« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010年10月10日 - 2010年10月16日

2010.10.15

■感想 ジャン=ピエール・ジュネ監督『ミックマック』
  ジルベール・ペイール:Gilbert Peyre の機械人形

Photo_5 パンフレット 右: 広げたところ 左: 表紙拡大プラスティックシートが被っている。

ジャン=ピエール・ジュネ監督『ミックマック』日本語予告篇
  (ストーリーが紹介されているのでネタばれ注意です)

 予告篇から、なんとも素晴らしい奇想を予感させる映像なのだけれど、現時点、東海地方はセンチュリーシネマの一館のみ公開、日本全体でも30館程度と、残念ながら小規模公開。

 やっと待望のジャン=ピエール・ジュネ監督の新作、観てきた。
 仏蘭西の奇想監督、今回も変でいい。何よりジャンクがアルチンボルトしている住居と多数のガジェットがいい。エレクトロニクスだったり、コマ撮りだったりの動きも楽しい。物語のピカレスクの御伽噺との相性もなかなか。

 ただし、物語の構築はちょっと弱かったかな。充分面白いんだけど、緻密に組立てて緊迫感をもっと出してたら傑作になってたのに、と残念。

 『ミックマック』パンフレットによると、元は主演をアメリにも出てたジャメル・ドゥブーズであて書きしていたらしい。彼の主演を観たかったのは僕だけでないはず。

◆ジルベール・ペイールのスカルプチャー

 パンフレットによると、『ミックマック』に出てくる機械人形は、アーティスト ジルベール・ペイールの作とのこと。ジャン=ピエール・ジュネ監督が展示会で見初めて、映画に登場させてたと言う。
 
Gilbert Peyre 公式HP

 公式HPのQuelques Imagesをクリックすると、作品が見られる。

 作品はシュヴァンクマイエル『悦楽共犯者』的なので、その手のが苦手な方は、クリック注意 ! (^^;)

 いろいろと出てくるジャンクアートのうち、金属系のアルチンボルトのタイプは、どうやら作風から判断すと、ジルベール・ペイール作品ではないかもしれない。

◆蛇足

 TVカメラで世界に真相を暴露するシーンというのは、『カリ城』や古くは『空飛ぶゆうれい船』でもあった定番だけれど、いつ見ても痛快。ジュネ監督もカリ城ファンなのか!?

◆関連リンク
DVD「ジャン=ピエール・ジュネ 傑作短編集」 (Blog おそらく見聞録さん)
 初期短編4本収録、こんなの出てたんですね。
 このBlogでの評価は高くないが、動画へのリンクが貼られてる。
DVD『ジャン=ピエール・ジュネ 傑作短編集』
 既に絶版。

当Blog過去記事
ジャン=ピエール・ジュネ監督 新作『Micmacs à tire-larigot』予告篇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.14

■ zozi監督「岩国基地航空ショーに行ってきました」「ひたすらくるくるダブルラリアット」

Photo「岩国基地航空ショー フレンドシップデー2010に行ってきたよ」([Frenz2010])(Youtube)

 リアル航空ショー映像に、内外の架空航空機映像が登場。
 ホームムービーでよく見かけるような映像に、空想科学が混入して、素晴らしい完成度。是非、まずはご覧あれ!

 このタッチはどこかで一度観たことがあると思ったら、広島のお祭りに何気なく、アニメキャラとかがARのように登場する「お祭りに行ってきた~広島ふれあい街歩き」を撮られたzoziさんの作品だった。

 twitterで尋ねてみた。「この手法って実写カメラの手振れとCG映像の振れのマッチングは、どうやっているんだろうか。今の3D-CGソフトって、自動的に実写映像の画像解析で手振れをCG映像に反映する機能があるんですかね?素人なのご存知の方、御教示下さい。」

 y_akiさん、SekaiDeSaisinさん、pacchiiさん、SatosYamagさん、melonVFX他から情報をいただいた。本当にありがとうございます。
 この技術、マッチムーブというらしい(本当に素人ですみませんorz)。

