« 2012年11月11日 - 2012年11月17日 | トップページ | 2012年11月25日 - 2012年12月1日 »

2012年11月18日 - 2012年11月24日

2012.11.21

■情報 デイヴィッド・リンチのドンペリニオンキャンペーンの日本語PV & "デヴィッド・リンチ展~暴力とDavid Lynch T 静寂に棲むカオス" Tシャツ


David Lynch Launches Dom Pérignon Limited Edition in Japan - YouTube

 デイヴィッド・リンチのドンペリニオンキャンペーンの日本語PV。リンチの日本語と英語によるメッセージが聴けます。

  "日本の人々は、芸術的感覚を持ち、成し遂げる物事は、全て深く知的なほど美しい。特に張りつめた緊張感、テンションが非常に美しい。"
 
 日本人への応援メッセージが美しい(^^)。

新たな出会い、新たなミステリー──デヴィッド・リンチ×ドン ペリニヨン « GQ JAPAN

"ドン ペリニヨンのジェロボアム ボトル(3L)の前にたたずむデヴィッド・リンチ。こちらはブラン、ロゼ、それぞれ世界限定10 本のみの貴重品。リンチが会場で記した直筆サイン入りで、日本ではブランのみ1本入荷。

リンチのデザインによるギフトボックスとボトルは、今冬だけの特別限定品 
ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003(ブラン)¥21,000、ドン ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ2000 ¥43,050 で登場。ボトルもリンチのデザイン、ギフトボックスにはリンチのサインが光る。(※写真はロゼ)
公式サイト"

 生のサイン入りは、10本限定。誰が手に入れたのでしょう。 
 そして我々ファンにもなんとか手の届く値段で、リンチデザイン品が売られている。僕は残念ながら下戸なので、この価値はわからないと思うので、ポチりませんでしたw。

David_lynch_t

 

関連情報|ラフォーレミュージアム原宿 イベント情報|デヴィッド・リンチ展~暴力と静寂に棲むカオス|株式会社ラップネット

"クールネックTシャツ 3,675円(税込)
<展覧会オリジナル> カラー:オートミール
サイズ:XS S M L"

 デイヴィッド・リンチのTシャツ。
 マイティマウスTが特に欲しいです。(上の引用値段はそのマイティTのものw)

 今週も申し訳ないですが、休日出勤とかヱヴァQとかいろいろあって、土日に時間が取れなくて、手抜きですみませんw。

◆関連リンク
“デビッド・リンチ”デザインのドンペリ2種類、数量限定で発売 : 映画ニュース - 映画.com

"「ドンペリニヨンヴィンテージ 2003」はブルー、「ドンペリニヨンロゼ ヴィンテージ 2000」はパープルを基調に、ボトル前面にメタリックのシールドを施した。ギフトボックスはSF世界をイメージした幻想的な模様に、リンチ監督のサイン が浮かび上がる。販売価格は「ドンペリニヨンヴィンテージ 2003」が2万1000円(税込み)、「ドンペリニヨン ロゼ ヴィンテージ 2000」が4万3050円(税込み)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.11.18

■感想(後半ネタバレ) 庵野秀明総監督・脚本、摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉監督『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 劇場版予告 - YouTube


 3年ぶり待望の新作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観た。
 映画を観終えて、宇多田ヒカル「桜流し」を聴きながら車で帰宅したのだけれど、この詩、冒頭の「私」はゲンドウ主観ですね。痛いなー。そしてシンジ…『破』のラストがあぁだったのは………。
 SFってぇのは残酷なものですねw。
 僕はサブカル系が騒いでいたTV版の内面グヂャグヂャ描写は嫌いだったけど、この映画、それをSF的に昇華させている。そこの凄みに強い印象を持った(詳細は末尾のネタバレで…)。

 そして横たわる311。
 現在ヱヴァを描く場合の、必然と感じられるズバリ二つの描写が劇中でなされる。
 宇多田の歌「Beautiful World」を含め明らかに311以前、『序』から『破』に至り企まれていた試みのはずだけれど、Qをこういう映画にしたのは、原発を放置した我々日本人自身かもしれない。

 物語は内に閉じるTV版からの延長の世界と、そしてEoEで昇華し/最後に落とし前も付けた宗教的な様相を呈してはいるけれど…。

 今回の映画は、その状況下の主人公を巡る人間関係と壮大な企みのプロセスを描くことで、繰り返すけれど、まさに内面のテーマが骨太のSFテーマに密接に結びついている。

 で、序の後半と破でアニメ映像の極北を切り開いたカラーのスタッフの今回の挑戦。
 完全リビルドされた『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 まごころを、君に』は、先に述べた企みにより暗黒の作家群に繋がる映像へ。
 奇想映像の完成度は、破に及ばないが、その映像の破綻さえ黒い印象に貢献していると思ってしまう。

 主人公の内面と共鳴する、決して黒くないかもしれない表象のアニメ二次元映像が痛くてたまらないという。これ以上はネタバレなしに語れないw。


【HD】エヴァンゲリヲン新劇場版Q 冒頭6分38秒 - YouTube

◆関連リンク
ヱヴァ特番の配信:Part2 (文化系トークラジオ Life)

"「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破」公開記念  深夜の緊急鼎談
出演 竹熊健太郎(編集家)、氷川竜介(アニメ評論家)、宮台真司(社会学者)"

 ここで語られているのは(4分25秒あたり)、ゼーレが人類の贖罪、それに対して、碇ゲンドウがグノーシス主義的に人類の万能化を目的としているという解釈。
 まさに日本の技術が人々の首をジワジワと絞め続けている現在、このテーマでどう庵野監督がファイナルを描くのか、とても興味深い。

・当Blog関連記事
 ■ネタばれ感想 庵野秀明総監督 摩砂雪;鶴巻和哉監督 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破  YOU CAN(NOT) ADVANCE.』
 ■感想 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 EVANGELION:2.0』
 ■庵野秀明総監督 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序
 EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE』

 ★★★★★★ ネタばれ注意 ★★★★★★★

 以下はネタばれ全開レビュウで行きますので、未見の方は絶対に読まないでください。

続きを読む "■感想(後半ネタバレ) 庵野秀明総監督・脚本、摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉監督『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年11月11日 - 2012年11月17日 | トップページ | 2012年11月25日 - 2012年12月1日 »