« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年1月5日 - 2014年1月11日 »

2013年12月29日 - 2014年1月4日

2014.01.03

■企画プロデュース - 脚本 - 岩井俊二ドラマ24「なぞの転校生」:テレビ東京

Bg_wrapper ドラマ24「なぞの転校生」岩井俊二のコメント(公式HP)

"「なぞの転校生」は僕が中学時代に放映されていたドラマだった。 企画会議の時、僕とプロデューサーがそれぞれ持ち込んだ企画が何故か偶然にも同じ「なぞの転校生」だった。 改めて原作やドラマを紐解いてみると、今なお心に響く、むしろ今だからこそ心に響く物語であった。 僕自身、連続ドラマに関わるのは初めてで、書いても書いても終わらない苦しみを味わったが、今なお色褪せない不朽の名作に挑戦できた。 遠く及ぶものではないことは最初からわかっていながらも、至福の数ヶ月だった。"

なぞの転校生 テレビ東京『ドラマ24』版(Wikipedia)

"企画プロデュース - 岩井俊二
脚本 - 岩井俊二
監督 - 長澤雅彦"

 NHK少年ドラマシリーズで懐かしい眉村卓『なぞの転校生』が、岩井俊二の企画・プロデュース・脚本で連続ドラマ化。

 僕も当時ワクワクして観ていた子供だった訳だけれど、岩井俊二監督も強い印象を持たれていたようである。
 この思い入れのあるドラマがどのように現代の日本で映像化されるか、感心が沸きます。

 冒頭に引用した番組のキービジュアルが素晴らしい。どなたの手になるイラストかクレジットがないためわからないが、この終末感と光を感じさせる絵にはとても魅かれる。
 そしてこの絵を観ると、核戦争または核汚染による終末世界が想起される。
岩井俊二 - Wikipedia

"番犬は庭を守る (制作予定、監督・脚本・編集)"

 岩井作品としては小説として先に発表され、そして次回作として映画化される計画があるという『番犬は庭を守る』とどう繋がるのか/共鳴するのか。とても興味深い。
 本作は原発事故後、岩井俊二がノンフィクション以外で初めて手がけるディザスター物語なのだと思う。どんな表現がなされるのか期待です。

◆関連リンク
・当Blog記事
 ■感想 岩井俊二監督の小説『番犬は庭を守る』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.01.01

■情報 ファンゴリア&トロントフィルムフェス『デイヴィッド・クローネンバーグ展 エボリューション』:FANGORIA Legends and TIFF present DAVID CRONENBERG

DAVID CRONENBERG: EVOLUTION | Behind the Scenes | TIFF Bell Lightbox 2013 - YouTube
David Cronenberg: Evolution | tiff.net (postermanさんのFB経由)
 tiff:Toronto International Film Festival(トロントフィルムフェスティバル)にて開催されているデイヴィッド・クローネンバーグ展の予告篇動画と公式HPへのリンクです。
 この予告篇動画、展示会場の様子を紹介していて素晴らしい。
 あのプロップ、クリーチャー、コスチューム、Pod…が展示されている!!

 開催期間は、2013.11/1〜2014.1/19。クローネンバーグマニアは急いで正月休みにカナダ行きを企画するしかない!! 僕はもちろん行けませんが…(^^;)。

 というわけで、今年はクローネンバーグからスタートした究極映像研です。
 みなさん、今年満十年になる本Blogですが、宜しく御願い致します。

◆関連リンク

1483288_574572289290167_397860192_n

FANGORIA Legends and TIFF present DAVID CRONENBERG

"FANGORIA Legends and TIFF present DAVID CRONENBERG is a full color collector’s magazine—only 2000 to be printed—collecting many key interviews with the maverick director from the three decades he’s been featured in our magazine as well as new features with some of Cronenberg’s celebrated alumni. From his earliest short films to SHIVERS to VIDEODROME to THE FLY and beyond, this slick, stylish limited run mag is one no serious horror film fan can do without. 1000 magazines will be available for sale via FANGORIA.com and the other 1000 will be available exclusively via the TIFF gift shop. The magazine will go on sale in October. And once they are gone…they are gone! NOTE: There is a $2.00 handling fee for this issue.  Issue will not ship until first week of November. spacer"

 こちらのファンゴリアの公式ショップにて、2000部限定のフルカラーコレクターマガジン 本展示のカタログが販売されている。
 本が$10.99、日本への送料 $13.4で合計$24.39となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月22日 - 2013年12月28日 | トップページ | 2014年1月5日 - 2014年1月11日 »