« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »

2011年10月9日 - 2011年10月15日

2011.10.14

■凄い! 3Dハンディカム HDR-TD10 裸眼3D対応 3.5型高解像度液晶モニター と iPhone 3D (^^)

Photo

HDR-TD10 | デジタルビデオカメラ Handycam “ハンディカム”(ソニー)

" 裸眼3D対応の3.5型122.9万ドットの高解像度液晶タッチパネルモニター。

 3D対応液晶モニターには、「視差バリア方式」を採用。左右の目に届く光の方向を分け、両目に左右別の画像を見せることで、裸眼で3D映像を楽しめます。"

 購入してからHDR-TD10のレポートもしていないのだけれど、既に何本か3D動画は紹介した。
3D動画レポート 岡本太郎「若い太陽の塔」@犬山 日本モンキーパーク
3D動画レポート 2011年 中島晴美展@gallery VOICE

 twitterとFacebookでひとりで騒いでいるが(^^;)、3DハンディカムHDR-TD10視差バリア方式裸眼立体視3.5inchモニタは凄い。
 今回は、特筆すべきこの液晶モニタについて書いてみたい。

 視野角は少し頭を動かすと立体感が失われ、画がずれて見える。かなり狭く限定されるが、その視野角で観る立体映像は、たぶんどんなSF映画に出てきたグラスレス3Dディスプレイより生々しい。眼鏡をかけないで良い自然さ、そして視差バリアならではの画面のクリアな明るさ!
 大げさに聴こえるかもしれないが、四角いHDR-TD10の筐体の中に、まるで自分の身の回りの現実がミニチュア化されてアーカイブされたみたいなのである。匣の中の現実。

 解像度の数字で検証しようw。

 HDR-TD10  2562×480=123万ドット。
 AQUOS 3D携帯 960×540= 52万ドット。
 任天堂 3DS   800×240= 19万ドット。
 iPhone4 Retina 960×640= 61万ドット。

 圧倒的だ。iPhoneの網膜ディスプレイの2倍。
 つまり両眼分の高精細を獲得していることになる。

 画面の大きさは、iPhoneと同じ3.5インチ。あの網膜と同じ解像度を実現したとスティーブン・ジョブスがプレゼンした、iPhoneの高精細の映像が両眼分モニタに仕組まれていて、立体視できると思って下さい(^^;)。これをグラスレス3D網膜ディスプレイと呼びましょうw。
 網膜と同じ解像度で、しかも左右両眼分。つまり、人が観ている視覚と同等のものが再現されているわけで、この生々しさも納得がいく(^^)。

 冒頭の写真では、この生々しさは残念ながら伝えられない。
 虫眼鏡で拡大してみたけれど、これもあまり効果がないですねw。こればっかりは生で観ていただくしかない。この匣の中に、うちの究極映像犬がミニチュア化されて閉じ込められているようなのである(大げさww)。

◆高精細ディスプレイの解像度比較
 3DハンディカムHDR-TD10搭載のグラスレス3Dディスプレイについて定量的にさらに詳細に比較するために、各種高精細ディスプレイのインチ当りの解像度(pixel/inch)をグラフ化してみた(^^;)。

 特にここで注目してほしいのは、最新の映像機器として、CEATEC等で華々しくデビューしている4K2Kスーパーハイビジョンモニタとの比較である。

3d_desplay_bench_mark

 最新の4K2Kスーパーハイビジョンモニタに比べても、HDR-TD10のモニタは圧倒的に優れていることがわかった。横方向で約8倍、縦方向で約3倍である。
 他で観たことのない、立体映像の生々しさは、この数字が証明しているw。ま、現時点、3.5インチだからこそ、可能になった高精細なのでしょう。このままの解像度で数十インチの大画面はまだ難しいでしょうね。

◆グラスレス3D網膜ディスプレイの可能性 " iPhone 3D "
 ということで、続けて唐突だけれども、将来のiPhoneの、裸眼3D液晶モニタ搭載の可能性について、妄想をつぶやきますw。

 HDR-TD10搭載のグラスレス3D網膜ディスプレイ(^^;)をiPhoneに積むと何が可能か。
 このディスプレイと3Dカメラを組み合せると、人の網膜がとらえる3Dとかなり近い映像を機器の中に再生できる。さっきから書いてるように、感覚としては手の中に自分の周囲の現実のミニチュアをアーカイブできるw。

 こんなデバイスをAppleが放っておくわけはないと思う(^^)。
 得意のユーザインタフェース技術を組み合せると、あらたな世界が開けると思うのだけれど、、、。
 モニタ側も3Dカメラにして指位置を立体的に把握、空中に浮かぶアイコンや映像物体の操作を可能にする。裸眼立体視網膜ディスプレイの生々しいリアルをハンドリングする未知のUI:ユーザインタフェースの出現(^^)。

 現実をミニチュアとして、アーカイブしたような、手の中の新たな機器になるんじゃなかろうか(^^)。人はその機器の中の自分のリアルを愛でることに…。
 特筆したいのが、視差バリア方式が持つ最大のデメリットである視野角の狭さが、スマートフォン利用という完全にパーソナルな使用用途にベストマッチだということ。持つ人のみにリアルな感覚を伝えられるこのディスプレイの特質が最大限行かせるのではないかと。

 またAppleに関して、以下の情報も以前出てたので、僕はiPhone5で是非実現してほしいのです、iPhone 3Dをw。

アップルが3Dカメラを搭載した「iPod touch」の発売を計画 – ロケットニュース24(β)

"この情報は、アップル社の情報を専門的に扱う「Apple Insider」に3月31日付けで掲載されていたものだ。それによると、アップルは3月の最終週に、米国特許庁に3D画像用のシステムとセンサーの特許 を、すでに出願したという。そして提出した文書には、2つのカメラを搭載した機器の計画が、詳細に書かれていたとのことだ。"

 ということで元記事を探してみました。
Appleが取る3D画像のためのマルチカメラのiPhoneのシステムを模索(Apple Insider Google 翻訳)

"Appleは写真を3Dで撮影し、表示できるように、iPhoneのようなデバイスに2つ以上の後ろ向きカメラやセンサーを追加するという案をおもちゃにしています。"

Meet Siri, Apple's Voice-Activated Personal-Assistant App for the iPhone 4S - YouTube

 そしてもちろん先頃iPhone4Sと同時に発表された"Siri"と3Dとの組み合せは、まさしくナレッジナビゲータになるでしょう(^^)。
 その時にもしかしたら、ジョブズが産み出したもうひとつの偉業Pixerの3D-CG技術がiPhone上で花開くかもしれません。SiriとしてPixerの愛すべきキャラクタたちが、3Dの生々しさで画面上で話しかけてくるとしたら、これはさらなるiPhoneの大きな革新になるんじゃないでしょうか。空中に浮かぶPixer製Siri !

 ということで、立体視オタクの戯れ言でした。
 ハイビジョンハンディカムを買った時も似たようなこと(リアルが我が手にw)をつぶやいてたので、あまり信じないで下さいw。

◆関連リンク
 この立体視モニタを開発した開発陣によるテクノロジー紹介を是非読みたいのですが、残念ながら現在、ネットには掲載されていない様です。
 是非、どこかのメディアに御願いしたいものです(僕が直接聴きにいきたいんですが、、、(^^;))。

 以下、上で比較した他のモニタ等、関連情報です。

続きを読む "■凄い! 3Dハンディカム HDR-TD10 裸眼3D対応 3.5型高解像度液晶モニター と iPhone 3D (^^)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.13

■情報 鶴舞ファンタスマゴリア~第1回名古屋野外アンデパンダン映画祭~

Anpan1_110929201

鶴舞ファンタスマゴリア
(Twitter / @awa_des_joursさん経由)

●日程 2011年10月29日(土)
●時間 15:00開場
●場所 鶴舞公園 普選記念壇(名古屋市昭和区鶴舞1丁目)
    最寄り駅:JR中央線鶴舞駅/地下鉄鶴舞線鶴舞駅
※雨天でも開催の予定ですが、屋外ですので天候の悪化、その他の事情により、予告なく上映やトークショーの内容の変更や中止をすることもございますので、御了承ください。
●入場無料
●上映作品
・愛知芸術文化センター制作オリジナル映像作品「アリスが落ちた穴の中~Dark Marchen Show!!」
 トークショー:寺嶋真里(監督)×今野裕一(ぺヨトル工房)
・「MECHANIC&ANGEL」 監督:荒木博志 (オランダ・ハーグ World Wide Video Festival 入選)
※なお、アンデパンダン映画祭として、作品の応募も受け付けております 
●主催 鶴舞ファンタスマゴリア実行委員会
●共催 GALLERIA AMICA
●協力 名古屋シネマテーク、ちくさ正文館、ペヨトル工房、UPLINK
●WEBSITE http://www.geocities.jp/tsurumai_phantasmagoria/
●お問い合わせ tsurumai_phantasmagoria@yahoo.co.jp

 名古屋にてこういったイベントは珍しいので、ご紹介します。
 ぺヨトル工房の今野裕一さんのトーク!! 是非、参加したいのですが、残念ながらこの日は毎年やっている同窓会の日。涙を飲んで、今回、不参加です。参加された方からの情報を御待ちします。

Hp

荒木博志 @Galleria AMICA(公式サイト)
 ここのアトムやオーディオ機器の作品群が素晴らしいです。
 いずれ、どこかで作品の実物を拝見したいものです。

Mechanic& Angelについて

"ストーリーは、奥多摩に住んでいるメカニックのキューピーちゃんと仲間の GOODMAN SPEAKERS(彼らは、奥多摩麻利子天と称して改造スバル1360GTでいつも爆走している。)が、天使を撃墜しようとしているアルファロメオ・モンザに乗った2人の悪魔と戦うという、たわいもない話です。映画によくあるキリスト教にやけに弱い悪魔物や吸血鬼物をちょっとバカにした話になってます。"

◆関連リンク
オランダ国際映画祭入賞作品!!Part2 kewpie puppet animation (Mechanic& Angel) - YouTube

" この人形アニメは荒木博志作「メカニック エンジェル」という完全オリジナル作品で、1990年にオランダのハーグ国際映画祭に入賞した自主制作人形アニメです。
 造形作家で、ステレオセットやモニュメント、眠れるアトムなどを制作しており、その作品の展覧会の際に集客用に作られたもので、人形アニメ作家ではありませ ん。 荒木博志の作品もこのアニメの中に出てきますので、荒木博志のサイトを見てからご覧になられるとより楽しめると思います。"

 確かに書かれているように、掲載されている動画はこれだけ観ると人形アニメとしての完成度は高くはない。でもちゃんとした画質と全篇を観たわけではないので、あまり明言は出来ません。
 使われている造形作品は素晴らしいので、やはり上にリンクした荒木博志 @Galleria AMICAのサイトが御薦めです。
Hiroshi Araki 荒木博志氏(Facebook)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.12

■情報 ヤノベケンジ「Sun Child」と岡本太郎「太陽の塔」の共演!

Sun_child

大阪府/報道発表資料

"「Sun Child」 おおさかカンヴァス推進事業

(高さ6.2mのオブジェ。アーティスト・ヤノベケンジ氏が岡本太郎生誕100年企画展のために制作したもので、本邦初公開です)

展示(予定)期間 10月22日(土曜日)、23日(日曜日)
展示時間帯 9時30分から17時(開園時間に準じます)

※作品の展示にあわせて、アーティスト・ヤノベケンジ氏による作品の説明を行ないます。

  日時  10月22日(土曜日)午前10時から
  場所  万博記念公園太陽の広場内「Sun Child」像前"

 今まで何度か情報をお伝えしたヤノベケンジの新作の公開が決まったようだ。
 もともとは岡本太郎記念館での『 ヤノベケンジ:太陽の子・太郎の子』展(2011年10月28日〜2012年2月26日)の展示品なのだが、いち早くヤノベの地元でそして太郎の塔のある、大阪で先行して公開される。

 ヤノベケンジ公式HP YANOBE KENJI ART WORKSに、最新作《Sun Child》の初公開情報がアップされた。そしてHP冒頭が建造中の《Sun Child》の写真に! リロードすると5枚ほどの画像が楽しめます。
 本記事のトップに引用したのは、その写真の一枚から取り出した《Sun Child》の模型と、岡本太郎《太陽の塔》のツーショット。こんな光景が万博公園の中に出現する。
 これは見逃すわけにはいかないが、果たして、この二日間だけの展示に参加できるのか!?? (この写真引用はまずいかも、と思いつつ、どうしてもどういう情景になるかシミュレーションしてみたくて作成してしまった。問題あれば、御指摘下さい。「太陽の塔」は僕が撮影したHDR写真ですw)

◆関連リンク
10月23日(日)の開催スケジュール | 咲くやこの花芸術祭2011

"大阪旋風プロジェクト特別企画
『大阪観考』のススメ"スペシャルトーク
会場 / 大阪市役所 1F正面玄関ホール
時間 / 13:00~15:00 料金 / 無料
出演 伊藤 存 束芋 松井智惠 森村泰昌 ヤノベケンジ (美術家/『大阪観考』制作者) "

当Blog記事
情報 ヤノベケンジ "サン・チャイルド"& S.R.L(Survival Revival Laboratory)"THE CLOUD TANK PROJECT"
ヤノベケンジ 新作「サン・チャイルド:Sun Child」情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.11

■PV ラナ・デル・レイ「ビデオ・ゲーム」: LANA DEL REY "VIDEO GAMES"

LANA DEL REY-VIDEO GAMES - YouTube
 (中子真治さん Facebook経由)

"Pre-order Video Games/Blue Jeans from iTunes now:
http://bit.ly/LanaiTunes

Lana Del Rey 'Video Games' and 'Blue Jeans' available in the UK from Oct 16th 2011, in the US from Oct 11th 2011, in Germany from Oct 7th 2011 and in the rest of the world from Oct 9th 2011.

In the UK digital and limited edition picture disc vinyl on Stranger
Records. Pre-order limited 7" picture disc vinyl now at
http://bit.ly/LanaVinyl

http://www.lanadelrey.com
http://www.facebook.com/lanadelrey
http://www.myspace.com/lanadelrey"

LANA DEL REY、ブルックリンの街角から世界へ – YES magazines Website

" 新人女性シンガーが急激に人気を集めている。彼女の名はラナ・デル・レイ(本名はリジー・グラント)、NY州北部リジー・グラントに住む24才だ。

 そもそもの始まりは「VIDEO GAMES」と題された曲。この曲は、ナンシー・シナトラを思わせるスモーキーかつハスキーな声で歌われるバラードだった。ビールを飲みながらテレビ・ ゲームに耽り、語りかける彼女を無視する男の歌は、彼女自身の経験から生まれたそうで静かな悲しみがひしひしと伝わってくる。ネット上にアップされるや、 「VIDEO GAMES」はブログ・メディアで一気に火がつき、Pitchforkではベスト・ニュー・トラックに。勢いが衰えぬまま決まったNYとLA、ベルリンと ロンドンでの初ライヴのうち、いち早く発売されたロンドン公演が1時間半でソールド・アウトしてしまったほど。そして、「WIDEO GAMES」のシングルが10月16日にリリース決定、B面「BLUE JEANS」も公開され、バスは高まるばかり。"

 中子真治氏のFacebookでの紹介で、初めてLANA DEL REYを聴いた。
 特にこの"VIDEO GAMES"PVのアンニュイが素晴らしい。

 動画自体は、ホームビデオをつないだもののようだけれど、これがまた非常に歌の雰囲気に合っていて、思わずヘビーローテーションしてしまった。

◆関連リンク
LANA DEL REY-BLUE JEANS - YouTube
 こちらも、アメリカの猥雑と憂鬱と美、印象的なPV。

Lana Del Rey『Video Games: MP3ダウンロード』 (Amazon)
Lana Del Rey『Video Games [7 inch Analog]』(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.10

■3D動画 岡本太郎「若い太陽の塔」@犬山 日本モンキーパーク


岡本太郎「若い太陽の塔」3D動画 - YouTube

 愛知県犬山市の日本モンキーパークに建造された、小山の頂きに建つ高さ26mのアート作品。太陽の顔、金色のたてがみは約7m、巨大なコロナに眼が眩みました(^^;)。猛々しい鬣が素晴らしい。真下から見上げる迫力は格別です。

 動画は、3DハンディカムHDR-TD10にて撮影。よろしければ平行法/交差法で観てやって下さい(^^;)。
 音楽は、Youtubeの編集機能から選択。Youtubeが自動的に尺に合わせて候補を出してくれる音楽、これはとても便利。でもちょっと重い曲を選びすぎたかもw。

 こうした巨大造形物を立体視動画で撮ってみてわかったのは、これだけの高さになると顔までの距離があるため、その立体感はなかなか捉えられないということ。
 やはりステレオ映像には、もっと小さな対象物の方が馴染む様です。
 顔の近くまでカメラが寄れて、あのたてがみをきっちり3Dで撮ってみたいものです(^^;)。

04

 その他、HDR写真他をFacebookのアルバムとして公開しました。こちらもよろしければ、、、。

◆関連リンク
「若い太陽の塔」常時公開 愛知、修復完了し8年ぶり - 47NEWS

" 大阪万博前年の1969年に建設され、大阪の「太陽の塔」の試作ともいわれる高さ26メートルの塔は、一部がはがれ落ちたり、太陽の形をした顔が変色する など老朽化。岡本さんの生誕100年に当たる今年、5月から修復が進められ、顔やその周りの炎を思わせる突起は、建設当初の鮮やかな金色を取り戻した。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »