« ■感想(2) 「館長庵野秀明 特撮博物館」 ミニチュア特撮の未来 | トップページ | ■動画 館長 庵野秀明 特撮博物館 〜ミニチュアで見る昭和平成の技〜 3D:立体動画 »

2012.07.27

■情報 青森県立美術館「Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語」「没後10年特集展示:成田亨」

Art_and_air_chirashi

Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語 | 青森県立美術館

"12年7月21日(土)− 9月 17日(月•祝)
休館日: 会期中無休
開館時間: 9:00-18:00(入館は17:30まで)
 空を見上げる...神話の時代から続く飛翔の夢、大空への挑戦と挫折の歴史。 空から見下ろす...俯瞰の視点に込められた人間の意識。 空と飛行機が織りなす、豊かな物語の数々。 飛行機のフォルム、メカニズムの魅力とそこに投影された人々の欲望。 そして、「空をとぶこと」の意味。 それまで地上を移動することしかできなかった人間の思考や感覚は、空にあがることでどのように変化したのでしょうか。 本展は、「空」と「飛行機」をモチーフとした様々な作品、資料をとおして、20世紀という時代の社会性や、現代に生きる我々人間の精神性を考察する文化史展です"

没後10年特集展示:成田亨 ほか | 青森県立美術館

"没後10年特集展示:成田亨 ほか 2012年7月14日(土) - 10月3日(水)"

 成田亨所蔵作品リスト | 青森県立美術館

"彫刻家・成田亨による「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」に登場するヒーローやメカ、怪獣、宇宙人のデザイン原画計189点を、平成11年度に一括して収集しました。 青森県出身のアーティストが手がけた仕事であることに加え、現代日本文化を代表するモチーフであること、さらにはそのデザインの理念に高い芸術性が読みとれることから、美術館のコレクションとしました"

 没後10年特集展示成田亨の展示作業も進んでいます♫ | 青森県立美術館Blog

"今回は、 青森県立美術館の成田亨コレクション、「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」に登場するヒーロー、怪獣、宇宙人のデザイン原画を、過去最 大規模で公開するとともに、油彩画、彫刻や、「突撃ヒューマン」の貴重な資料なども展示!これは見応えがあります!"

 特撮造形美術の成田亨さんの記念展と、「空」と「飛行機」の展示が合わせて開催されている青森県立美術館の御紹介。
 Blogに成田亨作品展示の写真掲載されていて、様子が少し伺えます。

 美術と特撮の関係を紐解くのに、成田亨さんの存在は欠かせないと思うので、そうした方面の関心がある方には、興味深い展示会なのではないかと考えます。

 僕は遠方で行けませんが、御近くの方は是非に。

◆関連リンク
当Blog関連記事
■感想 成田亨『特撮と怪獣 わが造形美術』『特撮美術論』

|

« ■感想(2) 「館長庵野秀明 特撮博物館」 ミニチュア特撮の未来 | トップページ | ■動画 館長 庵野秀明 特撮博物館 〜ミニチュアで見る昭和平成の技〜 3D:立体動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/55252118

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 青森県立美術館「Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語」「没後10年特集展示:成田亨」:

« ■感想(2) 「館長庵野秀明 特撮博物館」 ミニチュア特撮の未来 | トップページ | ■動画 館長 庵野秀明 特撮博物館 〜ミニチュアで見る昭和平成の技〜 3D:立体動画 »