« 2013年1月13日 - 2013年1月19日 | トップページ | 2013年1月27日 - 2013年2月2日 »

2013年1月20日 - 2013年1月26日

2013.01.25

■感想 バイロン・ハワード,ネイサン・グレノ監督『塔の上のラプンツェル:Tangled』

Tangled

作品紹介・プロダクションノート | 作品紹介|塔の上のラプンツェル

"製作総指揮のジョン・ラセターはこう語る。「私たちが目指したのは、ディズニーの伝統である上質でドラマティックな感覚をよみがえらせながら、同時に新鮮で ユーモアに富んだユニークな世界観を作り上げること。そうすれば、CGアニメーションではいまだかつて観たことのないような作品を提供することができる。 この映画の作り手たちは、ディズニーの伝統を土台にして、まったく新しい世界を築き上げたのです」"

 評判の3D映画を、今頃Blu-Ray 2D観た(^^;)。
 まさに今更なんですが、これは傑作ですね。引用したラセターの言葉通り、良質なディズニーアニメ伝統の絵柄を3D-CG映像で完全に再生し、しかもリアルなCGとして違和感のない見事なアニメートに仕上げて素晴らしい仕事になっている。
 ラセター他スタッフによる世界のアニメーションの革新は、依然アメリカで着々と進行中。
 映像で特筆すべきは、塔と長い髪とランタン。これは3Dの立体視で観たかった。今更ながら後悔。家の3D鑑賞環境整備が必要ですね。今は、Youtubeでの裸眼立体視だけが頼りw。


  『塔の上のラプンツェル』の高度なアニメーションメイキング | RGSW.net - 3DCGコミュニティサイト

"シニアアニメーターでありアニメーションの講師としても活躍しているJamaal Bradley(現在ドリームワークス・アニメーション所属)が担当したディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のアニメーションメイキングをご紹介。 3DCGソフトMayaを使用してアニメーションカーブの調整を繰り返し行いフィニッシュに持っていく様子が収められている。"

 この動画に、驚異の髪の毛のCGを含め、ラプンツェルの動きのアニメーションメイキングがある。
 モーションキャプチャーではないが、アニメータ自らが自身の動きを動画に撮って、それを参考にして動きを組み立てている様子がリアル。
 動画で人間の複雑な動きを参照し、それにデフォルメを加えて、演技をアニメートする。これがメイキングには映ってないけれど、たぶん同じデスクトップ上で簡単にできる様になった事が進化を促しているのだろう。
 人の体の動きを記憶に叩き込んでいた頃のアニメータと、いつでもリアルに参照できる環境の中にいるアニメータでは、随分と力量に差が出るのではないか。
 参照して動きを作り、そこに自分の快感原則に則った誇張や省略をしていく。
 さらに同じデスクトップ上に、過去の天才アニメータの映像も置く事で、簡易にそれも参照していく事で、新たなクリエイティブな映像が、作成できる。
 それを後で述べるような豊富な制作資金でバックアップして作り上げたラセター他のプロダクションワーク。
 いつまでも手描きのアニメにこだわり、しかもデジタルを悪の様に思っているらしいラセターの師匠筋の日本の某大アニメ監督は、この『ラプンツェル』を果たしてちゃんと鑑賞しているのだろうか。彼我の差はますます広がるばかりではないのか、、、と今頃この傑作を観ている遅れた僕が言える事ではないですね(^^;;)。

◆関連リンク
ラプンツェル - Wikipedia(グリム童話)

"あるところに夫婦がいた。長年子供がなかった2人だが、ある時やっと子供を授かる。妊娠した妻は隣に住むゴーテルという魔女の庭のラプンツェルを食べたくてたまらなくなる。食が細ってやつれた妻に「ラプンツェルが食べられなければ死んでしまう」と懇願された夫は、妻と生まれる子のために魔女の敷地に忍び込むとラプンツェルを摘み取りにかかるが、魔女に見つかってしまう。しかし夫から事情を聞いた魔女は、好きなだけラプンツェルを摘んでもいいが、子供が生まれたら自分に渡せと言う。"

 ベースとなったグリム童話からは、ずいぶん物語が改変されているんですね。
・塔の上のラプンツェル - Wikipedia

"『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは「ディズニーの50番目のアニメであり、その外観と精神は現代的にアップデートされているにもかかわらず、古きディズニーの誠実で紛れもない品質である」と評した。 クエンティン・タランティーノは本作を2010年のベストで5位にした"

・『塔の上のラプンツェル』続編映像 - YouTube
・『塔の上のラプンツェル』続編、ついに映像が公開! 結婚式をめぐるドタバタ劇! - シネマトゥデイ

"続編となる短編『ラプンツェルのウェディング』より、本 編クリップ映像が公開された。アメリカで同作はすでに今年1月に劇場公開されているが、日本語版映像は今回がウェブ初公開となる。"

・『塔の上のラプンツェル』続編、12年1月に全米劇場公開決定!ラプンツェルの結婚式直前のドタバタを描く! - シネマトゥデイ

"今年3月に日本公開されたディズニー映画『塔の上のラプンツェル』の続編『タングルド・エバー・アフター(原題)/ Tangled Ever After』が来年1月に全米で劇場公開されることが明らかになった。長編ではなく短編作品になるものの、ラプンツェルの結婚式が描かれるということで、ファンにとっては早期の日本公開を期待したいところだ。"

・Pictures & Photos from Tangled Ever After - IMDb
 予告篇2編。
3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ- : 「塔の上のラプンツェル」 3D画像レビュー
Making of Tangled – Untangling the Look of Tangled | All CG Tutorials
 クリエータがパネルディスカッションで語るメイキング。
製作費が高いハリウッド映画ランキング ベスト10 (スマステーション発表)

製作費が高いハリウッド映画ランキング ベスト10
2011年8月27日(日)に放送
1. パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールドエンド     【 総製作費 】 推定240億円     【 高額理由 】 製作費の1/4が出演陣の出演料    
2. スーパーマン リターンズ【 総製作費 】 推定216億円     【 高額理由 】 相次いだ監督交代    
3. 塔の上のラプンツェル     【 総製作費 】 推定208億円     【 高額理由 】 髪の毛のリアルな表現    
4. スパイダーマン3     【 総製作費 】 推定206億円     【 高額理由 】 完成後、さらに8ヶ月の追加撮影    
5. ハリー・ポッターと謎のプリンス     【 総製作費 】 推定200億円     【 高額理由 】 出演料(ギャラ)の高騰    
6. アバター     【 総製作費 】 推定189億円     【 高額理由 】 奥行き感を出すための新技術開発

 市場最も制作費のでかいアニメだったとは!
 ちなみにスカイツリーの総事業費650億円ってハリウッド映画制作費トップ3本分を足したくらい。いかに凄い額かがわかりますね。
 そして、『ラプンツェル』の興収は、$590,721,936とこれまた凄い数字。だいたいこの興収全額でスカイツリーが建ってしまう訳です。
『塔の上のラプンツェル』3Dスーパー・セット [Blu-ray]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.01.23

■情報 2013年、宇宙ヒューマノイドロボット: KIBO ROBOT PROJECT

Kibo_robot_project

KIBO ROBOT PROJECT(公式HP)

2013年、宇宙で活躍するヒューマノイドロボットの名付け親になる!? « WIRED.jp

" 電通、東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研)、ロボ・ガレージが共同研究を進めてきた“KIBO ROBOT PROJECT”は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による公募「『きぼう』を利用した社会課題解決テーマのフィジビリティスタディ提案」に採択され、2011年から1年以上にわたり検討されたことから生まれたプロジェクト。

 同プロジェクトでは現在、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟内で、宇宙飛行士と自律動作および遠隔操作によるコミュニケーションを行ったり、地上に向けて情報発信したりするヒト型コミュニケーションロボットを2体開発中だ。

 完成は13年2月を予定しており、1体は同年夏にISSに向けて打ち上げを行う。そして同年冬、日本人初のISS船長となる若田光一宇宙飛行士とロボットが対面し、世界初の“宇宙における人とロボットとの対話実験”を実施するという。

 ロボットの仕様は身長約34cm、全幅約18cm、奥行き約15cm、重量約1,000g。日本語を話し、主要な装備は音声認識、自然言語処理、音声(発話)合成、情報通信機能、コミュニケーション動作、顔認識カメラ、記録用カメラなど。"

ROBO GARAGE | ロボ・ガレージ(公式HP)
 ロボット製作者 高橋智隆氏の公式サイト。

 国際宇宙ステーション : ISSに日本の二足歩行ロボットが登場するんですね。
 これは宇宙とロボットいう技術の夢のイメージが広がる、とてもワクワクする企画です。
 ロボットデザインがロボ・ガレージの高橋智隆氏で、まるで鉄腕アトムが宇宙で活躍するような、昭和の夢が21世紀に実現するみたいな(^^)。

 ということで新情報が特になく、旧聞に属するニュースですが、70年代の少年だった自分のゴーストがザワザワと奥底からささやくので、記事にしてみましたw。

◆関連リンク
きぼうロボット準備室 (kibo_robo)さん Twitter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.21

■情報 ビートたけし×ヤノベケンジ×ULTRA FACTORY「ANGER from the Bottom : 地底からの怒り」公開!

Anger_from_the_bottom_2_2

MOT STAFFブログ: ビートたけし×ヤノベケンジ コラボレーション作品公開
 (東京都現代美術館 公式HP)

"北野武氏とヤノベケンジ氏のコラボレーションによる作品《ANGER from the Bottom》をエントランスホールで公開いたします。

会  場: 東京都現代美術館 エントランスホール
会  期: 2013年1月16日(水)~2月3日(日) 月曜休館
公開時間: 10:00~18:00
観 覧 料: 無料
主  催: 京都造形芸術大学
協  力: 東京都現代美術館
制 作 者: ビートたけし(タレント)/ヤノベケンジ(現代美術家)
      / 京都造形芸術大学学生 12名
制作場所: 京都造形芸術大学ウルトラファクトリー
制作期間: 2012年11月~2013年1月"

 ヤノベケンジとその工房 ULTRA FACTORYの新作が公開された。
 以下、twitterでつぶやいた僕の感想と、皆さんのつぶやきをまとめたtogetterにて、このヤノベケンジ史上最大(ジャイアントトらやんは7.2m)の巨大な"イドの怪物"は、現在の日本の状況に対するビートたけしとヤノベケンジの怒りの表象のようだ。

ビートたけし×ヤノベケンジ×ULTRA FACTORY「ANGER from the Bottom : 地底からの怒り」 - Togetterでまとめました。

"東京都現代美術館で2013.1/16〜公開される巨大機械オブジェ作品の新作。
頭に斧が突き刺さった怪物が、古井戸からせり上がってくるという高さ約8mの巨大彫刻"

 twitterでのいろんな方々のつぶやきを集めさせていただきました。
 都現美の設営風景を撮られた個人の方による、貴重な写真等、ヤノベファンには嬉しいつぶやきもあります。

 次に、報道機関の取材記事のリンクと、それをトリガーにした僕の感想です。

「Anger from the Bottom」写真7枚
 この怒りの表情は今までのヤノベ作品とは異質なものがある。北野武の「怒り」の注入で禍々しく変貌した巨大機械オブジェ。8mの巨大な怒りの表象をこの眼で体感したい(^^)。
写真11枚
 前から後方へ回り込んだ連続写真。8mの巨体の迫力が伝わってくる。
 特にリンク先、怒りに眼が赤熱した頭部を側面からとらえた大きな写真が素晴らしい。
「ANGER from the Bottom : 地底からの怒り」作品動画
 作品の動く姿と、ヤノベ氏の作品についての説明の言葉を公開。
 地響きと口からこぼれる水の轟音が不気味。顔のデザインや水を轟音とともに落とすのは過去のヤノベ作品の延長上ですね。
 顔の造形は"ジャイアントトらやん"、轟音の水は"MYTHOS 大洪水"といったヤノベ作品を想起させる。
 しかしヤノベの過去作品と異なり、明らかに怒りが観るものの心に鋭く伝わってくる。赤熱した怒りの眼、深い暗黒の躯体、そして地の底から沸き上がる様な恐ろしげな音響。ここまで黒いヤノベ作品は初めてではないだろうか。
 前作 "ザ・スターアンガー : The Star Anger"もその名が示す様に、怒りを表象した作品である。ただしこの作品は、背に載った咆哮するドラゴンと黒い棘は禍々しい雰囲気を醸しているが、全体はミラーボールであり、その銀の光は希望を表している様にも観えた。
 それに比べると今回の作品は、暗黒のパワーに満ちている様に観える。
 これがビートたけしとのコラボ故の力なのか、それともヤノベの奥底からの怒りが強くなっているのか、、、今後の作品も興味深く観ていきたい。(次の新作は愛知トリエンナーレだろうか、、、肉眼で観られる距離のところで展示されると良いのだけれど。)

◆関連リンク
Twitter / yanobekenji: たけしさんとの今年最後の打ち合わせ完了後の新幹線なう ....(ヤノベケンジ氏の作品に関するつぶやき)

"たけしさんとの今年最後の打ち合わせ完了後の新幹線なう。生放送本番直前の忙しい中でしたが怒りのコラボ新作にふたりで呪いの言葉を吹き込みました。"

たけし×ヤノベ×ULTRA《ANGER from the Bottom》ついにお披露目!
 京都造形芸術大学ULTRA FACTORY公式HP

"たけしさんとヤノベさんの構想が、プロジェクト参加学生の頑張りがあり、ここウルトラファクトリーで、なんと約1ヶ月半という短期間のうちに8メートルの巨大彫刻として結実したのです!"

Sp

お笑いナタリー - たけしがアートの授業を体験、来年1月に特番決定

" ビートたけしが出演する「たけしアート☆ビート~楽しくなければやっぱりアートじゃないSP~」(BSプレミアム)が、来年2013年1月31日(木)に2時間SPで放送される。
 現代美術家のヤノベケンジや学生の手を借りてたけしが制作する「自分史上最大」という巨大な作品も必見だ。
 BSプレミアム 2013年1月31日(木) 21:00 ~ 23:00"

お笑いナタリー - たけしの8メートル巨大アート完成、古井戸から怪物

"たけしとヤノベが報道陣の前に 姿を見せた後、「古井戸」をテーマにしたこの作品では轟音とともに得体の知れないモンスターが、口から水を吐きながらゆっくりと出現。たけしは「下町は井戸が身近にあった。でもしばらく時間が経つと井戸がゴミの捨てる場所になったりする。井戸のファントム(亡霊)が地球の環境汚染に怒って顔を出してきた」 と制作の動機を語った。"

ビートたけし「井戸のファントム」を具現化!自分史上最大作品が完成!!『たけしアート☆ビートSP』 | テレビ関連ニュース [テレビドガッチ]

"ヤノベはこのコラボレーションについて「これはたけしさんのユーモア、ギャグで、このファントムの頭には斧が刺さっているんですが、イソップ童話の「金の斧」の物語を発展させて、欲にかられた木こりが鉄の斧を投げ込んだら、神様が出てこず、さらに池を覗くと斧が刺さって神様が死んでいたという、たけしさん のギャグからきてるんです。やっぱり科学の文明が発達して、人類が神様も殺してしまったんじゃないか。そういうテーマに繋がるたけしさんの独特なギャグを 形にしたものでもあるんですね。今回のような、ある種暴力的であるけれど、そこに深い意味がある、人類に対する愛情みたいな物もあるというような形になれ たのではないかと思っています」と語った。"

“世界のキタノ”参加、巨大造形展示へ/瀬戸芸 | 香川のニュース | 四国新聞社

"香川県小豆島町の坂手港に、たけしさんとヤノベさんのアイデアを組み合わせた高さ約8メートルの作品を設置。島の古井戸に眠る霊をイメージしたたけしさんの デザインを、ヤノベさんが立体造形として具体化した作品になるという。来年1月16日~2月3日に東京都現代美術館で披露した後、芸術祭の全期間(3月 20日~11月4日)を通じ、坂手港で公開する"

ヤノベケンジ - 当Blog関連記事 Google 検索

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年1月13日 - 2013年1月19日 | トップページ | 2013年1月27日 - 2013年2月2日 »