« ■感想 テレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』 | トップページ | ■デイヴィッド・リンチ監督 初ソロアルバム"Crazy Clown Time:気違いピエロの時間" 今秋発売 »

2011.08.24

■美術展メモ マンタム個展「 錬金術師の遠望 」@名古屋大須 Sipka

Photo

マンタム個展「 錬金術師の遠望 」 | optoo TORQUATA DECO etc...
 名古屋のアクセサリーショップ Sipka 公式ブログ

(Twitter / @kotoritaichou ことり隊長さん経由)

"(略) 奇妙な動物の剥製や実験器具などで溢れる「アウトローブラザーズ」は長年の間、人づてに語り継がれ、チェコの奇才ヤン・シュヴァンクマイエルが来日の度に彼を尋ねるなど、長くマンタムは知る人ぞ知る存在の人物でした。

 近年、マンタムが古道具や動物の死骸を使って作り上げたオブジェは、ペヨトル工房直下のギャラリー、パラボリカ・ビス周辺のシュルレアリズム的な文脈で紹介されるようになりました。(略)

マンタム個展 「 錬金術師の遠望 」
2011年9月2日(金)〜9月28日(水)
12:00〜21:00  火曜定休 ※最終日は20時までの営業

Sipka  愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
※大須観音駅1,2番出口より東に徒歩5分"

 上野の骨董市の骨董店「アウトローブラザーズ」のマンタム氏によるオブジェの展示会が、名古屋のSipkaさんで9月に開催されてるということで、さっそく御紹介。

 冒頭のフライヤーのイメージが、とても素晴らしい。早くこのオブジェの実物を観てみたいもの。

 引用文は一部ですが、Sipkaさんによる、奥深い紹介文が書かれています(9/2追記。会場で御話をうかがったら、文章を書かれたのは泡(@awa_des_jours)さんとのことでした。ここに明記させていただきます)。
 実物を観ていない私が言葉を連ねるより、この紹介文を是非、クリックして全文を読まれることを御薦めします。

 個展を拝見させていただいて、私の感想はしっかり書きたいと思っていますので、まずは御容赦下さい。

Twitter / @mantamuさん

"『錬金術士の憂鬱』 更新しました。名古屋の大須にあるSipka というお店で9月2日より28日迄展示を行います。何卒よろしくお願いします。"

 そしてマンタムさん御本人のツイート。こちらで紹介されている『錬金術士の憂鬱』も昏い光を放つ傑作です。

Photo_2

◆関連リンク
脳ト眼球ノ時代(田村 秋彦(マンタム mantam)さんの公式HP)
Photo
夜の衛兵|マンタムさんのブログ

"(略)「夜の衛兵」は連載小説のカタチをとっておりこれは全5部構成のウチ作品化された3部の一番最期にあたるものです。

画像にある作品は 立体化された「夜の衛兵」であり私のパラボリカ・ビスで開催された初個展に出品されましたがしばらくして売れてしまったので今は手元にありません。"

夜の衛兵1, 2, 3(脳ト眼球ノ時代)
 マンタム氏、小説も書かれているのですね。リンク先の短篇を読ませていただきました。打ち捨てられたような、ゴドーの物語、想像力をかき立てられます。
 右の引用写真がBlogで紹介されています。こちらもお薦めです。
Twitter / @mantamuさん

"夜想bis、パラボリカ・ビスにて発売中です。私の作品とインタビュー等も載っております。私が係り始めてからのパラボリカ・ビスでの展示のアーカイプでもあり素晴らしい出来映えです。価格もこれで1000円とは本当にリーズナブルです。"

 ペヨトル工房の今野裕一氏による、夜想のコミケデビュー(11.8月)(^^)を飾った同人誌版『夜想bis』。この誌面にマンタム氏のオブジェ作品が掲載。東京都台東区柳橋のショップでも購入できる様ですが、下記通販もあります。
夜想bis通販ページ(yaso-peyotl.com)

"夜想bis#ドールという身体
部数限定販売。パラボリカ・ビスにて販売中。
■税込定価:1050円/本体:1000円+税
■A5判 128ページ
吉田良 Ryo Yoshida, 三浦悦子 Etsuko Miura, 中川多理 Tari Nakagawa, 陽月 Hizuki, 林美登利 Midori Hayashi, みつばち@BabyBee Mitsubachi@BabyBee, マンタム Mantam, リエン LIEN

夜想語りの夜【第八夜】●アートブックの愉しみ/ミルキィ・イソベ Milky Isobe 吉田アミ Ami Yoshida/今野裕一 Yuichi Konn"

夜想語りの夜6 マンタム×吉田アミ×今野裕一

"■2010年4月4日[月]open18:00/start 18:30(22:00終了予定)"

 この企画のUSTを見逃したのは一生の不覚(涙)。是非、いずれアーカイブ化もしくはDVD化を御願いしたいものです。

当Blog関連記事
アクセサリー・セレクトショップ・sipka-シプカ- @名古屋大須
感想 『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」
『不思議の国のあぐ作品展VI 』情報

|

« ■感想 テレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』 | トップページ | ■デイヴィッド・リンチ監督 初ソロアルバム"Crazy Clown Time:気違いピエロの時間" 今秋発売 »

コメント

追伸
工房ものずきん 高橋耕也さんの魚の廃材アート良いです。実物は軽井沢に以前ギャラリーがありましてYouTubeで観るより凄く音と匂いと光が良かったです。

投稿: Metro | 2011.08.26 03:25

究極さんやることなすこと速いですね。助かります。名古屋だったら日帰りで行けます。以前お話した芹沢洋一郎君から連絡があり、水由さんと黒坂さんと古くから親交があり、黒坂さんと機材調達に奔走していたとのことです。また、妹さんが声をしているそうです。

リンチ、やはりマルホランドにて頂点ですか。だから、「インランドエンパイア」に力を入れなかったのでしょうかねー。

マンタムさんと連絡とりました。究極さんのいう通り展覧会初日は死体と化しているとのことです。私もブログで告知させていただきます。
夜の衛兵いいですね!!近いところで、工房ものずきんさんのでんきゅう君だったら購入できます。

http://monozukin.art.coocan.jp/gallery.html

投稿: Metro | 2011.08.26 03:15

 Metroさん、こんばんは。

>>今日、友人からメールがありマンタム個展を観にゆくと言っていました。めったに絶賛しない方なのですが、絶賛していました。

 本当にラディカルで、実物の作品が楽しみですよね。

>>夜の衛兵、本当に素敵ですね。

 小説も味わい深いです。
 
>>リンチ、活動範囲どこまで広げていくのでしょうか?色々なことをしたいんですね。映画だけにこだわらないスタイルが好きですけど。

 僕の見立ては、映画は『マルホランド・ドライブ』で極めてしまったと考えているのではないかと。
 新たに3Dとか、未踏の領域と、目標設定してくれるといいのにな、と勝手に思ってます。

>>「緑子・MIDORI-KO」のプロデューサ― ミストラルジャパンの水由 章さんに名古屋での上映をお願いしました。名古屋にて上映してくれれば有り難いのですが?

 またtwitterですが(^^;)、このようにつぶやいていただいてます。

Twitter / @syunsoku1961さん

"名古屋での上映は映画館と交渉中です。決定次第お知らせしますので、暫くお待ち下さい"

 「緑子」も本当に楽しみです。

投稿: BP(Metroさんへ) | 2011.08.25 22:09

今日、友人からメールがありマンタム個展を観にゆくと言っていました。めったに絶賛しない方なのですが、絶賛していました。
夜の衛兵、本当に素敵ですね。わざわざ、コメントを伝へていただきまして有難うございます。夜想bis早速購入します!
 リンチ、活動範囲どこまで広げていくのでしょうか?色々なことをしたいんですね。映画だけにこだわらないスタイルが好きですけど。
 「緑子・MIDORI-KO」のプロデューサ― ミストラルジャパンの水由 章さんに名古屋での上映をお願いしました。名古屋にて上映してくれれば有り難いのですが?

投稿: Metro | 2011.08.25 19:15

 Metroさん、コメント、ありがとうございます。

>>凄いですね。ポスターかっこいいですね。大須ですよね。行けたら行きます。

 ワクワクしますね。twitterで少し交流させていただいてますが、現在、マンタムさん、作品制作中とのことです。
 ここでMetroさんからコメント付いたことも勝手ながらお知らせしておきました、ご容赦ください(^^;)。

 飯田から大須は少し遠いですが、機会があること良いですね。また詳細は拝観して紹介したいと思っています。

>>以前お話しましたロン・ピピン(Ron Pippin)のWEB貼り付けて置きます

 Metroさんから教えていただき、ロン・ピピン(Ron Pippin)のサイトも以前から興味深く拝見してます。記事にする予定でいます(^^)。
 素晴らしい作品群ですね。

投稿: BP(Metroさんへ) | 2011.08.25 08:28

凄いですね。ポスターかっこいいですね。大須ですよね。行けたら行きます。ついでですが、近い処で以前お話しました
ロン・ピピン(Ron Pippin)のWEB貼り付けて置きます。お許し下さい。

http://www.ronpippin.com/index.html

投稿: Metro | 2011.08.24 02:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/52505121

この記事へのトラックバック一覧です: ■美術展メモ マンタム個展「 錬金術師の遠望 」@名古屋大須 Sipka:

« ■感想 テレンス・マリック監督『ツリー・オブ・ライフ』 | トップページ | ■デイヴィッド・リンチ監督 初ソロアルバム"Crazy Clown Time:気違いピエロの時間" 今秋発売 »