« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011年3月6日 - 2011年3月12日

2011.03.10

■大森寿美男脚本 梛川善郎演出 岡本太郎生誕100年企画『TAROの塔』 & 生誕100年 岡本太郎展

Photo

TAROの塔 | NHK 土曜ドラマ
TAROの塔 - Wikipedia

"テーマ曲『水に流して Non, je ne regrette rien.』(作詞:ミッシェル・ヴォケール、作曲:シャルル・デュモン、訳詞:橋本千恵子、歌唱:美輪明宏)"

 岡本太郎のアヴァンギャルドが素晴らしい。
 もちろん現実の岡本氏の深さが物語に出ている訳だけれど、これを映像化した大森寿美男氏の脚本、梛川善郎氏の演出の成果だろう。
 いくつかハッとするようないい映像があった。TVドラマというよりかなり映画的な仕上がりでワクワクした。ハイビジョン映像の進化もあるのだが、最近のNHKのドラマの映像の質はなかなか凄いと思う。

 特に第一話、顔に赤い絵の具を塗って、髪振り乱して幼児に芸術を説く寺島しのぶ演じる岡本かの子が鬼気迫る。

 そして、高澤父母道氏が演じる少年岡本太郎。この抑えた演技がいい。

"お父さん、芸術家ってなあに?
生きて地獄を見る人のことだ。世間の常識や固定観念に「ノン」と挑みかかる人のことだ"

 こうしたセリフで、芸術家一家に生まれた宿命の残酷さ/幸福を描きつつ、クライマックスでの、母と歩く、河原での夕日に向かった「ノン!」のシーン。ここが最高。

 そして生立ちと並行して描かれる、松尾スズキ氏演じる壮年岡本太郎と万博協会の太陽の塔の物語。

"ベラボーだ、これで万博と戦ってやる!"

 自ら危険な道を選ぶ、として小松左京らが止める中、テーマプロデューサになった岡本の着想で突っ走る芸術家としての姿勢にワクワクする。

 ラスト、『水に流して Non, je ne regrette rien.』という美輪明宏の歌の凄みとタイトルバック(太陽の塔)の映像のマッチングが最高!

 第二話は、一話ほどエキサイティングではなかったが、ジョルジュ・バタイユの秘密結社とか、際物的ネタが美味しかった(^^;)。

 あと二回を残すのみだが、僕らが憧れた70年代万博の影で繰り広げられた芸術の精神的闘争を見守りたい。


 冒頭に引用したのは、その岡本太郎の<ノン>という彫像作品。
 うしろにリンクした岡本太郎展で展示され、そのフィギュアも売られるらしいが、これは是非ほしい。

◆関連リンク
TAROの塔 | スペシャル 動画
展覧会概要|生誕100年 岡本太郎展
みどころ|生誕100年 岡本太郎展

"  生前の彼が、さまざまな既成の価値観に鋭く「否」を突きつけ、ときには煙たがられたり、冷笑されたりしたことは、忘れられつつあるように見受けられます。彼を再評価する には、単に受け身の姿勢でその元気をもらうばかりではなく、彼の発した批判の矢を、私たち自身にも向けられたものとして正面から受け止めることが必要では ないでしょうか。 岡本太郎の人生はまさに「対決」の連続でした。
 このたびの展覧会は、この「対決」をキーワードに、岡本太郎が立ち向かった相手を、「きれい」という概念、 「わび・さび」に代表される日本の伝統観、戦争や核の脅威など7つの章に分け、苦闘の中から生み出された絵画・彫刻・写真・デザインなど約130点の作品 を紹介します。そして、今日に生きる私たちが、彼の「対決」から何を学びとれるかを探ります"

岡本太郎生誕100年記念事業公式サイト
岡本太郎 - Wikipedia

"塔の目の部分をヘルメット姿の男が占拠し、万博中止を訴えたアイジャック事件の際にはその犯人の行動にたいして怒りもせずに狂喜して「イカス!」とカメラで自らその姿を撮影し、居合わせたマスコミに対して「イカスねぇ。ダンスでも踊ったらよかろうに。自分の作品がこういう形で汚されてもかまわない。聖なるも のは、常に汚されるという前提をもっているからね」と語り喜んだという"

 wiki前半、かなり今回のドラマのエピソードに沿った生涯が書かれている。こんなシーンもあと2話で観れるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.09

■飛騨高山 留之助商店 & サーカス・ポスタラス・スタジオ提供 日下部民藝館『Monsters and Misfits展』チラシ

Photo_2

飛騨高山 留之助商店 店主のブログ : Monsters and Misfits展のB5チラシ完成。
 『怪物と不適応者たち:モンスターズ・アンド・ミスフィット Monsters & Misfits』展、2011.4/13〜4/26に高山市大新町の日下部民藝館で開催されるキャシー・オリヴィス、ブラント・ピータース、クリス・ライニャックのグループ展チラシ。日本語版英語版の両面印刷とのこと。

飛騨高山 留之助商店 店主のブログ : 留之助プロデュース、初のアート・ショー、準備中。.

"飛騨高山の重要文化財日下部民藝館を会場に使ったBrandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)夫妻の作品展の準備が着々と進行中です"

 こちらのリンクに掲載された展示イメージ図が素晴らしい。
 和の空間にアメリカン・ファンタジー・アートが実にフィットする。ミスフィットな適合(^^;)がとても美しい。実際の展示が待ち遠しい。

飛騨高山 留之助商店 店主のブログ : Monsters and Misfits展、出品作品のほんの一部。

"完成した作品は展覧会図録用に1点ずつプロのカメラマンが撮影し、その後、厳重に梱包されて、ニューメキシコにあるCircus Posterus Studios(サーカス・ポスタラス・スタジオ)から飛騨高山へ直送される"

 待ちきれない貴方(とそして僕の)ために、中子真治さんは、着々とニューメキシコで準備されている作品の様子をBlogで紹介されています。
 このリンク先にある写真の異界が、今まさに飛騨高山の空間に現出しようとしている!!!

◆関連リンク
飛騨高山 留之助商店 店主のブログ:怪物と不適応者たち
 一連の記事が、このカテゴリで一覧できます。
View topic - Tomenosuke-syoten Monsters and Misfits Japan Exhibition | Circus Posterus Sideshow
 米 サーカス・ポスタラス・スタジオのHPにも告知が出ている。
当Blog 留之助関連記事 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.08

■ディヴィッド・リンチ『ツイン・ピークス』 WOWOWオンライン

Wowow_2

ツイン・ピークス |WOWOWオンライン

"「ツイン・ピークス」を最大限に楽しむためには是非、TVシリーズ全30章を序章から順を追って見ていって欲しい。
そしてできることなら、部屋を暗くして、良いサウンド環境で誰にも邪魔されずに見ることをお薦めする。そうすればきっと「ツイン・ピークス」の世界にどっぷり浸れるはずだ"

ツイン・ピークス |WOWOWオンライン

"序章〜第4章3/18(金) 深夜0:05〜
第5章〜第9章3/25(金) 深夜0:05〜
第10章〜第14章4/1(金) 深夜0:05〜
第15章〜第19章4/8(金) 深夜0:05〜
第20章〜第24章4/15(金)深夜0:05〜
第25章〜第29章4/22(金) 深夜0:05〜"

 昨日今日とWOWOWネタが続きますが、僕は局の回し者ではありません(^^;)。
 こちらも基本的にいずれキャンペーンが終われば、このHP情報は消えてしまいそうなので、記録として記事にしますw。

 WOW FES 視聴者投票第一位、日本上陸20周年ということで、WOWOWにて全話ハイビジョン放映。
 今のところ、Amazonで調べても、『ツイン・ピークス:Twin Peaks』のBlu-rayソフトは出ていないようなので、ファンには録画のチャンス。

日本上陸20周年!「ツイン・ピークス」の歩き方|エクストラ|WOWOWオンライン.

出演 川勝正幸 大根仁。ゲスト 臼田あさ美

 という番宣無料15分スペシャル番組が放映されたので観てみた。
 川勝さんのリンチの濃い話を期待したのだが、残念ながら、のちのTVドラマへの影響とか、ディレクター 大根仁氏による「ツインピークスと北の国から類似説」くらいであまり面白くはなかった(^^;)。観ていない観客への勧誘番組なので、致し方ないですが、、、。
 この番組で少し流れた映像から判断すると、ハイビジョン映像とは言え、たぶん元のフィルムがそれほどではなく(もしかしたら16mmフィルムだろうか???)、DVD画質とそれほど違わないように感じた。

◆関連リンク
WOWOWの約款「契約の有効期間」
 契約の1年間縛りが記述されてます。

Amazon.co.jp: twinpeaks blu-ray
 検索してもブルーレイソフトは出ていないので、ハイビジョン版がほしい方には、加入検討も意味がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.07

■WOWOW 神山健治監督2作品一挙放送!攻殻機動隊 S.A.C./東のエデン

Wowow

神山健治監督2作品一挙放送!攻殻機動隊 S.A.C./東のエデン|アニメ|WOWOWオンライン
 なかなかマニアックなキャンペーン。全篇ハイビジョン5.1ch放映とのこと。
 
神山健治監督 攻殻機動隊 S.A.C.|WOWOWオンライン

 1st.    3/ 7 〜 3/11
 2nd. GIG 3/14 〜 4/28

神山健治監督 東のエデン|WOWOWオンライン
 11.4/29 0時〜4時まで、11話一挙放映。続いて劇場版1,2は4/30 夜6〜8時。

 2011.3/7〜ということで今夜からなので、興味のある方はお急ぎ下さい。
 僕も一瞬、これを録画するためにWOWOW入ろうかと思ったのですが、DVDは持っているし思いとどまりました。

WOWOWの約款「契約の有効期間」
 1年間の縛りが記述されてます。
 1年入ったら『ツインピークス』全話放映と『攻殻機動隊S.A.C.』ハイビジョン録画の誘惑は大きいけれど、2万円以上の出費になるので、見送ることにしました(^^;)。

◆関連リンク
 今後、キャンペーンが終わると、ネットから消える可能性もあるかと、ポイントをクリップしておきます(^^;;)。
神山健治監督スペシャルインタビュー(1)

"ある事件にはかならず人間がかかわっているわけで、人は人間が起こすことに興味があるわけです。そういう興味を通じて作品に興味を持ってもらえればと思っています"

神山健治監督スペシャルインタビュー(2)

"エジプト政府側から見たらもしかすると、事件の主謀者を追っていくうちに、マーク・ザッカーバーグなる異国の人間がフェイスブックを作ったことがこの状況を招いた……というちょっと「笑い男事件」風のシチュエーションにも見えますよね "

神山健治監督スペシャルインタビュー(3)

"合田は自分の意志で振る舞いつつも模倣犯にほかならない。それに対して“オリジナル”と呼びうるような人間はどんな存在だろうと考えて造形したのがクゼで す。「英雄」となっていくクゼと、そうはならなかった合田。その間には何があったのか。そこの部分を、物語を作りながら探りたいと思った。
 ただクゼはフィジカル面が強いこともあって、古風なヒーロー像に受け止められたようで、笑い男のようにネット世代の視聴者の共感を呼ぶキャラクターとはなりづらかったですね。

 滝沢は、クゼに通じる 「英雄」の側面もあるんですけれど、そういう彼の魅力の部分を見た誰もが「真似すれば滝沢のようになれるかも」と思えるキャラクターにしたかったんです。 そういう意味でクゼとはちょっと違う。同系列のヒーロー像ではあるけれど、現代のネットを体験した人たちに受け入れられてもらえる新しいヒーロー像を意識して生み出したキャラクターです"

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1 』
『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Blu-ray Disc BOX 1  』
 各々BOX×2で全話収録。セットで両方買うと7万円近くになるので、WOWOWで1年契約してBD録画したほうが、安いのは安いんですが、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.06

■テリー・ギリアムのオペラ「ファウストの劫罰」と新作短篇「The Wholly Family:完全家族」

YouTube - Terry Gilliam directs the opera 'Damnation of Faust' at ENO
テリー・ギリアム監督がオペラ「ファウストの劫罰」演出へ : 映画ニュース - 映画.com

"  鬼才テリー・ギリアム監督が、エクトル・ベルリオーズ作曲の劇的物語「ファウストの劫罰」の演出を手がけることが分かった。

ギリアム監督がオペラを演出するのは今回が初めて。イングリッシュ・ナショナル・オペラのプロダクションで、英ロンドン・コロシアムで5月6日から10回の公演を予定している"

 冒頭のYoutube動画は、2011.3/3にアップされたばかりの、オペラへの意気込みを語るギリアムのインタビュー。
 いつものエネルギッシュな様子、彼の頭の中でファウストのイメージが活発に動きだしているのが手に取るようにわかります。

ファウストの劫罰 - Wikipedia

"  周りの風景はさらに恐ろしく奇怪なものへと変化してゆく。天からは地の雨が降り、路上には骸骨が転がっている。メフィストフェレスは“infernal cohorts”を叫び、ファウストともに奈落の底へ落ちてゆく。
 悪魔達はメフィストフェレスに対し、ファウストは本当に自ら魂を明け渡したのか尋ねる。メフィストフェレスはこれにうなずく。悪魔達は、悪魔の王子の名前を唱え、メフィストフェレスの周りを踊りながら、勝利の合唱を歌う"

 ギリアムによって舞台に現出する地獄。
 これは是非、観てみたいものです。

Photo_3

The Damnation of Faust | Production.(公式HP)

"The Damnation of Faust
Former Python and cult film-maker Terry Gilliam makes his opera directing debut with Berlioz's dazzlingly kaleidoscopic take on Goethe's Faust, setting the old legend of the ivory-tower intellectual who forfeits his soul for love."

 これはENOによるオペラの公式HP。
 ギリアムのインタビューの他に、スタッフも登場する動画がある。
 そしてチケットはこちらでネット販売されているので、イギリスへ飛べる幸運な方、もしくはイギリス在住の方は、是非。オペラの様子をレポートいただけると嬉しいです。

The_wholly_family

テリー・ギリアムの新作ショートフィルム‘The Wholly Family’のファーストルック

 そしてもうひとつは、新作短編の記事と初出の映画の1シーン。

Terry Gilliam honoured at Bradford International Film Festival | APEngine

“To be honoured by such an important festival pre-posthumously will force my family to treat me with some respect while I’m still alive.  I will always be grateful for that.”

 この頁によると、ギリアムの回顧祭が開催され、その中で、この短編が初公開されるという。
 上の引用は、この映画についてのギリアムのコメント。

 映画のシーンは、どこかキューブリックの『時計仕掛けのオレンジ』を想像させ狂気を感じさせるイメージである。短篇だからこそできる潤沢に資金を使った幻想的な映像を期待したい。

Bradford International Film Festival - National Media Museum
 The 17th Bradford International Film Festival 16 - 27 March 2011 at the National  Media Museum. 第17回ブラッドフォード国際映画祭は、2011.3/16〜3/27にナショナルメディア博物館で開催される。

◆関連リンク
ファウストの劫罰 | ベルリオーズ | オペラ対訳プロジェクト

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月27日 - 2011年3月5日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »