« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011年7月17日 - 2011年7月23日

2011.07.22

■Pappa TARAHUMARA:パパタラフマラ 舞台美術展 / ヤノベケンジ氏×小池博史対談


YouTube - ‪パパタラフマラ ガリバー&スイフト‬‏
 TheTorayanのチャンネルで紹介されたヤノベケンジとULTRA FACTORYが美術を担当した劇団パパタラフマラ『ガリバー&スイフト』の紹介映像。特にヤノベ渾身の舞台装置、解体娼婦のシーンが白眉。1:42〜を御覧下さい。

三人姉妹公演 / 舞台美術展 / ヤノベケンジ氏×小池博史対談決まりました。(Pappa TARAHUMARA News Blog)

"「演出家 小池博史 & 現代アート作家 ヤノベケンジ トークイベント」
7月30日(土) 15:30~
会場 流山市生涯学習センターギャラリー 参加無料・予約不要

「パパ・タラフマラ ファイナル美術館」
青、SHIP IN A VIEW、WD、Birds on Board、Heart of GOLD〜百年の孤独〜、シンデレラ、ガリバー&スウィフト、白雪姫、パンクドンキホーテなどの公演で使用されたものが展示されます
7月30日(土)〜8月10日(水)10:00~18:00
※初日は15:30~
会場 流山市生涯学習センター 第一・第二ギャラリー"

 そして解散が決まったパパタマフマラの展示会が開催される。
 そこにはガリバー&スウィフトの舞台装置も展示されるようなので、ヤノベファンは必見かもしれない(詳細情報は御問い合わせ下さい)。

 また今後パパタマフマラの各舞台がDVD化されるとのことで、『ガリバー&スウィフト』についても期待したい。

◆関連リンク
当Blog記事
パパ・タラフマラ+ヤノベケンジ 「ガリバー&スウィフト 作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法」: ★究極映像研究所★
 僕が撮った舞台のリハーサルでの"解体娼婦"の解体シーン画像とリポート。
『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・3 パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」 ヤノベケンジの舞台装置と劇団リハーサル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.21

‪■Frank Pavich監督『アレハンドロ・ホドロフスキーのデューン:Jodorowsky's Dune』予告篇

YouTube - ‪Jodorowsky's Dune Trailer
(Twitter / @postermantoru 徹さん @noirtaki 滝本誠さん経由)

"カンヌのドキュメンタリー「ホドロフスキーのデューン」、おれが配給権買うしかないのかW 誰か観たかな?"

News: CANNES 2011: Exclusive JODOROWSKY'S DUNE Promo Video

"It was just yesterday that we brought you news that Jodorowsky's Dune, the documentary about the legendary making-of a movie that never happened, was currently filming around the globe right now."

 メビウス、クリス・フォス、ギーガー他がプリプロダクションに参加していた、あの幻のホドロフスキーの『デューン』に関するドキュメンタリー映画が撮られ、今年のカンヌで紹介されたという。
 そして冒頭の映像は、その予告篇。
 幻のSF映画として、伝説的に語られているこの作品の一端がここに。

YouTube - ‪Jodorowsky on Dune (1975)‬‏
 さらに1975年のこちらのインタビュー映像には、メビウス、クリス・フォス他のデザイン画等が紹介されている。

◆関連リンク
Jodorowsky's Dune (2012) - IMDb
Jodorowsky's Dune - Unseen Dune(duneinfo.com) Google 翻訳
Alejandro Jodorowsky - Wikipedia
YouTube - ‪Dan O'Bannon on Jodorowsky's Dune‬‏
‪David Lynch Interview from 1985 on Dune‬‏ - YouTube 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.07.20

■感想 『加藤泉作品集 絵と彫刻』

Soul_union_10_423522

 上の画像 加藤泉「SOUL UNION」展 2010.4/23-5/22 ARATANIURANOプレスリリースより 本作品集収録作品

Photo_3

『加藤泉作品集 絵と彫刻』
青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing, Inc.

"初期から現在までの代表作を網羅、
油彩画と木彫作品をそれぞれ分冊にして収録した初の作品集です。
インタビュー:加藤泉×青野和子(原美術館主任学芸員)
◆判型・仕様:B5判 2分冊(油彩120頁、彫刻64頁)◆函入り"

 待望の『加藤泉作品集 絵と彫刻』を堪能。
 ネガポジ変換のような黒い透明感のある不思議な形象の絵画と、荒削りの木材のテクスチャーに大胆な色彩が載せられた土俗的な造形物。背中がぞわぞわとする原初的な奥深い所からのざわめきが沸き起こる作品群に奮える。

Img_3384

 僕が好きな作品について簡単にコメントを書いてみる。まずは絵画から。

 P51「無題」赤い顔、黒い体の人と後ろに二人の青い人。赤と青ののコントラストと黒い体の透明感が素晴らしい作品。
 P52 「無題」これも三人の人、黒と深い緑の三人の人と赤い背景。うつろな眼が眺めているのは何なのか。
 P77 「無題」右上の画集写真の左側の白い顔の人の画。青い長い髪(?)と色とりどりの砕石のような眼と黒い玉蜀黍のような歯、不安をかき立てる背景の縦縞。
 P91 「無題」冒頭に引用したプレスリリース左の絵。レントゲン写真のような体と、蛸の吸盤のような背景に続く脚。SF脳の僕には、異界の生物としか見えない、強烈にイマジネーションを喚起する絵である。

 続いて彫刻作品。
 P8-9「無題」壁に向かって立つ不安の立像。僕が初めて加藤泉の作品を知った時、ネットで観てインパクトを受けた造形。
 P20-21「人へ」展示風景、6体の人形が正面を向いて狭い部屋に並んでいる、この圧倒的な土俗的圧力。
 P26-27「無題」「「アートスコープ2007/2008」ー存在を見つめて」展風景、茶系の3体と原美術館の窓の外の緑がまぶしく眼に染みる作品。
 P36 右上の画集写真の右側、赤い顔と石を埋め込んだ飛び出た眼。木の荒いテクスチャに大胆に塗った赤が鮮烈に訴えてくる。

 いずれも冒頭に書いたように、体の内奥にぞわぞわする感覚を呼び起こす。
 これが何によるものか、僕の中ではまだ整理が出来ていない。何にしても、まだ作品の実物を一度しか観ていないわけで(^^;)、きっちりと美術展を観てから、今後ちゃんと分析してみたいと思う。
 今日のところはこんな感想で幕を閉じますw。

◆関連リンクPhoto
・特装版 加藤泉作品集 絵と彫刻 限定120部 エディション付


当Blog記事
豊田市美術館 内なる子供
加藤泉「人へ」 : KATO Izumi - Dear Human(ARATANIURANO(アラタニウラノ)こけら落とし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.19

■新刊メモ 『加藤泉作品集 絵と彫刻』と出版記念展

Photo

Photo_3

『加藤泉作品集 絵と彫刻』
青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing, Inc.

"近年、とみに注目されるアーティスト、加藤泉。
2007年のベネチア・ビエンナーレ国際企画展に招待作家として参加するなど、国内外において精力的な活動を続け、ひときわ光彩を放っています。
本書では、初期から現在までの代表作を網羅、
油彩画と木彫作品をそれぞれ分冊にして収録した初の作品集です。

インタビュー:加藤泉×青野和子(原美術館主任学芸員)
アートディレクション:重実生哉
◆判型・仕様:B5判 2分冊(油彩120頁、彫刻64頁)◆函入り
◆定価:3,990円(本体3,800円+消費税)"

Photo

特装版 加藤泉作品集 絵と彫刻 限定120部 エディション付

"作品集の刊行を記念して、「ソフビ製彫刻作品」付・特装版(限定)を発売します。
フィギュアの制作チーム「リンデン」と作家とのコラボレーションによって生まれた世界にひとつしか存在しないソフトビニール製人形。作家の一部手彩色による加藤泉の魅力が詰まったオリジナル作品です。
ソフトビニール製彫刻作品(リンデン製)
H 195mm × D 105mm × W 95mm / 台座直径:75mm
作家により1点1点彩色されたオリジナル作品です。
定価 52,500円(本体+税)"

Photo_5

加藤 泉『はるかなる視線』 展
画家、加藤 泉の不思議な世界がアートスペースSixに出現

"7月9日(土)~ 9月11日(日) @アートスペース Six
大阪府大阪市中央区南船場3-12-22 心斎橋フジビル 2F
tel.06-6258-3315 開館12:00~19:00
月休(月曜が祝日の場合は営業)
今回の展示では、原初の生命体にも、魂がそのまま人の形となったようにも見える、多種多様なプリミティブな人らしき姿を絵画と彫刻で堪能できる。 その強烈な色彩、異形の造形は観る者を圧倒し、思考することを喚起させ、心に何かを残させるはずだ。時空を越えた摩訶不思議な加藤泉ワールドに足を入れてみてはいかがだろうか"

 昨年の箱根での大規模な展示 加藤泉展 「日々に問う」@箱根彫刻の森美術館に行けなかったので、初期から現在までの代表作を掲載したこの作品集は待望である。

 さっそく入手したので、続けて、明日の記事で感想をアップします。
 ということで今日は、関連情報の整理だけで御勘弁を(^^;)。

◆関連リンク

Photo_2linden | 《特装版》加藤泉『絵と彫刻』+ソフトビニール製彫刻作品
 linden | 〈特装版〉加藤泉ソフトビニール製彫刻作品
 linden | 加藤泉『絵と彫刻』 −作品集出版記念展−NADiff a/p/a/r/t
 特装版のソフビを制作したリンデンのBlog記事。
 最後のリンクが制作風景を写していて興味深い。

ViewimagephpIzumi Kato Soft Vinyl Doll in Exclusive Colors for the Hara Museum (Hara Museum Online Shop)
 右の人形が原美術館オンラインショップで通販されている
リトルボーイ展レポート 戦後日本の鍵はなんと「おたく」にある? | 活動レポート | カイカイキキ : アート作品制作・マネジメント : Kaikai Kiki Co., Ltd...

"二つのギャラリーを順に進むと、加藤泉、岡本太郎、川島秀明、ヤノベ・ケンジ、坂知夏、そして奈良美智などの日本現代アーティストの概観に酔いしれることのできる空間でした"

加藤泉の作品集出版記念展「絵と彫刻」、新富町ARATANIURAにて開催中、7月16日まで! | white-screen.jp ブレスリリース

"会期:2011年6月11日(火)– 7月16日(土)
時間:11:00 – 19:00 休廊日:日・月曜日、祝祭日
会場:ARATANIURA(アラタニウラノ)
〒104-0041 東京都中央区新富2-2-5 新富二丁目ビル3A"

NADiff Gallery 加藤泉『絵と彫刻』−作品集出版記念展−

"2011年6月3日[金]−7月3日[日]"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.07.18

■感想 サミュエル.R.ディレイニー『ダールグレン:Dhalgren』

329767175

サミュエル・R・ディレイニー『ダールグレン (1) (2)』
 国書刊行会−−これから出る本

"サミュエル・R・ディレイニー 大久保譲訳
「20世紀SFの金字塔」「SF界の『重力の虹』」と賞される伝説的・神話的作品がついに登場! 異形の集団が跋扈する迷宮都市ベローナを彷徨し続ける孤独な芸術家キッド──性と暴力の魅惑を華麗に謳い上げた最高傑作"

 読後、さぼって間があいてしまったのだけど『ダールグレン:Dhalgren』の感想をまとめておく。

◆総論 (青字:ポジティブな評価 赤字:ネガティブな評価 を示すw)
 満を持して(待ちすぎてw)出版された、SF翻訳史上ひとつの事件と言ってもいい本書の刊行。サミュエル.R.ディレイニーの諸作を読んで、その華麗な文体と鋭利なイメージ喚起に痺れていたので、長大な本作の全体がめくるめく作品となっていることを期待していた。
 読み通すのにかなりの困難さを伴う、という噂もあっ330266478たので週末集中して一気に読む作戦で、究極映像犬といっしょに、謎の都市ベローナへと赴いた。

 しかし何のことはない、華麗で緊密な(?)文章は冒頭と最終章くらいのもので、どちらかというとディレイニーにしては緊張感のない隙のある文章がだらだらと続き、読むのに苦労するのは寝転んで本の重みに疲れが溜る腕くらいのものだった。まずは構えて読まなくても大丈夫ですよ、ということを皆さんに伝えたい(^^;)。

 で、そんな前置きはいいから、早く総論をということでまとめから。

 ところどころに華麗なイメージと、メタフィクション的な複雑に仕組まれた謎(らしきもの)があり、そういった部分には満足できる。

 のだけど、長々と語られるヒッピー文化/コミューン/不良描写については、ディレイニーの自伝的な部分なんだろうけれど、この2011年に読むと刺激は弱く、古い感覚の小説ではないか、というのが正直な読後感(この年代に書かれた小説なので、時代性を切り取る部分が感覚的に古いのはしょうがないのかもしれない)。

 こうした部分を半分くらいに刈り込んで、もっと鋭敏な異民族/性差描写を極めてくれていたら、手放しの傑作になったかもしれない。当時は衝撃的だったかもしれないが(実はそうでもなかったのかもしれないw)、少なくとも現在、読むとそれほどそうした部分ではエッジの効いた小説ではないと思う。

 ひとつ具体例を書くと、ディレイニーというと必ず想起するキーワード「ゲイ」の描写について。(僕は世のそうした文学や芸術作品にほとんど触れたことがなく、かなりの門外漢なので、もしかしたらとてもいいかげんなことをこれから記述するかもしれないがw)、なんとも描写が生温い(^^;)のだ。

 主人公がゲイとなる描写が、何の精神的な深みもなく、ただ単に同衾していてなりゆきでしちゃいました、って描写になっている(最初の2箇所とも)。
 ま、まさに日常の延長に横たわっているんだよ、と言いたいのかもしれないけれど、そんなものを僕はSFで読みたいわけではないw。

 超えるべきハードルがどんなもので、それが人類にとってどういう意味を持つのか、なーんていうパースペクティブが開けるような、眼の覚める思索をディレイニーに期待する僕は間違っていたのでしょうか(^^;)。

 と、一例を挙げたが、その他、無頼派的な描写もかなり出てくるのだけれど、現代のノワールを鑑賞してしまった僕らには、生温〜い感じがして仕方なかった、というのが総論。

 謎の都市ベローナの何やら不穏な空気感だとか、天体にかかわる描写とか(ネタばれ避け中w)、詩作とメタフィクション的な仕掛けとか、もちろんかなり面白い小説であることは認めた上で、欲張ると上述したような不満が出てくる。
 うん十年待った、あのディレイニーの大作に、こういう期待をするのは決して間違っていないと思うんだけどな〜w。期待をしなきゃ、逆に失礼でしょ…。

 というわけで、本書の僕の読書体験としての評価は、青字赤字の幅の中にある。読書においては青字部分でそれなりにワクワクし満足。でもかなり赤字部分に振った読後感でトータルとしては不満が勝ったということになる。繰り返すけれど、青字は素敵ですよ(^^;)。

◆総論 補足
 僕の正直な読後の感想は上述の通りなのだけれど、実はこう言い切ってしまうのにいささか躊躇していた。
 というのはバラまかれた謎が僕には解けなかったから。
 ベローナという謎の災厄に巻込まれた都市の謎、天体の異常……、それらに一気通貫して縦糸になるはずのメタフィクションの仕掛け

 充分に読み込んで、海外の研究成果等もネットで検索して、その謎が本当に解明した時、本書は僕の読後感と全く違った様相をそこに表すんじゃなかろうか、という期待/不安がモヤモヤと胸に渦巻いて、しばらく読み終わって100箇所くらいのドッグイヤーに従ってページをめくりながら考えていたのだけれど、僕のぼんくら頭にはその答えはついに今のところ到来していない(^^;)。

 というわけで、未だにtwitterやウェブにて「ダールグレン」のキーワードで日々、いろんな方の感想に眼を通しているのだけれど、大絶賛している人の感想を、もしかしてこの人は謎を解けているんじゃないか、と読んでも今ひとつピンとこない。
 そのあげくあの山形浩生氏が『ダールグレン』酷評を公開され、そしてあろうことか『ダールグレン』絶賛派(と勝手に思っていた)柳下毅一郎氏までもが、それに賛同するつぶやきをされるに至り、解明のモチベーションが一気にトーンダウンw

 ということで、謎解明を楽しむのが本書最大の読書の快感ではないか、と思っていたのだけれど、どうやらそれも凄まじい物ではないらしい、と感じてきて、ここに上述の総論となったわけです。

 まだ実は本書のウィリアム・ギブスン序文と巽孝之氏解説を封印してて読んでいないので、めくるめく謎解きに期待して今から読んでみることにします。

◆各論 というほど大げさではなくメモ・ランダム(^^)

329392874・僕の書棚から、眼についた大作本を比較のために並べてみた。
 聖家族 738頁、青銅の悲劇 772頁、ザ・スタンド 1444 頁、ダールグレン 1006 頁。週末一気読みのおかげもあるけれど、実は私的にはこの4作の中では『ダールグレン』が一番読みやすかった。最も時間がかかったのは、エンターテインメント作家キングの『スタンド』(^^;)。


 
★★★ ネタばれもあるので、未読の方は、ここまでに留めて下さいね。

・村上春樹『1Q84』との関係。異世界であるベローナの描写と、村上の1Q84世界はどちらも二つの月を持つ。おそらく米文学に精通している村上は『ダールグレン』を読んでいたと思う。インスパイアされたものかどうか、どなたか村上氏にインタビューしてもらいたい。そして彼の『ダールグレン』評を聞きたい。

・途中でもところどころ一人称は使われていたのだけれど、急激に三人称が一人称に変化するのは下巻P336。これはメタフィクション上の仕掛けと、加えて主人公キッド(仮名)が物語世界の客観的観察者から、主観的な主人公に移行して行くのをまさに表現している。(そしてここではキッドの離人的傾向からの物語による回復でもある)

・村上春樹『1Q84』では今まで一人称で書かれていた長編が三人称で表現されていることが随分と指摘されていた。直接『ダールグレン』での描写とは関係ないとは思うけれど、一応、メモ(^^;)。

・異世界と対立する日常の引越し描写。危うい薄氷の上のホームドラマ的箱庭世界の描写はなかなか読ませた。しかし僕らがディレイニーに期待するのは、そのようなものではない、と僕は思うのだw。ホームドラマ部分の弛緩したような文体はわざとかもしれないが、楽しめなかった。

・都市ベローナもだけれど、最大の謎は「ダールグレン」。時々出てくる名前リストに登場するだけの謎の名前ウィリアム.ダールグレン。もちろんウィリアムはビルと通称されるわけで、ラストで特にビルに注目させているので、本書の記述者は登場人物のウィリアム.ダールグレンということになるのだろう。いくつかの箇所で登場するビルに着目。

・主人公の記憶の欠落もメタフィクション的な仕掛けであろう。実際の筆者と思しきウィリアム(ビル).ダールグレン。彼のルポルタージュとしての情報の欠落がキッド(仮名)の記憶の損傷として描かれている感じ。

Delany_dhalgren

・海外版の表紙としても使用される巨大になった太陽の姿は、読後にも強烈な印象を残す。だけれども全く解けない二つの月と赤く燃え盛る巨大太陽の謎。どなたか、登場する宇宙飛行士の言葉をヒントにこの星々のきらめきの謎を解明して下さい。

・ノートに書かれた奇妙な文章と、詩作の文学的談義。これらによる小説世界のイメージ構築はなかなかいい。詩的な言葉の魅力について語る部分はとてもいいです。

・時間の飛んだ新聞ベローナタイムズ。こんな新聞が発行される街に住んでみたい。おそらくここは、ディレイニーの自伝的要素がアトランダムに紛れ込ませてあることの、近似的な表現なのでないかな。

 あとは他にも、たいしたことは書いてないですが、断片についていくつか僕のtwilog「ダールグレン」「#dhalgren」のつぶやきがありますので、ご興味があれば(^^;;)クリック下さい。

