« 2014年11月23日 - 2014年11月29日 | トップページ | 2014年12月7日 - 2014年12月13日 »

2014年11月30日 - 2014年12月6日

2014.12.03

■情報 『不思議の国のあぐ 作品展VII ー彫刻 マリオネット エッチングー : AGU V KRAJINE ZAZRAKOV VII』@名古屋 ギャラリー アートグラフ

Fusigi_no_kuni_nk_agu_vii_smallArtNews.

ふしぎの国のあぐ 作品展Ⅶ
ギャラリーアートグラフ
名古屋市千種区末盛通4-13 第2富士ビル2F

休廊日 毎週火・水曜日

2014年12月06日〜2015年02月16日 12月30日(火)・31日(水)開廊 休廊:2015年1月1日(木・祝) 冬期休廊:1月6日(火)〜14日(水)

 『不思議の国のあぐ 作品展VII ー彫刻 マリオネット エッチングー』@名古屋 ギャラリー アートグラフ、14.12/6-15.2/16。
 タイトルにある"AGU V KRAJINE ZAZRAKOV"は展覧会名のスロバキア語(グーグル翻訳で確認w)。
 是非、観てみたい展示会です。アートグラフさんから案内ハガキを頂いたので掲載します。

 あぐさんは下の画像に引用した案内ハガキで紹介されているように、スロヴァキアで美術を学び、帰国されて東海地区で制作活動をされている女流作家さん。
 前回のアートグラフでの展示会の様子をレポートした当Blogの記事をリンクしましたが、濃密な魔術的な空間が広がる惹き込まれる作品を作られています。
 前回はアニメーションの上映もありましたが、今回はどのようなパペットと映像が観られるか、凄く楽しみです。

Fusigi_no_kuni_nk_agu_vii_annai_s_2

■関連リンク
不思議の国のあぐ 作品展 | sipka official weblog
 前回の展示会を紹介した名古屋大須のsipkaさんBlog
当Blog関連記事
感想 『不思議の国のあぐ作品展VI 』@ 名古屋 ギャラリー「アートグラフ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.01

■感想 ミッシェル・ゴンドリー監督『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』Mood Indigo


映画『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』(公式HP)

 ボリス・ヴィアン原作の、ミッシェル・ゴンドリー監督の新作、やっと観ました。WOWOWでゴンドリー特集を放映していて録画観。4作品がエントリーされていたけれど、近作なのに『グリーン・ホーネット』が入っていないのは何故。というのは禁句かなw。

 かなり原作に忠実に映像化しているように思う。しかしそれが紛れもなくゴンドリー作品になっているところ、まさにぴったりの原作選定なのだろう。

 前半のレトロでポップな映像が素晴らしい。
 最初のパーティのダンス。足が伸びる(たぶんワイヤで体を釣った)奇妙なダンス。螺旋階段を水平に駆け上る主人公。このポップと軽率の境界をギリギリ踏みとどまるゴンドリーの映像タッチがまず素晴らしい。

 そしてパリの町を飛ぶ雲型ゴンドラ飛行体の透明な半球ドームと虹の極彩色。サイケな色彩に彩られた60年代のSF的テイストを持った、シュヴァンクマイエル手法によるボリス・ヴィアン映画。

 今までの作品で抑えられていたシュヴァンクマイエルレスペクトが、このポップでシュールで陰鬱な複雑な原作を得て、解放されたかのような印象がある。
 それくらい前半は、シュヴァンクマイエル作品の影響がある。

 実写とコマ撮りの境界のない融合。
 冒頭の主人公の邸宅(ペントハウス?)の愉快な動く料理、スケート場のDJをするカラス(? 黒いニワトリ?)、透明な自動車の中、裸の女達とそれを撫でる黒いブラシ。
 特にシュヴァンクマイエル『悦楽共犯者』へのオマージュに溢れた映像になっていると思ったのは僕だけであろうか。

 反転して陰鬱に描かれる、肺の中に咲く睡蓮による悲劇。
 主人公が妻の基へ走るシーン、後ろにつきまとう黒い影人間の映像が白眉。
 しかしこの後半ではシュヴァンクマイエル的な映像レスペクトは抑えられている(あー、でも原作にもある土に埋めた金属を裸の男たちが温めて銃を培養するシーンはヤン先生仕立てかw)。これを後半の息切れと観るべきか、この陰鬱な物語構成にそぐう映像にチェコ流シュルレアリスムは似合わないと考えたゴンドリーのプラン通りなのか、、、ここは監督ご本人に訊いてみないと真相はわからないんでしょうね。

◆関連リンク ミッシェル・ゴンドリー監督 ビョークPV
映画『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』コメント.

文学側も映画側も音楽側も納得の映画化。ビョークのデビューPVが永続する懐かしさと斬新さ。 昨今のフランス映画界の充実を代表する永遠に新しい古典。 菊地成孔(音楽家/文筆家/音楽講師)

 というわけで、ここでゴンドリー監督のビョークPVを復習ですw。

▶ Human Behaviour - YouTube(1993)
▶ Björk - Army Of Me - YouTube
▶ björk - isobel - YouTube
▶ Björk - Hyperballad (Official HD Music Video) - YouTube
▶ Björk - Jóga - YouTube
▶ bjork - bachelorette - YouTube
Björk - Declare Independence (Official Music Video) - YouTube
利重剛監督『クロエ』Wikipedia
 日本でも映画化されていたのですね。観てみたい。

◆当Blog関連記事
感想 ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』: L'ECUME DES JOURS
予告篇 ミシェル・ゴンドリー監督『日々の泡 : L'ECUME DES JOURS』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月23日 - 2014年11月29日 | トップページ | 2014年12月7日 - 2014年12月13日 »