« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

2011年10月30日 - 2011年11月5日

2011.11.03

■メモ ヨハン・ゲオルグ・ピンゼルJohann Georg PinzelとYoshinori Kanada 金田伊功の立体・激情芸術(^^)

Pinzel_2

Photo

 以前、記事にしたNHK「極上美の饗宴 激情ほとばしる像の秘密 ウクライナ・祈りの彫刻は語る」で紹介されたヨハン・ピンゼルの彫刻と、アニメーター金田伊功の原画の近似について、考えている。
 記事に補足して、まだメモ程度だけれど書いておく。

 ということで、二人の代表作ピンゼル「イサクの犠牲」と金田伊功「銀河旋風ブライガーOP」を比較してみました(上の写真)。
 人物の構図と、顔と体と手の置き方による奥行きの表現。とても似ていると思うけれど、いかがだろう。

 1世紀の時間と、西欧と東洋という距離をおいて、二人の作家がその作品で見事に共鳴していると感じるのは僕だけだろうか。

 まず三次元的な物体の捉え方と、感情表現による人体の描き方が、とても似ている気がする。
 遠近感を強調するための2人の対象人物のレイアウト。
 激情に歪む/颯爽としたアクションで伸びやに跳躍する顔と体。
 一瞬の中に、物理的な奥行きと感情の奥行きを封じ込めているその表現手法は、どちらもとても鮮烈である。

極上 美の饗宴|NHK
【極上 美の饗宴】NHK BSプレミアム

"10月10日(月) 午後9時00分~9時58分 激情ほとばしる像の秘密「ウクライナ・祈りの彫刻は語る」 あまりにも生々しい表情。信じがたいほど誇張された衣装。無名だった彫刻家の作品が、いま注目を集めている。ウクライナで18世紀に活躍したヨハン・ゲオルグ・ピンゼル。過剰なまでの感情表現が見る者を圧倒する"

Dsc00137

 ヨハン・ピンゼム「イサクの犠牲」について、東京芸大 田辺幹之助氏がNHKで語った、下半身と、腰から上、顔の向きと表情が解剖学を逸脱しているという分析。
 
 この表現はそのまま、ピンゼルの作品から金田原画に置き換えても、金田ファンとっては違和感がない。

 先日の記事に書いたようにNHKの番組カメラマンの、ピンゼルの作品を撮るカメラワークが、金田伊功を意識したとしか思えない構図をとっていて、今後も金田アニメートとの近似を見つけたら、記事にしてみたい。

 最終的には、今まで書いてきた金田伊功論のようなものと組み合せて、ひとつの文章(論文(^^;))にまとめたいと思うw。乞うご期待!

◆関連リンク
Publisher Michitani 未知谷のホームページ
NHKオンデマンド | 極上美の饗宴 激情ほとばしる像の秘密 「ウクライナ・祈りの彫刻は語る」 こちらで有料だけれど、アーカイブを観ることができます。
本邦初のピンゼル作品集!(片山ふえさんのBlog ムーザの小部屋)

片山 ふえ『オリガと巨匠たち―私のウクライナ紀行』
 こちらの本でウクライナでピンゼルに出会われた衝撃が語られている、とのことです。
ヨハン・ゲオルク・ピンゼル画集『ピンゼル 』(Amazon)
Publisher Michitani 未知谷のホームページ

金田伊功 当Blog関連記事 Google 検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.02

■動画 Alessandro Bavari:アレサンドロ・ババリ "METACHAOS:メタカオス"


METACHAOS - YouTube METACHAOS on Vimeo
(メトロギャラリー飯田・Metro Galleryさん: Alessandro Bavari METACHAOS シュール映像の衝撃!経由)

"イタリア・ローマ生まれ1963年生の芸術家 15歳にてフォトモンタージュを作成後、ローマの美術アカデミーにて、映像・写真・美術史を学ぶ。 特に実験写真印刷技術を模索しながら、独自のアートスタイルを確立する。詩的でシュールに溢れだすイメージの洪水には圧巻! 久々に衝撃を受けた映像作品です。飾り立てた言葉や言語以前に是非ご覧下さい。"

 Metroさんが書かれているように、何はともあれ、この衝撃の映像を可能な限り大音響でまずは観てください。
 8分28秒、ネットで観るには少々長い動画だけれど、観終わった時に貴方の脳は貴方の体を離れw、異常な世界に茫然と佇んでいることでしょう(^^;)。

 灰色にくすんだ3D-CGと磁性流体が、ポーランドの孤高の幻想の巨人ズジスワフ・ベクシンスキーの絵画を、超高速でシュールな映像に変貌させたような、素晴らしくオリジナリティに溢れた映像!

 ベクシンスキーの悪夢と同質な幻想空間であり、塚本晋也『鉄男』的な感性も、流入してそうな異界の映像。

 特に、この動画のクライマックスが素晴らしい。
 庵野秀明が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で目指すシュール映像の、さらに極北って感じ。庵野監督にこれを観せたら、対抗心で『ヱヴァ:Q』は公開延期になるかもしれないw。

Alessandro Bavari - Metachaos.  (公式HP) 

"Duration: min. 8:27 Original format: Pal Widescreen 1050x576
Progressive Alessandro Bavari: Camera Tremula 1, Noise Melange, XYZ Ocula Depth Fulvio Sturniolo: Camera Tremula 2 Jeff Ensign aka Evolution Noise Slave: Sonic Harmonium

the Golden Nica at Prix Ars Electronica, Austria.
Best Experimental Film at the Stortford Film Festival, Stortford, U.K.
the Special Award IED Madrid at the  Skepto International Film Festival.
"Best Direction Prize" at the  Cinemavvenire Video Festival.
the 1° Prize Art Lab at the Festival Internazionale del Cinema d'Arte."

 こちらの公式HPには、スチル写真とともに、このフィルムの受賞歴が記されている。
 上の引用にあるように、5つのフィルムフェスティバルで賞を獲得している。(またもう一本の作品"Alessandro Bavari - headcleaner"は映像の習作という感じだけれど、こちらも見逃せない。)

 この"METACHAOS"の凄い映像、どこかでいつかスクリーンにて鑑賞したいものである。

◆関連リンク
Alessandro Bavari Facebook
 このフィルムの監督Alessandro Bavari:アレサンドロ・バーバリ氏にFacebookで友達申請したらさっそく承認! これぞFBの醍醐味。
Alessandro Bavari(Amazon)
 幻想イラスト集とかに収録されている様です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.11.01

■ディヴィッド・リンチ:David Lynch アルバム『気違いピエロの時間:Crazy Clown Time』PV

David Lynch - Pinky's Dream - YouTube.

Pinky's Dream is the first track from Crazy Clown Time, the debut album from David Lynch. Available from Sunday Best Recordings worldwide on November 7 / USA November 8 on Sunday Best Recordings[PIAS] America. To PRE ORDER please visit here: http://davidlynch.com/

 いよいよ11/2に発売されるデイヴィッド・リンチ監督 初ソロアルバム"Crazy Clown Time:クレイジー・クラウン・タイム"。収録曲が先週から一曲づつ、PVとしてYoutubeに上げられているので紹介する。
 PVの映像は、リンチ自身のものなのか、他のアーティストのものなのかわからないが、ほぼ静止画と文字で表現された映像が、曲のムードにマッチして、なかなかの味わい。


David Lynch - Noah's Ark - YouTube


David Lynch - So Glad - YouTube

 特に良いのが、最初に掲載した"Pinky's Dream"。
 ボーカルの女性は『かいじゅうたちのいるところ』のサントラを歌ってたKaren Oなんです。これはすきな声(^^;)。

Karen O & The Kids - All Is Love (Where The Wild Things Are) - YouTube
Karen O and the Kids "Worried Shoes"
 これら二曲、『かいじゅうたちのいるところ』のカレン・Oのサントラ曲。
 後者の映画から離れたオリジナル映像のPVも素晴らしい。

カレンO - Wikipedia
 そうかスパイク・ジョーンズの元彼女なんですね。

 そしてディヴィッド・フィンチャー『ドラゴン・タトゥーの女』特報の歌もKaren O!
 Karen Oは二人のディヴィッドの歌姫なんだ(^^;)
 ちなみに予告篇はこちら。

◆関連リンク
Karen Oのヤーヤーヤーズでのパンクな姿All Is Loveとの落差がたまりませんw。
David Lynch - Crazy Clown Time(http://davidlynch.com/)
映画監督のDAVID LYNCH、初フル・アルバムにKAREN Oをフィーチャー - TOWER RECORDS ONLINE.

"ヤー・ヤー・ヤーズのカレン・Oがゲスト・ヴォーカルで参加した“Pinky's Dream”を含む全14曲が収録"

David Lynch『Crazy Clown Time』輸入版
David Lynch『Crazy Clown Time [Analog]』輸入版

・当Blog記事
 デイヴィッド・リンチ監督 初ソロアルバム"Crazy Clown Time:気違いピエロの時間" 今秋発売

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.10.31

■情報 Anish Kapoor:アニッシュ・カプーア "Leviathan:レヴィアタン" at Grand Palais Paris


Anish Kapoor: Leviathan at Grand Palais Paris - YouTube. 写真

"For Monumenta 2011 in Paris / France, internationally renowned artist Anish Kapoor has created a truly monumental work called Leviathan. Kapoor created a space within the space of the Grand Palais."

 Anish Kapoorの巨大造形物 "Monumenta"。
 今年6月にパリで展示されていた巨大造形物。この作品のスケールが凄い。
 タイトル「Leviathan:レヴィアタン」は英語読みでは、もちろん「リヴァイアサン」、そうあの海の怪物のことである。

レヴィアタン - Wikipedia

"原義から転じて、単に大きな怪物や生き物を意味する言葉でもある。また、未加工の羊毛を洗う装置のことも意味する。「ねじれた」「渦を巻いた」という意味のヘブライ語 liwjatan が語源との説がある。"

 ヘブライ語の「渦を巻いた」を語源としているという海の怪物を、このアーティストは、1900年のパリ万博万国博覧会のために建てられたグラン・パレの広大な展示会場いっぱいの大きさで、紫の巨大のうねる球体として表現した。

 蟻のように見える人間との対比が圧倒的。

 

 高さ30m、長さ100mとのことだけれど、高さだけで言えば「太陽の塔」の半分だが、これだけ巨大なものを屋内にみっしりと収納することで、さらに大きさが際立って感じられる
 こんなものの実物を、是非どこかで体感してみたいものであるw。

◆関連リンク
Monumenta 2011 au Grand Palais - Anish Kapoor(公式HP)
フランスアート界底辺日記さん

"インド人アーティストアニッシュ カプーア。 彼のことをインド人アーティストって書くとなんだか不思議な感じ。彼は国籍を全く全面に押し出さずにアートマーケットでもアート界でも成功して世界的に有名。 やっぱり思い出すのはロンドンのテートモダン、タービンホールでの巨大作品。"

Anish Kapoor, Jean de Loisy, Peter Lindbergh『Monumenta 2011』
[iPad]Anish Kapoor, Monumenta 2011. L'e-album de l'év... 
 iPad用 電子書籍版アプリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »