« ■YKBX 作 PV『夏を待っていました/amazarashi』 | トップページ | ■ヤン・シュヴァンクマイエル & エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー展示会 Exhibition - Jan Švankmajer »

2011.02.14

■ヤン・シュヴァンクマイエル 2つの記録映像上映会 と 『不思議の国のアリス』刊行記念 サイン会

1102_2

ヤン・シュヴァンクマイエル 2つの記録映像上映会 -Two clues for Jan Svankmeyer- - VACANT-EVENT
 VACANT top
 VACANTさんのコメント

"待望の新作に期待が高まる中、VACANTではヤン・シュヴァンクマイエルの2つの記録映像を上映致します。
 また、今回の特別企画として来日中のヤン・シュヴァンクマイエル氏を招き、サイン会をいたします。

日時:2月22日(火)open 18:00~
18:30-19:30 ヤン・シュヴァンクマイエル サイン会
※先着順。上映会に入場された方のみご参加頂けます。"

News - Activities of Jan Švankmajer In Japan Website.

"『Two clues for Jan Svankmeyer』
上映作品:
「シュヴァンクマイエルのキメラ的世界 幻想と悪夢のアッサンブラジュ」(58min)
「2004年、プラハ城で行われた夫妻の大回顧展「フード」の記録映像」"

 シュヴァンクマイエルの新作『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』恵比寿映像祭上映と監督トークに合わせて、二本のドキュメンタリーの上映が開催されるとのこと。
 「シュヴァンクマイエルのキメラ的世界 幻想と悪夢のアッサンブラジュ」は観たことがあるが、もう一本は未見。なかなか地方での公開はないと思うが、東海地方でも上映会が開催されるのを望むものである。

◆『不思議の国のアリス』刊行記念 サイン会
Photo

あなたの街の紀伊國屋書店-新宿南店-

"ヤン・シュヴァンクマイエル  サイン会
■日時:平成23年2月19日(土)17:00〜
■会場:新宿髙島屋5階 紀伊國屋書店連絡口特設会場
■参加方法:平成23年2月14日(月)午前10:00より、 紀伊國屋書店新宿南店 6階カウンターにて、『不思議の国のアリス』(¥2625税込) 『鏡の国のアリス』(¥2730税込)2点ともに国書刊行会刊のいずれか、又は両方をお買い上げのお客様のうち、整理券ご希望の方に先着順に配布いたします。
 配布枚数100枚限り ※誠に勝手ながら整理券は一種類一冊につき1枚で、各1枚合計2枚までとさせていただきます。
※お電話でのご予約も2月14日(月)午前10時よりお受けいたします"

 以前、エスクアイア マガジン ジャパンから刊行されていた二冊の、表紙刷新、新装版。今度は国書刊行会からの発行である。
 以前、買いそびれていたので、購入しようか悩みどころ。
 サイン会は、本日2/14予約ということのようなので、近郊の方はお急ぎ下さい。

◆関連リンク
Jan Svankmajer - IMDb 本人出演作(含ドキュメント)

"Self (6 titles)
2010 Prezít svuj zivot (teorie a praxe) Himself
2009 Kikoe (documentary)
2009 Presit svuj sen (Oralne variacie na sen/film Jana Svankmajera) (documentary short) Himself
2005 Sílení Himself
1995 L'amour fou - Ludvík Sváb (documentary) Himself
1990 The Animator of Prague (TV documentary)"

ヤン・シュヴァンクマイエル画, ルイス・キャロル著『不思議の国のアリス』
『鏡の国のアリス』  

|

« ■YKBX 作 PV『夏を待っていました/amazarashi』 | トップページ | ■ヤン・シュヴァンクマイエル & エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー展示会 Exhibition - Jan Švankmajer »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/50857860

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヤン・シュヴァンクマイエル 2つの記録映像上映会 と 『不思議の国のアリス』刊行記念 サイン会:

« ■YKBX 作 PV『夏を待っていました/amazarashi』 | トップページ | ■ヤン・シュヴァンクマイエル & エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー展示会 Exhibition - Jan Švankmajer »