« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013.09.13

■感想 フィリップ・K・ディック著, 阿部 重夫訳『市に虎声あらん』"Voices from the Street"

Photo

今日の平凡社: ついに邦訳! ディック幻の処女作『市に虎声あらん』.

" 黙示録的な雰囲気の漂うサンフランシスコを舞台に、 不安と妄想に引き裂かれる自我の怪物――。
 1963年、『高い城の男』でヒューゴー賞を受賞し、 SF界に天才として迎えられた、フィリップ・K・ディック。 もともとは純文学作家を目指していたディックが、1952年、弱冠25歳で書いた長編小説は、そのあまりの過激さゆえ、彼の死後四半世紀を経てようやく日の目をみた問題作でもありました。
 その幻の処女作が、ついに初邦訳!
 『市(まち)に虎声(こせい)あらん』 フィリップ・K・ディック 著/阿部重夫 訳 定価:2,520円(税込) 四六判   552ページ"

フィリップ・K・ディック - Wikipedia

"市に虎声あらん"Voices from the Street" (1950年)- 処女作であるが、出版は2007年。平凡社による日本語版は2013年"

 フィリップ・K・ディック25歳の時の非SF長篇『市に虎声あらん』読了。
 ほぼ主人公視点、時勢もリアルタイム、ワンテーマでストレートに重厚な現実を500ページ(解説以外)で描ききった傑作!

 あったかもしれない幻の自分と現実の自分の間で引き裂かれる主人公。
 現実を突き崩すために、存在するある境界に突進する姿が、この後のディックSFで変容し描かれて続けているように感じられる。
 
 主人公の意識も/作家の描写も、焦燥感の理由を直接描かない。
 周囲で起きた事象から演繹的に追い込まれた主人公の無意識の感覚を読者の中にじわじわと生起させ、読者の記憶の中、誰にでもある(たぶん)言われのない焦燥と破壊衝動を鳴動させる。

 後年のSFは、現実が多重に変容したりガジェットで空想世界へ逃避できたりシミュラクラの存在により読者が主人公からズレたり、自身の記憶を鳴動されて追い詰められる様な焦操感が薄まるのだが、確固たる外界の現実にがんじがらめにされている『市に虎声あらん』では逃げ場のない重圧がかかる…。

 がんじがらめの現実は、自らの破壊衝動により周囲を攻撃することでしか、逃げ場を設けられない。『市に虎声あらん』で象徴的に描かれたクライマックスの主人公とガラスのオブジェの痛々しい姿は紛れもない芸術(^^;)。

 そしてそんなディックの濃厚な原液たる『市に虎声あらん』を訳す阿部重夫氏の重厚な訳文が素晴らしい。読めないようなw、タイトルとともに漢語/古語的な漢字を当てて表現された日本語が、レイシズムや愚昧、高慢が積層し行き場のなくなった日常の焦操を見事に描き出している。


 もし本書がディックの若き日に出版され、純文学作家として認められ、そのままSFを書かなかったとしたら、どんな作家となっていただろう。

 アメリカの主流文学をよく知らないので、わずかな読書経験からレイモンド・カーヴァーを思い出すのだけれど…。『市に虎声あらん』から想像するに、カーヴァーの市井の憂鬱を描き続けたあの作品群を、もっと先鋭にそして攻撃的にした様な小説を、ディックは深く追求して描き世界的な作家になっていたかもしれない。

 もちろんそうなった場合、SFファンとしての一抹の寂しさはあるけれど、きっとディックにとってはその方があるべき自分だったのかもしれない。
 現実のディックは、本書の主人公の様に、SFを書く自分と、あるべき姿の狭間でストレスを積み上げていたのではないだろうか。


◆関連リンク
フィリップ・K・ディック, 阿部 重夫『市に虎声あらん』
・当Blog記事
 ディック 関連記事 Google 検索 あ、ほとんど小説の感想がないw。
 カーヴァー 関連記事 Google 検索
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.11

■感想 名和晃平&ULTRA SANDWICH PROJECT「フォーム」"Foam" @あいちトリエンナーレ 納屋橋会場

Img_8653

 名和晃平と京都造形芸術大ウルトラファクトリーのULTRA SANDWICH PROJECTによる"FOAM"を、あいちトリエンナーレ納屋橋会場で観てきた。

 圧巻のインスタレーション!
 暗闇の会場に入って行くと、約12m×15m 高さ4mあまりの巨大な不定形に蠢く光る物体が眼に飛び込んでくる。

 この正体は、会場に置かれた5つ程の発生器による泡。
 会場の係の方に尋ねると、中心の発生器は高く設置され、他は床に置かれているらしい。その高低と会場に微妙に吹くエアコンの風によってこの形状が自然に作られているという。作家による形状の修正等はされているか質問してみたが、それは初期の設定だけで、それ以外はないようである。

Foam_img_8661tile

 まるで常闇の雲海の中に浮遊している様な感覚に導かれるまま、広大な作品の周りを歩き続けた…。この巨大感と不定形だけれど自然の物理現象(重力とか気流とか)が働いて形作られた形状の訴えてくる宇宙の摂理(^^)、凄いです。

 写真は一杯撮ってきたけど、動画禁止だったので3D映像が撮れなかったのが残念でならない…w。本当はこの作品、手前と奥の立体感ある泡の形状が作品のコアであると言っても過言でないので、立体映像での記録が最適と思うのだけれど、、、。
 というか、巨大感とともにこの奇想を味わうには現場へ行くしかないでしょう。
 皆さんもできれば、10月までにこの会場へ是非、足を御運び下さいw。

 ではここから後は、写真レポート。

Img_8669tile 会場は、ボウリング場だったところ。
 廃墟感もそこはかとなく漂いながら、巨大な空間を利用した会場が美術展としてとても映える。僕は愛知芸術文化センターの展示より、こちらの方がずっと刺激的で好きでした。

Img_8637horz iPhoneのパノラマ写真。

Img_8636tile

Img_8658tile これは、HDR写真。人間の眼のダイナミックレンジはもっと広いので、これより鮮明に明暗が観られます。

Img_8640tile

 最後の一枚(下段)は泡のクローズアップと、発生装置が少し観えていたので、舞台裏(^^;)。

◆関連リンク
神戸新聞NEXT|文化|震災後の世界を問う 名古屋などで「あいちトリエンナーレ」

"納屋橋会場(名古屋市中区)では、大阪府出身の名和晃平がインスタレーション(空間芸術)「フォーム」を展示。暗闇の中に、惑星や生命が誕生した原初の時代を思わせる異世界を創出した。広大な空間に白い泡を発生させ、巨大な山や谷を形成。微動する小さな泡の粒子一つ一つが生命を思わせ、壮大な時空間を想起 させる傑作だ。"

【オープンしました!】あいちトリエンナーレ2013 | 京都造形芸術大学ULTRA FACTORY

"彫刻家・名和晃平率いる「ULTRA SANDWICH PROJECT」は納屋橋会場にて「泡」のインスタレーションを展開。"

・Kohei Nawa(公式HP) 本作品の記述は今のところありません。

・あいちトリエンナーレ開幕、建築好きはここを見逃すな|日経BP社 ケンプラッツ

「フォーム」(名和晃平)。真っ暗な大空間に泡が広がって、地形のようなランドスケープが生まれている

当Blog記事
名和晃平 関連記事 Google 検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.08

■情報 宮崎駿監督引退会見 と 作画枚数の推移


▶ 【スタジオジブリ】 宮崎駿監督引退記者会見 【2013/09/06】 - YouTube

宮崎駿 長編映画引退会見 « スタジオジブリ非公式情報サイト【ジブリのせかい】

"テレビ局が70社、新聞・雑誌・ウェブメディアが200媒体。総勢605名の人たちが集まったそうです。"

 リンク先に引退会見の全体 1時間36分31秒が動画とテキスト書き起こしで掲載されている。これについて、長年の宮崎ファンとして、感想はいろいろあるけれど書いていると長くなるので、今回は宮崎駿関連の二つの情報をまとめてみた。

◆宮崎駿を初めてとりあげたアニメ誌 FILM 1/24
 宮崎駿報道が凄い量。初監督『未来少年コナン』の78年当時、引退会見がワイドショーで放映されることを想像した人は皆無でしょう(^^;)。
 当時はアニドウのFILM 1/24が彼のことを伝える唯一の媒体だったw。

 以下が、1977年の宮崎初インタビュー(と思われるもの、未確認ではありますが、たぶん間違いないでしょう)。
 僕は、この後くらいにFILM 1/24の定期購読をはじめたので、この号を残念ながら持っていません。なので初インタビューも未読。読みたいものです。

20130908_172808_2

アニドウ出版史 « ANIDO official website

"アニメ狂戦誌 FILM1/24 No.13&14
1977年 (昭和52年3月1日)
特集:母をたずねて三千里 (絶版)
内容
「三千里各話の略筋」富沢洋子
「インタビュー 1 小田部洋一&奥山玲子」
「インタビュー 2 高畑勲」
「インタビュー 3 宮崎駿」
「テキサス・アヴェリー」訳:望月信夫"

 宮崎がひとりで全シーンの画面設計(レイアウト)を描いた『母をたずねて三千里』の特集。あの驚異的な仕事をどのようにインタビューで聴き込まれているのか、是非、読んでみたいものです(^^)。

 アニドウの宮崎駿記事、僕が持っているのはFILM1/24別冊『未来少年コナン』(79年)。

Anidou_konan

アニドウ出版史 « ANIDO official website

"未来少年コナン 1979(昭和54年)
副題:アニメーション狂専誌FILM1/24別冊
英題:Conan,The Boy in Future
編集:なみきたかし 発行:富沢洋子
体裁:A4変形版 328ページ並製本
協力:宮崎駿、大塚康生、山本二三
発売:アニドウ (絶版)
12月1日発行
主要スタッフへのインタビュー集
内容 最初の放送が終了した段階でこの初監督作品を記録に残そうと企画された特集本。"

グッズ紹介:アニメーション狂専誌FILM1/24別冊『未来少年コナン』

 凄いボリュームと緻密な記事に驚愕した、正に"アニメーション狂専誌"w。
 編集:なみきたかし、発行:富沢洋子の両氏の宮崎駿引退インタビューが読みたいのは僕だけでしょうか。

[mixi] 猫柳さん | 「風立ちぬ」
 アニドウのFILM 1/24を編集/発行されていた五味洋子(旧姓 富沢)さん @tominekoyouko による最新の宮崎駿記事。アニメーションの作画に触れた感想を感慨深く拝読させていただきました。

◆総作画枚数の推移
 
以前の記事、感想 叶精二『宮崎駿全書』にて同書に記載された貴重なデータから、宮崎作品のポイントである作画について、その作画枚数に着目して、監督作の過去から現在までの推移を分析したのだが、『ポニョ』と『風立ちぬ』を加えて、ここでまとめておく。

20130908_193049

 

20130908_192856

20130908_193056

 ここでわかるように、最新作にして、長篇最後の作品である宮崎駿監督『風立ちぬ』は、時間あたりの作画枚数が『カリオストロの城』から2.8倍 『ハウルの動く城』とほぼ同等で、前作『崖の上のポニョ』からは25%ダウン。

 もちろん作画枚数だけで作品の質を云々はできないが、宮崎作品の作画枚数の推移はグラフで見ていて、作品の映像イメージとの相関が何らかないか、今後考える上で定量的な参考になるかと思う。
(最初にアップしたグラフは、ネット情報から『風立ちぬ』が27万枚とした。それに対して、紫の豚さんより『ジ・アート・オブ 風立ちぬ』 『風立ちぬビジュアルガイド』に作画161,545枚という情報があることを教示頂きましたので、訂正しました。)

◆関連リンク
宮崎駿 関連当Blog記事 Google 検索

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »