« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

2011年1月16日 - 2011年1月22日

2011.01.21

■超裸眼立体視法 3D No glasses by Jonathan Post

YouTube - 3D No glasses by Jonathan Post
(Twitter / @Toshio Kinoshitaさん経由)

"左右の瞼を電気的に開閉させることで3Dを見る発明。アイデアとしては画期的だけど少し怖いなぁ。将来映画館で実用化されたら映画よりも皆の目を見ている方が面白いかもしれない!:動画:メガネなしで3Dテレビを観る画期的発明 (自前シャッター式)"

 Jonathan Post氏が発明した新方式をアーティストのFrançois Vogel 氏がデモンストレーションしている映像。
 これは凄い、マッドエンジニアリング!(^^;)。是非、上の動画を観てほしい(全体2分弱の後半)。
 筋肉が電気刺激で動いて、まぶたがシャッターの役割を果たしている!まぶたが高速でパチパチしてる。これと液晶モニタの映像が同期して、立体視が実現できているらしい。
 しかし、本来リアルな3Dを得るには、各眼30コマ/sが必要で、開閉をそれだけのスピードでしなくてはいけないわけで。本当にできるのだろうか。
 特に長時間続けたら、恐ろしいことになりそうである。

◆関連リンク
paranoid US - François Vogel 公式HP
 映像作家François Vogel氏の制作した、いくつかの動画がある。
paranoid US - François Vogel - Little Dragon 'After The Rain' (excerpt)
 このコマ撮りのPVがなかなかいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.20

■大人の科学「テオ・ヤンセンのミニビースト」

Photo_2

 「テオ・ヤンセンのミニビースト」を買った。
 上の写真、上段右が全部品。ここからはめ込み式のプラモデルのように接着剤不要で組み立てる。
 ちょっとわかりにくい部分もあるけど、説明書を見て1時間くらいで組めるでしょう。
 取説をじっくりみて、部品の表と裏を間違えないように注意して組み立ててれば大丈夫。僕は一回裏表を間違え、ほとんど完成したところから、一度バラして組み直したので(^^)、1.5時間かかったww。
 うちのビースト君の動きを、下の動画でご覧下さい。


 
脚の動きのアップも少し入っています。これ、横からかなりの勢いでウチワをあおいでいます。脚の動きがスムーズで柔らかい動きをするので、凄く生物的に感じる。ルックスを工夫・加工してみるのも面白いだろう。
 動画の途中、巨大生物が後ろを通りかかりますが、うちの犬です(^^;)

 これを作ることによって、ストランドビーストのリンク機構を、身をもって(失敗すると身に付く(^^;))知ることができた。ちょっと高いけれど、ファンには堪りません。これで、巨大な奴を自作する人も出て来るでしょうねw。

◆関連リンク
大人の科学マガジン Vol.30『テオ・ヤンセンのミニビースト 』
 Amazonでは売り切れ中ですが、うちの近所でも積んであったので、書店はまだ大丈夫でしょう。twitterのつぶやきでは一時Amazonで売上げ首位だったみたい。次も期待できるかも(^^;)。
テオ・ヤンセンのミニビースト | 大人の科学マガジン公式HP 動画
YouTube - 改造版テオ・ヤンセン Theo Jansen のミニビースト 大人の科学M Vol.30

テオヤンセン日本オフィシャルサイト
STRANDBEEST
Theo Jansen - Google ビデオ
Dailymotion - TEDTalks_ Theo Jansen (2007), a video from tedtalks. www.ted.com, Tedtalks, biomechanics, Theo, creatures.ヤンセンが解説
Theo Jansen『The Great Pretender』

当Blog記事
・見学記 2009.1『-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展』-1
・見学記 2009.1『-Theo Jansen- テオ・ヤンセン展』-2
・Theo Jansen- テオ・ヤンセン展
「テオ・ヤンセン展~生命の創造~」@日本科学未来館 シアメシス&大人の科学ミニビースト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.01.19

■トラン・アン・ユン監督ライブトーク 劇的3時間SHOW

劇的3時間SHOW 5人の国際映画監督が語る
 2010.12/13にトラン・アン・ユン監督が、青山のスパイラルホールで3時間語られたトークイベントから、約7分間がYoutubeに公開されている。

 映画言語について語るユン監督の言葉が、昨日の記事に書いた内容と関係していて、とても興味深い。どこかに文章が起こされていないかと思ったのだけれど、なかったので、とても貴重な発言と思うので、以下字幕から書き起こし。(問題があれば削除します。)
 

"映画という芸術とはどういうものなのか、僕なりに考えていることを...皆さんにお話しできればいいと思っています。"

"ピカソが自分の個展で、ある女性に会います。その女性はピカソの絵画の前に立って、私はあなたの絵をまったく理解することができない、と言います。ピカソは、その女性に視線を投げて、優しそうな微笑みを浮かべながら、マダム、絵画というのはひとつのランゲージです。ですからそれは語るものなのです、と言います。ここで重要なのはランゲージつまり言語とは何かということです。"

"映画言語、ランゲージという部分においては、今まであまり語られることはなかったと思います。このようなことをテーマにする映画監督も、あまりいなかったと思っています。"

"(黒澤明監督『生きる』のカメラワークについて)この方法というのは、まさしく黒澤監督のヒューマンな部分、そしてモラルな部分を見ることができます。つまりカメラがアグレッシブに、その男の顔を捉えているわけではないのです。男の顔は病気を感づかれて絶望に打ちひしがれてはいるのだけれども、カメラがそれを捉えるのではなく、男の方がカメラに向かって、そんな表情を表していくわけです。"

"映画というのは、理解しやすいアートだと言われていると思います...映画というのは、より複雑であって言葉では表現できない、いろんな感情を感じ取ることができる。"

"『ノルウェイの森』ですが…機会があればストーリーを追うということを置いといて…色の変化、音の変化、そういったことだけに集中してこの作品を見たら、別の感情が感じられると思います"

"そういう感情が持てるというのが、映画が持っている、特性だと思います。ですから、映画を見る時に映画言語というようなものを少し意識しながら見ると、 また別の見方ができるんじゃないでしょうか"

 ここまでがPart1、続きも面白いがこの延長上で、さらにユン監督の映画の考え方について述べられている。あとはYoutubeの動画をご覧あれ(^^)。大変刺激的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.18

■感想 トラン・アン・ユン監督 村上春樹原作『ノルウェイの森』

Jpg

映画|ノルウェイの森(公式サイト)

 トラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』を遅ればせながら観た。
 傑作! 俳優と音楽、そして映像が語る豊潤な空間。奇跡のようなショットがいくつもある。
 特に冒頭の引用写真のシーン。
 直子からの手紙で会えることがわかって階段を駆け上がるワタナベの映像から、直子が治療する京都の阿美寮の森の空撮への切替えのカット。凄い映像の快感がある。
 そして、その阿美寮の夏の草原シーン(下左)と、レストランでの会話するハツミに迫るカメラの映像。特に前者はなんとも不穏な空間を見事に切り取っている。なんなのだろう、この異界感覚。
 他にもいくつもあるのだけれど、この3ショットに特に痺れた。この映像を観るだけでも映画館へ脚を運ぶ価値があると思う。

Photo

 トラン・アン・ユン監督の映画は、第一長編『青いパパイヤの香り』に続いて、観たのは2本目。
 第一長編も独特の映画空間で素晴らしかったのだけれど、新作は、そこからも凄く進化してる。映像と音と音楽の演出の文体が凄い。そして全体は村上春樹の作品としても成立している奇跡(^^;)。

 阿美寮のシーンに代表される不穏な狂気のような映像の凄み。 どこか黒沢清『カリスマ』を思い出したが、個人的には黒沢清作品比2.5倍の強度。もちろんホラーではないが、そうした映画のファンにも薦められるくらいの秘めた迫力がある映像。

 トラン・アン・ユン監督の文体。
 『青いパパイヤの香り』ではセリフを刈り込んで俳優の表情と情景と、そのアップ映像が特徴で、独特の静かなトーンだった。
 『ノルウェイの森』では才気走ったカット割と音楽のインサートがさらに凄みをそれに追加。まさに映画の神が宿ったような奇跡的瞬間を作り出している。

 トラン・アン・ユン監督の独特の映画演出に加えて、村上春樹の小説の文体が人物のセリフとして、映画としてはある意味、過剰に混入する。
 しかしそれによって獲得された映画の豊潤+村上文体をリアルな人がしゃべることで、いくつか吹き出すような笑撃もw。

20110116_135005

 加えて、音も凄い。
 最初の方で直子とワタナベの歩くシーン、そこの森の音にまずまいった。とにかく映像も音も物語も、鋭敏な刃物のような演出!

 撮影監督は李屏賓。
 スクリーンの印象は全体がくすんだように感じられる映像だったが、パンフのスチルで観るとクッキリ。くすんだ映像が良かったのだけど、映画の空気に侵入された僕の気のせいだろうかw。

 音楽はレディオ・ヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッド。主題のビートルズの歌も使われているが、全体の音楽のトーンはそれを汚したような歪んだ旋律に彩られている。不穏な弦の音にゾクゾクw。Amazonで視聴できる曲"レイコ"とかとてもいい。
 Jonny Greenwood "Doghouse" performed by BBC Orchestra
 『ノルウェイの森』サウンドトラックの基になったもの。この弦の不穏さを試聴あれ。

◆滝本誠さんとの『ノルウェイの森』をめぐるツイート

Twitter / butfilp トラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』

"映画としての異界度は私的には『マルホランド・ドライブ』以来のレベルだった。不穏な空気感、暗黒への踏み込み方等、まさに一級の異界映画。ベトナムから生まれたノアール、滝本誠さん( @noirtaki )は観られたのだろうか。"

Twitter / @滝本誠さん

"@butfilp 「ノルウェーの森」観てないのですよ。パンフに原稿依頼はあったのですが、とても断れない魅力的な編集者なので、これは試写観ると押し切られるという恐怖から試写行かずW。村上春樹氏はたしか以前、リンチからオファーがあれば、と書かれてましたが。"

 残念w‼ この映画にとてもマッチしたLPの形態をした見事なパンフに、足りないのが滝本さんの評論。いずれどこかで是非、書いていただきたいものです(^^;)

 そして、村上春樹のデイヴィッド・リンチへの監督してもらいたいという情報。リンチが撮っていたら、、、、想像するだけで、脳内映像が暴走します(^^)。

◆あと極々私的に。
 加えて『ノルウェイの森』は、1/14深夜1/15早朝にtwitterでつぶやいた『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』をめぐる意識についての話とクロスする(またかw!読み飛ばしてねw)。
 言語で描かれる小説はまさに意識の紡ぐ物語。比して映画は、音楽と映像と言語とそして言語化されない人体の動きと呼吸から構成される。言語をはみ出た豊潤さを獲得した『ノルウェイの森』。

 村上春樹が生み出した登場人物たちの湛える精神的な病のいくつかは、言語と意識が生起したものだろう。映画が始まって、それと拮抗する無意識の知性(身体の動き?)が映画の演出でどう描かれるか期待しつつ観た。そこはたぶん村上も主題にした性の部分として描写された。

◆関連リンク
『ノルウェイの森』トラン・アン・ユン監督インタビュー -インタビュー:CINRA.NET

"他にも映像化したい作品はありましたか?
トラン:それはもちろん、映画化しても素晴らしい作品になる可能性は多くの日本文学から感じられます。私は今までたくさんの刺激を受けて来ましたし、オリジナル脚本で撮る予定の次回作にも多くの日本文学、特に村上春樹さんの影響があると思います。"

Togetter - 「映画「ノルウェイの森」を読み解きながらほとばしるドーパミンっ、村上隆さん @takashipom の 壮絶・悶絶・絶賛!っぷり。」

 村上隆さんの『ノルウェイの森』の大絶賛ツィートをまとめたもの。内容は最高のハイコンテクスト映画であり、革新的と書かれている。
 特に以下のユン監督とのやりとりの部分が興味深いので、以下引用。

"・『ノルウェイの森』監督の Tran Anh Hung様より、ウェブのお問い合わせメールから、メールを頂きました。凄く驚くと共に感動的な手紙の内要でした。誰かがフランス語に翻訳してくださったのでしょう。 takashipom 2011-01-12 11:16:37
・ 『ノル森』監督の トラン・アユン監督からの手紙。クリエーターは常に孤独なのです。なぜなれば、頭脳に瞬くきらめく閃光を通常の文法しか持たない大衆に向けて表現し、共感を呼ぶ行為は『不可能』に近い事を知っている。 takashipom 2011-01-12 11:19:05
・ 「ノル森」:しかし、勇気を持って今ある文法をパッチワークし、その隙間に新しい文法を忍び込ませて、世界のどこかにいる同士にむかって暗号を流す。しかしそれは孤島から瓶に手紙を封じ込めるのと同じように不可能性の高い伝達方法なのです。 takashipom 2011-01-12 11:20:44
・ しかし、それが『芸術』なのです。その暗号を受け取る能力を持った人間が実は評論家、批評家としてこの世に存在するのですが、『ノル森』においては、なぜかその言語解読者がいなかった。 takashipom 2011-01-12 11:22:01
・ 僕は仕方なくと言うか、流れ着いた瓶のふたを開けて出て来た暗号を解読して、皆に伝えねばならないと思った。それが漂着した瓶を拾ってしまった者の責任だから。takashipom 2011-01-12 11:23:19"

Togetter - 「番外編: 村上隆さん @takashipom ハイコンテクスト編 2010年12月21日」
・TBS RADIO ザ・シネマハスラー「ノルウェイの森」 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
 Podcastを聴くと、他に、時系列で並べていない2.5時間版, 脚本通りの3.5時間版もあるらしい。これはブルーレイで全ver出してほしい。
 釈然としないところが多いとライムスター宇多丸氏は語っている。あと阿美 寮の夏の草原シーンとレストランでのハツミを挙げ前者はJホラー的と言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.17

■恵比寿映像祭 ヤン・シュヴァンクマイエルの夢 『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』上映と監督によるQ&A

Ex5_zuhan_2

「サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-」

"第3回 恵比寿映像祭
ヤン・シュヴァンクマイエルの夢 最新作「サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-」
公演日 2011年2月19日(土)
開演 13:00 / 開場 昼12:45
会場 東京都写真美術館ホール
* この回上映後、監督によるQ&Aあり(予定)。
前売り1/15〜
全席指定-900円※(空席あり)
チケットぴあ
 Pコード:763-091"

 ついに邦題が決まり、公開が決定された!!
 合わせてヤン・シュヴァンクマイエル監督の来日が予定されているとのこと。2/19の上映後には、監督によるQ&Aがある。

 というわけでチケットぴあでチケット取った。
 今のところ、行ける当てはないのだけれど、勢い購入してしまった。もし都合と交通費が工面できなかったら、どうしよう(^^;)

恵比寿映像祭(公式HP)

"チェコ・アートアニメーションの代名詞ともいえるシュヴァンクマイエルの最新作《Surviving Life》のプレミア上映にあわせて、制作時の習作ほか資料を展示。生涯現役のシュルレアリストが見せる終わらない夢の断片。"

Yebizoブログ » みどころ1/ヤン・シュヴァンクマイエル祭り!?.

"プレミア上映は、2月19日(土)と2月27日(日)のみ。しかも19日(土)には来日した彼自身が上映後のアフタートークにお付き合い頂きます。

また地域連携プログラムではチェコセンター(チェコ共和国大使館内)にて2月22日(火)~展覧会とゲストトークを行います。"

 2/22のイベントについては、Czech Centres(チェコセンター)公式にもまだ記載がない。またわかり次第、紹介したい。

◆関連リンク 当Blog記事
ヤン・シュヴァンクマイエル『サバイビングライフ』メイキング
新作『Surviving Life』に関するパリでのティーチイン
『Surviving Life』予告篇
『サバイビング・ライフ』準備中 Přežít svůj život:SURVIVING LIFE, Jan Svankmajer
ヤン・シュヴァンクマイエル公式サイト+新作『サバイビング・ライフ(理論と実践)』情報

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »