« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年9月29日 - 2013年10月5日 »

2013年9月22日 - 2013年9月28日

2013.09.25

■感想 森山威男ジャズナイト2013 : Jazznight 2013

Img_8838horz

森山威男ジャズナイト2013

"公演日時:2013年9月21日(土曜日)

飛び散る汗、激しい駆け引き、これはまるでBOXING♪

毎年9月の恒例となっているジャズナイト。
今年も国内トップレベルのプレイヤー達を招き、ド迫力の一夜をお届けします。

【出演者】森山威男(ds) 岡崎好朗(tp) 中路英明(tb) 渡辺ファイアー(as) 川嶋哲郎(ts) 田中邦和(bs) 佐藤芳明(acc) 田中信正(p) 加藤真一(b)"

 毎年恒例(^^)、森山威男ジャズナイト2013に行ってきた。
 今回、特に凄かったのが、何度か聴いているオリジナル曲"FOREST MODE"。

 舞台の両翼、森山威男、田中信正のドラムとピアノが超エキサイティング!
 腕と指の過激な動きに、視覚と聴覚がひっくり返って喜んでいた(^^)。どのような身体の活動があんな超絶な動作を創り出すのだろう。まさに人体の宇宙の不思議w ! 音響のとても良い、このホールでの音と映像に浸る時間は、今回、まさにこの曲とクライマックスに何かが降り立った様な感覚が感じられた(^^;)。

 演奏楽曲は、以下(Twitter / SHIN1090takさんのツィートより)。

"Bolero
Forest Mode
東雲 (しののめ村の消防団イメージw)
It don't mean a thing スイングしなけりゃ意味ないし
Danny Boy
Lamentation
Gratitude
Sunrise
Hash A Bye
Good Bye"

 激しくアヴァンギャルドな曲と静かなバラード(ただしいずれも途中で楽器が暴れ回るw)が交差して演奏される場は、田舎町のコンサートとして地元住民観客の満足を得ながら、最大限の実験を試みているスリリングな場だと言えよう(^^;)。
 クライマックスの畳み掛ける様な、アヴァンギャルドとバラードのハイブリッド感覚な破壊力は相当のものと思います。素晴らしい。

熟練ドラム奏者の最速リズム運動制御機構( Abstract ). Author(s). 藤井, 進也. Citation. Kyoto University (京都大学), 2010-03-23. Issue Date 2010-03-23 (PDF)

"第6章では,世界最速ドラム奏者の片手最速リズム運動パフォーマンスと前腕筋表面筋電図活動について検討し,世界最速ドラム奏者のタップ速度が左右手とも10Hzであり,その速い動作においても安定した時間間隔でタップしていることを明らかにした.さらに,世界最速ドラム奏者は,39ミリ秒というヒトの神経信号処理速度として極めて短い時間間隔で主働筋・拮抗筋を相互収縮させており,また主働筋・拮抗筋の共収縮水準が低いことを明らかにした.この研究成果は,ヒトの身体運動制御能力の限界について新たな知見を加えた点でオリジナリティが高く,その成果はNeuroscience Letters(2009)に掲載されている"

 森山威男のドラムと田中信正のピアノの手の動きが頭から離れなくなったw。
 あれだけ高速で繊細な人体運動ってオリンピックの競技にもないのではないか…とか思って研究がどんな状況か調べてみた。
 まだ少なくとも日本では、こうした研究は始まったところみたい。引用の文献は京都大学 藤井進也氏の博士論文のようです。

 森山威男のドラムは感覚的に10Hzくらいはあったように見えた。
 どのようなメカニズムであの超絶な技巧が駆動されているのか、ものすごく興味が沸いてきてる。

マーク・チャンギージー『<脳と文明>の暗号 言語・音楽・サルからヒトへ』

"言語と音楽の起源とは? 何がヒトとサルを分けるのか? 自然界に隠された驚くべき暗号を最新認知科学が読み解く! 定説をうちくだき、まったく新しい視点から「人間とは何か?」に迫る、かつてない知的興奮の書。
 最新認知科学が明かす言語と音楽の起源。そして見えてくるわたしたち人間の正体とは?かつてない知的興奮の書。『New Scientist』誌が選ぶ「2011年の科学書ベスト10」!"

 脳にとっての音楽の起源を解き明かしているらしい。
 ドラムとピアノにおける超絶技巧奏者の運動制御の知見もあるかな? そこから進化して10Hzの運動速度を獲得した人類の脳と体のメカニズムについて、激しく知りたいw。

◆関連リンク
・森山威男と田中信正の手の動きがよく見える動画が見つからないがいくつか。
 www.youtube.com/watch?v=sMfzbH
 例えば3:30辺りの田中の指の動きと4:30辺りの森山のスティック。
 www.youtube.com/watch?v=_kCGAR
 5:18辺りとか。昨日の動きの方が凄かった記憶だけど…
HORI AKIRA:マッドサイエンティストの手帳

" いずれも森山追っかけ歴40年を超える顔ぶれである。
 おなじみの曲だが、メンバーが最高の充実期にあって、たまらんなあ。
 「スイングしなけりゃ……」は初めて演奏されたが、川嶋哲郎さんの編曲、これはオーケストレーションの面白さと個性的なソロ回しを並立させた見事なアレンジと思う。"

 今年も堀晃さんはいらっしゃっていたそうです。ドラムの運動工学の観点で、ハードSF的に何か語って頂きたいものです。
Neurophysiological and Dynamical Control Principles Underlying Variable and Stereotyped Movement Patterns During Motor Skill Acquisition
Shinya Fujii - Publications
 藤井進也氏のNeuroscience誌に発表された研究リスト。
J-GLOBAL | 「ドラム奏者」についての研究論文 検索結果
J-GLOBAL | 「ピアノ奏者」についての研究論文 検索結果
マーク・チャンギージー『<脳と文明>の暗号 言語・音楽・サルからヒトへ』
マーク・チャンギージー『ひとの目、驚異の進化: 4つの凄い視覚能力があるわけ』
 同じ著者の視覚研究。究極映像研究には、欠かせない書籍かもw。読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.22

■立体視動画レポート "モンスターズ アンド ミスフィッツ展 : Monsters & Misfits III 怪物と不適応者たちIII展" 3D Movie

Monsters and Misfits III : モンスターズ・アンド・ミスフィッツ 怪物と不適応者たち展III - YouTube

怪物と不適応者たち 3 : 飛騨高山 留之助商店 店主のブログ

" Circus Posterusのアーティストを招き、飛騨高山の国指定重要文化財日下部民芸館を会場に開催する恒例のMonsters & Misfits展。
 期間は9月13日〜9月26日の2週間。

 Brandt Peters(ブラント・ピータース)、Kathie Olivas(キャシー・オリヴァス)、Chris Ryniak(クリス・ライニャック)、Amanda Louise Spayd(アマンダ・ルイーズ・スペード)に加え、Doktor A(ドクター・A)とAndrew Bell(アンドリュー・ベル)、Carisa Swenson(カリーサ・スウェンソン)、Ragnar(ラグナー)、Stan Manoukian(スタン・マヌキアン)らがオリジナル作品を提供、会場も前回の1.5倍以上に拡張"

 中子真治さんの飛騨高山 留之助商店 本店とサーカス・ポスタラス・スタジオ提供 "Monsters & Misfits III" 怪物と不適応者たちIII展の立体映像を御届けします(^^)。
 Youtubeの調子が悪く、設定はしたはずなのに、僕のところでは3D動画として観られないのですが、いかがでしょう。もしやはり観れないようなら、画面の設定を2D(3Dオフ)にして観て下さい。

 詳細記事は先週の写真レポートを参考にして下さい。

 今回も音楽は、例によってYoutubeの動画アップロード時に編集画面で用意される楽曲から選択しました。数万曲(?)から長さがこの動画に合うものをまず選定、その中からいくつか試してこのOuthouse "Illumination"という曲に決定しました。
 候補でどちらにするか、凄く悩んだのが、Hui Chang Yan "Yellow River"という曲。凄くヘンテコでMisfitsな感覚は抜群だったけれど、悩んだ末、あまりに変則なのでこちらのものにしました。
 この曲選定が動画アップロードの時に大きな楽しみになっています。
 自分が撮ってきた動画と海外のどなたかが作った音楽の取り合わせの妙味、いくつか試していると自分の動画が自分のものでない様な、初めて観る不思議なものに変容している様にも見えてw、なかなか楽しいのです。

 動画は能がなくて、またいつものカメラアングルなのですが、今回、この楽曲とのミスマッチがどう映像に幅を持たせてくれたか、それだけが稚拙な映像のアップロードの際に心の支えです(^^;)。そんなところを楽しんで頂ければ、幸いです。

Img_8820horz

Img_8821

 全開のレポートで紹介できなかった展示会カタログ。
 今回の図録は、オールカラー64ページで今までよりもボリュームアップしさらに充実しています。
 大判の写真で、あの怪物達に出会えるので、是非ファンは一冊手元に置きたいものです。

◆関連リンク
Monsters & Misfits III、展覧会図録、ギリギリ入稿 : 飛騨高山 留之助商店 店主のブログ

"前回の図録よりひと回り大きい天地250mm×左右165mm、ページ数も20ページ増の盛りだくさんなオールカラー68ページ、やっと入稿完了。"

・■写真レポート "モンスターズ アンド ミスフィッツ展 : Monsters & Misfits III 怪物と不適応者たちIII展" 飛騨高山 留之助商店 本店とサーカス・ポスタラス・スタジオ提供

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年9月29日 - 2013年10月5日 »