« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月14日 - 2010年2月20日

2010.02.19

■ワーナー・マイカル 3D対応 シーンに合わせ動く座席「D-BOX」

Dboxteatre_img_2

ワーナー・マイカル:3Dも対応 シーンに合わせ動く座席 - 毎日jp(毎日新聞)

 映画館運営のワーナー・マイカルは4日、イオン大高ショッピングセンター(名古屋市緑区)に3月23日開業する映画館に、映画のシーンに合わせて動く座席「D-BOX:ディー・ボックス」を導入すると発表した。前後左右と上下に最大で4センチ弱動く。音に連動して振動する座席はこれまでもあったが、映像で動く座席は国内映画館で初という。

ワーナー・マイカルの新3Dシアター、D-BOX技術を採用した動く座席を日本初導入 - PRONEWS.

北米では2009年段階で、『ワイルド・スピードMAX』、『ターミネーター4』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、『2012』などが「D-BOX」対応で劇場公開されたという。

 以前にアミューズメントではこうしたものもあったけれど、ついに一般劇場にも導入。
 実はこのイオン大高、僕は、通勤電車で毎日このすぐ横を通っているので、いち早くレポートしたいものです。やはり『アバター』で体感したいなあ。

◆関連リンク
D-Box社製フォースフィードバックシート - racing the wind

カナダのD-Box社製のレーシングゲーム用アクティブ・フォース・フィードバック・シートとなる。

 もともとゲーム関連のメーカのようです。こちらの椅子も凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.18

■【ネット公開】山本弘『MM9―invasion―』

20100206_195430_2

【特別掲載】山本弘『MM9―invasion―』第1回(1/4)   
 今度は侵略だ!迎え撃て「気特隊」!!

 あの特撮怪獣SF小説『MM9』の続編。
 実はまだ読んでいないので、今回はリンクの御紹介だけです。

 前回は『ウルトラマン』だったけれど、今回は『ウルトラセブン』でしょうか。

◆関連リンク
・当Blog記事
 ■山本弘 『MM9』 僕たちの町であんな怪獣を暴れさせないでくれ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.17

■『東のエデン劇場版II Paradise Lost』公開日&上映館決定

Photo

劇場情報 -  東のエデン

 『東のエデン 劇場版II Paradise Lost』公開日&上映館決定!
 3月13日(土)公開 となります。

 全国15館で上映。当東海地区は、前回同様、伏見ミリオン座のみ。あの映画館は、映画ファンっぽい雰囲気がとてもいいです。ので、今回も楽しみ。

 予告篇の中で下記のヒントが....。

セレソンNo.3 活動履歴
サイゾウさんに甘味を ¥312,000
ナース受付にオルゴールの音色を ¥600

 あと1ヶ月、早く先が知りたいものです。

◆関連リンク
神山健治監督『アマゾン限定 東のエデン 劇場版I The King of Eden + Air Communication Blu-ray』
 2010/03/24発売とのこと。劇場版II公開前に売り出せばいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.16

■ジャン=ピエール・ジュネ監督
 新作『Micmacs à tire-larigot』予告篇

Micmacs_tirelarigot

Micmacs à Tire-Larigot – Rejoignez la bande du Tire-Larigot(公式サイト)

ジャン=ピエール・ジュネ - Wikipedia

最新作 Micmacs à tire-larigot がフランスで2009年10月に公開されたが日本ではまだ公開日未定。

 ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作が昨年10月に本国フランスでは既に公開されているようです。

 またしてもマルク・キャロとの共同監督でなく、単独ですね。そしてまたガチャガチャしててかわいらしく、そして奇想度アップ、しかもバロックな感じ!

 公式サイトが楽しいので、是非クリックしてみて下さい。

Twitter / ミノワ: マルク・キャロは使われていない古い教会を改造して住ん ....
Twitter / ミノワ: ジャン=ピエール・ジュネと仲直りして欲しいとは言えな ....

ジャン=ピエール・ジュネと仲直りして欲しいとは言えなかった…。

 マルク・キャロと会われたことのあるフランス在住のminowa_naitohさんのtwitterの呟きから知ったのですが、二人の監督は仲違い中のようですね。
 共同監督最終作の『ロスト・チルドレン』が大傑作だったので、ジュネの『アメリ』もいいですが二人で奇想映画を極めて欲しいものです。

 この新作映画、今のところ日本公開の予定が調べても出てこないのですが、『アメリ』をストーカー映画と思って輸入した配給会社「トルネード・フィルム」の叶井俊太郎さんに是非日本公開を実現してほしいものです。(『アメリ』はアルバトロス・フィルム時代に買い付けられたらしい。 (Pod cast)は抱腹絶倒でした)。

Micmacs à tire-larigot:大策略 | Virginie Ledoyen et le cinéma français.

シニカルな巨大産業を相手にクズ屋たちはビビ・フリコンティンとバスター・キートンの名に恥じない想像力と空想力でダビデとゴリアテの戦いを繰り広げることになる。

Micmacs à tire-larigot : Sucre日誌.

micmac・・・たくらみ、陰謀
à tire-larigot・・・・たっぷり、たらふく

 邦題は『たらふくのたくらみ』とか、良さそうですね。でもせいぜい『巨大陰謀』なのでしょうね(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

■toriさん スタジオぬえの「Powerd Suit」制作

完成したぞおおお!!!! (Blog 今日も本気出す。さん)

【追記】卒展について 3月5日(金)から9日(火)まで、 東京・青山のスパイラルガーデン1Fで行われる「多摩美術大学工芸学科卒業制作展」(地図)にて展示

パワードスーツ制作 (Blog 今日も本気出す。さん)

Q.中に人入れるの?
A.「入れないこともない」、という感じです。 パワードスーツの中身は空洞にしているので、頑張ればなんとか着れます。 ちなみに制作者の自分は足が短く、支点となるのが股間部のみという格好になってしまうので メンズ的に考えてとても痛いです。

 あのスタジオぬえが描いたハインラインの『宇宙の戦士』のパワードスーツを実物大の鉄で作った学生さんの作品。
 写真引用したいのですが、さすがに個人の方の写真を勝手に引用するわけにも行かず、リンク先に素晴らしい写真がありますので、是非ご覧下さい。
 展示会があるようなので、多摩近郊の方は、実物をご覧になった感想を私にも聞かせて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »