« ■新刊メモ 三島浩司『ダイナミックフィギュア:Dynamic Figure』 | トップページ | ■Gonzalo López-Gallego監督 "Apollo 18 : アポロ18号" 予告篇 »

2011.02.21

■架空レポート(^^;) ヤン・シュヴァンクマイエルの夢@恵比寿映像祭『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』上映と監督によるQ&A

Photo_2ヤン・シュヴァンクマイエル《無題(サヴァイヴィング ライフのためのコラージュ)》 協力:レン コーポレーション、東京 Jan SVANKMAJER, Collage for Surviving Life Courtesy of the artist

Togetter - 「ヤン・シュヴァンクマイエルの夢@恵比寿映像祭『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』上映と監督によるQ&A」

"2011.2/19(土)に東京都写真美術館で開催されたイベントに関するツイートを中心に、2/19のヤン・シュヴァンクマイエルに関するつぶやきをまとめます。(地方在住で行けなかった方々のために(自分も(^^;)))"

 ということでいろいろあって、行くのを断念したイベントの情報を、twitterからまとめました。僕の前売り券はtwitterで前々日に希望者を募って、プレゼントさせていただきました。

 随時、twitterのつぶやきと、僕がつぶやくネットでの『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』の最新情報を、このリンク先にまとめていますので、今回はそちらをご覧下さい。
 (Togetterって、結構簡単にtwitterのつぶやきをスクラップできるので、これからもこの形態でBlog記事とリンクしてまとめていきたいかなー、と思ったり(^^)。twitterのハッシュタグ #svankjp というのも作ってみたけど、ハッシュタグは RTを全部拾ってしまうので情報のダブりが多すぎてノイズになり、こちらの形態が便利)

 あと一部、ネットの情報を、以下、関連リンクにまとめます。

◆関連リンク
恵比寿映像祭
Yebizoブログ » ヤン・シュヴァンクマイエル氏、上映後のトーク。

"同氏としては、この作品は夢を具現化した世界なのだそうです。 図らずも恵比寿映像祭のテーマが「デイドリーム ビリーバー!!」で あったことが奇遇であり、かつ作品選定及びご依頼のきっかけともなりました。 上映後のアフタートークということもあって、ヤン・シュヴァンク マイエル氏の語りにも熱が入ります。 実際の作品制作について、作家個人の口から語られる言葉には 説得力と知られざる背景も明らかとなり、聞き入る人の心に 響いたものと思います。質問される方々の熱の入った質問に 丁寧に答えて頂いた姿も印象的でした。 今後も日本で様々に活躍される予定があるそうですので、 皆さまも今後の活動にご期待ください"

 上映後のトークのQ&Aの中味を具体的に記してほしかったが記載はない。
 でもここに掲載された、写真家 大串祥子さん(twitter vostokintheair )の撮られた写真がいい。3枚の写真が雄弁に会場の雰囲気を伝えている。観客と氏の距離が凄く近い。僕も行けてたらw3列目に座ってたのに!
SHOKO OGUSHI PHOTOGRAPHY : MEN BEHIND THE SCENES
 その大串さんのHP。

恵比寿の街で映像祭り!「エビゾー」レポート|イズムコンシェルジュ.

"「夢とうつつがないまぜの世界というのは、私の作品でよく取り上げるテーマでもあります。それは日本に古くからある、能や文楽等にも通じる部分はありますし、 文学では江戸川乱歩や小泉八雲などにも通じるところがあります。なので、日本の方々に私の作品は楽しんでもらえると。また、展示ではアニメーションの素材 でコラージュをしています。映画を作る時に私はコンピュータをほとんど使用しません。なので、1本映画を撮り終わると、それに使った紙切れなどの素材が何 万枚にもなる。今回はそれを使ってコラージュ作品を作りました。今回4枚を展示していますが、ここに展示されている絵は必ずしも映画の同じシーンに登場す るものではありません」(ヤン・シュヴァンクマイエル氏)  コラージュ作品は、2月22日~4月1日の期間内、チェコ大使館内にあるチェコセンターにて「ヤン・シュヴァンクマイエル展 ~夢こそ真~」でも公開予定。"

web D!CE 恵比寿映像祭の事前紹介
 シュヴァンクマイエルの《無題(サヴァイヴィング ライフのためのコラージュ)》と上映の紹介。ツイートで気になった牧野貴《still in cosmos》の写真も掲載!
excite.izm 恵比寿映像祭レポート
 シュヴァンクマイエル『サヴァイヴィング ライフ』については、たぶん前日の記者会見の取材。氏の発言が記されている。他作品は取材写真有。《見えないスカートと想像上のものたち》が良い。
・「恵比寿映像祭×シュヴァンクマイエル」Google画像検索
 残念ながら会場写真は出てきませんね。で、見つけたのが長崎ランタンフェスティバルに登場した『悦楽共犯者』のにわとり(^^;)。ほしい!
恵比寿映像祭「シュヴァンクマイエル」Googleニュース検索
 プレスリリースの書き写しの記事ばかり。実際に会場に脚を運んで記事にしたメディアは上のexciteのみ。一般知名度としてはそんなものかも。
『第3回恵比寿映像祭』開幕 白昼夢を見るような映像の力がテーマ ニュース-ORICON STYLE-

 今回は特にアニメーションにちなんだ作品も多数出品され、チェコのアート・アニメーションの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエルは最新長編映画『サヴァイヴィング ライフ−夢は第二の人生−』をプレミア上映するのに併せて、同作のために作られた習作コラージュを特別展示。

Business Media 誠:第3回恵比寿映像祭、ヤン・シュヴァンクマイエルの国内初上映.

 ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された、チェコのアートアニメーションの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエル氏の最新作「サヴァイヴィングライフ—夢は第二の人生—」の国内初プレミア上映は、必見。

・恵比寿映像祭:表現の可能性探る--18日から東京都写真美術館 - 毎日jp(毎日新聞).

昨年のベネチア映画祭で披露されたヤン・シュヴァンクマイエル監督の「サヴァイヴィング・ライフ 夢は第二の人生」などがある。

 大手メディアで伝えたのは、毎日新聞だけのようだ。しかしリンク先を見てもらうと、物凄く間抜けなのが公式サイトへのリンクがはられていない。たぶん新聞紙面と同じテキスト羅列の考え方で記事が作られている。
 簡単にリンクは貼れるし、その方が読者にも便利なのに、そんな簡単なことすらしてい ない。大手メディアがネットをなめていることの証がここにも(^^;)。

|

« ■新刊メモ 三島浩司『ダイナミックフィギュア:Dynamic Figure』 | トップページ | ■Gonzalo López-Gallego監督 "Apollo 18 : アポロ18号" 予告篇 »

コメント

 yozickさん、こんにちは。
 コメント、ありがとうございます。

 後日、記事にしますが、記者会見のビデオがYoutubeにアップされていて、それを観ると、記者会見後の質問は東京新聞の記者さんだけ(しかも一人で3つ質問)。

 その内容が記事になったのですね。
 もしかしてファンの方かな、と(^^)。

投稿: BP(yozickさんへ) | 2011.02.27 20:15

18日付の東京新聞に恵比寿映像祭のことが取り上げられていましたよ。シュヴァンクマイエルのコメントも掲載されていて、わかり易い記事でした。

投稿: yozick | 2011.02.23 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/50922217

この記事へのトラックバック一覧です: ■架空レポート(^^;) ヤン・シュヴァンクマイエルの夢@恵比寿映像祭『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』上映と監督によるQ&A:

« ■新刊メモ 三島浩司『ダイナミックフィギュア:Dynamic Figure』 | トップページ | ■Gonzalo López-Gallego監督 "Apollo 18 : アポロ18号" 予告篇 »