« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011年9月4日 - 2011年9月10日

2011.09.10

■感想 マンタム個展 「錬金術師の遠望」@アクセサリーセレクトショップ Sipka
 Mantam Exhibition Distant View of an Alchemist

Photo_2

マンタム個展「 錬金術師の遠望 」 | optoo TORQUATA DECO etc...
 名古屋のアクセサリーショップ Sipka 公式ブログ

"マンタム個展 「 錬金術師の遠望 」
2011年9月2日(金)〜9月28日(水)
12:00〜21:00  火曜定休 ※最終日は20時までの営業

Sipka  愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
※大須観音駅1,2番出口より東に徒歩5分"

 上野の骨董市の骨董店「アウトローブラザーズ」と、夜想パラボリカ・ビスで活躍されているマンタム氏によるオブジェの展示会。名古屋大須のアクセサリーショップSipkaさんで公開初日に拝見したので感想をまとめる。

 許可をいただいてHD動画を撮らせて頂いたので別途紹介予定だけれど、まずはHDR写真を何枚か。色彩が実物と合わず陳謝しつつ御紹介。

◆「すべてのものには物語がある」
 Sipka店内の2Fショーウィンドゥに並べられたマンタムさんのオブジェと骨董と剥製。とても充実した展示と、初日に立ち会われたマンタムさんの興味深い御話をうかがい、作家自らの言葉で響く異界の物語。何と贅沢な時間(^^)。
 作品に込められた作家の想い、作品の背景にある「物語」のイメージに見惚れ、異界の時間を過ごせた(^^)。

 まさに店主のことり隊長さんが書かれている店のコンセプトどおりの素晴らしい個展である。

アクセサリー・セレクトショップ・sipka-シプカ-

"Sipka-シプカ-は、「すべてのものには物語がある」をコンセプトに身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、 手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
まるで子供が魔法に導かれて冒険を繰り広げるように... 作り手が錬金術師のお店に託した幾つもの物語とともに 不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。
愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F"

 当日店内で話をさせていただいたマンタムさん(@mantamu)と、ことり隊長さん(@kotoritaichou)、そして「錬金術師の遠望」のフライヤー(下の写真)の素晴らしい紹介文を書かれた泡さん(@awa_des_jours)に感謝。

マンタム(田村秋彦)(@mantamu)さん - Twilog

"19日23日とSipkaに居る予定です。新作を携えてお待ちしております! posted at 11.9/5 08:15:35"

 次にマンタム氏がSipkaに来訪を予定されているのは、9/19,23とのこと。
 作家から物語を聴ける貴重な時間になると思われるため、もし鑑賞を予定されている方、この時間をお見逃しなく。(随時、僕もtwitterで最新情報を流して行くつもりですが、マンタム氏の来訪については、事前にSipkaさんに問い合わせることを御薦めします)

Photo
◆作品紹介と感想
 以下の引用は、ことり隊長(@kotoritaichou)から直接メールで御送りいただいた各作品のタイトルとその紹介文。(  )内はBPが追記した、本記事トップの写真の作品を指す。

"「Po. noc(ガランドウの身体とそれが紡ぎだす夜について)」(左上下)
ブタの顔に蓄音機が付いた作品。悲しい物語から生みだされた生の残骸。身体に蓄音器を埋め込まれそれによって唄う事が出来る。

「Baphomet#4」(右下)
山羊の頭骨を用いた壁掛け状のもの。何度も作りなおされるBaphometの類型であり悪魔の雛形である。これで4作目となる。

「骨の中の悪魔」
白いケースの中に魚のような悪魔の従者が拘束されている作品。

「オテサーネク」
窓側に面した木に人形の頭がついた作品。
人形作家林美登利さんとのコラボ作品。彼女の初の個展である「幼き魔女達の宴」(於パラボリカ・ビス)で空間設計を担当したマンタムがショーウインドウのために即興で僅か2時間で作り上げたアッセンブラージュ。

「自動審判機械」
展示スペース右側の額縁。

「ファキイル」
カウンター横の狼。澁澤龍彦『犬狼都市』に描かれている金剛石の中にすむ狼ファキイルを具現化したもの。

「鳥#2」
向かって左側に展示されたボディから首と目玉が伸びている作品。

「オリンピア」
中央の山羊の頭骨とマネキンの下半身。

「魔術師の為の杖」(右上)
ベッドに付けてあった杖。現在製作進行中の寺嶋真理監督の新作のために作られた「魔術師の為の杖」本編では画家でモデルでもある安蘭女子が魔女を熱演。

とりあえずマンタムさんから伺っている作品の情報は以上です。
週明け頃(9/5〜)には追加の作品「虫助」「虫衛門」も届く予定です。(こちらは今の展示作に比べかなり小ぶりな作品です)。"

 まず「鳥#2」について。
 鳥の顔をした、腹に扉、その内部に毛皮と蛇口を持った漆喰の人形。シュヴァンクマイエルへの逆襲展で飾る予定。

 マンタムさんにうかがった物語。
 "世界の果ての話 より「鳥」"
 マンタムさんのHPにある鳥の物語を聴かせていただきました。鳥の来歴と大蟻喰いとの物語の断片。
 人は死ぬと鳥になり空へゆく。その鳥の形態を描いたオブジェ。空で鳥は大蟻食(地上のヒトの暗喩)に喰われる。恐竜の末裔である鳥は生命の最も進化した形態。空を飛ぶということの凄さ。エネルギを100%使い切らないと飛べないはずである、そんな想いを込めた作品とのこと。

 そして素材は、漆喰がちょうどいい重量感と壊れにくいことが利点。

「骨の中の悪魔」
 この作品の物語は、マンタム氏が70年代の実験映画作家の頃に作った30分ほどの8mmフィルム作品が元になっているという。

 硝子は古代、砂漠に落ちた雷で造られるのみであった。そんな時代に硝子に閉じ込められた鮫の脱出劇。
 映画では、冒頭ガラスの粒の山に、カメラが回転しながら寄っていく。
 この映画、観念的なイメージで頭が混乱し、救急車で運ばれた人が二人いた。そしてマンタムさんの骨董店が過去に火事にあい、消失したという幻惑の映像。
 まるで川又千秋のSF『幻詩狩り』か古川日出男の巨大な幻想劇『アラビアの夜の種族』のような映像。

 マンタム氏の話を聞きながら、実写とコマ撮りによる映像が頭の中に再生。
 消失したのが残念でならない、これは本当に幻の究極映像である。

「魔術師の為の杖」
 漫画家 御茶漬海苔氏も出演するという寺嶋真理監督作品の撮影で使われた魔法の杖のオブジェ。

◆その他 うかがった話
・オブジェを作ったきっかけは、元々骨董を扱っていることから、三浦悦子さんの作品のコレクターが人形を載せるベットを問い合わせて来た。骨董市で作品を観てコレクションしてくれた。

・マンタムさんが、物語を作るのは、クッキリしたイメージを持たないとオブジェが決まっていかない。これは実験映画でも心がけていたこと。明確なイメージを観る人に与えたいという。

・パラボリカ・ビスで諸星大二郎の原画展とのコラボを予定している。他の人形作家数人と合同になりそう。

・シュヴァンクマイエルのオブジェに物語はないですね、という私の問いに、シュルレアリスムと物語を予め作るのは相容れない。まさにシュルレアリスムの根幹に関わり、私の質問は愚問でしたw。

・シュヴァンクマイエルはパラボリカへ来る時、よく作品を観てくれているが、作家同士として批評することはない。マンタム氏の物語はたぶんホリイ氏から通訳してもらい聴いているのではないか、ただそれに関するコメントは聞いたことはない。

・Sipkaにも今回初めてお邪魔し、ことり隊長さんと泡さんと話が出来ました。
 また、あぐさんのあのsipkaのトレードマークの人形も触らせていただき、とても濃い時間が持てましたw。

