« 2013年9月29日 - 2013年10月5日 | トップページ | 2013年10月13日 - 2013年10月19日 »

2013年10月6日 - 2013年10月12日

2013.10.09

■妄想 レンズスタイルカメラDSC-QX10,100を用いた立体写真について

Dscqx10horz

レンズスタイルカメラQXシリーズ・スペシャルサイト | デジタルスチルカメラ Cyber-shot “サイバーショット” | ソニー

 一部で話題になったスマホとWi-Fi接続して、デジタル写真を撮れるソニーのレンズスタイルカメラ「サイバーショットDSC-QX10」。
 iPhoneにこれを2台つなげば、3Dカメラになりますねw。
 アプリがあればステレオ写真も立体ムービーも撮れるはず。ふたつのレンズスタイルカメラの間隔を任意に動かせるのでステレオベースも可変!(^^)

ソニーアプリ“PlayMemories Mobile”
 このソフトウェアがレンズスタイルカメラ2台と連係し、立体写真機能を持てば、iPhoneが立体カメラ化!
 ソニーは、既に3Dハンディカムのソフトウェアを持っているのでそれをスマホアプリに移植するのは簡単なはずw。
 3Dハンディカムも新型の開発が止まっている様なので、大画面テレビで3Dワールドを展開してきた延長で、是非ともこうした3D撮影機器を実現して欲しい!

 このレンズスタイルカメラ2台+iPhone+アプリ“PlayMemories Mobile”を用いた立体カメラは、レンズを取り付けられる長い板状のステイさえ用意すれば、ステレオベースは長大の幅に可変できる。
 理屈から言えば、iPhoneを中心に置いて、レンズをその左右に設置すれば、iPhoneの両側でWi-Fi(IEEE 802.11n)の伝送距離分離すことが出来て、伝送距離×2倍のステレオベースが可能。まさに巨人の立体視となるわけであるw!

 調べてみると、IEEE 802.11n伝送距離 実験で250mとのこと。
 レンズスタイルカメラ2台を用いた立体カメラのステレオベースは500mが可能。 眼の間隔平均6.5cmの現生人類の7700倍という超超超大型巨人の立体視が疑似体験できるわけだ!(^^)身長12km、眼球距離500mの巨人!

 地球の水平線までの都市の立体視とか、もしかしたら多くの惑星と恒星を含む星空が、立体感を持って3D宇宙として観ることが出来るかもしれない。巨人の立体視は、まさに究極の立体映像と言えるかもしれない…なんちゃってw。

◆関連リンク
スマホ 拡張レンズ:SONY DSC-QX10,QX-100: mono-logue

"でもさ、どうせならソニーは、QX-100もしくはQX-10をデュアル装着してのステレオ写真撮影機能を作って欲しかった。"

 調べてみたら、同様のことを考えられた方のBlog記事がありました。
iPhoneでも使えるレンズ型デジカメ『DSC-QX10/100』レビュー
商品の特長 | HDR-AS30V | デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム | ソニー

"AS30VR では付属の、AS30Vでは別売の「ライブビューリモコン」を使用すれば、カメラを身に着けたり、道具に装着したりしながら、手元で画角の確認ができま す。これまでできなかった細かい画角の設定や、頭上や離れた場所に設置したカメラを、手元の操作で簡単に好きなタイミングでスタート・ストップや各種設定 ができます。また、3m防水性能も備えているので、サーフィンやカヤックなどの水上アクティビティでも使用可能(*)です。"

 このWi-Fiビデオカメラヘッドと、腕時計型モニタの組み合せもかっこいい。
ソニー 『レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX100』(Amazon)
ソニー 『レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10』(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.07

■予告篇 ギャレス・エドワーズ監督『ゴジラ』 Gareth Edwards "Godzilla" 2014 Teaser Trailer

Godzilla 2014 Teaser Trailer from Joey Shabadoo on Vimeo
残念ながら、VimeoのHPから既に映像は消えています。
Gareth Edwards's GODZILLA (Facebook)
写真はこちらに掲載されています。

"Godzilla 2014 teaser trailer that is an obvious early release. Typical Hollywood methodology. I like the look and feel of the film. Especially when you halfway see Godzilla's arm in the dust, swinging mightily around. These monsters, unlike Pacific Rim, need to have focal length, dust, birds, steam, and just showing a silhouette in the debris is beautiful. Well done, Gareth. This is how you shoot a Kaiju film. Give it the respect it deserves. The ability to hide a massive monster by using dust, smoke and detritus is a beautiful gift to the audience. Well done.
imdb.com/title/tt0831387/combined "

 Gareth Edwards監督『ゴジラ』予告篇、本格怪獣映画の気配がしていて、とてもいい。

 『モンスターズ/地球外生命体:Monsters』 (2010年)の監督・撮影・脚本・視覚効果を担当したギャレス・エドワーズ (Wiki)の長篇映画第二作。長篇二作目にしてこのような大作をまかされるのが凄いのだけれど、残念ながら『モンスターズ/地球外生命体:Monsters』を未見なので、どのような才能なのか、この予告篇以外に判断する材料を持ち合わせていない(^^;;)。

Godzilla (2014) - IMDb

"Ken Watanabe Dr. Serizawa
Gareth Edwards (Director)
Frank Darabont
(screenplay)
David S. Goyer
(story)"
 現在、IMDbで公開されている主なスタッフは以上。
 脚本が、『ミスト』のフランク・ダラボン (Wiki)というのも注目のポイントです。

 そして、このIMDb情報によると、何と渡辺謙が芹沢博士だ!
 どんなシリアスなマッドサイエンティストを渡辺謙が演じてくれるか、期待である(^^)!

◆関連リンク
Filmz.ru: Годзилла Godzilla (2014), смотреть и скачать Промо-тизер
 こちらのサイトに映像がまだ掲載されていました。
Godzilla 2014 Film By Gareth Edwards - Trailer Coming Soon
 こちらによると11/3に公式予告篇が発表されるか? と疑問符付きで書かれています。
ゴジラ (2014年の映画) - Wikipedia
Godzilla Facebook公式ページ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年9月29日 - 2013年10月5日 | トップページ | 2013年10月13日 - 2013年10月19日 »