« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »

2011年1月30日 - 2011年2月5日

2011.02.04

■Oldrich Lipský『Adéla ještě nevečeřela : Adela hasn't had her dinner yet』ヤン・シュヴァンクマイエル担当シーン

YouTube - Адела ещё не ужинала\Adéla jeste nevecerela
 Twitter / @AKIRA/アキラさん経由

"映画『Adéla ještě nevečeřela』。特撮は、あのヤン・シュヴァンクマイエルが担当。彼らしい独特の動きが。"

 Twitter / @AKIRA/アキラさん

"世界的なNYの探偵が、犬一匹が姿を消したという難事件(笑)に挑む作品。19世紀初頭ぐらいのプラハが舞台。 したがってチェコという国名は出てこなかったような。"

 Youtubeの動画をまず観てほしい。
 アキラさんに教示いただいたヤン・シュヴァンクマイエルの担当シーンの抜粋。

 人食い植物の赤い鮮烈な映像が、エヴァ•シュバンクマイエロバーのあの色彩の絵がそのまま動き出したようで、素晴らしい(^^)。
 シュヴァンクマイエルのwikipediaでも触れられていない貴重な映像である。
 アキラさんによると、この映画全篇は、チェコセンターで観られるようである。

◆関連リンク
Twitter / @AKIRA/アキラさん

"オルドジヒ・リプスキー監督『Adéla ještě nevečeřela』(1977年制作)チェコセンター@広尾。古き良き社会主義時代に制作され、チェコの人はタイトルを聞いただけで笑ってしまうとい うコメディ映画。細かいギャグがとてもよく、センス・オブ・ワンダーが光る。"

Adéla jeste nevecerela (1978) - IMDb
Jan Svankmajer - IMDb
 ここには、Adéla jeste nevecerela (animator)としてクレジットされてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.03

■Hideaki Anno " Evangelion 2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE" Movie Trailers

Eva_2_poster

Evangelion 2.0 - Movie Trailers(Apple)

"Now, as the onslaught of the bizarre, monstrous Angels escalates, they find their burden shared by two new Eva pilots: the fiery Asuka and the mysterious Mari. In this thrilling new experience for fans of giant robot action, the young pilots fight desperately to save mankind - and struggle to save themselves."

 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』アメリカ版予告篇。クライマックスの映像も含め、アクションシーンを前面に出し、短いカットをテンポよくつなげたクールな編集。11.1/21公開スタート。

アメリカ版レビュー
 オリジナルの日本語音声/音楽による公開を喜んでるw。
 ざっと読むと、あの奇想映像についてのコメントは、ほとんどない。
 ハリウッド・アクションでは未だかつて観たこともない、あの生物融解的(w?)なアクションと、シュルレアルな使徒映像について、米国でどんな評価がなされるのか、凄く気になる。

Evangelion: 2.0 You Can (Not) Advance - downtown independent.

"Time: January 28, 2011 at 6pm to February 3, 2011 at 7pm Location: Downtown Independent Street: 251 S Main St. City/Town: Los Angeles"

 ロスでは、1/28〜2/3までの一週間だけの公開なんですね。
 米在住の究極映像ファンの方からの感想をお待ちします(^^)

◆関連リンク 当Blog記事
ネタばれ感想 庵野秀明総監督 摩砂雪;鶴巻和哉監督『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破  YOU CAN(NOT) ADVANCE.』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.02

■ジェームズ・キャメロン監督ら開発の3Dカメラ、火星探査車「キュリオシティ」に搭載

Mastcam100_cbhorz

NASA公式HP カメラの紹介記事
ジェームズ・キャメロン、火星探査3Dカメラを開発 : 映画ニュース - 映画.com

"キャメロン監督が開発する3Dカメラは2011年、火星に向けて打ち上げられる探査車「キュリオシティ」に搭載される。

キャメロン監督は同カメラ開発プロジェクトの共同研究員に名を連ねることに。現在、サンディエゴを拠点とするマリン・スペース・サイエンス・システム社で、急ピッチで開発が行われている"

 @melonVFXさん のつぶやきで思い出したキャメロンの3DカメラNasa共同開発。記事にしてなかったのでまとめてみた。
 11年11-12月打上げられる火星探査車「キュリオシティ」に搭載され火星で運用される予定。

 冒頭はNASAのページからの引用写真なのだけれど、大きさは横のスイスのアーミーナイフ(88.9mm)と比べるとわかるが、全長が300mm弱。レンズは34 mm and 100 mm。

 このステレオカメラでどんな動画が火星からダウンリンクされてくるか、とても楽しみである。実はtwitterを1/28にはじめたきゃメロン監督に無謀にも「どんな火星の風景を撮りたいか」と尋ねてみたのだけれど、残念ながら答えてはもらえなかった(^^;;)。

◆火星探査車「キュリオシティ」: NASA's next Mars rover Curiosity
 着陸は従来のエアバッグからスカイ・クレーン:Sky Craneという方式に変更される。実験の動画を観ると、ロケットでホバリングして、ワイヤで探査車が降ろされる情景は、まるでサンダーバード1号だ!!
 YouTube - CURIOSITY - Meet Nasa's New Mars Rover
 ミッションのCG映像。ここでスカイ・クレーンの火星でのイメージ映像が観られる。

◆関連リンク Malin Space Science Systems社
Space Cameras - Malin Space Science Systems
 数々の宇宙機器用カメラ
Malin Space Science Systems - Mars Science Laboratory (MSL) Combined Mastcam, MAHLI, MARDI Science Team.

"James Cameron
  Videodocumentation, traverse science"

 プロジェクトでのジェームス・キャメロンの役割が書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.01

■入江悠監督『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』製作中!

Photo

映画『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』(公式HP)
『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』: 作品情報

"  物語は、神聖かまってちゃんのリスナー及び、周辺スタッフ目線で描かれるオリジナルストーリーとなる。『SR サイタマノラッパー』でヒップホップの初期衝動を描いた入江悠が挑む、ロックの初期衝動。別名異色の青春映画がここに誕生する。
 尚、現時点での正式タイトル及び、神聖かまってちゃんのメンバー以外の出演者は未定。仮タイトルを『劇場版・神聖かまってちゃん』として1月下旬にクランクイン、3月下旬の完成&電撃的な先行公開を予定。
 神聖かまってちゃん自身によるニコニコ動画やUSTREAMを駆使しての縦横無尽な配信はもちろん、未 だかつて無いインタラクティブな宣伝展開も予定。"

劇場情報

"ポレポレ東中野/3月下旬予定、先行レイトショー
下北沢トリウッド/3月下旬予定、先行レイトショー"

Twitter / @坂本雅司さん

"製作・CGで参加する「劇場版神聖かまってちゃん(仮)」いよいよ本格始動!"

 昨日紹介した『アトムの足音が聞こえる』を製作されたシネグリーオの坂本さんの上記ツィートで知った映画『劇場版・神聖かまってちゃん(仮)』。トップの画像は公式HPの写真を引用したものだが、このインパクトは凄い(^^;)

 なにしろ素晴らしいのが、このタイトル。(仮)だそうだけれど、是非本当にこれをタイトルにしてほしい。インディーズでニコ動、Youtubeから出てきた神聖かまってちゃんには何故だか、ピッタリのタイトルだと思うのは、僕だけではないはず。
 そしてCGと競演し、大画面に炸裂する♪ロックンロールは鳴り止まないっ♪
 これは期待の映画です!
 実は恥ずかしながら、入江悠監督『SR サイタマノラッパー』は未見なのだけれど、高評価の映画だけに、この監督による神聖かまってちゃんがスクリーンに登場するのは の子 ファンとしてとても嬉しい!

◆ドキュメンタリー松江哲明監督『極私的神聖かまってちゃん』
SPACE SHOWER TV.COM|SPECIAL PROGRAM スペシャルプログラム|極私的神聖かまってちゃん

"初回放送:1/26(水)22:00〜23:00
リピート:1/29(土)25:00〜、2/4(金)24:00〜、2/10(木)26:30〜

「ごく個人的な」かまってちゃんへの想いを通じて映し出すドキュメンタリー番組をオンエアします。手掛けるのは「ライブテープ」「童貞。をプロデュース」「あんにょん由美香」等で話題のドキュメンタリー映画監督 松江哲明。
出演:神聖かまってちゃん、臼田あさ美、梅佳代、浜田ブリトニー、ファンの方々 他"

 ドキュメンタリー『極私的神聖かまってちゃん』!凄く観たいんですが、残念ながらCATVが観られません!

ドキュメンタリー番組『極私的神聖かまってちゃん』公開記念
松江哲明監督へ特別インタヴュー

"PVを観たときこれは広がる映像だと思いました。技術じゃないところで、気持ちだけで成立する映像って…かまってちゃんの映像は頭ひとつ抜けている"

◆関連リンク
当Blog記事
神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」
Quick Japan 神聖かまってちゃん特集
Twitter
BP@究極映像研(@butfilp)/「神聖かまってちゃん」関連 - Twilog

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.01.31

■シネグリーオ製作・冨永昌敬監督『アトムの足音が聞こえる』試写会プレゼント

11012901

映画『アトムの足音が聞こえる』公式HP
cinegriot

“ この世ならざる音”を探し求める、一人の男の生き様を見つめる ドキュメンタリー映画。
 1963年、「鉄腕アトム」の放映がスタート。
 ブラウン管の中を元気に動き回るその小さなロボットの足音は、無機質な金属音ではなく“ぴょこぴょこ”と愛らしく響いていました。
 本作は、この一度聞いたら忘れることの出来ない“未来”の音を生み出した音響デザイナー・大野松雄の軌跡を描いたドキュメンタリーです(略)
 その波乱の人生を追うのは、『乱暴と待機』『パンドラの匣』の 冨永昌敬監督。
 2011年5月 ユーロスペースほか全国順次公開"

 TVアニメ『鉄腕アトム』で忘れられないあのアトムの音を作った音響監督・大野松雄氏を撮ったドキュメンタリー。
 アニメのアトムで育った我々世代にとっては、郷愁以上に、大野氏の創造した音は未来の感覚と密接に結びついている。
 今でもあの音を聴くと、当時の夢の21世紀の息吹を感じるような気持ちになるのは僕だけだろうか(^^;)。

Twitter / @坂本雅司さん

"@butfilp はじめまして。初代アトムのアニメの音響デザイナー映画「アトムの足音が聞こえる」を製作しました。よろしければ試写状をお送りしたいのですが。シネグリーオ坂本"

 この映画の企画・プロデュースを務めたシネグリーオの坂本雅司さんから、twitterでこの映画の試写会の券を5枚いただいたので、本Blogで希望者の方にプレゼントさせていただきます。

11012902

 『アトムの足音が聞こえる』試写会は、上にある通り、映画美学校試写室(渋谷) 2/15(火)13:00, 3/4(金)15:30。京橋テアトル試写室(中央区) 3/17(木)13:00、4/5(火)15:30の予定。試写状で好きな日に参加できるので、いずれかの日程で参加できる方を募ります。
 観た後に、この記事へのコメントで簡単でもいいので、感想を書いていただくことを応募条件とさせて下さい(^^;)。試写に僕も行ければいいのですが、何しろ東海地区在住ではこの日程での参加は残念ながら無理です。なので感想を教えていただければ幸い。
 応募はメールで「アトム試写希望」とだけ書いて、以下のアドレスまで。
  butfilp@i.ソフトバンク.jp (ソフトバンクは英語に置換下さい)
 締切は2/5(土)まで。応募が多ければ抽選とさせていただきます。
 当選者にメールで連絡、本名と送付先を教えていただく形にしたいと思います。
 奮って御応募下さい!!

※このような試写状のプレゼントは、他の映画でも上記メールへ提案いただければ、随時実施したいと思います。映画関係社の皆さん、もしご覧になっていたら、よろしくお願いします。ただの個人blogではありますが、、、(^^;)。
 できれば僕も参加できる名古屋の試写会をお願いしますorz。

◆関連リンク
・『アトムの足音が聞こえる』紹介記事
 シネマトゥデイ Yahoo!ニュース配信
シネグリーオでは『劇場版神聖かまってちゃん』という魅力的な映画を作られていて、注目です!! (詳細は明日の記事を参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »