« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

2012年8月5日 - 2012年8月11日

2012.08.10

■感想「奇っ怪紳士!怪獣博士!大伴昌司の大図解 展 …一枚の絵は一万字にまさる…」

2

奇っ怪紳士!怪獣博士! 大伴昌司の大図解 展
 ……一枚の絵は一万字にまさる……

(弥生美術館・竹久夢二美術館)

"会期: 2012年7月6日(金)~9月30日(日)
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は4時30分までにお願いします)
休館日: 月曜日(ただし8/13(月)は臨時開館、7/16(月・海の日)開館、 翌7/17(火)休館、9/17(月・敬老の日)開館、翌9/18(火)休館)
料金: 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
お知らせ ★9月8日(土)午後6時より、映画監督・河崎 実氏によるトークショーを開催いたします"

 先日の記事で詳細を御紹介した本展示会に、特撮博物館で東京に赴いた際に、我が研究所 東京支部wのshamonさんと青の零号さんともども行ってきた。遅まきながら、簡単なレポートを記す。

 弥生美術館は初めて訪れたのだけれど、様々な奇怪な研究が行われる(^^;)東大近くの閑静な住宅街にひっそりと佇む。個人の住宅を美術館に仕立てたというこで、3階建ての少し古びた建物の中に、まさに昭和の香りを残した大伴昌司氏の数々の記録が展示されていた。

 詳しくは、一般書籍として購入できる河出書房新社刊 堀江 あき子著(弥生美術館学芸員さん)『怪獣博士! 大伴昌司 「大図解」画報』を見ていただくとわかるが、今回の展示の中心は、まさに「大図解」である。大伴氏の多くの作品の中でも、特に少年マガジン等の図解の大伴によるアイディアスケッチと、それを画家たちが清書して描き、雑誌の巻頭を飾った図解の原画が数多く展示されている。

Photo

 上の引用図で示した大伴の代表的な仕事のひとつである、怪獣図解のスケッチが特に素晴らしい。僕たち60年代生まれが少年誌や単行本でワクワクした怪獣の図解の元となった大伴の描き込まれたスケッチが眼の前に存在するという感激(^^;)。

 ノートや原稿用紙の枠からはみ出んばかりに荒々しいタッチで奔放な想像力で描かれたスケッチたちが圧巻である。もちろん、イラストレーターたちによって描かれたカラーの綺麗な図解原画も素晴らしいのだけれども、僕はどちらかというと、鉛筆のタッチも生々しく大伴の軌跡が表現されているこれら原図の迫力に圧倒された。

 決して美しい絵ではない。それらは、怪獣博士 大伴昌司が自由奔放に自ら創造した怪獣の生体である。

 バルタン星人の「白色破壊光線エネルギぶくろ」「悪臭ぶくろ」。ギャンゴの「とかし岩臓」「テレパシー岩臓」曰く「ギャンゴの内部は全て岩だが、それぞれの岩が役割を持っている」(^^;)。
 「国際SFシンポジウム事務局長」をされた大伴氏。日本SFの中枢を司っていた大伴氏なのであるが、はっきり言って科学考証の凄まじさには息を飲む(^^;)。

 でもこのダイナミックさ。科学をはじめとして何ものにも縛られない想像力の無制限の解放感が素晴らしい。子供たちを驚かしてやろうという悪戯心と、そして原図からほとばしっていたのは、描いていてきっと御本人がまず楽しくて仕方がなかったのではないか…ドローイングハイになっていたのは確実と思える筆致に現れているのめり込み具合(^^)。

 主に図解部分は、僕と同じく「特撮とアニメとSFの子」いっしょに行った青の零号さんと図解に突っ込みを入れながら見ていたのだけれどw、彼が放った言葉が以下。

 「大伴さんの絵は、まるでアウトサイドアートのようだ!」

 怪獣という素晴らしい素材を眼の前にして、嬉々として子供のように想像力を無制限に解放して描かれた大伴氏のスケッチは、その純粋な稚気からまさにアウトサイダーアートを想いださせる。けだし名言である。

 そして僕ら大伴昌司大図解の子供たちは、首までその無限/夢幻の想像力で描かれた世界に今も囚われて、日々、こうして完全映画(トータルスコープ)ならぬ究極映像を追い求めているのである(^^;)。

◆関連リンク
堀江 あき子著『怪獣博士! 大伴昌司 「大図解」画報』
 会場では図録代わりの本書と、怪獣図解絵はがき等が購入できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.08

■予告篇 Ang Lee:アン・リー監督『Life of Pi』 Sam Raimi:サム・ライミ監督『Oz the Great and Powerful : オズ:ザ・グレート・アンド・パワフル』

 いつもCGやSFX関連の情報をいただく、Twitter / pacchiiさん経由の新作映画予告篇情報をまとめました。Life_of_pi

Life of Pi - Movie Trailers - iTunes
Life Of Pi(公式) 12.11.21米公開。
Yann Martel『Life of PI』

"1977年7月2日。インドのマドラスからカナダのモントリオールへと出航した日本の貨物船ツシマ丸は太平洋上で嵐に巻き込まれ、あえなく沈没した。たった一艘し かない救命ボートに乗り助かったのは、動物たちをつれカナダへ移住する途中だったインドの動物園経営者の息子パイ・パテル16歳。ほかには後足を骨折した シマウマ、オラウータン、ハイエナ、そしてこの世で最も美しく危険な獣ベンガルトラのリチャード・パーカーが一緒だった。広大な海洋にぽつりと浮かぶ 命の舟。残されたのはわずかな非常食と水。こうして1人と4頭の凄絶なサバイバル漂流が始まった…。生き残るのは誰か?そして待つ衝撃のラストシーン!! 文学史上類を見ない出色の冒険小説。2002年度ブッカー賞受賞作。"

 

アン・リー監督、実は不勉強で一本も見たことがないのですが、この予告、素晴らしいです。ブッカー賞受賞という原作の幻想性を映像に定着させているように見えます(って原作、読んでないのにw!)
 予告篇クライマックスの某巨大海洋生物の光の描写に痺れます。
 これも3D公開とのことなので、大海の海面の立体描写とか、とても期待です。

Oz_the_great_and_powerful

Oz the Great and Powerful - Movie Trailers - iTunes
Gallery | Oz The Great and Powerful | Official Movie Site | Disney(公式)
2013.3/8米公開
オズ: ザ・グレート・アンド・パワフル - Wikipedia.

"2013年に公開を予定しているサム・ライミ監督のファンタジー映画である。1939年の映画『オズの魔法使』の前日譚として、若き日のオズを描いた作品となる予定"

 サム・ライミ監督のファンタジー。
 ブラックになる予感もありますが、予告篇を観る限り、そんなことはなさそう…(^^;)。カラフルな映像が3D展開されるかと思うと、ワクワクしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.06

■情報 ヤノベケンジ《サン・チャイルド》Tシャツ, ドローイング, イスラエルハイファ美術館

Yanobe_t1horz

YANOBE KENJI ART WORKS /// ヤノベケンジ アートワークス

"■Vol.2 ヤノベケンジ《サン・チャイルド》Tシャツdeサーポータープロジェクト ※現在受付中 Vol.1でのサポーター特典としてご提供するヤノベケンジ手描きドローイングの中から、評判のあったものをTシャツにして新たなプロジェクトを立ち上げました。ヤノベケンジ&KYAPブランドグッズの記念すべき第一弾です"

ヤノベケンジ《サン・チャイルド》Tシャツdeサーポータープロジェクト

"■価格: 5,000円(税込み、配送費込み)
■募集期間: ~9/30
(第一次締切:7/1/第ニ次締切:7/31/第三次締切:8/31/第四次締切:9/30)
■サイズ: レディースM、L / メンズS、M、L、XL"

 いよいよ8/11にオープンする福島現代美術ビエンナーレ。
 サン・チャイルドの登場も秒読みに入ってきている中、最近の動きを幾つかまとめる。

 まずこの福島でのサン・チャイルド建造のためのサポータープロジェクトとしてはじまっている《サン・チャイルド》Tシャツ。
 サポータープロジェクト第一弾の特典用にヤノベ氏によって描かれているドローイングの絵を使用して作られたTシャツ。

 原発再稼働に反対して、国会議事堂を焼き払うサンチャイルド・ゴジラを描いた黒いTシャツが何しろ衝撃的。過激な表現ではあるが、僕も現在の政府のあまりに考えのないこの再稼働には反対なので、そんな気持を最も代弁してくれている絵だと思う。通称「ンガー」サンチャイルド。

 本来、子供たちの希望の象徴であるサン・チャイルドをこのように凶暴な風貌に描かざるを得ない今の状況に対するヤノベ氏の怒りに共感する。

ヤノベケンジ サン・チャイルド ドローイング - YouTube
 そして次は、そのサポーター特典ドローイングの制作動画が公開された!
 ヤノベ氏の手を真上からとらえた映像。どのように氏のドローイング作品が出来上がるかをしっかりと記録しているファンにとっては貴重な動画。
 僕にも一枚送られてくる予定のサポーター特典の絵は、「ンガー」サンチャイルドか、この記録されたドローイングだといいなぁ〜(^^)。

Photo

Haifa Museums (Facebook)‬

"Haifa Museums DOUBLE VISION 2012.7/22 -"

 最後は、ロシアでも開催されていた日本人アーティスト作品を展示する日本コンテンポラリーアートの回顧展『DOUBLE VISION』の中東への遠征、イスラエルのハイファ美術館での展示について。
 上のサイトに幾つか建造中の写真が掲載されているが、太陽の国の灼熱の光の中に立つサン・チャイルドの勇姿はひときり鮮烈に眼に焼き付いて離れない。

◆関連リンク
Ultra Student Today!! - Sun Child 聖なる土地に立つ(リサーチ編) | 京都造形芸術大学ULTRA FACTORY ウルトラファクトリーの学生さんによるイスラエルでの建造リポートが書かれています。

当Blog記事
■情報 Double Vision: Contemporary Art from Japan ヤノベケンジ『サン・チャイルド』、加藤泉作品 他@ロシア

■情報 ヤノベケンジ『サン・チャイルド』ドローイング作品 光臨プロジェクト in 福島現代美術ビエンナーレ2012 サポーター募集

■情報 ヤノベケンジ『サン・チャイルド』光臨プロジェクト in 福島ビエンナーレ2012 サポーター募集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »