« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | トップページ | 2012年8月5日 - 2012年8月11日 »

2012年7月29日 - 2012年8月4日

2012.08.03

■情報 幻想画家 Fulvio Di Piazza : フルビオ・ディ・ピアッツァ

Fulviodipiazza_uomoneroblackmanhorz

Fulvio Di Piazza - Google 検索
フルビオ・ディ・ピアッツァ(イタリア)
BonelliArte - Gallery
 tumblrで"Uomo Nero (Black Man)"と名付けられた引用画像の左の絵を観た時は、その荒々しくも繊細なタッチに驚きました。
 細かな雲や煙の集積でダイナミックな造形を描き出しているところに痺れます。

Fulvio di Piazza Ashes to Ashes at JONATHAN LEVINE GALLERY

"Fulvio di Piazza Ashes to Ashes Gallery II Solo Exhibition June 30, 2012 through July 28, 2012"

 ニューヨークのJONATHAN LEVINE GALLERYで7/28まで個展を開催していたとのこと。在住の方で観られた方がもしいらっしゃったら、乞う御感想(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.01

■予告篇 イジー・バルタ監督 新作『雪女』Jiri Barta "Yuki Onna"


Yuki Onna trailer eng - YouTube(予告篇) メイキングはここ

 イジー・バルタ監督 新作アニメーション映画『雪女』(小泉八雲原作)の予告篇とメイキング!
 今回は実写とアニメの融合。シュヴァンクマイエル的切り取り写真コマ撮りもあるようです。艶かしい映像の質感!

 メイキングの監督の語りを観ると日本と西洋の融合を目指したとのこと。
 グリーンバックでの人物撮影とディジタル合成の多用はハリウッドというか現在の映画手法の王道。そこに息づくイジー・バルタの技、ロウ(Wax)を使った背景とか仕上がりが興味深い。早く観てみたいものです。
 日本での(というか世界初公開!)上映の情報は以下。

島根県立美術館 夏休み!チェコアニメ・パーク

"チェコのイジー・バルタ監督による新作アニメーション映画『雪女』(小泉八雲原作)を世界に先駆け上映。
※『雪女』の表現はお子様には刺激が強すぎる場合があります。ご注意下さい。
【日 時】 8月8日(水)~8月27日(月)※休館日〔8月21日(火)〕を除く
①13:00~14:15 屋根裏のポムネンカ ②14:25~14:35 雪女
③14:45~16:00 屋根裏のポムネンカ ④16:10~16:20 雪女
(開場/各日12:30)
※いずれも俳優の佐野史郎さん(松江市出身)、女優の貫地谷しほりさんが吹き替えをしています。
【会 場】 美術館ホール (190席/当日先着順) © @ARMZ
【問合せ先】 (株)アットアームズ チェコアニメ事業部 電話:03-6278-8924"

 原作から、ラフカディオ・ハーンゆかりの島根県立美術館でワールドプレミアとなったのでしょう。しかもなんと無料! 島根、行きたい!

◆関連リンク
yuki onna press kit eng - Animation.cz
 イジー・バルタ監督 新作『雪女』チェコサイトのプレスキット。スタッフリスト、メイキング写真等多数。
・当Blog記事 ■ イジー・バルタ監督『屋根裏のポムネンカ』予告篇 Jiří BARTA "NA PŮDĚ ANEB KDO MÁ DNESKA NAROZENINY?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.30

■動画 館長 庵野秀明 特撮博物館 〜ミニチュアで見る昭和平成の技〜 3D:立体動画


館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 3D:立体動画 - YouTube

"2012年7月10日(火) ~ 10月8日(月・祝) 休館日 月曜日
開館時間   10:00 〜 18:00(入場は閉館の30分前まで)
会 場   東京都現代美術館 企画展示室 1F・B2F
主 催   公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 / 日本テレビ放送網 / マンマユート団
企画制作協力   スタジオジブリ / 三鷹の森ジブリ美術館
館 長   庵野秀明  副館長   樋口真嗣
巨神兵 宮崎駿  巨神兵造形 竹谷隆之
展示コーディネート  原口智生 / 西村祐次
後 援   文化庁 / 読売新聞社 / TOKYO FM / tvk
協 賛   KDDI株式会社 / EPSON
展示協賛   ア・ファクトリー
特別協力   東宝 / 円谷プロダクション / 角川書店 / ピー・プロダクション / 宣弘社 / 手塚プロダクション
協 力   特撮研究所 / 早稲田大学芸術科学センター 安藤紘平研究室 /
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン / グッドスマイルカンパニー /
楽天トラベル / 原口智生コレクション / M1号 / カラー
公式HP
東京都現代美術館 開催詳細情報"

 先週行ってきた"館長 庵野秀明 特撮博物館" 3D映像をアップ。
 音楽はDignen "Number the Stars"。Youtubeの編集機能で検索できる曲から選択。裸眼並行視とか3Dモニタで御覧いただければ幸いw。
 ミニチュアの撮影が出来るということで、勇んで3Dハンディカムの愛機 SONYHDR-TD10を持参して撮ってきた。気分は立体 特技監督(^^;)。

 僕の撮影の腕の悪さは(なんてふらつくカメラ、パン速度が早すぎるw!)置いといてw、ミニチュアの精巧さを記録に残すのには3D映像は最高ではないだろうか。その細部の立体感とそれらが重なった時の重厚感は立体映像の本領発揮であると思う。
 いや、まじめな話、今回会場内は撮影できなかったのだけれど、是非とも公式記録として本格的な3Dカメラで数々のミニチュアを撮影して、貴重な立体造形物の記録として残していただきたい。
 そして3Dテレビが普及した時に、是非とも立体映像のコンテンツとして世に出していただきたいと切に思う。

◆立体映画としてのミニチュア特撮の可能性
 ミニチュア特撮の可能性って3D映画としても追求できる素材だと思う。
 ステレオベースの違いによる遠近感、巨大感の違いとか、スモークや炎や爆発の奥行き感に与える効果等々。
 かの特撮の神、円谷英二も手がけていない3Dの技術開発を是非、日本の特撮関係者には進めていただきたい(そうしないとどんどんキャメロンとかに置いていかれそうw。『アバター』ってCGではあるけれど立体空間の中でその可能性を切り拓いてるから)。
 樋口監督もしくは庵野監督には立体怪獣映画を撮ってほしいものです(^^;)。
 「世界初の3D怪獣テレビ特撮シリーズ」を是非!!

◆おまけ Youtubeの動画編集における選曲機能について

20120729_210943_2

 今回、音楽編集をYoutubeで実施したのだけれど、これが15万曲におよぶ楽曲から好きな音楽を選べるという素晴らしい機能なので簡単に御紹介。

 まずYoutubeに編集した動画をアップする。その際に音声はあってもなくてもOK。
 そして上記編集画面にて「音声」タグを選ぶと上の用な画面が現れる。
 ここで右に出てくるのがYoutubeが用意した楽曲のうちの「注目曲」。ここから選ぶ手もあるけれど、できるだけ他で使われていない曲を選ぶなら、右下にある検索ボックスに、自分で何か映像にあった英単語を入れてみよう。

 今回は特撮シーンに合わせて「collapse(崩壊)」という単語を入れて探してみた。そして出てくる楽曲がその下。
 曲の長さやジャンルが示されるので、ピンときたものをクリックすると、その場で自分の映像に合わせて音楽が再生される。
 気に入らなければ次の曲をクリック…こうしていつしか映像にあった自分の好みの音楽を探しだして、それを保存すれば、へたくそな映像もそれなりに格好がつくという優れもの。
 これはお薦めです!

◆関連リンク
3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ- : 「特撮博物館」に行ってきた時の3D写真
 迫力のミニチュア立体写真はこちら!
館長庵野秀明「特撮博物館」/映画「巨神兵東京に現わる」記者発表会 3D - YouTube

"企画に関わったスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーや特撮博物館館長の庵野秀明氏、「巨神兵東京に現わる」の監督で、特撮博物館副館長の樋口真嗣氏らのコメントなども取材しました。"

 実は3D動画一番乗りを目指したのだけれど、既にこのような映像がアップされていた。こちらは庵野監督他の立体視も可能(^^;)。
館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 | トピックス | 美術館・博物館・イベント・展覧会 [インターネットミュージアム]
 レポートで触れた「巨神兵東京に現わる」の上映会場手前の崩壊した国会議事堂等の写真も掲載されています。実物に比べると迫力は今ひとつですが、未見の方は御参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | トップページ | 2012年8月5日 - 2012年8月11日 »