏表紙。図録はどこかに既に掲載されたアニメの設定画がその8割を占め、今回の展示の目玉の立体造形物や、スタッフインタビューは極 少ページという残念な出来。事情はあるのかもしれないが『G.R.M.』が記載されていないのが展示会図録としてはあり得ないくらいの不手際。モナリザ展でモナリザの絵が載ってない図録が発行されることを想像下さい(^^;))

■『ガルム戦記 G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR』展

Horz

「押井守と映像の魔術師たち」展 #oshii: ひねもすのたりの日々

「巡洋艦イムラヴァ」イメージボード3枚
「巡洋艦イムラヴァ」ブリッジギミック 2種類 (全長30cm)
「巡洋艦イムラヴァ」模型(全長60cm)
「航空母艦コルンバ」模型(全長40cm)
「ナシャン天使形態」フィギュア(全長1m)
「戦車」模型(全長40cmくらい)
「空母艦載機」模型4種類(実演用,雷装形態,コクピットOPEN,巡航形態) (35×35cm)
「巨人 ダーナ」人物フィギュア(50cm)
「クムタク」人物フィギュア(40cm)
「ブリガ」人物フィギュア(40cm)
ブリガ甲冑(等身大)
「コルンバ」甲冑(等身大)
「コルンバ」男性フィギュア(40cm)
「コルンバ」女性フィギュア(40cm)
「ドルイド ナシャン666」女性フィギュア(30cm)

 当研究所の東京分室(^^)のshamonさんBlog「ひねもすのたりの日々」からの引用(一部追記)。いまだ映像化されざるこの大作の準備段階で作成された絵とフィギュア。今まで公になっている情報は、関連リンクのwikipediaを参考にしてほしいが、今回の展示で物語とその映像を想像させるこうした情報と造形が明らかにされた。

 圧巻は巨人ダーナ。これは凄く気に入って写真を撮っていいか警備員に聞いたのだけれどNGとのことで、しかたなくその場でスケッチ。僕の絵では現物の迫力には届きようもないけれど、観た方は自分の記憶をこれで掘り起こしていただければ幸い(^^)。
 この巨人ダーナ、右に立っている人物から想定すると、その身長は8〜10m、手に持った得物は12mといったところか。胸の巨大なフクロウのような顔があり、頭の位置の顔は黒い闇になっている。ここからなんというか虚無感が漂う。

 そして「ダーナ」はケルト神話からの引用らしい。身長10mあまりの巨人戦士ダーナの動く/戦う姿をみたいものだ。ゴシックとそして北欧の血。択捉を超える大伽藍映像が妄想される。

Photo_6

 次に「航空母艦コルンバ」。こちらはラフに描いたものを帰ってから細部を思い出してでっち上げたので、たぶん実物と随分違うかと。
 僕の画力では巨大感が出ていないが、実際のフィギュアは、細部まで作り込まれ、空母の壮大感が表現されている。
 航空母艦とキャラクタ(?)の名前が同一のは展示の説明でも理由はわからなかった。甲冑を着たコルンバは紫の衣の女性と銃を持った男性だった。民族名かもしれない。

 次に『天使のたまご』を連想させ、それをさらに進化させたような戦車も凄かった。仰向けに寝そべったように乗るコクピットがなかなか興味深い形状。これが空母艦載機と戦うシーンを想起させる。

 「ナシャン天使形態」というのが凄い。これは「ドルイド ナシャン666」という少女のキャラクターが、顔と長い銀髪はそのままに体が巨大な竜になりのたうっている人形。
 おそらくクライマックスでの物語のキーイメージのひとつではないのか。
 そしてこの巨大な天使竜(?)が、巨人ダーナもしくは戦闘機械と戦うのではないかと容易な予想が立つ。
 緻密なフィギュアはこうした映画のシーンを観る者の頭の中に立ち上げる。
 G.R.M. Wikipediaに「製作総指揮 ジェームス・キャメロン」の名前がある。今回の造形物をキャメロンに見せたらきっと彼も3Dでこの映画を観たいと言ってくれるはず。誰かキャメロンを乗せて50億くらい日本に持ってこれるプロデューサーはいないんでしょうか。

◆関連リンク
八王子夢美術館「押井守と映像の魔術師たち」 - Biting Angle

 続いては展示内容を順路に沿ってご紹介。 美術館で展示リストを作っていないので、わかる範囲で書き留めてきたものです。

 詳細なリスト。ファンの方はこちらのリストで自分の観たいものがあるかどうか確認下さい。
『押井守と映像の魔術師たち』感想サイト - 押井守情報:野良犬の塒
G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR(ガルム戦記) - Wikipedia
『押井守と映像の魔術師たち』展覧会へ行ってきました☆(週刊アスキー)

アニメーションから実写まで幅広く手掛ける押井監督の世界観が堪能できると同時に、もうひとつの目玉、未発表作品の展示もあります。ここだけでしか鑑賞することができない展示物は会場の奥に!

 展示物の写真が3枚。報道陣には写真撮影が許可されているようだ。
 何故『G.R.M.』を撮らないのか!
 G.R.M.については直接触れられてませんが、記事にしてはいけないとか、お達しでもあったのでしょうか?あれが白眉なのに、、。
押井守監督的なもの: 「押井守と映像の魔術師たち」

ガルム戦記、G.R.M. THE RECORD OF GARM WARとも言われる押井守監督未完の大作があり今回その関連品が展示されると言われてきた。その中には幻のパイロットフィルムの上映も噂に上がった。実 際、先の樋上晴彦氏や実姉である最上和子氏の発言から押井守監督が関係者に上映の許可を求める動きがあったらしい。しかしその望みは絶えてしまった。しかしそのフィルム以上にそこに展示された立体物には驚かされる。

立喰師列伝で使用された書籍等(Blog 押井守監督的なもの)
 59作品のタイトルと著者名リスト。労作です。
・幻の『G.R.M. ガルム戦記』パイロット
 BS2で紹介された短いもの。かつて観た記憶がある。BS2のどんな番組で紹介されたんだったか??
・デル・トロ監督がジェームス・キャメロンが制作で、最強のドリームタッグチームでラブ・クラフト「狂気の山脈にて」の3D映画化。(CIA☆こちら映画中央情報局です より)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »