« ■感想 マイケル・マドセン監督『INTO ETERNITY:地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~』 | トップページ | ■新作BDメモ トラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』エクステンデッド版 »

2011.05.26

■DOMMUNE 映画公開記念番組「『アトムの足音が聞こえる』マニュアル」大野松雄氏 TALK&LIVE!

Dommune_ohno

Twitter / @UKAWA NAOHIRO™ #DOMMUNE

"19時〜映画公開記念番組「『アトムの足音が聞こえる』マニュアル」TALK&LIVE!!:大野松雄、冨永昌敬(映画監督)、パードン木村、田中雄二 なんと大野さん80歳で人生2度めのオープンリールLIVE!!です!!神配信確定!!"

Togetter - 「DOMMUNE『アトムの足音が聞こえる』TALK&LIVE 大野松雄」

 5/21に公開された冨永昌敬監督のドキュメンタリー『アトムの足音が聞こえる』(公式HP)で取りあげられた音響デザイナー・大野松雄氏の記念トークとライブが、宇川直宏氏が主宰するライブストリーミングスタジオDOMMUNEで開催され、その様子がUstreamで生放映された。
 大野氏の生のべらんめぇと「この世ならざる音」のライブを聴けて、とても刺激的な放送だった。

 5/25には、大野松雄氏の新作CD『YURAGI #10』も発売される。
 大野氏は80歳という高齢にも関わらず、電子音の最先端をいまだ切り拓いて行こうという気概が垣間見える。素晴らしい姿勢であると思う。
 オープンリールテープをその手でスクラッチする様を生(放送)で見られて、その気概の一端がこちらにも流れ込んでくるようなのであった。

 詳細は、放映当日にtwitterの皆さんのつぶやきを、僕が拾い出してまとめたtogetterのリンク先をご覧下さい。そのパワーに魅せられた皆さんの感激の声が溢れています。

◆関連リンク

YouTube - 『アトムの足音が聞こえる』予告編
 この動画は予告篇です。本記事の大野松雄氏TALK&LIVEの映像ではありませんので、ご注意を。
大野松雄『YURAGI #10』 新作CD

1. Yuragi #10(version 1) 2. Yuragi #10(version 2) 商品の説明 内容紹介 1963 年に放映がはじまった日本初のTV アニメ『鉄腕アトム』の音響デザイナーとして今なお多くの電子音響ファンを魅了し続 ける大野松雄。 2011 年5 月にはその大野を主役に据えた冨永昌敬監督によるドキュメンタリー映画『アトムの足音が聞こえる』が劇場公開される(ユーロスペースほか全国順次公開)。 この映画公開に合わせ、2005 年の『大野松雄の音響世界3「はじまり」の記憶』以来となる新作アルバムをリリース。 2009 年7 月に草月ホールで行なわれた公式としては初のライヴ・パフォーマンスで試みた表現を再構築した音源を使用。


当Blog記事
感想 シネグリーオ製作・冨永昌敬監督『アトムの足音が聞こえる』

"ラストで80歳になった大野氏の映像にナレーションがかぶる。
「一度掴んでしまったらその音はこの世に存在する音になってしまう。存在する音に僕は興味がない」"

シネグリーオ製作・冨永昌敬監督『アトムの足音が聞こえる』試写会

|

« ■感想 マイケル・マドセン監督『INTO ETERNITY:地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~』 | トップページ | ■新作BDメモ トラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』エクステンデッド版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/51736685

この記事へのトラックバック一覧です: ■DOMMUNE 映画公開記念番組「『アトムの足音が聞こえる』マニュアル」大野松雄氏 TALK&LIVE!:

« ■感想 マイケル・マドセン監督『INTO ETERNITY:地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~』 | トップページ | ■新作BDメモ トラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』エクステンデッド版 »