◆マッチムーブ:Match Move
マッチムーブ - Wikipedia

"実写映像からカメラの動作を検出することをカメラトラッキングといい、実写内の移動オブジェクトの動作を検出することをオブジェクトトラッキングという。 代表的なマッチムーブソフトウェアとして英国2d3社の boujou が挙げられるが、廉価版でも60万円と、まだまだ個人が手を出すには厳しい値段である。 5万以下の比較的安価なマッチムーブソフトとしては、SynthEyes、VooCAT等がある。 またフリーウェアではvoodoo camera tracker(maya、3dsMAX、blender等に出力可能)がある。"

ニコニコ大百科

"マッチムーブソフト 2D
(物体を追跡し、さまざまな特殊効果を付けられる)
    * AfterEffects

3D
・ただしカメラトラッキングのみ(カメラの動きを立体的に解析)
    * VoodooCameraTracker(無料)
    * VooCAT(VoodooCameraTrackerの製品版。低価格で手軽。ただし機能は少ない。)

3D(カメラの動きを立体的に解析。または物体の動きを立体的に解析し、さまざまな合成・特殊効果を実現できる)
    * SynthEyes Camera Tracker (低価格であるが機能は充実)
    * boujou(商業用・すごく高い)
      PF Track"

 素晴らしい。以前『宇宙戦争』で吃驚した技術が既にフリーウェアもある!

twitter / zozi009さん

"マッチムーブソフトを使ってます。フリーソフトでもありますが、うちはSyntheyesです。詳しくは私のマイリストから見てください。解説動画がいくつかありますので。"

 そして「岩国基地航空ショーに行ってきました」の作者の方からレス。
 マイリスト等からメイキングを以下、御紹介。

◆メイキング (zozi009さんのマイリスト(Youtube)より)
ミクのいる風景~解説編の解説
[3D]ミクのいる風景~カメラ買ったので実写合成してみた・解説編
Studio Sleipnir zoziさんのメイキングを紹介したHP

 マッチムーブソフトは、市販のSyntheyesを使用。実写映像から画像解析で抽出した映像のポイントごとのデータから、キャラクタを立たせる平面と位置を定義。そして三角測量の原理で求められたカメラ位置データを使用して、アニメーションを作成ということのようだ。
 加えて、カメラの手振れを抑えるために、
ステディカムのマリーンを使用されているとのこと。
 最後はCG映像を実写になじませるため、After Effectで画質を調整されているのがわかる。
 zozi009 さんのステディカム撮影風景は「お祭りに行ってきた~広島ふれあい街歩き」メイキングで観られます。

Photo_2

[実写合成]ひたすらくるくるダブルラリアット(Youtube)

 そしてzoziさんの別のPV作品。元気の出る歌に溌剌としたアニメで、なかなか気持ちのいい作品。歌が耳から離れなくなります(^^;)。
 この手法、独特の世界が構築されていて、素晴らしい。どこかで観た風景に奇想映像が混入、というワクワクする映像になっている。
 普段、眼の大きいキャラには近づかない当Blogですが、これは気持ちのいい仕上がりだったので、御紹介。

◆関連リンク
CG★ソフトなんでも覚書: マッチムーブ 3
 各種ソフト紹介記事
SynthEyes Camera Tracker - Andersson Technologies LLC
マッチムーブ@ wiki - SynthEyesユーザーマニュアル日本語訳
Voodoo Camera Tracker HP 日本語訳 - PukiWiki
インディゾーン@オンライン

"SynthEyes 2008 Mac版 (カメラトラッキング、マッチムーブソフト) 60,270円"

Voodoo camera tracker + Blenderでマッチムーブをやってみる。 - Ray of 3-Dimension

◆おまけ 『FRENZ 2010』

"Web上で話題の映像クリエイターによる、新作映像上映イベント"

 「岩国基地航空ショーに行ってきました」が上映されたイベント。
 いくつかの動画が観られるので、面白そうなものをミニ紹介。

 ・FRENZ 2010 - FRENZ 2010夜の部オープニングムービーを公開しました!.

『FRENZ 2010』夜の部のオープニングムービー”Assemblage”

 シャープでかっこいい、TV番組のタイトルバックのような映像。こういう映像は、もうアマチュアでも一般的なのか。凄いなー。
トリノコシティ PV
 40メートルPの曲と文字の動きが気持ちいい。
aspect
 夕焼けの工場がいい。
Echo~世界に一人の女の子と映写機の話~
 映写機という素材がいい。背景とか映像も良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.13

■デヴィット・リンチ絵画展@コペンハーゲン「ジ・エアー・イズ・オン・ファイアー展」 David Lynch "The Air is on Fire" @ Copenhagen Gallery of Contemporary Art GL STRAND

David_lynch

Actual exhibition - EXIT 09 | Copenhagen Gallery of Contemporary Art GL STRAND (Twitter / 滝本誠さん経由)

David Lynch - The Air is on Fire 26th september 2010 / 16th january 2011

 2007年のパリ、2008年のミラノに続き、オランダコペンハーゲンで、リンチの「ジ・エアー・イズ・オン・ファイアー展」が開催中。
 巡回展ということで、twitterでの滝本さんの周辺情報によると、カタログは、以前のパリのものと同様らしい。
 ただ作品はどうやら、一部新作も含まれているようだ。

 会場の様子と、リンチのコペンハーゲンでのインタビュー映像が、以下にある。

◆会場の様子
コペンハーゲンの会場の動画(1分)
 会場は、パリのカルティエの時に比べて、地味な感じ。

◆インタビュー
KP Special_David Lynch The Air is on Fire.mov

David Lynch is showing his art works in the exhibition The Air is on Fire at Gl. Strand, with a few new pieces made in Copenhagen. Not to be missed!!

 ニュース映像。一部会場の様子も映っている。
David Lynch on GLSTRAND 2010 Copenhagen(15分)

・その他、これで検索→YouTube - david lynch Copenhagen

◆蛇足
 先日、名古屋パルコの洋書ロゴスに久々に寄ったら、デイヴィッド・リンチの出たばかりの画集『Dark Splendor』『Lithos』が置いてあった。
 『The Air is on Fire』と絵画作品はダブっているようだ。
 これらには、論考がかなり入っていた。
David Lynch『Dark Splendor』
David Lynch『Lithos』

◆関連リンク

当Blog過去記事
デヴィット・リンチ絵画展@パリ ジ・エアー・イズ・オン・ファイアー展  David Lynch "the air is on fire"
美術展カタログ『The air is on fire, David Lynch』
展覧会 ミラノ トリエンナーレ財団美術館『The air is on fire』@ Triennale de Milan
デイヴィッド・リンチ新画集『闇の光彩』『リトグラフ』 David Lynch "Dark Splendor" "Lithos"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.12

■パリ シネマテーク デイヴィッド・リンチ:David Lynch作品上映

David_lynch_la_cinmathque_franaise

DAVID LYNCH - La Cinémathèque française(公式HP)
(Twitter / 滝本誠さん経由)

"娘からメールあり、パリのシネマテークの10月はLynch上映が13日から、当日はリンチが出席。ハロウィンナイトはツインピークスファーストシーズン+ローラパーマー最期の七日間。コスプレナイトらしいよ "

 2010.10/13-31。公式HPのプログラムによると、短篇含め全作品上映みたいだ。あのTVシリーズ "ON THE AIR" も、初期短篇も公開される。

 フランス在住のリンチファンの方は、是非、仮装で参加を。
 ログレディならいいけれど、酸素マスクのフランク・ブースは、会場に行き着く前に捕まる恐れ有(^^;)。

◆関連リンク
Cinema paris et programmes, exposition et musee paris - La Cinémathèque française(パリシネマテーク公式HP)

 フリッツ・ラングの特集頁とか渋い。あとリンチ作品の批評紹介とか。
 『マルホランド・ドライブ』論、読みたいけど仏語(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »