« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »

2013年5月5日 - 2013年5月11日

2013.05.10

■動画 田中裕介監督 PV サカナクション『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』


サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』(MUSIC VIDEO) - YouTube

"2011年7月20日リリース5TH
MAXI SINGLE『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
d:田中裕介、cd:北澤"momo"寿志"

 ちょっと前のPVだけれど、これ、凄いので紹介しておきます。(以前twitterで書いただけで、Blogでも記事にしたつもりになってましたw)
 とにかく未見の方は、騙されたと思って、一度、是非観てみて下さい。

 監督の田中裕介氏は、CM、PVなどのディレクター。
 このアイディアが、監督のものなのか、サカナクションによるものなのか分からないが、素晴らしいアイディアだと思う。

 何故、この曲にこのアイディアなのかはわからないがw、ボーカルの山口一郎のアンドロイド的なテクノな風貌をこのように活かした映像、ベストマッチです(^^)。

 特に横に長いバーに人形山口一郎が並んだシーン。
 なんとも言えない笑いが込み上げる不思議な映像。このシーンにはとにかく痺れます。

SONGS|第257回 サカナクション(NHK公式サイト)

"山口一郎の故郷・小樽を訪ねた。 「北海道の景色やそこで得た感覚や哲学が自分の創作を支える」と話す山口。 サカナクションの音楽が生まれた足跡をたどる。"

 NHKでこの4月に放映された「SONGS サカナクション」が興味深かったので、合わせて記します。

 山口一郎の小樽での子供時代。両親が哲学,文学愛好家で子供時代から本を課題に出され感想を書いていた!
 寺山修司、種田山頭 火、宮沢賢治、吉本隆明…。テレビやゲームに触れられず昭和文学が唯一の娯楽だったとか。歌を聴いて何だかそれはよく分かる様な気がする。

 そして番組で、影響を受けた詩人 石原吉郎の「竹の槍」について語る。

石原吉郎「竹の槍」

"終りからひとつ手前を 削ぎ落とす 削がれた先が 絶句して落ちる 一節ごとの呼吸のとぎれ目へ 一条の殺意を 叫ぶようにとおす  ひと節ごとに あおざめる密室を おしつめてつらぬき おしつめてつらぬいた…"

 8年のシベリア抑留における未来への不安をうたった詩とのこと。
 山口はこの詩が当時、悩んでいた自分に大きな影響があったことを語った。

サカナクション - Wikipedia

 "変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて「サカナのアクションでサカナクション」にした"

 魚というのは文学的には無意識のメタファーを思い出す。
 たぶん「サカナのフィクション」の意もあるのでしょうね。『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』PVは、まさに無意識を直撃される(^^)

◆関連リンク
サカナクション/夜の踊り子(MUSIC VIDEO) - YouTube
 こちらも同じ田中裕介監督のPVのようです。残念ながら、傑作PV バッハの衝撃には及びませんね。
・オフィシャルサイト:http://sakanaction.jp/
・レーベルサイト: http://jvcmusic.co.jp/sakanaction/
・iTunes: http://itunes.apple.com/jp/album/id44...
・amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/B004TD53J2/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.05.08

■動画 地球最小のコマ撮りアニメーション IBM "A Boy And His Atom"


A Boy And His Atom: The World's Smallest Movie - YouTube
(世界最小の原子単位で作られたアニメーション「A Boy And His Atom」 - GIGAZINE経由)

ムービーの制作にはIBMが開発した、物質の表面の電子状態や構造を原子レベルで観測する走査型トンネル顕微鏡が使用されました。

 これは間違いなく"究極映像"のひとつであるため、紹介せざるばなるまい(^^;)。
 原子をハンドリングして作られた地球最小のコマ撮りアニメーション。
 「地球最小」としたのは、もしかしたら既にどこかの異星では、素粒子をハンドリングし撮影する技術が出来ているかもしれないのでw。

 今回の映像はとてもシンプルで、まさにアニメーション素人の研究者達の動画の様なのですが、これをコマ撮りアニメーションの専門家(アーティスト)に撮らせたら、どんな発想が出てくるか、観てみたいものです。

◆関連リンク
Moving Atoms: Making The World's Smallest Movie - YouTube
 こちらがアトムを用いたアニメーションのメイキングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.06

■感想 園子温、入江悠監督 『みんな! エスパーだよ!』第一話〜第三話


ショウダユキヒロ監督 高橋優PV 「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」 - YouTube
ドラマ24「みんな!エスパーだよ!」:テレビ東京公式HP

 『みんな!エスパーだよ!』園子温監督1話と入江悠監督2,3話を観た。
 三河弁『愛のむき出し』SFバージョン(^^;)とでも読んだらいいのだろうかw。とにかくパワフルで珍妙な画面に絶句w。

 同じ愛知県を描きながら、名古屋弁を排し標準語を用いた村上春樹『多崎つくる』に比べ、これが三河だぁ〜!と言葉も精神性(んっw?!)も全面的に愛知県をフューチャーした、豊川市出身の園子温ムービーに元西三河住民の僕は爆笑。

 とにかく園子温監督他、深夜ドラマ枠でやりたい放題(^^)。
 東三河の市町村が支援してたはずだけど、こんなエロエロでいいんだろうかw。マキタスポーツと神楽坂恵が凄いはまり役。茂木健一郎が出てる以外は完璧だ(^^)!(超能(脳w)力者の一人らしき登場の仕方ですが、怪しさ抜群(^^;)。怪しさ故の配役なら園子温監督に拍手ですw)

 園子温監督による第一話。
 染谷将太が三河の田んぼで叫ぶシーン「僕が世界を救うんだぁ〜」のセリフに、かぶるOP 高橋優『(Where's)THE SILENT MAJORITY?』(冒頭のPV参照)。

♪SexPistolsは愛を唄わなかった…50基の核発電所 年に5000回揺れる列島…♪

 テレビのOPは、園子温と高橋優のコラボで、教室の雰囲気と高橋の弾き語りが、パワフルでとにかく格好良い。

 第一話OPの「おぉ〜嘉郎、がんばれっ〜」のセリフは『ヒミズ』のラストに直結/呼応している。
 そしてギャグシーンのBGMで情感のあるギター曲が流れ凄く浮いている。
 これ、もしかして全篇のトーンはこの曲の様なクライマックスへ向かっているのか、とか推測させる不穏さがあって園子温映画的で期待させる。

 高橋優『(Where's)THE SILENT MAJORITY?』の曲は、園監督の破壊的な映像作品にピッタリ。そして上に引用したショウダユキヒロ監督によるPVがロック魂炸裂で素晴らしい。(黒く塗りつぶされた枝■官房長官も出演w)

◆入江悠監督の第三話
 これまた衝撃的に凄い、1,2話よりさらに異常な回(^^;)。
 まさかテレポーテーションをこんな風に描くSF映像がTVに現れるとはw! 「人間以上」ではなく「変態以上」と名付けたらいいのでしょうか…東三河の地で新人類の胎動がはじまっているw!
 東三河変態ホモ・ゲシュタルトを描く『みんな!エスパーだよ!』(^^;)!

◆原作漫画若杉公徳『みんな! エスパーだよ!』1,2巻
 TV1-3話はほぼ原作を忠実にトレースし、それをパワーアップするエピソードや映像演出が園子温 監督と入江悠監督によって成されている。
 主人公 鴨川と平野が幼馴染みである設定の違いと、情感のある音楽がかかるのは『桐島』オマージュなのだろうかw?

◆関連リンク
映画監督入江悠 日記 - やばいよ!変態だよ!ドラマ24『みんな!エスパーだよ!』3話が放送だよ!

とにかく撮影の時から「こんな楽しいドラマあっていいんだろうか」 という感じだった。 僕の担当回が終わっても帰りたくなかった(撮影は愛知県豊橋市でやっていた)。 あまりに帰りたくなかったので、「園子温監督、過労で倒れないかな」とすら思った。 園さん、ごめんなさい。

・三河弁 - Wikipedia

"だに/に     【終助詞】~だよ、~だぞ(東三河のみ)。自分の意見を主張したいときに用いる(動詞の後など、場合に応じ「だ」が抜けるときがある。「酒飲んでばっかおるとさい、体こわすに」)。なおこの終助詞は群馬弁や福島県の浜通り方言でも用いられるが、三河弁の方が断定、確認、念押しの意味合いが強い。"

 劇中で多用されている「だに」は違和感があると思ったら、東三河の言葉。
 僕は一時、西三河に住んでいたので「だら」は馴染みがあるんだけれど、「だら」はちょっとw。
鈴木 太一監督
STARDUST DIRECTORS profile TSUKIKAWA 月川翔監督公式
 園子温、入江悠とともに各話監督を担当する御二人の関連リンク。

若杉公徳『みんな! エスパーだよ!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »