« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

2010年11月14日 - 2010年11月20日

2010.11.20

■CALF 和田淳特集上映@シアター・イメージフォーラム

CALF|和田淳特集上映

"劇場:シアター・イメージフォーラム
プログラムA 11/20(土)、22(月)、24(水)、26(金)21:00-
◆和田淳の作品
『夢現』2002、『笛』2002、『蠕虫舞手』2004、『係』2004、『やさしい笛、鳥、石』2005『鼻の日』2005、『春のしくみ』2010
◆世界の作品
『PLAYGROUND』 水江未来(日本)2010、『サムのホットドッグ』デイヴィッド・ロペズ・レタメロ(イギリス)2009、『悩ましい愛撫』ジェレミー・ブラー(フラン ス)2009、『オオカミたち』ラファエル・ゾンマーハルダー(スイス/イギリス)2009、『View』ナユン・リー(韓国)2009、『ミラマーレ』 ミカエラ・ミュラー(クロアチア/スイス)2009

プログラムB 11/21(日)、23(火)、25(木)21:00 START
◆和田淳の作品
『このマヨネーズはゆるすぎる』2002、『kiro no hito』2003、『子供の廻転の事』2004、『声が出てきた人』2006、『そういう眼鏡』2007、『わからないブタ』2010
◆世界の作品
『ホーンテッド・ハート』ウィノナ・リーガン(アメリカ)2009、『小さな家』クリスチャン・ホルム(エストニア)2009、『ベニーニ』エリ・ヴォリネン、 ジャスミーニ・オッテリン、ピンジャ・パルタネン(フィンランド)2009、『指を盗んだ女』銀木沙織(日本)2010、『野生』ポール・カボン(フランス)2009、『生命線』アンジェラ・シュテフェン(ドイツ)2009、『オルソリャ』ヴェラ・セデルケニイ(ハンガリー)2009
20日(土) 和田淳による舞台挨拶
21日(日) 鈴木卓爾さん(映画監督)
22日(月) 水江未来さん(Aプログラム 『PLAYGROUND』監督)
23日(火) 藤幡正樹さん(メディアアーティスト)
24日(水) 古川タクさん(アニメーション作家)
25日(木) 銀木沙織さん(Bプログラム 『指を盗んだ女』監督)
26日(金) しりあがり寿さん(漫画家)"

 和田淳さんの作品は、ふらっとアニメーションで『わからないブタ』しか観ていないのだけれど、そのシュールな作風は凄かった。冒頭に掲載した公式の予告篇を是非観て下さい。羊の出て来る「そういう眼鏡」なんて、このトレーラーのシーンだけしか観た事はないのだけれど、絶品ですね。
 初の回顧展ということで、まとめてみられるので、東京の方にはお薦め。
 僕は、CALFショップで12月に発売予定のDVD「和田淳作品集2002-2010」を購入して、来月鑑賞したいと思う。

◆関連リンク
・和田敦氏が大山慶氏と作った水木キャラのアニメーションも楽しみな映画、鈴木卓爾監督『ゲゲゲの女房』。予告篇にも鬼太郎で出ます。
CALF
和田敦twitter
・当Blog記事
 感想 ふらっとアニメーション CALF in 春日井

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第15回 アートフィルム・フェスティバル

Photo 第15回 アートフィルム・フェスティバル プログラム
 (Twitter / さん経由)

"2010.11/19(金)~24(水)、30(火)~12/5(日)
*11/25(木)~28(日)は「第32回ぴあフィルムフェスティバルin名古屋」を開催。
*11月22日(月)、29日(月)は休館
会場:愛知芸術文化センター12階 アートスペースA
料金:入場無料・申込不要(当日来場可)

<日本アニメーション・セレクション>
大山慶『HAND SOAP』、和田淳『わからないブタ』、北村愛子『服を着るまで』、石田祐康『フミコの告白』 、村本咲『サキのそばかす』

<ドキュメンタリー 友久陽志『或る音楽』+高木正勝新作『Ymene』>
他 多数"

 名古屋で開催されているアートフィルム・フェスティバル。
 プログラムを是非ご覧下さい。多彩なフィルムが目白押し。
 僕も行きたいんですが、いろいろと所用があって、行けますか、どうか。せっかくの名古屋での貴重な機会なんだけれどなー。

 まずは告知という事で、簡単ですが、御紹介まで。近郊の方は是非。

◆関連リンク
第32回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)  鈴木卓爾、矢口史靖監督『ワンピース2010夏』

"10作品/約60分 監督:鈴木卓爾、矢口史靖 出演:田中要次、唯野未歩子、森下能幸、寺十 吾、宇野祥平、猫田 直、塩野谷恵子 他 1つの場面をワンカットで、カメラを動かさずに撮影する。その上編集・アフレコも一切しない、というミニマムな作業量で作り上げられた短編作品群、『ワンピース』"

 11/25(木)19:00 - 平日では行けません! 観たいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.19

■ビクトリア朝スチームパンク『ボイラープレート:BoilerPlate』予告篇

BOILERPLATE: History of a Victorian Era Robot(公式HP)
 (付録部 blog-buさん経由)

"ビクトリア朝時代 1880年代にアーチボルド・キャンピオン Archibald Campion 教授によって開発されたロボット、ボイラープレート Boilerplate が発表されたのは1893年のコロンビア博覧会でのこと"

 素晴らしいスチームパンク。ロボットの名はBoilerPlate:BP、仲間だ(^^;)!という冗談はともかく、動画も公式HPも架空の歴史を見事に表現していて面白いので御紹介。

 twitterでつぶやいたら、下記のような情報をいただきました。

Twitter / @クリハラさん

"@butfilp これ、JJエイブラムスが映画化権取得してるんですよね。近日大公開かもしれません"

 JJ Abrams To Produce "Boilerplate" - Comic Book Resources等に情報があります。
 IMDbには、J.J. Abrams : J.J.エイブラムスBoilerplate (2013)には2013年公開予定という他、ほとんど情報がない。

 上のトレイラーは、もちろんJ.J.エイブラムスのものではないが、このテイストを是非映画でも活かしてほしいものである。これを大画面で観たい(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.18

■地球侵略SF映画 "Battle: Los Angeles" "Seres: Genesis" "Skyline"

Sf

 アメリカで地球侵略映画の公開ラッシュ。

 子供の頃、60年代SF映画によって、宇宙人が地球侵略をする光景を何度か体験し、そんな光景をいつか現実に観たいと思ったのは僕だけではないはず(^^;)。
 おそらく生きている間に、それが現実に起こる可能性がゼロである事は、宇宙人の経済効率を考えると、残念ながら確実であるw。

 ということで、60年代とは桁外れにフォトリアルで現実に近い侵略映像が作れるようになった現在、疑似体験としてのインパクトが子供時代に勝るかどうかはともかく、少なくとも映像のリアル度として、下記の3本の日本公開を楽しみに待ちたいものである。

Jonathan Liebesman監督
 Battle: Los Angeles - Movie Trailers - iTunes
 http://www.battlela.com 公式HP
 11.3/11 米公開

"For years, there have been documented cases of UFO sightings around the world - Buenos Aires, Seoul, France, Germany, China.  But in 2011, what were once just sightings will become a terrifying reality when Earth is attacked by unknown forces.  As people everywhere watch the world's great cities fall, Los Angeles becomes the last stand for mankind in a battle no one expected.  It's up to a Marine staff sergeant (Aaron Eckhart) and his new platoon to draw a line in the sand as they take on an enemy unlike any they've ever encountered before."

Angel Mario Huerta監督
 Seres: Genesis - Movie Trailers - iTunes
 http://www.seresmania.com 公式HP
 10.10/29 米公開

"When a young girl is found amid the wreckage of an accident caused by an alien craft, Mariel (Alejandra Barros), head of a secretive task force investigating the paranormal, must solve the riddle of a frightening message the girl delivers which suggests humanity is on the verge of extermination by a hostile alien force."

Colin Strause, Greg Strause監督
 Skyline - Movie Trailers - iTunes
 http://www.iamrogue.com/skyline/ 公式HP
 10.11/12 米公開

"In the sci-fi thriller Skyline, strange lights descend on the city of Los Angeles, drawing people outside like moths to a flame where an extraterrestrial force threatens to swallow the entire human population off the face of the Earth."

◆関連リンク
当Blog記事
感想 S・スピルバーグ『宇宙戦争』WAR OF THE WORLD

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.17

■新刊メモ 『エステルハージ博士の事件簿』『異星人の郷』『黒沢清、21世紀の映画を語る』

アヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』
 (河出書房新社)

"架空の小国で起こる難事件を、博覧強記のエステルハージ博士が解決。唯一無二の異色作家による、ミステリ、幻想小説、怪奇小説を超えた傑作事件簿。世界幻想文学大賞受賞。解説:殊能将之"

 奇想コレクション『どんがらがん』が衝撃的だったアヴラム・デイヴィッドスンの作品が翻訳される。これは必読(^^)。

マイクル・フリン『異星人の郷 上』

"14世紀のある夏の夜、ドイツの小村を異変が襲った。突如として小屋が吹き飛び火事が起きた。探索に出た神父たちは森で異形の者たちと出会う。灰色の肌、鼻も 耳もない顔、バッタを思わせる細長い体。かれらは悪魔か?だが怪我を負い、壊れた乗り物を修理するこの“クリンク人”たちと村人の間に、翻訳器を介した交流が生まれる。中世に人知れず果たされたファースト・コンタクト"

マイクル・フリン『 異星人の郷 下』

"現代のフィラデルフィアで、統計歴史学者のトムは、14世紀に忽然と消えた小村の謎を追っていた。同居する宇宙物理学者のシャロンは、光速変動理論を調べるうち、ひとつの宇宙論に到達した。二人の研究によって見出された真実とは。黒死病の影が忍び寄る中世の生活と、異なる文明を持つ者たちが相互に影響する日々を克明に描き、感動を呼ぶ重厚な傑作。ヒューゴー賞最終候補作"

 表紙とあらすじを読んでワクワク。
 「黒死病の影が忍び寄る中世の生活と、異なる文明を持つ者たちが相互に影響」ってところが特に。

『黒沢清、21世紀の映画を語る』

"映画とは何か、映画監督とは誰か、映画館とはどんな場所か? 20世紀のスクリーンに掛けられたそんな巨大な疑問符に向けて、黒沢清が語りつくす21世紀の映画論。 ソウルやアメリカ・イェール大学など、海外での講演を含め、2006年から09年までに行った12の講演を載録。 小津安二郎、大島渚からスティーヴン・スピルバーグ、フェデリコ・フェリーニまで、東西の監督たち、映画たちについてひとりの監督の立場から語りつつ、映画の未来を見据える講演集"

 Amazonで『人生の奇跡 J・G・バラード自伝』 を買った人の多くが『黒沢清、21世紀の映画を語る』を買っているとリコメンドされたので、この本の存在を知った。バラードと黒沢清の関係は謎だ。

 そういえば、黒澤清の新作情報を聞かないが、どうなってるんだろうか。早く次回作を!

 

◆関連リンク
・殊能将之氏のアヴラム・デイヴィッドスン短編考課表
どんがらがん』インタビュー:殊能将之先生(Anima Solaris)
 『エステルハージィ博士の事件簿』についても語られている。
アヴラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』
一峰 大二『どんがら がん坊〔完全版〕』

"<どんがら がん坊> 時は戦国、世は乱れに乱れていた頃——、 この騒ぎを鎮めて天下を取ることを志す少年豪傑 どんがら がん坊が嵐を巻き起こす! つぎつぎ現れ る悪の忍者、科学者、そしてがん坊と同様に天下取りを目指す悪人たちに、 負けるな! どんがら がん坊!!"

 単にタイトルつながりですが(^^;)、アヴラム・デイヴィッドスンで読みたいストーリーw。

マイクル・フリン著作一覧|東京創元社

当Blog記事
感想 アヴラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』bumberboom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.16

■「テオ・ヤンセン展~生命の創造~」@日本科学未来館 シアメシス
 & 大人の科学「テオ・ヤンセンのミニビースト」

Siamesis 2010 from Strandbeest on Vimeo

企画展『「テオ・ヤンセン展~生命の創造~」物理と芸術が生み出した新しい可能性』 | 日本科学未来館.

"本展では新旧計13体の「ビーチアニマル」を展示。世界初公開となる「シアメシス」(体長15メートル)をはじめとする、巨大作品2体と小型作品(体長4メートル)2体が、会場内で巧妙な動きを披露します。

開催期間     2010年12月9日(木)~2011年2月14日(月)
開催場所     日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb
開館時間     午前10時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
休館日     毎週火曜日(ただし、1月4日は開館)"

 昨年年初の日比谷『-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展』に続き、オランダのアーティスト、テオ・ヤンセンの大規模な展示会が日本科学未来館で開催される。世界初公開の「シアメシス」(体長15メートル)の巨体が圧倒的ではないかと予想される。
 そして調べてみたら、新作「シアメシス」(体長15m)の動画があった(冒頭)。綴りは、Siamesis。思ったよりダイナミックだけど、個々の脚の動きは繊細だ。動力も電子制御装置も持たずにこの精緻な動きは驚異的だ。

 でも生物を名のるなら、神の創造物なのだから、精緻で当たり前かも(^^;)。

 シアメシス:Siamesisの語源は、Siamese:「シャムの」。
 wiki 結合双生児によると「シャム双生児」という言葉使いは本来結合双生児には適切ではないが、通称で定着してしまっているから使用したのか。
 で、そこから本来の日本語はシアメシス→シャムシスが正しいのかも?

Photo

テオ・ヤンセンのミニビースト | 大人の科学マガジン 動画

" テオ・ヤンセン氏監修のもと、風で動く小型のストランドビーストがふろくに登場。試作を見たヤンセン氏は、ふろくにAnimaris Ordis Parvus[小さい(パルビス)オルディス型(Ordisはヤンセン氏の作品群の名称)のアニマリス(ラテン語で動物)]の名を与えた。

A4変型判/100ペ ージ/2011年1月発売予定
予価:3,500円(税込)"

 そしてタイミングを合わせて、大人の科学がまたしてもやってくれます!
 リンク先の動画を観ると、まさにあの動きを再現してくれています。しかも動きがスムーズ。
 あ、でもスムーズなのは当たり前か、テオ・ヤンセンが廃物で作っているところを玩具とはいえ、しっかりした工業製品として製造しているわけだから。
 これは期待できます!

◆関連リンク
テオヤンセン日本オフィシャルサイト
STRANDBEEST
Ventosa Siamesis | Flickr - Photo Sharing!
 シアメシスを上から見た写真。構造がわかります。

Theo Jansen - Google ビデオ
Dailymotion - TEDTalks_ Theo Jansen (2007), a video from tedtalks. www.ted.com, Tedtalks, biomechanics, Theo, creatures.ヤンセンが解説
Theo Jansen『The Great Pretender』

当Blog記事
・見学記 2009.1『-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展』-1
・見学記 2009.1『-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展』-2
・Theo Jansen- テオ・ヤンセン展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.15

■JGバラード「クラッシュ」展@ロンドン ガコジアンギャラリー Crash: art and JG Ballard collide at the Gagosian gallery

Photo

Twitter / @滝本誠

"ロンドン、ガコジアンギャラリーのJGバラード「クラッシュ」展カタログを横に置いて、「人生の奇跡JGバラード自伝」(東京創元社)に読み耽る"

 滝本誠さん(@noirtaki) がつぶやかれたバラード「クラッシュ」に関するアート展について、調べてみた。

JGバラード「クラッシュ」展:Crash@Gagosian gallery in London 公式HP
 展示は「クラッシュ」に関係して自動車事故を扱ったウォーホールや、ポール・デルボーの作品もあったようだ。
 そして右が、「クラッシュ」のポスターイメージ。
 やはり2枚目のマリリン・モンローとおぼしき写真が強烈な印象を残す。(ぬさんにご指摘いただきました。ここはマリリン・モンローでなく、Jayne Mansfield:ジェーン・マンスフィールドが正解のようです。バラードの短編版「クラッシュ!」にはジェーン・マンスフィールドに関する記述があるようですし、クローネンバーグの映画でも言及されているとのこと(既に忘却の彼方。ネットで今、調べました)

 その他、下記リンクに作品の写真等が紹介されている。かなり刺激的な写真もあるので、気の弱い方は御注意を。

Crash: art and JG Ballard collide at the Gagosian gallery | Art and design | guardian.co.uk

Private view podcast: Adrian Searle describes Crash, art's homage to JG Ballard at the Gagosian | Culture | guardian.co.uk

JG Ballard | Books | guardian.co.uk

◆関連リンク
Crash! (1971): 映画評論家緊張日記.

" 『残虐行為展覧会』に収録されている「衝突!」crash!という短篇だ。(略)あまり知られていないのだが、実は本作は映像化されている。ハーレー・ コークリスというBBCのディレクターが作った実験映画のようなものである。長年見たいと思っていたのだが、ひょんなことからyoutubeにあるのを発 見した。
 若き日のバラード本人(ナレーションも)ももちろん見所だが、注目は相手役を務めている女優。これなんと、ガブリエル・ドレイク。『謎の円盤UFO』のエリス中尉である!"

・そしてそのYoutubeの動画"crash!"
  YouTube - Harley Cokliss"Crash!" (1971)
 バラードが車を運転し、事故の残骸を見て歩く。そして並行してミニスカートのエリス中尉の幻影を観る。一見の価値あり。17分の作品。
『人生の奇跡 J・G・バラード自伝』
 上海のバラード少年が表紙。リアル『太陽の帝国』ですね。
Gagosian Gallery (Gagosian) on Twitter
mixi Gagosian Gallery コミュ
 バラード展の情報は残念ながらない。

・当Blog記事
 サム・スコギンズ監督 J・G・バラード原作『夢幻会社』 Sam Scoggins: 'Unlimited Dream Company' Film
 自主制作の『無限会社』。
フセイン・チャラヤン展:Hussein Chalayan

"ドレスの胸元には割れた車のフロントガラスが取り付けられている。最後のドレスは、まさに衝突の瞬間をあらわしている。スピードの真っ只中にあり、衝突の 原因と結果を同じ時空間に包含する。これら三着のドレスには大破した車やナンバープレートのイメージがあしらわれている"

 『クラッシュ』みたいだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »