« ■情報 第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』ライブビューイング 全国映画館で公開 | トップページ | ■情報 山村浩二「マイブリッジの糸」@名古屋シネマテーク »

2011.12.23

■情報 パパ・タラフマラ+ヤノベケンジ DVD『ガリバー&スウィフト〜作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法』

20111216_200836

パパ・タラフマラ 過去作品DVD14本(公式HP)

"ガリバー&スウィフト〜作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法(2008年) No.49/55

ガリバー旅行記を書いた、奇人作家ジョナサン・スウィフトの生涯に焦点を当てた本作。パパ・タラフマラがヤノベケンジのオブジェと共に、観る者を小人の国からパラレルワールドへ、魅惑の旅へと連れて行く。"

 ヤノベ氏と京都造形芸術大 ULTRA FACTORY:ウルトラファクトリーによる多数のオブジェが登場する演劇のDVDがついに登場。
 ヤノベ氏の創り出した解体娼婦の奇想!
 京都造形大ワーク・イン・プログレスでリハだけ拝見した幻の舞台!楽しみです(^^)

 アーティストの芝居への参加は、いろいろと例があるけれど、かつて観たブリキの自発団+日比野克彦による『柔らかい肌』を超えるインパクトを実は期待しているのです。パパ・タラの芝居観るのは初めてだし、、、、。

★と言いつつ、現在、この芝居単体のDVD発売が何処でどういう形態でなされているのか、不明。twitterのパパタラさんに問い合わせ中ですが、まだ返事は頂けていません。

◆関連リンク
Pappa TARAHUMARA News Blog: 【本日解禁】パパタラDVD全14タイトル発表!(公式Blog)

"パパタラ ファイナルフェスティバル関連企画として、パパ・タラフマラの過去作品のなかから選りすぐりの14作品を一挙DVD化いたします。
12月3日(土)のパパタラファイナルフェスティバルオープニングパーティー にて、DVDの直売もいたします。
●作品タイトル; 
◇パレード(1989年) 
◇ストーン・エイジ(1991年) 
◇ブッシュ・オブ・ゴースツ(1992年) 
◇青(1994年) 
◇城~マクベス(1995年) 
◇船を見る~SHIP IN A VIEW(1997年)
 ◇島~ISLAND(1997年) 
◇青い頭の雄牛(2003年)
 ◇ストリート・オブ・クロコダイル計画2(2004年)
 ◇HEART Of GOLD~百年の孤独(2005年) 
◇トウキョウ⇔ブエノスアイレス書簡(2007年) 
◇ガリバー&スウィフト~作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法(2008年) 
◇パンク・ドンキホーテ(2009年) 
◇パパ・タラフマラの白雪姫(2010年) 

 ●単価/14本セット価格;
¥3,300/¥39,800
 ●発売日;
2011年12月3日"

 単体販売自体はここから察するに予定されている/会場では売られたようなのですが、、、。
パパタラフマラ ガリバー&スイフト - YouTube
 ヤノベケンジ公式Youtube掲載の予告篇。
【公演情報】ガリバー&スウィフト 予告編その1 京都造形芸術大学 - YouTube

◆当Blog関連記事
パパ・タラフマラ+ヤノベケンジ 「ガリバー&スウィフト 作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法」
 ワークインプログレスで観た稽古風景。
『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・3 パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」 ヤノベケンジの舞台装置と劇団リハーサル

 

|

« ■情報 第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』ライブビューイング 全国映画館で公開 | トップページ | ■情報 山村浩二「マイブリッジの糸」@名古屋シネマテーク »

コメント

突然で申しわけありません。
現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/19(木)締切。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2011.12.27 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/53486497

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 パパ・タラフマラ+ヤノベケンジ DVD『ガリバー&スウィフト〜作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法』:

« ■情報 第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』ライブビューイング 全国映画館で公開 | トップページ | ■情報 山村浩二「マイブリッジの糸」@名古屋シネマテーク »