« ■感想(2) 映像の絵画への影響と意識の解体、そして映像への回帰『フランシス・ベーコン展 : Francis Bacon』@豊田市美術館 | トップページ | ■情報 フランシス・ベーコン ゆかりの奇想アーティスト Nathalie Djurberg:エイドリアン・ガーニー , Adrian Ghenie:ナタリー・ユールベリ »

2013.06.21

■感想 「身体表現の可能性」展@豊田市美術館 ヤノベケンジ「ラディエーションスーツ・アトム」

Four_pic00

コレクションによる4つのテーマ展- 新収蔵品を中心に

"2013年4月20日[土] ~ 9月1日[日]
Apr.20[Sat]-Sep.1[Sun]

テーマⅠ:「白と黒」
テーマⅡ:「斎藤義重と高松次郎」
テーマⅢ:「フランク・ロイド・ライト」
テーマⅣ:「身体表現の可能性」 "

 「フランシス・ベーコン展」と同時開催されている豊田市美術館の4つの収蔵作品展示、その中の「身体表現の可能性」に、ヤノベケンジの「ラディエーションスーツ・アトム」(1996年)が展示されている。

 今回の展示は、撮影可なので写真にてその展示風景を紹介する。ヤノベファンは、ベーコン展ともども御楽しみ頂けると思います(^^)。

Radiation Suit /// YANOBE KENJI ART WORKS.

"ラディエーションスー ツ・アトム 1996
 110cm×70cm×175cm
 ガイガーカウンター、PVC、ストロボライト、他 ヒト型放射線感知スーツ。
 人体の繊細な器官(眼球,臓器,生殖器など)の各部分にガイガーミュラーを装着しており、放射線が人体を突き抜けるた びに閃光、その数値をカウントしていく。人はこれを装着することにより、アトランダムに降り注ぐ宇宙船、自然放射線、あるいは人為的につくられた放射線を 感知する 「地球のアンテナ」となる。"

Img_7353tilevert

Img_7336vert_3

 ヤノベケンジ「ラディエーションスーツ・アトム」が、エゴンシーレ「カール・グリュンヴァルトの肖像」、そしてクリムト「オイゲニア・ブリマフェージ」、志賀理江子「カナリア」と饗宴しているということだけで、もう僕は気持ちがワクワクと高まってしまう(^^)!

 エゴンシーレとクリムトは、今までも豊田市美術館で何度も観ている絵だが、ガイガーカウンタで放射線が検知され、1分に1回ほどの頻度で、スーツのフラッシュが光る緊迫感の中で観ると、また違った感慨が…。

 スーツの細部をじっくりと観てきたが、手縫いとみえるスーツの白い生地、尖ったガラス管とその内部の回路基板、そして赤い口…そうしたディテイルもリアリティを醸し出している。

 そして気づいたのはその手袋。
 右の写真をクリックして、拡大してもらうと分かるが、手袋には"Chemical Protection"と明確に書いてある。
 こうしたところまで本格的に機能的に作られているようだ。

◆関連リンク
名古屋三越に公式ショップ あいちトリエンナーレ2013
 ヤノベケンジグッズも数点。僕は、8月上旬発売予定の『サン・チャイルド』ミニフィギュア 販売価格 1,050 円は入手しようと思ってます(^^;)。

ヤノベケンジ 当Blog関連記事 Google 検索

|

« ■感想(2) 映像の絵画への影響と意識の解体、そして映像への回帰『フランシス・ベーコン展 : Francis Bacon』@豊田市美術館 | トップページ | ■情報 フランシス・ベーコン ゆかりの奇想アーティスト Nathalie Djurberg:エイドリアン・ガーニー , Adrian Ghenie:ナタリー・ユールベリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/57603830

この記事へのトラックバック一覧です: ■感想 「身体表現の可能性」展@豊田市美術館 ヤノベケンジ「ラディエーションスーツ・アトム」:

« ■感想(2) 映像の絵画への影響と意識の解体、そして映像への回帰『フランシス・ベーコン展 : Francis Bacon』@豊田市美術館 | トップページ | ■情報 フランシス・ベーコン ゆかりの奇想アーティスト Nathalie Djurberg:エイドリアン・ガーニー , Adrian Ghenie:ナタリー・ユールベリ »