あぐさんの作品の話。今年は恒例の本山のギャラリー アートグラフで展示はないという。残念だけれど来年を楽しみに待ちたい。

◆関連リンク
ガランドウの身体とそれが紡ぎだす夜について | optoo TORQUATA DECO etc... 名古屋のアクセサリーショップ&オンライン・アクセサリーショップ Sipka 公式ブログ
脳ト眼球ノ時代(田村 秋彦(マンタム mantam)さんの公式HP)
夜の衛兵|マンタムさんのブログ

美登利のお人形ブログ
 林美登利さんのBlog。掲載写真がなかなか刺激的。気の弱い方は御注意を。
寺嶋真里 公式サイト:Mari Terashima - Top
 『アリスが落ちた穴の中~Dark Märchen Show!! 』の寺嶋真里監督のHP。まだ新作の情報は掲載されていないようです。
三浦悦子_義躰廃工場_Deserted Factory of GISHIN
夜想bis通販ページ(yaso-peyotl.com)
 マンタム氏のオブジェ作品が掲載されている。

当Blog関連記事
アクセサリー・セレクトショップ・sipka-シプカ- @名古屋大須
感想 『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」
『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.08

■HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイ SONY HMZ-T1

Sony_hmd

『SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1』
世界初 HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイを発売 | プレスリリース | ソニー

"世界初HD有機ELパネル搭載3D対応ヘッドマウントディスプレイHMZ-T1。1280x720解像度0.7型有機ELパネル×2。20m先に750型画面相当。市場推定価格 60,000円前後"

 これは観てみたい!
 "20m先に750型画面相当"。ここから計算すると、4m先で150インチ。これならかなりの迫力が得られるかも。

 どうせ3Dで眼鏡をかけるならこれも有かw。今までも店頭でいくつか試したが不発が多いので見てみないと何とも言えないが…。

 HD画質(720pでフルHDではない)のヘッドマウントディスプレイは、観たことがないので少し期待。有機ELだしw。
 以前のはHDでなく(480p)、荒く画素が観えてたのでNGだったが、720pならもしや化けるかもと少し期待w。(関連リンクに実際に体験された方のレポートを紹介。いまいちみたいですねw)

Sony_hmd_02

The Future of Home Cinema | ヘッドマウントディスプレイ | ソニー
 映像体験のイメージ動画。
 まさにサイバーパンクが家庭にやって来た! ってイメージだ。

◆関連リンク
【本田雅一のAVTrends】超鮮明映像のソニー新HMD「HMZ-T1」を体験 -AV Watch

"(略)「オペラ座の怪人」で主人公クリスティーナが初めて歌うシーンを見たが、映画らしい落ち着いた色彩と丁寧な肌の描写、同社製のハイエンドプロジェクタを思わせ るが、大きく異なる点がある。有り余るほど高い有機ELパネルのコントラストがあるため、スポットライトの輝きなど、白ピークでの眩しさと黒の沈みといった描き分けがより明瞭。諧調表現も黒側がなめらかに描かれ、しっとりと映画的表現と、明瞭な現代的の映像表現の両方を獲得している(略)

 3D映像は720pとなって、素材ごとに異なる細かな3Dならではのディテール感が喪失することを懸念した。おそらくは、実際に左右映像の位相差は(解像度変換のために)表現できていない部分はあるだろう。しかし、パネルコントラストの高さと、原理的に全クロストークが発生しない左右独立の光学回路がもたらすクリアな3D映像は、なかなか愉快なものだ(略)

 しかし、今回の製品は面白い。「クロストークゼロの3D」、「有機ELパネル」の2つのキーワードから久々に商品化された本機だが、過去のヘッドマウントディスプレイの実績から「良くなると言っても、たぶんこのぐらいだろう」という期待値は超えている(略)"

 長文の引用ですが、全文はこの10倍以上あるので興味ある方は是非、リンク先を読んでみて下さい。最初の方でかなり良さげに読めたのだけれど、最後の部分の表現からは、あ、多少は以前よりいいけれど、またヘッドマウントディスプレイの未来は開けていないんだな、と微妙に感じさせる。まさに名文ですね。
ソニー ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1 発表会 - 750型サイズの超迫力! | RBB TODAY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.07

■オブジェ・アーティスト Ron Pippin : ロン・ピピン

Ron_pippinhorz

Ron Pippin(公式HP) Gallery (同HPアーカイブ)
(メトロギャラリー飯田・Metro Gallery:
Ron Pippin のアートオブジェ/生と死・たどり着いた場所の科学
経由)

"The Imagination Of Dr.Ron Pippin(ロン・ピピン博士の想像力) Ron Pippinの想像する作品は、まだ宗教と科学が混濁している世界に帰属しているのではないかと思う。19世紀から20世紀にかけて科学と宗教、または精神世界と物質は分離した。しかしDr.Ron Pippinは永遠と、深く切り刻まれた忘却という時代の傷口をやさしく縫い続けている。そして'生と死’、たった二つの言語で構成された永遠の謎を紡ぎ 続けている。     by metro"

 いつもコメントいただくMetroさん御薦めのロン・ピピンのオブジェ作品を紹介する。
 デカダンな雰囲気の漂う魔術的な世界が開陳されている。

 公式HPの作品群をお楽しみください。関連リンクに示したパノラマ展示もなかなか。

 こんな作家の作品もいつか日本で観られるといいのですが、、、。
 最後に僕が気になった縦型作品wの引用です。

Ron_pippinhorz2

◆関連リンク
パノラマ展示室 (同HP QuickTime VR)
 パノラマでロン・ピピンの作品のバーチャル展示室を眺めることが出来る。グリグリして下さい。
Ron Pippin
 Metro Gallery 飯田さんBlogに掲載されている、この鹿、なかなかサイバーパンク。
メトロギャラリー飯田・Metro Gallery: Ron Pippinのアートオブジェ
 新作「Bestia Mundi」/生と死・たどり着いた場所の科学Ⅱ

「Bestia Mundi」は神話に登場する「夢獣」である。メタマテリアルとの融合は、前作の「Solar Deer・太陽鹿」以上に加速され“生態系の終着点”ともいうべき場所にたどり着いた最高傑作である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.06

■ヤノベケンジ 新作「サン・チャイルド:Sun Child」情報 & トらやんの空飛ぶ方舟大作戦@福島県立美術館レポート紹介

 ヤノベケンジの新作情報がいくつかわかって来たので、ここにまとめる。

◆朝日新聞2011.8/29 ”過去からの予言 ヤノベケンジ(上の引用写真)

110829_11_2

"元気や、がんばろうと思えるモニュメントを制作しています。もう一つ作っているのは実際に除染できる作品です"

 震災後、様々な活動をここでもレポートして来たが、いよいよ本格的な作品が登場するようだ。
 モニュメントと除染装置、いずれも期待したい。

田中洋一(@kochosensei)氏/2011年08月30日 - Twilog

"午後、突然、至誠館ピロティに巨大なロボットが出現。夏休みの間、学生たちがウルトラファクトリーで制作を手伝っていた、ヤノベケンジさんのサン・チャイルドのでかい模型のパーツを組み立てているところだった。そして彼らはその技術を持ってねぶたの制作に取り掛かる。すごいな。"

 という新聞記事の情報を眼にした後、京都造形芸術大学の関係者の方から、このようなつぶやきが!!

 ヤノベケンジの新作は、どうやら巨大ロボット「サン・チャイルド」のようである。
 もしかしたら朝日新聞でヤノベ氏が語った「実際に稼働する放射能除染装置」が巨大ロボット「サン・チャイルド」なのだろうか?
 福島の小学校の校庭に巨大ロボットが屹立し、子供たちが喜ぶ姿が目に浮かぶ(^^)

 しかし新聞を良く読むと、モニュメントが「サン・チャイルド」なのかもしれない。そして、放射能除染作品は別物かも。

生誕100年「人間・岡本太郎」展(後期)

 ヤノベケンジ新作巨大ロボット「サン・チャイルド」はどこで展示されるのだろう。この「人間・岡本太郎」展(後期)にヤノベ氏参加とのことだったので期待したら、既にこちらは「太陽の塔乗っ取り計画 特別版」が出展されていた…。

ULtra Student Today! ー YANOBE PROJECT 2011
 (京都造形芸術大学ULTRA FACTORY)

"そして10/1スケールの模型をもとに、巨大な発砲スチロールを削って形を整えていきます。 毎日 発砲スチロールの粉との格闘です。 ヤノベさんの頭の中に浮かんでいる完成像になるべく近づくように、私たちもイマジネーションを働かせます。 作品自体が巨大なので、作業するときには慎重かつ丁寧に、そして時には 大胆に進めていきます"

 時期的に考えて、この京造の制作現場が、新作巨大ロボット「サン・チャイルド」の建造風景なのでしょう。いくつか写真が掲載されている。

Togetter ヤノベケンジ トらやんの空飛ぶ方舟大作戦@福島県立美術館
  & 新作 サン・チャイルド情報

 福島の会津に御住まいの chem196893さんが2011.8/28に【トらやんの空飛ぶ箱舟大作戦at福島県立美術館】レポートをツイートされています。

 Togetterに一連の状況を引用し、まとめました。このレポートに写真が掲載されていますが、ここに「サン・チャイルド」の模型が写っているという情報をいただきました。

Twitter / @junyahashimoto (福島県美の学芸員 橋本淳也さん)

"@butfilp 遅ればせながら28日(日)のWS「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」の記事を福島県立美術館ブログにアップしました。ミニチュアですが画像に《サン・チャイルド》も写っています。"

「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」 - 福島県立美術館ブログ

"ヤノベさん自ら大型絵本「トらやんの大冒険」の朗読からスタート。 最後のページを読み終えたところで黒幕がはがされ、今回のワークショップのためにヤノベさんが描き下ろしてくれたアナザーエンディングシーンが披露されました!"

 ヤノベファンの皆さん、この「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」の二つのレポート写真から「サン・チャイルド」を探して観て下さい(^^)。

 また紹介させていただいた情報をTogetterでまとめているので、よろしければ時間軸でどのようにツイッターのTLを流れていったか、合わせて御覧下さいw。

 以上twitterの「ヤノベケンジ」検索で見つけた新作情報でした(^^)。
 引用させていただいた皆様、大変、ありがとうございました。

 とここまで週末に書いて記事の自動アップをセットした。
 そうしたら9/5(月)に公式のリリースが! なんと岡本太郎記念館での展示!

Sun_child

ようこそ岡本太郎記念館!
 『 ヤノベケンジ:太陽の子・太郎の子  』

展示期間:2011年10月28日(金)〜2012年2月26日(日)

「TARO100祭に生まれ降りる新作『Sun Child』は魂の喜びを謳いあげる希望のモニュメントである。万博会場の大屋根をぶち抜いてニョキッと顔を出した『太陽の塔』の如く、それは暗雲垂れ込めるこの空に光差し込む入り口を開くのだ。」
         ヤノベケンジ

Twitter / @YoshikuniShirai(Casa BRUTUS 副編集長 白井良邦)さん

"青山の岡本太郎記念館(設計:坂倉準三)に、ヤノベケンジによる6メートルの巨大立体作品「太陽の子(Sun Child)」が出現!"

 その体長は、なんと6m !
 ヤノベ作品としては7.2mの「ジャイアン・トらやん」には及ばないが、この巨大な"太陽の子"が日本にどんな希望をもたらすか、期待して待ちたいと思う。

 上の「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」のリンク先写真には間違いなく、このドローイングの模型造形作品が写っています。

第壱話「BOME氏、襲来」 | 京都造形芸術大学ULTRA FACTORY

"今、ウルトラファクトリーではヤノベプロジェクトで大きな作品を作っています。 そしてアーティストこだわりの質感を出す為に日々実験を行っているのですが、 どうやったら上手く出来るか?ということをボーメさんと話す事ができました"

 そして「太陽の子(Sun Child)」建造中の京都ウルトラ・ファクトリーには応援に海洋堂の宮内専務と造形師ボーメが訪れたという!

◆関連リンク
Uotuki-tsukuyo(@Uotsuki)さん 2011年08月29日 - Twilog

"朝日新聞でいま”過去からの予言”という各メディアで”終末”を描き続けてきた作家へのインタビュー企画を連載している。第一回が筒井康隆氏で、第二回が某図かずお氏。第四回の今日 がヤノベケンジ氏。毎回作家様の言葉が面白く興味深い。ヤノベ氏は現在実際に稼働する除汚機をつくっているそう。"

 朝日新聞 文化欄「過去からの予言」の情報は魚月さんのこのツイートから知りました。第三回が劇作家北村想氏。第五回が『魔法少女 まどか☆マギカ』の 虚淵玄氏。
・朝日新聞 文化欄「過去からの予言」2011年8月22日 第1回 筒井康隆の回に企画主旨。

"がれきとなった暮らしの場、 放射能と隣り合う不安な日々―過去にあって、 今日を見通した小説、 マンガ、 演劇、 美術、 アニメは、どう生み出されたのか。予言的作品の作り手たちを訪ね、かつて彼らの中に浮かんだイメージの源泉をさぐり、いま脳裏に映っている未来像をなぞる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.05

■「岡本太郎 地底の太陽展」@万博記念公園 EXPO’70パビリオン ホワイエ


岡本太郎 地底の太陽展 | 独立行政法人 日本万国博覧会記念機構
( Fashionsnap.com経由)

"期間:10月10日まで 時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
定休日:水曜日(※10月5日は開館)

いま行方不明になっている「地底の太陽」を実寸大立体パネルにして博覧会当時の地下展示空間を再現するほか、大阪では初となる岡本太郎記念館所蔵の「生命の樹」を展示。

「太陽の塔」内部で展示されていた「生命の樹」は、高さ約41m、基根部の直 径が約1mという巨大な樹。生命の進化の過程と無限に流れる生命力を象徴しており、本展では20分の1スケールで再現した模型を大阪初展示する。

関連イベントとして「岡本太郎 アートピースコレクション」のガチャポンが関西初登場。「坐ることを拒否する椅子」、「河童」など、岡本太郎の代表作がミニチュアサイズでリアルに表現されている。"

 これは是非、観に行きたいものです。今年こそ、岡本太郎の太陽の塔も、再見したいし(^^)。

 冒頭は「岡本太郎 地底の太陽展」で展示される「生命の樹」の動画。
 海洋堂制作のようですね(残念ながら海洋堂の公式HPには原型師等の情報はない)。
 '70年万博当時に太陽の塔の地底内部に建造された本物は、ウルトラマンの造形で著名な成田亨氏も参加されたとのこと。
 ここにもアヴァンギャルドとウルトラの血脈がw。

Photo

生誕100年岡本太郎展公式カプセルフィギュア
 岡本太郎アートピースコレクション|株式会社 海洋堂

02

"カプセル玩具販売機 定価:一回400円(税込)
販売元:株式会社NHKプロモーション 種類:全8種"

 あの岡本太郎の作品が、自分の手のひらに!

◆関連リンク
海洋堂『1/350スケール 太陽の塔 ソフトビニール製塗装済み完成モデル』
・岡本太郎生誕100年記念 1/350スケール 「岡本太郎と太陽の塔」(海洋堂)

サイズ : 横180×高さ220mm 原型制作 : 太陽の塔 - 木下隆志 岡本太郎 - 東田万偶斎 商品価格 : 8,500円(税込)

『カプセル「生誕100年 岡本太郎展」会場限定 岡本太郎 アートピースコレクション 全8種セット』
 なんとAmazonではセットで12000円の値が! 400円×8個のはずなのにプレミア!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »