« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013年11月24日 - 2013年11月30日

2013.11.28

■情報 MASARU OZAKI(尾崎マサル)『プロジェクション・マッピング入門』


Beginner's Guide To Projection Mapping ( Teaser Trailer ) from MasaruOzaki on Vimeo

MOOK「プロジェクション・マッピング入門」できました|ビデオSALON.Web

"After Effectsと5万円の小型プロジェクターで体験しながら覚える プロジェクション・マッピング入門 著者:MASARU OZAKI(尾崎マサル) A5判 横組本文128ページ DVD-ROM、紙模型付録付き 9月26日発売。使用するソフトはAdobe After Effects CCのみ。制作も投影もAfter Effectsのみでできるというのがポイントです。本には、卓上マッピングのための紙模型(切り取りと組み立てが必要)と、投影した模様を記録撮影した 映像を収録したDVD-ROMが付属しています。"

MASARU OZAKI(尾崎マサル)『プロジェクション・マッピング入門 (特別付録 DVD-ROM・紙模型付録付き) (玄光社MOOK)

 遂に出たプロジェクションマッピングの教則本。表紙がなかなか粋ですねw。
 冒頭の映像はその試用映像。
 プロジェクタは持っているけれど、After Effectsは所有していないので、試すことが出来ないけれど、これはいつか一度トライしてみたいものです。

 SFフィギュアとかミニチュアビルを使ってSFとか特撮プロジェクションマッピングをやったら楽しいでしょうね。例えば球体に惑星を映し出してその変容とか、ゴシックホラーな宇宙船の表層にくり広がる宇宙生物の戦いとか…どなたかトライしてみて下さい(^^;)。

 僕はとりあえず立方体をスクリーンに建物が変形する様なものを、3Dハンディカムで撮っていつでも立体視できるような映像を撮ってみたい(^^)。

◆関連リンク
『TAXAN 小型LEDプロジェクター DLP方式 KG-PL05HW』(Amazon)
 本書で紹介されたプロジェクタ。
『プロジェクション・マッピング入門 』でTAXANプロジェクターTAKG-PL05HWが紹介されました(TAXAN HP)
『Adobe After Effects CS6 Windows版』
 After Effects、手軽に購入できる価格ではないですね。一度、使ってみたいものです。
『ハコビジョン 2個入 BOX (食玩・ガム)』

"1BOX2入り (1BOXで全種揃います) 全2種 クリアプレートに反射させた映像をフィギュアに重ねることで、不思議な映像体験を楽しむことができる商品です。 第一弾は、昨年大きな話題を呼んだ日本最高峰のプロジェクションマッピングショー『東京駅/TOKYO HIKARI VISION』と日本テレビ開局60周年記念として開催された『東京国立博物館/KARAKURI』をラインナップいたします。"

 こちらはスマホを使って家で手軽にプロジェクションマッピングが出来る優れもの(^^)。発売は来年1/29とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.26

■情報 高度3万メートル 宇宙への気球旅行 & 手作り風船による宇宙撮影

World View Experience.mp4 from World View on Vimeo

20131124_1021tile

CNN.co.jp : 宇宙間近、高度30キロの気球の旅 米企業が発表

" 米アリゾナ州に拠点を置く宇宙旅行会社ワールド・ビュー・エンタープライジズがこのほど、豪華な8人乗りカプセルで行く宇宙旅行を1人7万5000ドル(約740万円)で販売する計画を発表した。(略)
 ワールド・ビューが提供する宇宙旅行は、カプセルを乗せた高高度気球が高度約30キロまで上昇し、2時間の宇宙滞在の後、地球に戻るというもの。高度30キロは、民間航空機の平均飛行高度である9~10キロを大幅に上回る。 ワールド・ビューによると、すでに部品試験を開始しており、間もなく小型の実験機による試験も実施するという。初飛行は2016年に予定されている。"

World View(公式HP)
 米国のベンチャー企業による新たな宇宙旅行の提案。
 何と気球によって、高度30000mの大気圏と宇宙の中間帯の絶景を観られるツアーの企画。その宇宙機のデザインがいかにもSFチックで良い感じです。
 この高度だとスペースシャトルの飛行高度の約1/3、飛行機の約3倍ということになるが、窓の外に見える光景は、まさに青い星、地球を球体として眺めることが出来るだろう。無重力体験は無理だと思うけれど、ロケットの様なスピードでない為、のんびりと地球をじっくりと眺められるかもしれない。(でも下の中学生の飛ばした宇宙気球のようにクルクル回転しそうで、安定的に姿勢を保つのは技術的な課題なのでしょうねw)。

▶ (Official Sequel) HELLO KITTY IN SPACE - YouTube

Cornerstone Christian school 7th grade science project. The effects of Altitude on air pressure and temperature.
Cameras: GoPro Hero2 video footage.
Edited By: Eddie Lacayo
Flight gear: High Altitude Science.
Flight computer / Data acquisition: High Altitude Science.
Tree Climber: Woodpecker Arborist.

女子中学生が手作り「風船ロケット」で撮影した宇宙映像が素敵すぎると話題に! | APPGIGA!!(アプギガ)
 こちらはアメリカの中学生が製作した気球による宇宙からの地球撮影映像。
 こんなに手頃な感覚で、地球の青い姿を眺められるとは、まさに驚き(^^;)。
 この中学生の将来の夢が何だか聞いてみたいですが、宇宙開発の何かを成し遂げてくれたらとてもエキサイティング。
 この女の子が成長して、まるでSFのような良い話が、現実に出来上がると良いですね(^^;)。

◆関連リンク
Products – High Altitude Science
 こちらが少女がGoProを使用した宇宙写真撮影に使用する気球やコントローラのメーカページ。購入すれば、僕らも宇宙写真が撮れる!
『GoPro HERO3 ホワイトエディション』(Amazon)

当Blog関連記事
■学生手作り宇宙船からの地球画像 & V2ロケットが撮った世界初の宇宙(?)映像
■ギャラクティック・スイート:galactic suite  宇宙ホテル 2012年スタート
■民間ロケット スペースシップワン 記録更新!

"◆今でもできる宇宙旅行 宇宙旅行は、やはり夢かも、と思っている貴方にひとつ提案です。飛行機の飛行高度をご存知ですか?高度1万~1万3000mつまり13kmの成層圏を飛んでいるのが飛行機の高度なわけです。これは今回の宇宙船の約1/8の高度なわけです。1/8を高いと見るか、低いと見るかは個人の主観...."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.24

■情報 堀晃 原作, 島修一 演出 ラジオドラマ「梅田地下オデッセイ」

Photo

HORI AKIRA:マッドサイエンティストの手帳

"「梅田地下オデッセイ」ラジオドラマ化 13.11/25日(月)に放送されます
 平成25年度芸術祭参加作品
◆放送日時
 2013年11月25日(月)午後8時00分~9時00分
 MBSラジオ(1179Hz)
◆スタッフ
 原作 堀晃(「梅田地下オデッセイ」より)
 脚色 林一郎
 制作・演出 島修一(毎日放送ラジオ局編成センター)
◆出演者
 木内義一、城土井大智、門田裕、一木美貴子、堀部由加里、内山絢貴
 今仲ひろし、浜崎大介、原竹志、川添公二(協力 ライターズ・カンパニー)(以上、プレスリリースより)
 ---------------------------
 制作・演出の島修一氏は「日本アパッチ族」をラジオドラマ化した「鉄になる日」で、芸術祭ラジオ部門大賞、ギャラクシー賞大賞などを受賞されています。
 同じスタッフによるSFドラマ。(略)
 関西エリア限定ですが、可聴域の方はよろしく。"

週間番組表 - MBSラジオ [MBS1179.com]

"【内容】 堀晃作のSF小説「梅田地下オデッセイ」のラジオドラマ化作品。 迷路のように発展した梅田の地下街が突然閉鎖され、たくさんの人が取り残される。やがて地下に新しい社会が誕生するが、その真の目的は何なのか。主人公たちは新天地をめざして地下世界を旅する・・・。"

 堀晃氏の名作短篇が、気鋭のスタッフによりラジオドラマとして復活する。
 あの「梅チカ」の世界がどんな音の空間になるのか、是非聴いてみたいのだけれど、残念ながら関西圏のみの放送のようだ。

ポッドキャスト1179
 MBSのPodcastのHP。いくつかラジオドラマがアップされているので、是非とも「梅田地下オデッセイ」もアップして欲しいものです。要望はこちらで受け付けている様なので堀晃ファンは皆でメールしましょう!! → ポッドキャスト1179 専用メールフォーム

◆関連リンク
ギャラクシー賞「鉄になる日」手がけた島修一氏ラジオドラマの魅力を語る - 芸能ニュースラウンジ

"「3年前に『日本アパッチ族』をやりたいと思っていたんです。その夏に小松左京さんが亡くなって、そのとき、ようやく企画が通りまして、東日本大震災もあり、大阪から何ができるかというのがありました」という島氏。"

 小松左京の傑作大阪SF『日本アパッチ族』のラジオドラマ「鉄になる日」は、再放送もあった様です。残念ながらこちらもPodcast化はされていません。
HORI AKIRA:書庫の片隅「梅田地下オデッセイ」
 何と短篇「梅田地下オデッセイ」は、こちらで堀晃さんの公式HPでテキストをアップされており全篇読めます。
HORI AKIRA:梅田地下オデッセイ

" 同書は、ハード SFの通例として初版のみで絶版となりましたが、この作品に関してはその後の「引き合い」が予想外に多く、宇宙SFを本領と自覚している作者にとっては驚 きでもありました。特に大阪方面ではこの作品を覚えてくれている人は多いらしく、10年以上経った今も、たとえば梅田地下街でボヤ騒ぎがあるとコメントを 求められることがあります。"

・ラジオSFコーナー放送リスト1982.

"梅田地下オデッセィ 原作:堀晃 出演:黒沢良 石丸博也 榊原良子
全8回 7/12,13,14,19,20,21,26,28"

 30年程前に一度ラジオドラマ化されている。このNHKの番組、僕はほとんど聴いたことがなかったのだけれど、ラインアップがマニアックで素晴らしい。「梅地下」はこちらも聴いてみたかったですね。
NHK『ラジオSFコーナー』 - 2ちゃんねるキャッシュ

"何とか版権問題クリアして、門倉氏が所持されているというマスターを CD化して欲しいなぁ……せめてNHKの昔のTV/RADIO放送の良作を再放送してくれるだけでも受信料払った甲斐があるんだが……。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »