« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.17

■新刊メモ マンタム『がらくた から たから: 古道具屋――新たなネウチを生む仕事』

Garakutakaratakaracover

マンタム『がらくた から たから: 古道具屋――新たなネウチを生む仕事』 晶文社公式サイト

"ヤン・シュヴァンクマイエルも足しげく通う あやしい古道具屋主人が誘うモノたちの宝島へようこそ!

SF漫画の鬼才 諸星大二郎氏 推薦!
「マンタム氏は変な人です。面白そうな人です。奇妙な人です。怪しい人です。××××な人です。この人の店や作る作品は、もっと変で、もっと奇妙で、もっと怪しくて、そして悪魔的です。 こういう人の書いた本ですから、変で奇妙で怪しくて面白いに違いありません。 変なハマり方をしても責任は持ちません。」

著者について
 日本一クレイジーな骨董屋「アウトローブラザーズ」の首領。上野青空骨董市役員。
 大阪芸術大学を中退後、アングラ劇団の団長や映画関係の仕事、ストリッパーのマネージャー、AVのカメラマンやAD、緊縛師、カストリ雑誌の編集&ライター、デザイナーなど、職を転々とする。

 その後、ある古道具屋との出会いによって、解体業者を経て、古道具屋となる。以来25年以上、古い医療・実験器具や人体模型、動物の剥製や骨などを扱う変わった古道具屋として、上野・不忍池のほとりで年間100日ほど露天で営業を続けている。
 お店の顧客には、『アリス』などの独特なアニメーション作品で世界的に有名なチェコのヤン・シュヴァンクマイエル監督や、ミュージシャンのつのだ☆ひろ、アルフィーの坂崎幸之助、漫画家の諸星大二郎などがいる。
 また、骨や骨董などの素材を再錬成するオブジェアーティストとしても活発に展示会を開催。A Story(原宿)やSipka(名古屋)などでその作品が販売されている。また、パラボリカ・ビスの企画・運営にも携わっている。Twitter http://twitter.com/mantamu"

 ヴンダーカマーな骨董屋「アウトローブラザーズ」の首領にしてオブジェアーティスト、あのマンタム氏の著作が出版された!
 内容はその驚異のヴンダーカマー、古道具屋さんとしての側面とのこと。
 12/15に発売された新刊であるが、まだ僕は実物を眼にしていないため、詳細な紹介は、読後にまた!

※今週は週末に所用があり、Blog更新は月曜のみとなります。あしからずご了承下さいorz。

◆関連リンク
マンタム『がらくた から たから: 古道具屋――新たなネウチを生む仕事』(Amazon)
脳ト眼球ノ時代(マンタム氏 公式サイト)
マンタム | アクセサリー・Sipka-シプカ- オンラインショップ ネット通販
Mantam マンタムのアクセサリー オブジェの通販|A STORY TOKYO
マンタム「がらくたからたから」出版記念サイン会
 パラボリカ・ビスで、マンタム氏のサイン会が開催されていた。
 2012年12月14日[金]、既に終了したイベントの御紹介、もっと早く情報を掲載出来なくてすみません。

・当Blog マンタムさん関連記事 - Google 検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.13

■情報 ヤノベケンジ氏作品集電子出版(PDFファイル) 『Sun Child Project in Fukushima-208 Drawings-』、作品集『ヤノベケンジ1969‐2005』

121128sc

Sun Child Project in Fukushima-208 Drawings-(PDF)

"編集・テキスト ヤノベケンジ『サン・チャイルド』光臨プロジェクト in 福島現代美術ビエンナーレ2012実行委員会
ページ数 221ページ  サイズ A5版 データサイズ 110MB(高画質印刷対応)  1800円(+税)
※売上げの一部は、2013年3月末まで、ビエンナーレ実行委員会に寄付いたします。

ヤノベケンジがサポーター全員へ特典として合計208枚のドローイングをお贈りしました。今回、多くのサポーターからの要望にお応えし、PDF作品集としてまとめました。"

 以前の記事 情報 "ヤノベケンジ『サン・チャイルド』光臨プロジェクトin福島現代美術ビエンナーレ"のサポーター特典ドローイングにて紹介した『サン・チャイルド』の絵 208枚が一冊の電子書籍として出版された。
 "高画質印刷対応"ということで、かなり解像度の高い画像ファイルとなっているようだ。多様な祈りのこもったヤノベ氏のドローイングを、高解像度デジタルデータとしてモニタ上で確認したいものです。

Yanobework__01

ヤノベケンジ作品集『ヤノベケンジ1969‐2005』(PDF)

"ページ数 159ページ
サイズ 30.4 x 22.2 x 2.8 cm データサイズ 128MB(高画質印刷対応) 1800円(+税)
内容紹介 ヤノベケンジ初の作品集。幼少期に手掛けた作品(1969)にまで遡り、アーティストとしてのデビュー(1990)から「キンダガルテン」展(2005) までの約15年にわたる全作品をオールカラーで掲載。ヤノベケンジの創作活動の軌跡を網羅したマスト本がついにPDFとなって再登場。"

 そして2005年に出版され、現在絶版となっている作品集の電子出版。
 こちらは2005年までのヤノベ作品を網羅して掲載している為、最近ファンになった方にはお薦めです。

◆関連リンク
作品集『ヤノベケンジ1969‐2005』
 既に絶版で、紙の本は中古でしか買えません。12/10現在Amazonマーケットプレイスで¥5749となっている。

◆当Blog記事 関連リンク
■本格的作品集『ヤノベケンジ 1969 - 2005』ついに刊行

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.11

■動画 TVアニメ化 諫山創 原作, 荒木哲郎 監督『進撃の巨人』PV


TVアニメ「進撃の巨人」PV - YouTube

"Published on Dec  8, 2012
TVアニメ「進撃の巨人」第1弾PV。
監督:荒木哲郎、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:浅野恭司、アニメーション制作:WIT STUDIO 制作協力:Production I.G
公式HP: http://shingeki.tv/
公式Twitter: https://twitter.com/anime_shingeki"

『進撃の巨人』原作者・諫山創氏、TVアニメ化に「光栄、リア充」
- 47NEWS(よんななニュース)

"アニメの脚本作りにも参加している諫山氏は「リア充だな」と照れ笑いを見せながら、「原作の画が“アレ”なんで…。アニメ大国・日本のトップレベルの技術でアニメ化してもらえるなんて信じられない。光栄です」と喜んだ。

 作品について「19歳のとき、18禁の名作ゲーム『マブラヴに強く影響を受けて、宇宙人が攻めてきて人類が滅亡寸前というゲームなんですが、滅亡寸前の人類にすごく魅力を感じて、宇宙人を巨人にしたら売れるんじゃないか(笑)」と(略)
 また、巨人の着想は「小学生の頃のトラウマでもある、『地獄先生ぬ~べ~』に出てきた“人食いモナリザ”」だったことも明かした。
(略)
 荒木監督は「諫山さんの想像力ありき。原作が好きな気持ちをフィルムに叩きつけたい。アニメを見た人がやっぱり諫山さんの『進撃の巨人』だと思ってもらえるものが作れたらいいと思う」とお互いをたたえ合った。

WIT STUDIO (Production I.G - Wikipedia)

"2011年のギルティクラウンでは6課が初めてスタジオ名を表記した。6課はその後ウィットスタジオとして独立している。"

 中島哲也監督による2013年以降公開予定の大作実写映画化の発表に続き、2013年春にスタートするTVアニメ化のニュースが公開された。
 制作スタジオのWIT STUDIOは、Production I.Gから独立した"6課"ということらしい。
 PVを観ると、スピーディな立体機動装置の描写と、迫力の「超大型巨人」の映像が映し出され、かなり期待出来るイメージである。
 諫山創氏が自身述べている様に、けして上手い訳ではないあのキャラクターたちの絵。だけれども"アレ"でないとあの異様な迫力が出ない様な気がするのも事実。
 正確なデッサンでなく、何故かいびつに歪んだあのキャラクタと巨人たち。
 気味が悪いと感じる時さえある精神的なひずみを感じるあの諫山創の「進撃の巨人」を映像化できるだろうか。

 PVはスピーディで、爽快感があるが、キャラクタと巨人のデッサンは、どちらかというと通常のアニメキャラクターのように、均整の取れた絵になっている様に思う(一部、主人公の眼の異様な大きさはコピーされているが…)。

 通常のアニメキャラクターの枠組みを破壊して、異様さを獲得出来て、そしてあの(ストーリーテリングも異質な)物語を映像化できたら、かなり特異なアニメ作品らなるだろう。

 TVアニメ『進撃の巨人』にはそんなを観たことのない何か期待したい。

◆当Blog 関連記事
感想 諫山創『進撃の巨人』1~2

" 僕がこれを読んでまず思い出したのがアイスランドのレイキャビックに現れた巨人。"

 とかつて書いたのですが、ルーツは引用にある様に、“人食いモナリザ”だったとのこと。確かに人を喰らうあの口のイメージは似ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.07

■情報 【きっと全て大丈夫 ドン・ハーツフェルトのメランコリックなトリロジー】上映 & DVD『メランコリックな宇宙 ドン・ハーツフェルト作品集』

Don_hertfeldt_trilogy 【きっと全て大丈夫 ドン・ハーツフェルトのメランコリックなトリロジー】上映情報

"上映作品 4作品/合計67分

『きっと全て大丈夫』 EVRYTHING WILL BE OK
  2006年/35ミリ[デジタル版上映]/14分
   サンダンス映画祭短編部門審査員大賞/ネヴァダ市映画祭最優秀賞/ アン・アーバー映画祭最優秀ナラティブ映画賞

『休憩3D』 INTERMISSION IN THE THIRD DIMENSION
   2003年/35ミリ[デジタル版上映]/8分

『あなたは私の誇り』 I AM SO PROUD OF YOU
   2008/35ミリ[デジタル版上映]/22分
   ハンプトンズ国際映画祭「金のヒトデ」賞/ファーゴ映画祭最優秀作品賞・脚本賞/ボストン・インディペンデント映画祭審査員特別賞/ザグレブ国際アニメーション映画祭スペショル・メンション賞他

『なんて素敵な日』 IT'S SUCH A BEAUTIFUL DAY
   2012/35ミリ[デジタル版上映]/23分     ファンタジア映画祭最優秀短編アニメーション賞/ザグレブ世界アニメーション映画祭ゴールデン・ザグレブ賞/オタワ国際アニメーション映画祭観客賞他"

 ドン・ハーツフェルトに関する情報を二つ。
 以下に画像も引用したイメージフォーラムの特設ページが素晴らしいヴィジュアルなので、その御紹介です。

 一つ目は上のリンクにある、イメージフォーラムでの新作上映。
 いまのところ、上映は東京だけのようです。
 なので僕みたいな地方ファンは、下記のDVDを待つしかありません(^^;)。

20121202_84956

イメージフォーラム・ダゲレオ出版/メランコリックな宇宙 ドン・ハーツフェルト作品集

"当サイト(イメージフォーラム)通信販売でDVDをお求めいただくと、もれなく豪華公式パンフレット(80頁/CALF発行)をプレゼント!"

"2012.12.21 待望の DVD発売!! サンダンス、カンヌを筆頭に、国際映画祭でこれまで100以上の賞を受賞、アカデミー賞にもノミネートされ、作品上映ツアーを行なえばソールドアウトが続 出する、アメリカのインディペンデント・シーンで熱狂的な人気を博すドン・ハーツフェルトのアニメーション作品が日本初DVD化。最新作『なんて素敵な 日』を含む珠玉の8作品を発売!特典として40分に渡るインタビュー映像も収録。
収録作品 (詳細)
『オヤシラズ』/『人生の意味』/『リジェクテッド』/『ビリーの風船』 『きっと全て大丈夫』/『休憩3D』/『あなたは私の誇り』/『なんて素敵な日』 "


「メランコリックな宇宙 ドン・ハーツフェルト作品集」 予告編 - YouTube

 ついに待望のDVDが発売される。8作品収録ということは、ハーツフェルトの現在の作品は全部で12なので、4作品のみが未収録という事になる。
 ちなみにドン・ハーツフェルト作品リストによると、残り4作品は以下。

 "『ああ、愛というものは』 AH, L’AMOUR 1995年/16ミリ/2分
 『ジャンル』 GENRE 1996年/16ミリ/5分
 『リリーとジム』 LILY AND JIM 1997年/16ミリ/14分
 『ショーの終わり』 END OF THE SHOW 2003/35ミリ/2分"

 噂の作家の全貌に触れられる期待のDVD。
 今年のクリスマスは、これに決定です(^^)!

◆関連リンク
ドン・ハーツフェルト インタビュー
 日本のドン・ハーツフェルト第一人者 CALFの土居伸彰さんによるインタビュー。
i want to bite you Don Hertzfeldt 公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.05

■動画 ヤノベケンジ&ULTRA FACTORY&青木兼治『THE STAR ANGER』『サン・チャイルド2012 東京-福島』

《THE STAR ANGER》ヤノベケンジ Kenji Yanobe - YouTube

" 2012 年10月20日(土)~21日(日)、名村造船所跡地(大阪)にて二日間26時間連続で行われた「NAMURA ART MEETING '03-'34」で発表された、現代美術家・ヤノベケンジの巨大ミラーボール作品、《THE STAR ANGER》のダイジェスト映像です。
 直径5メートルに及ぶ八方から角を突き出した巨大ミラーボールに、ドラゴンが乗り、回転しながら光を放つ光景は圧巻。わずか2日だけの公開で、見られな かった方には必見の­映像です。妖しくも美しく、怒りの光を放つ星のドラゴンをご堪能下さい。(HD対応)
映像制作:青木兼治
音楽:Tyme.(MAS/Tatsuya Yamada) "

《サン・チャイルド2012 東京-福島》ヤノベケンジ Kenji Yanobe - YouTube

"都立第五福竜丸展示館(東京)と福島現代美術ビエンナーレ2012(福島空港・福島)で展示された現代美術家・ヤノベケンジの全長6メートルの巨大彫刻作品《サン・チャイ­ルド》の記録映像です。
映像制作:青木兼治"

 ヤノベケンジさんの最新美術作品の、動画二本が公開された。
 いずれも今年公開された新作の様子をとらえた映像作家 青木兼治氏による作品であるが、トーンはずいぶんと違う。動の「スター・アンガー」、静の「サン・チャイルド」という感じ。
 青木氏と同様、これまでに幾つもの作品でヤノベケンジ氏とコラボレーションされているヤマダタツヤの音楽と相まって、素晴らしい作品になっているので、お薦めです。

 僕らヤノベファンとしては、原発事故後のこれら二作品、静と動の作品が一度に展示される様な今後の展開を期待したい。
 個人的には、来年の愛知ビエンナーレにヤノベ氏の参加は決定しているとの事なので、是非、名古屋港か栄の都心で、この二つの作品が街に登場するシーンに出会いたいものである(^^;)。

 YouTubeの動画としては、今回、Yanobe Kenji名でアップされている。
 以前はTheTorayanという名前でアップされていたが、最近はこれがヤノベ氏自身の名前でのアップに変化しているようだ。ファンの皆さんは、しっかりチャンネル登録を(^^)。

◆関連リンク
ヤマダタツヤ サウンドワークス : Tatsuya Yamada Sound Works
 こちらに掲載されているヤマダタツヤ氏の音楽と、詩人toto氏、drawing and manual 清水貴栄氏、菱川勢一氏の映像による動画作品 "windy" が素晴らしいです。

当Blog関連記事
情報 ヤノベケンジ「ザ・スターアンガー : The Star Anger」@NAMURA ART MEETING『臨界の創造論』
sun child - 関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.03

■情報 iPhone iPad アプリ 「キューブリック : Kubrick」 と 『スタンリー・キューブリック展』@LACMA関連リンク

Photo iTunes App Store  Kubrick(ダウンロードはこちら)

 現在、LAで開催されている『スタンリー・キューブリック展』@ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アーツ(12.11/1〜13.6/30) の企画として、iPhoneアプリを美術館 LACMAが制作して、無料公開している。
 上の引用画像のような画面構成で、とてもクールなので御紹介。

 各作品の撮影スナップ,制作メモ,ポスター、キューブリックと他監督等のインタビュー、年譜等の内容が充実している。まさに、手の中のキューブリックアーカイブ ! (少々ボリューム的には物足りなさもあるが、無料なので、文句は言えないw。いずれ有料でも良いので、本当にこうした記録物の全アーカイブとか公開して欲しいもの)。

 こんな感じで、生誕80年で大規模回顧展が今年開催されたアンドレイ·タルコフスキーの膨大なアーカイブも公開されるのを期待したい。電子書籍って、こうした記録物のアーカイブとしては、検索性とか動画も可能な所で、紙の書籍より圧倒的に優れたメディアだと思うので、実現を望む。英語版のみでも眼に楽しいので文句は言いません(^^;)。

Free Kubrick App « Unframed The LACMA Blog(美術館公式ブログ)

"Free Kubrick App Fans of the exhibition Stanley Kubrick will likely find the free app for iPad/iPhone that we released last week to be the next-best thing to a trip to the Kubrick Archive at the University of the Arts London. Thanks to the Archive, the app includes photos and documents that provide rare insight into the director’s working process."

Strangelove2

Red—A Pop-up Dinner: Dr. Strangelove | LACMA

 11/30には美術館のレストランで、何と「ドクター・ストレンジラブ・ディナー」($60) が供された。これは食べてみたい(^^;)! 水爆級な夕食。
 画像検索しても、まだこのディナーの様子は、画像でアップされていないですね。誰か上げてくれないかなぁ〜(^^;)。

 

『スタンリー・キューブリック展』ショップ(美術館公式サイト)
 多くのキューブリック関連書籍が販売されている。
 幻の作品『ナポレオン』の書籍" Napoleon: The Greatest Movie Never Made"というのがとても興味深い! 以前は100部限定でマニア垂涎のレアアイテムだったのが、現在では普及版が誰でも買える様に!

Stanley Kubrick's : Alison Castle, Thomas J. Kinne, Alice Petillot, Karen Williams『Napoleon: The Greatest Movie Never Made』
 日本のAmazonでも洋書として購入出来ます。

S・キューブリック幻の作品「ナポレオン」書籍化廉価版を世界に先駆け販売 : 映画ニュース - 映画.com

"同書は1112ページ、全10章とい う構成で、フランス第一帝政皇帝となったナポレオンの生涯を映画化すべく、キューブリックが集めたぼう大な数の資料、すでに完成していた脚本のほか、衣 装、ロケ地の写真などを収録。09年に刊行された限定版は、日本円で刊行時10万円、その後20万円に値上げされたが、その高価格にもかかわらず完売し た。今回の廉価版は、日本が世界に先駆けての発売となり、キューブリックが収集した約1万7000のナポレオンのイメージをダウンロードできるWEBアク セス用キーカードが付く。英独仏語版のハードカバー(21.1×34.4センチ)、1万500円。"

LACMA Art + Film Gala 2012 Honoring Ed Ruscha and Stanley Kubrick - Presentation - YouTube
 回顧展のオープニングセレモニーを飾る著名人のスピーチ。スティーブン・スピルバーグ他。

◆関連リンク
+ The authorized Stanley Kubrick Exhibition website +
 キューブリック関係のニュースが充実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »