« ■感想 加藤 泉『はるかなる視線』展 @ アートスペースSix | トップページ | ■動画 ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやん」火炎放射@豊田市美術館 »

2011.08.19

■動画 ヤノベケンジ 「ロッキングマンモス」@豊田市美術館


ヤノベケンジ 「ロッキングマンモス」豊田市美術館 - YouTube

 2005.7月豊田市美術館で開催された「ヤノベケンジ個展 キンダガルテン」の様子を紹介する。撮影可の会場で、ハイビジョンハンディカムHDR-HC1で、僕が撮った映像。簡単に編集してみた。

ヤノベケンジ氏 公式HP ロッキングマンモス解説

 作品は、ヤノベ氏が自身で乗っていたトヨタ ハイエースを解体して、その廃材で構築されたオブジェ。特に白いボディの板金をうまくマンモスの体の曲線として表現したところがクール。内部の錆びた金属を覆い隠すようにして白い体表が凄く良い。

 そして体内にはディーゼルエンジンが搭載され、左目の上くらいにイグニションスイッチとステアリングがある。イグニッションにはキーが付いている。
 ヤノベが搭乗し、手動で巨大な鼻が動き、キーをひねるとエンジンが始動。

 幻となった2005年 愛知万博でのヤノベ「マンモスプロジェクト」のその最終形態。
 「マンモスプロジェクト」は街に巨大なマンモスを登場させ、名古屋の市街地を練り歩き、名古屋港からロシアへ向けて廃材のマンモスを船で送ろうという計画だったらしい。
 この動画のマンモスがさらに巨大になり(10倍くらい?)、都市に現れた様子を思わず空想してしまう。

 展示場でこのマンモスの隣には、火を噴く巨大ロボット「ジャイアント・トらやん」が佇んでいる。合わせて「ジャイアント・トらやん」のHD動画もアップしたので、そちらも後日Blog記事に整理します。

 最後に、音楽はフリー音楽サイト http://www.hmix.net/music_gallery/music_top.htm より、"作戦会議"という曲を使用させていただいた。ちょっと大げさだったかな(^^)

◆関連リンク
当Blog記事 2005.7 ヤノベケンジ個展 キンダガルテン@豊田市美術館
幻の万博 YANOBE KENJI  『KINDER GARTEN』
ハイビジョン レポート KENJI YANOBE 1969-2005
  ヤノベケンジ作品集出版記念イベント@豊田市美術館

|

« ■感想 加藤 泉『はるかなる視線』展 @ アートスペースSix | トップページ | ■動画 ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやん」火炎放射@豊田市美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/52505072

この記事へのトラックバック一覧です: ■動画 ヤノベケンジ 「ロッキングマンモス」@豊田市美術館:

« ■感想 加藤 泉『はるかなる視線』展 @ アートスペースSix | トップページ | ■動画 ヤノベケンジ「ジャイアント・トらやん」火炎放射@豊田市美術館 »