« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »

2012年1月29日 - 2012年2月4日

2012.02.03

■情報 「大友克洋GENGA展」と画集「OTOMO KATSUHIRO ARTWORK KABA2」

Photo_2

大友克洋GENGA展(公式HP)

"場所 3331 Arts Chiyoda
会期     2012年4月9日(月)~5月30日(水)
休館日     第3火曜日
(4/17、5/15)
入場料     大人1,500円     学生800円     中学生500円
※宮城県出身である大友克洋の意向により、東日本大震災復興のために入場料の一部を寄付する。
原画展のチケット予約・購入に関してすべてのチケットはローソンチケットで発売"

Twitter / @kojimorimoto

"皆さん!!アキラが!!『AKIRA』の全原画3000枚以上を展示『大友克洋GENGA展』"

Twitter / @OTOMO_GENGATEN

"大友克洋本人からのメッセージです! RT @OTOMO_GENGATEN 原画展を巡回するかについてお応えします。今回はアキラ全ページを含め、全作品を網羅する原画展を目指しています。今回の原画展が成功するか如何にかかっ ています。先の事はわかりません。(大友)"

大友克洋GENGA展(Facebook)

 これは凄い展示会です。
 何しろ大友克洋の『AKIRA』の全原画3000枚以上と、全作品が展示されるとのこと。
 膨大な量をどのように展示するのかは定かではないですが、あの精密な筆致を生原稿で堪能できる、とても貴重な展覧会です。
 ただし今のところ、東京での展示。
 上の大友氏のつぶやきにある通り、東京での展示が巡回展を実施するかどうかに影響するとのことですので、地方在住者としては、大ヒットを祈念したいと思います。

News_large_kaba2_2

コミックナタリー - 20年分の眼福が1冊に、大友克洋のイラスト集「KABA2」.

" 大友克洋の画集「OTOMO KATSUHIRO ARTWORK KABA2」が2012年1月30日に発売。
 描き下ろし、初公開カットを含む数100点を収録。
 イラストセクションには「AKIRA」 「STEAMBOY」をはじめマンガ・アニメ・CDのカバーやジャケット、「ジロ・デ・イタリア2007」をルポしたロードバイクイラストなど、約80点 の多彩なアートワークが並ぶ。
 アニメセクションでは、「AKIRA」に続く大作として構想された劇場アニメ企画「塔」の設定画を20年ぶりに公開。"

 こちらもとても楽しみな画集。
 「KABA2」も衝撃的だったけれども、こちらも刺激的な一冊を期待したい。
大友 克洋『OTOMO KATSUHIRO ARTWORK KABA2』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.02

■情報 マンタムPresents「アウトローブラザーズ骨董市」@名古屋大須 Sipka-シプカ-

Sipka

錬金術師マンタムによる「アウトローブラザーズ骨董市」再び

"錬金術師マンタムによる「アウトローブラザーズ骨董市」再び!2月22日(水)スタート!"

 2012.2/22(水)〜3/18(日)、あのマンタムさんの「アウトローブラザーズ骨董市」が名古屋にやってくる!

 昨年のマンタム個展「錬金術師の遠望」が忘れられない東海地区のファンには大変嬉しい企画。

 今度はどのような物語とともに、マンタム氏の作品が大須の街に上陸するのか、期待したい。

マンタム | アクセサリー・セレクトショップ・Sipka-シプカ-

"日本一クレイジーな骨董店「アウトローブラザーズ」を営む傍ら、 動物の剥製や骨格、様々な古物などを融合させ作品を制作する錬金術師マンタム。 アート作品であり、身につける装飾具でもある「錬金術師の為の装飾品」 と銘打たれた奇妙で美しいアクセサリーたちは他には無い存在感とプリミティヴな魅力に溢れています。"

 こちらのSipkaの公式SHOPページでマンタム氏の作品を通販することも出来る様です。名古屋まで来られないファンの方も是非に(^^)。

◆関連リンク
当Blog関連記事
動画 マンタム個展「錬金術師の遠望」@Sipka
感想 マンタム個展 「錬金術師の遠望」@アクセサリーセレクトショップ Sipka Mantam Exhibition Distant View of an Alchemist
マンタム その他記事 Google 検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.01

■動画 keef70監督 "Apocalypse Later, Surf Now"


Apocalypse Later, Surf Now - YouTube

" A short film I did using footage shot from my GoPro surf camera. The music is "The Whales" by The MERMEN on the album Krill Slippin'.
The effects were done in Maya, motion tracking in Mocha, and compositing in After Effects. And all on an iMac."

 keef70 さんのチャンネル - YouTube
 この作品を制作したkeef70さんは、Youtubeのユーザー名。
 上記リンク先の動画から判断すると、どうやら本来、サーフィンの動画をアップするために、とられたユーザーアカウントのようである(推定)。
 そしてそのサーフィンを頭部に装着するスポーツ撮影用ハイビジョンカメラGoProで撮影し、CGをMaya、モーショントラッキングをMocha、合成をAfter Effects。全体の作業はiMacで行なわれたようである。

 それにしても、このような迫力ある映像を、手軽に作成できてしまう環境が凄い。もちろん、アイディアが素晴らしいのは言うまでもないけれど、、、。

◆関連リンク
GoPro NIPPON [GoProマスターディストリビューター(日本総代理店)]
CG★ソフトなんでも覚書: mocha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.30

■情報 岩井俊二書き下ろし小説『番犬は庭を守る』

Photo_3

『番犬は庭を守る』(岩井俊二映画祭)

" 待望の新作書き下ろし小説『番犬は庭を守る』が、満を持して幻冬舎から発売されることとなりました。 放射能汚染をテーマに、主人公の数奇な運命を描いた本作は十数年前、映画企画として発表されたまま封印され、ファンの間では幻の作品とされてきたものです。 昨年、小説版のリリースが決定し、幻の『番犬』が遂にベールを脱ぐ、奇しくもその矢先に、福島第一原発のメルトダウンが起きました。

■番犬は庭を守る■
 原子力発電所が爆発し、臨界事故が続発するようになった世界では放射能汚染による精子の減少と劣悪化が深刻な問題となっていた。
 有料精子保有者である「種馬」の精子は民間の精子バンクが高額で買い上げ、その一家には一生遊んで暮らせる大金が転がり込んで来る。
 一方で、第二次性徴期を迎えても生殖器が大きくならず、セックスのできない不幸な子供たちは「小便小僧」と呼ばれていた。
 高校を卒業し、警備保障会社に就職をした小便小僧のウマソーは、市長の娘に恋をした罰として、使用済みの核燃料や放射能廃棄物で溢れる、廃炉になった原発を警備することになる。
 やがてウマソーの性器は徐々に失われ...。

 人々が原子力を選んだ結果、生まれてしまった世界。
 だた、それでも紡がなければならない未来がある--。
 全編を通して岩井美学に貫かれた、豊饒なエンターテインメント!"

 『番犬は庭を守る』出版は311の前から企画されていたようだけれど、あの事故が作品に大きな影響を与えていることは間違いないだろう。
 そして今、これだけ直接的に過激なテーマに、岩井俊二がどう取り組んだか、期待です。
 それにしても「小便小僧のウマソー」って、ネーミングはやはり宮崎駿のあの豚の名からでしょうかw?

◆関連リンク
岩井俊二監督『番犬は庭を守る』前夜祭出版記念トークライブ - シネマトゥデイ

"10年ぶりに復活した本作については、「原発を見学したり、リサーチを重ねた作品でした」と話し、「人間が作り出した危険なものを、みんなに考えてもらおうと、問題提起するは ずだった小説だったのに、ぼくはお蔵入りにして放置してしまっていた。福島第一原発が起きたあとは、誰に対してでもなく、ただ申し訳ないという気持ちでし た」と当時のショックを振り返った。"

: 岩井 俊二『番犬は庭を守る』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■動画 Richard Vezina "ディヴィッド・リンチ:David Lynch in Four Movements, A Tribute"

David Lynch in Four Movements - A Tribute
from Richard Vezina on Vimeo.

 リンチマニアにとって、純度99%の映像ドラッグ(^^)。
 ディヴィッド・リンチの映像と詩、バダラメンティの音楽&ジュリー・クルーズのボーカルに彩られたリンチ映画への完璧なトリヴュート。これは、濃密なリンチ幻影空間に直結している!

David Lynch in Four Movements, A Tribute.

" I created this personal tribute to David Lynch’s movies a long time ago and never pubished it before. In order to cover all his films, I recently added scenes from Inland Empire. I wish to share this video with David Lynch’s fans and other cinephiles. There are four movements in the tribute video, based on songs by Badalamenti and Lynch, with Julee Cruise on vocals.

Questions In A World Of Blue
The Pink Room
Into The Night
Mysteries of Love"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »