« ■情報 テリー・ギリアム監督 新作SF『Zero Theorem:ゼロの定理』Terry Gilliam | トップページ | ■ネタバレ感想 伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』: The Empire of Corpses »

2012.08.27

■情報 『月世界旅行』&『メリエスの素晴らしき映画魔術』

Photo

月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術オフィシャルHP
予告編 - YouTube
メリエスの素晴らしき映画魔術

"監督: セルジュ・ブルンバーグ/エリック・ランジ

出演: トム・ハンクス/コスタ=ガブラス/ジャン=ピエール・ジュネ/ミシェル・ゴンドリー/ミシェル・アザナビシウス/ジョルジュ・メリエス

製作年: 2011年、製作国: フランス、配給: エスパース・サロウ、上映時間: 63分

2012年8月 25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される『メリエスの素晴らしき映画魔術』は、映画創世記に誰よりも映画を愛し、その可能性を追求し た­ジョルジュ・メリエスの成功と挫折の人生を、彼が生きた時代背景と共に追っていくドキュメンタリー。偶然見つかった『月世界旅行』幻のカラーフィルムのリストア作業全工程­と、トム・ハンクス、ミシェル・ゴンドリー、ジャンピエール・ジュネ等へのインタビューを通して、今もなお多くの映画人を魅了しているメリエスの映画魔術に迫る。また、劇­中のリストア作業によって完全復刻した『月世界旅行』カラーバージョンの同時上映も決定!"

 特撮映画の元祖、あのジョルジュ・メリエスのドキュメンタリーと名作『月世界旅行』のカラーバージョンが劇場公開。順次全国へ巡回という事です。

 予告篇で描かれた修復の様子、なぜか涙腺が緩みます。
 やはりフィルムの持つ魅力というのは、抗いがたく我々映画ファンの中に根付いているのを実感。メリエスの魂は脈々と現代に息づいている。

 ◆関連リンク
George Melies『A Trip to the Moon Restored (Limited Edition, Steelbook) [Blu-ray]』
 Facebookで氷川竜介さんに教えて頂いた修復版ブルーレイ(日本のAmazonでも購入できるようです)。
 今年の春に発売されていました。これも今年劇場公開された某作品の影響でしょうか。
・修復に20年 映画「月世界旅行」110年を経てメリエス監督自身の彩色で復活!! | DDN JAPAN

"いまは亡きメリエス監督自身による手塗りのフィルムが1993年にカタルーニャ州で発見され、そこから20年という歳月を修復にかけ完成。音楽はダフト・パ ンクと共にフランスのエレクトロシーンを代表する エール(Air)が手がけた。カンヌ映画祭でも話題になったこの作品が、来る2月にDVDとして発売されます"

|

« ■情報 テリー・ギリアム監督 新作SF『Zero Theorem:ゼロの定理』Terry Gilliam | トップページ | ■ネタバレ感想 伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』: The Empire of Corpses »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/55501657

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 『月世界旅行』&『メリエスの素晴らしき映画魔術』:

« ■情報 テリー・ギリアム監督 新作SF『Zero Theorem:ゼロの定理』Terry Gilliam | トップページ | ■ネタバレ感想 伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』: The Empire of Corpses »