« ■感想(後半ネタバレ) 庵野秀明総監督・脚本、摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉監督『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 | トップページ | ■感想1 個展『デヴィッド・リンチ展 ~暴力と静寂に棲むカオス』(DAVID LYNCH "CHAOS THEORY OF VIOLENCE AND SILENCE") »

2012.11.21

■情報 デイヴィッド・リンチのドンペリニオンキャンペーンの日本語PV & "デヴィッド・リンチ展~暴力とDavid Lynch T 静寂に棲むカオス" Tシャツ


David Lynch Launches Dom Pérignon Limited Edition in Japan - YouTube

 デイヴィッド・リンチのドンペリニオンキャンペーンの日本語PV。リンチの日本語と英語によるメッセージが聴けます。

  "日本の人々は、芸術的感覚を持ち、成し遂げる物事は、全て深く知的なほど美しい。特に張りつめた緊張感、テンションが非常に美しい。"
 
 日本人への応援メッセージが美しい(^^)。

新たな出会い、新たなミステリー──デヴィッド・リンチ×ドン ペリニヨン « GQ JAPAN

"ドン ペリニヨンのジェロボアム ボトル(3L)の前にたたずむデヴィッド・リンチ。こちらはブラン、ロゼ、それぞれ世界限定10 本のみの貴重品。リンチが会場で記した直筆サイン入りで、日本ではブランのみ1本入荷。

リンチのデザインによるギフトボックスとボトルは、今冬だけの特別限定品 
ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003(ブラン)¥21,000、ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2000 ¥43,050 で登場。ボトルもリンチのデザイン、ギフトボックスにはリンチのサインが光る。(※写真はロゼ)
公式サイト"

 生のサイン入りは、10本限定。誰が手に入れたのでしょう。 
 そして我々ファンにもなんとか手の届く値段で、リンチデザイン品が売られている。僕は残念ながら下戸なので、この価値はわからないと思うので、ポチりませんでしたw。

David_lynch_t

 

関連情報|ラフォーレミュージアム原宿 イベント情報|デヴィッド・リンチ展~暴力と静寂に棲むカオス|株式会社ラップネット

"クールネックTシャツ 3,675円(税込)
<展覧会オリジナル> カラー:オートミール
サイズ:XS S M L"

 デイヴィッド・リンチのTシャツ。
 マイティマウスTが特に欲しいです。(上の引用値段はそのマイティTのものw)

 今週も申し訳ないですが、休日出勤とかヱヴァQとかいろいろあって、土日に時間が取れなくて、手抜きですみませんw。

◆関連リンク
“デビッド・リンチ”デザインのドンペリ2種類、数量限定で発売 : 映画ニュース - 映画.com

"「ドンペリニヨンヴィンテージ 2003」はブルー、「ドンペリニヨンロゼ ヴィンテージ 2000」はパープルを基調に、ボトル前面にメタリックのシールドを施した。ギフトボックスはSF世界をイメージした幻想的な模様に、リンチ監督のサイン が浮かび上がる。販売価格は「ドンペリニヨンヴィンテージ 2003」が2万1000円(税込み)、「ドンペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2000」が4万3050円(税込み)"

|

« ■感想(後半ネタバレ) 庵野秀明総監督・脚本、摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉監督『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 | トップページ | ■感想1 個展『デヴィッド・リンチ展 ~暴力と静寂に棲むカオス』(DAVID LYNCH "CHAOS THEORY OF VIOLENCE AND SILENCE") »

コメント

 あんまりようさん、こんばんは。

>>グッズ、Tシャツは既にサイズがSとMしかありませんでした(後でまた入荷するかな?)。トートバッグは殆どバッチ目当てに(笑)購入。

 昨日はグッズはポストカードだけ、おまけに図録が入場時数冊あったので油断してたら、退場時点で売り切れていて残念ながら入手出来ず、予約だけして帰ってきました。

>>数カ所のモニター、TVで上映されていた短編は創作意欲を刺激してくれました。

 あの不条理感は、独特ですね。
 そしていずれも手作り感満載で、手軽に撮っているところが興味深い。
 僕も作ることはないと思うのですが、自分の周りの人の顔を思い浮かべて、あの人とこの人を組み合わせて撮れば、不条理フィルムが撮れるかも、、、とか妄想しながら観てました(^^;)。

投稿: BP(あんまりようさんへ) | 2012.11.26 20:16

 シェリリンさん、はじめまして。
 いつもリンチ記事を見て下さり、ありがとうございます。

>>展覧会、行かれないのは本当にもったいないです。

 実は我慢出来ずに、昨日行ってきました!
 東北へ行く用事があり、その帰りに無理矢理2時間、リンチの空間に浸ってきました(^^;)。

>>展示内容はもちろん、展示方法も素晴らしいです。リンチ監督の世界そのままを表現してくれてます。

 大阪のsixでの展示も関係されていましたが、飯田高誉氏が今回監修されているので、絵画と併設して映像作品を映し出すという同等の形態になったのかもしれませんね。

>>こんなに贅沢な時間はありません。5時間いても去るのが心残りでした。

 昨日は3連休の一日ということで、かなり混んでいて、その空間に一人だけになる瞬間はほとんどありませんでした。
 いずれ感想はアップしますが、4,5mの巨大なリンチの絵画に囲まれて観る"RABBITS"とか最高の時間でした。

>>それにしても新作映画が待ち遠しいですね。

 今回の巨大絵画は、いずれもオブジェが立体的で、まるで彫像作品のような趣もありました。
 次は是非リンチにも立体映画を撮って欲しいと考えるのは、僕だけでしょうかw。

投稿: BP(シェリリンさんへ) | 2012.11.26 20:11

グッズ、Tシャツは既にサイズがSとMしかありませんでした(後でまた入荷するかな?)。トートバッグは殆どバッチ目当てに(笑)購入。バッチあんまり出来良くないけど‥‥一昔前のはビニールコーティングないから学生時代から未だに付けて問題ないですがこれは数年経ったら剥がれてしまうんだろうなあ…。数カ所のモニター、TVで上映されていた短編は創作意欲を刺激してくれました。

投稿: あんまりよう | 2012.11.25 10:25

はじめまして。
コメントは初めてなのですが、数年前からお邪魔してます。
数少ないリンチ監督のこと書いてくださる貴重なブログですから有難いです。

展覧会、行かれないのは本当にもったいないです。
sixは地元だったので何度も行くことが出来ましたが、
今回は私も遠征だし、まだ1度しか行けてませんが、来週また行くことにしました。

展示内容はもちろん、展示方法も素晴らしいです。
リンチ監督の世界そのままを表現してくれてます。
混雑ししていないので各展示コーナーで1人でぽつんと見ることが出来る瞬間があって、
あちこちから聞こえてくるショートフィルムのノイズが心地よくって。
こんなに贅沢な時間はありません。
5時間いても去るのが心残りでした。

サインは、LYNCH3プロジェクトで手に入れました。家宝です。
11/30にドンペリのイベントありますね。
行きたいけれど、平日なので応募すらできず諦めました。
それにしても新作映画が待ち遠しいですね。

投稿: シェリリン | 2012.11.23 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/56133359

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 デイヴィッド・リンチのドンペリニオンキャンペーンの日本語PV & "デヴィッド・リンチ展~暴力とDavid Lynch T 静寂に棲むカオス" Tシャツ:

« ■感想(後半ネタバレ) 庵野秀明総監督・脚本、摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉監督『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 | トップページ | ■感想1 個展『デヴィッド・リンチ展 ~暴力と静寂に棲むカオス』(DAVID LYNCH "CHAOS THEORY OF VIOLENCE AND SILENCE") »