« ■シュヴァンクマイエル・カレンダーアプリ for iPhone/iPad | トップページ | ■アルゼンチンのシュルレアリスト Santiago CARUSO:サンティアゴ・カルーソー »

2011.06.06

■オーストラリア メルボルン"4歳の天才画家"Aelita Andre:アリータ・アンドレ


YouTube - Aelita Andre - Prodigy of Color Exhibition in New York City
アリータ・アンドレ:Aelita Andre公式HP
(Aelita Andre (アリータ・アンドレ) - 関心空間経由)

 2011.6/5(日)NHKの夜7:00のニュースで紹介されたオーストラリア、メルボルン4歳の天才画家アリータ・アンドレ:Aelita Andreちゃん。
 ニューヨークでの個展とのニュース。作品と制作風景が放映されたが、なかなか素晴らしい色彩感覚。 
 上のプロモーションビデオも素晴らしい。自由奔放に4歳児にこうした環境を与えているのが凄い。
 天才のアトリエでの超絶な制作風景である。既に巨匠の風格(^^;)。
 そして動画の構成と造りも素晴らしくかっこいいです(^^;)。親のプロモーションが凄いのかも。

The_leopard_or_the_luck_dragonhorz 左:The Leopard or the Luck Dragon、右:Pangea。
 彼女には世界はこのように見えているのだろうか。

|

« ■シュヴァンクマイエル・カレンダーアプリ for iPhone/iPad | トップページ | ■アルゼンチンのシュルレアリスト Santiago CARUSO:サンティアゴ・カルーソー »

コメント

 RetreatSyndromeさん、コメント、ありがとうございます。

>>かわいいですね。確かに素晴らしいし、思い切り愉しんで制作を続けてほしいです。
>>大人になると自由に描くことが難しくなりますから、そういう意味でどう成長していくか興味を抱いています。

 このまま、奔放に伸びて行ったら、凄く楽しみな作家になりそうですね。

投稿: BP(RetreatSyndromeさんへ) | 2011.06.19 20:36

かわいいですね。確かに素晴らしいし、思い切り愉しんで制作を続けてほしいです。
大人になると自由に描くことが難しくなりますから、そういう意味でどう成長していくか興味を抱いています。
cat

投稿: RetreatSyndrome | 2011.06.17 13:35

 ミのつく職人さん、お久しぶり。

>>すばらしい色彩感覚をきっと生前の岡本太郎ならニコニコしながら誉めたでしょう。

 わかります、わかります。
 岡本太郎に子供がいたら…どんな芸術教育をしたか、なんてのも興味深い。

>>しかしその才能はときどきあるイルカやゾウが描きましたという絵とどう違うのか。評価が定まるまで2,30年くらいかかるのでしょうが、見とどけたいものです。

 HPでウォッチして行きましょう!

投稿: BP(ミのつく職人さんへ) | 2011.06.11 23:52

そのニュース見てました。
すばらしい色彩感覚をきっと生前の岡本太郎ならニコニコしながら誉めたでしょう。しかしその才能はときどきあるイルカやゾウが描きましたという絵とどう違うのか。評価が定まるまで2,30年くらいかかるのでしょうが、見とどけたいものです。

投稿: ミのつく職人 | 2011.06.08 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/51864367

この記事へのトラックバック一覧です: ■オーストラリア メルボルン"4歳の天才画家"Aelita Andre:アリータ・アンドレ:

« ■シュヴァンクマイエル・カレンダーアプリ for iPhone/iPad | トップページ | ■アルゼンチンのシュルレアリスト Santiago CARUSO:サンティアゴ・カルーソー »