◆関連リンク
[朝日新聞書評ボツ本]ディレーニ『ダルグレン』
  - 山形浩生 の「経済のトリセツ」

"全体が自分自身の一種のビルドゥングスロマンではあるんだが、でもそれを円環させることで、ディレーニは要するに「ぼくは成長したくありません、ずっと青春していたいです」と言っているに等しい。それが卑しいのだ"
"昔読んだときは「どうだ!完読したぜ!」というのが自慢だったしその価値を保つために小説そのものの悪口は言わなかった…"

 あの山形浩生さんでも、そんな日よった時代がw !
 そしてそれを読んだ柳下毅一郎氏のつぶやきが以下↓。
Twitter / @kiichiro柳下毅一郎氏

"正直、オレもこの山形評はたいへん正しい、と言わざるを得ないw でもつまんないだけでもないのよ RT @tonkara1: 山形浩生さんの『ダールグレン』評。予想通りの酷評!"

・牧眞司氏 shinji maki(@ShindyMonkey)/2011.6/24 - Twilog  

"ジョイス的な神話=象徴性と文学仕掛けがいっぽうにあり、ディレイニーの自伝的要素がもういっぽうにあって、それがまだらに融合している。その「まだら」さが特徴だろう。おそらく仕掛けだけに注目して読み解こうとすると、夾雑物がわらわらと析出してくる。
ちょっと困ったかんじなのだけど、そうした余分が小説としての面白さとも言える。まあ、屈折した人種問題や芸術がらみの議論、セックスのどうしたこうした など、ちょっとクドいよという部分もあるけれど、こうしたのは読むひとの興味の度合いでナナメ読みしても、ぜんぜん支障なし。"

『ダールグレン1・2』刊行記念 SFフォーラムのお知らせ

"刊行を記念して、SF翻訳家の柳下毅一郎さんと、SFと黒人文化に詳しい丸屋九兵衛さん(ブラック・ミュージック専門誌「bmr」編集長)をお迎えしてトークイベントを開催。
【日時】  2011年7月30日(土) 開場:17:30〜 開演:18:00〜
【会場】  三省堂書店神保町本店 8階特設会場
只今、6月22日発売予定の『ダールグレン』(国書刊行会)1・2巻どちらかを当店でお買い上げまたは電話にてご予約のお客様、先着50名様に1階レジカウンターにて整理券を配布しております"

 参加された方、是非、レポートを聴かせて下さい。
エル・マルヤッチ powered by bmr :黒人ゲイじいさんの集い。カモンヨー!
 丸屋九兵衛氏のBlog記事。他にもディレイニーについての記載がいろいろとある。ディレイニー記事 丸屋九兵衛氏Blog - Google 検索

2011.7/20追記
サミュエル・R・ディレイニー『ダールグレン』(1巻)感想 - Biting Angle

"まだ半分しか読んでないので断言はできないけど、ここまでの印象としては、ディレイニー版の「アリス」なのかな?という感じ。 なにしろ性別や人種といった(いわゆるアメリカ的な基準からすれば)既成の価値観がことごとく裏返しになっているところが なんだか『鏡の国のアリス』を思わせるし、全編にばら撒かれた性描写には、言葉あそびの代わりに様々な性的プレイを用いて 物語を組み立てようとしてるんじゃないか・・・などと思わせるところもあります(中略)
3章の「斧の家」でリチャーズ一家が延々と繰り返す 「街全体が崩壊しているのに、そこだけは普段と変わりがない日常を営む姿」は、鏡によって裏返しになった 「マッド・ティーパーティー」にあたると思います。"

 当究極映像研東京分室2(^^;) "Biting Angle"の青の零号さんの1巻レビュウ。
 ここの指摘が僕にはとても新鮮でしたので、引用させていただきました。2巻レビュウも楽しみにしてます>>青さんw。

当Blog記事
新刊メモ S.R.ディレイニー『ダールグレン:Dhalgren』
S.R.ディレイニー『ダールグレン:Dhalgren』舞台化 Jay Scheib "Bellona, Destroyer of Cities"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »