« ■情報 ビートたけし×ヤノベケンジ×ULTRA FACTORY「ANGER from the Bottom : 地底からの怒り」公開! | トップページ | ■感想 バイロン・ハワード,ネイサン・グレノ監督『塔の上のラプンツェル:Tangled』 »

2013.01.23

■情報 2013年、宇宙ヒューマノイドロボット: KIBO ROBOT PROJECT

Kibo_robot_project

KIBO ROBOT PROJECT(公式HP)

2013年、宇宙で活躍するヒューマノイドロボットの名付け親になる!? « WIRED.jp

" 電通、東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研)、ロボ・ガレージが共同研究を進めてきた“KIBO ROBOT PROJECT”は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による公募「『きぼう』を利用した社会課題解決テーマのフィジビリティスタディ提案」に採択され、2011年から1年以上にわたり検討されたことから生まれたプロジェクト。

 同プロジェクトでは現在、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟内で、宇宙飛行士と自律動作および遠隔操作によるコミュニケーションを行ったり、地上に向けて情報発信したりするヒト型コミュニケーションロボットを2体開発中だ。

 完成は13年2月を予定しており、1体は同年夏にISSに向けて打ち上げを行う。そして同年冬、日本人初のISS船長となる若田光一宇宙飛行士とロボットが対面し、世界初の“宇宙における人とロボットとの対話実験”を実施するという。

 ロボットの仕様は身長約34cm、全幅約18cm、奥行き約15cm、重量約1,000g。日本語を話し、主要な装備は音声認識、自然言語処理、音声(発話)合成、情報通信機能、コミュニケーション動作、顔認識カメラ、記録用カメラなど。"

ROBO GARAGE | ロボ・ガレージ(公式HP)
 ロボット製作者 高橋智隆氏の公式サイト。

 国際宇宙ステーション : ISSに日本の二足歩行ロボットが登場するんですね。
 これは宇宙とロボットいう技術の夢のイメージが広がる、とてもワクワクする企画です。
 ロボットデザインがロボ・ガレージの高橋智隆氏で、まるで鉄腕アトムが宇宙で活躍するような、昭和の夢が21世紀に実現するみたいな(^^)。

 ということで新情報が特になく、旧聞に属するニュースですが、70年代の少年だった自分のゴーストがザワザワと奥底からささやくので、記事にしてみましたw。

◆関連リンク
きぼうロボット準備室 (kibo_robo)さん Twitter

|

« ■情報 ビートたけし×ヤノベケンジ×ULTRA FACTORY「ANGER from the Bottom : 地底からの怒り」公開! | トップページ | ■感想 バイロン・ハワード,ネイサン・グレノ監督『塔の上のラプンツェル:Tangled』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/56446553

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 2013年、宇宙ヒューマノイドロボット: KIBO ROBOT PROJECT :

« ■情報 ビートたけし×ヤノベケンジ×ULTRA FACTORY「ANGER from the Bottom : 地底からの怒り」公開! | トップページ | ■感想 バイロン・ハワード,ネイサン・グレノ監督『塔の上のラプンツェル:Tangled』 »