« ■ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル監督:Václav Švankmajer "Světlonoš (The Torchbearer)" | トップページ | ■感想 『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」 »

2011.02.08

■チェコの新鋭シュルレアリスト ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル:Václav Švankmajer 絵画作品

20110206_05206

Welcome - Václav Švankmajer(公式HP)
Galerie 2009/10 - Václav Švankmajer

 昨日に引き続き、チェコシュルレアリスムの最新の成果、ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルの絵画について。

 冒頭は氏のHP Galerie 2009/10に掲載されたヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルの油彩作品。ため息が出るくらいの幻想性をたたえていると思いませんか。

 公式HPのGalerieには、彼の2000年からの作品、百数十点が掲載されている。
 いずれもまさに東欧シュルレアリスムといった絵画。

 しっかり上のリンク先を観てほしいのだが、時間のない方のために、下記にいくつか最近の絵を引用する。

03

 どうだろう、この赤の鮮烈なイメージ。
 特に赤い作品だけを取り出した訳ではない。例外はいくつもあるが、赤い色彩の作品がかなり多いのだ。

 僕がこの絵で思い出すのは、ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエルの母、エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーの絵である。
 下記の関連リンクに過去記事へのリンクを掲載したが、僕の大好きな彼女のメディアム・ドローイング作品と通じるところがあると思う。
 そしてもうひとつは、ヤン・シュヴァンクマイエル作品におけるエヴァの美術である。
 ヴァーツラフのこれらの作品を観た時に、赤を多用した彼女のアートは、大きくその息子に影響を与えていると思うのは僕だけではないはずである。

 2月のヤン・シュヴァンクマイエルの来日時のトークショーで質問タイムがあれば、(そして僕が参加できれば)こういったことを尋ねてみたい。そしてヤンは自身の映画に、美術のメインスタッフとしてヴァーツラフを招き入れる可能性とか(^^)。

 この絵画のような、幻惑的な美術のヤン・シュヴァンクマイエル作品も観てみたい。

◆関連リンク
Václav Švankmajer - GALERIE GAMBRA
 チェコのシュルレアリストの拠点 ガンブラ・ギャラリーのヴァーツラフ作品。

・当Blog過去記事
 GAUDIA(ガウディア)造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル
 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー回顧展カタログ
  これらの記事の中段にエヴァのメディアム・ドローイング
 『深井克美―未完のランナー』 とエヴァ・シュヴァンク毎エロアヴァーの関連
 造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 幻想の古都プラハから
 エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァーさん 逝去

|

« ■ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル監督:Václav Švankmajer "Světlonoš (The Torchbearer)" | トップページ | ■感想 『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/50772319

この記事へのトラックバック一覧です: ■チェコの新鋭シュルレアリスト ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル:Václav Švankmajer 絵画作品:

« ■ヴァーツラフ・シュヴァンクマイエル監督:Václav Švankmajer "Světlonoš (The Torchbearer)" | トップページ | ■感想 『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」 »