« ■情報 アーサー・C・クラーク原作『幼年期の終わり』TVミニシリーズ | トップページ | ■情報 アンドレイ・タルコフスキー監督、黒澤明監督 映画ポスター@Terry posters:テリー・ポスターズ »

2015.01.19

■情報 チェコ映画 ユライ・ヘルツ監督『高速ヴァンパイヤ(フェラトゥの吸血鬼:Upír z Feratu)』上映会

Upirzferatuczechmovieposterside

チェコ映画『高速ヴァンパイヤ』(「フェラトゥの吸血鬼」)上映会

"上映作品:「高速ヴァンパイア(フェラトゥの吸血鬼)」(1981年、90分、チェコスロヴァキア製作)

監督:Juraj Herz ユライ・ヘルツ

現在はなかなか観ることが出来なくなってしまったチェコ・カルトホラーの傑作。主人公の医者マレクを演じているのは、チェコの有名な映画監督イジー・メンツ ル。また、その恋人役のミマは、後のヴァーツラフ・ハヴェルの夫人となった名女優ダグマル・ヴェシュクルノヴァーが演じています。

日本劇場未公開。

チェコの名SF小説家ヨゼフ・ネスヴァドゥバ著『20年ぶりの吸血鬼」を題材にした、巨匠ユライ・ヘルツ監督によるSFカルトホラー映画。

内容:医者のマレク(イジー・メンツル)は、恋人で救急車のドライバーのミマ(ダグマル・ヴェシュクルノヴァー)が外国の自動車会社フェラトゥ社(ここでは「ノスフェラトゥ」との語呂合わせ)と契約を結んだことを知り、自身も自動車ラリーのドライバーに転身します。しかし、その自動車はガソリンの代わりに人間の◯◯を必要とするとんでもない車であった。その車は競技に勝ち続けるのだが、果たしてその結末は・・・・?

撮影に使われたのは、たった1台しか作られなかったチェコ国産の試作車シュコダ(Škoda)110 Super Sport 724型。その内装はヤン・シュヴァンクマイエルによって改造されました。現在、ムラダー・ボレスラフ市にある、シュコダ博物館にて展示されています。"

 上の紹介文、読んで頂けましたか。
 凄くワクワクしませんか。何と車が吸血鬼のホラー映画。そしてその車の内装デザインがヤン・シュヴァンクマイエル!
 
 スティーヴン・キング原作のジョン・カーペンター監督『クリスティーン』 (Wikipedia)を想い出す方も多いでしょう。でもこちらは「吸血鬼」なのですよ(^^)。

 特に素晴らしいのが邦題。『高速ヴァンパイア』って素敵すぎませんかw。
 時速200km/hでアウトバーンを駆け抜ける吸血鬼。東欧の想像力は工業製品をも幻想に引きずり込むようです。観たい。

◆関連リンク

Upír z Feratu 1. část - YouTube
 映画の冒頭がここにあります。映画の雰囲気はこれを観ると伝わってきます。
Juraj Herz監督 – Wikipedie
Upír z Feratu(フェラトゥの吸血鬼) – Wikipedie

|

« ■情報 アーサー・C・クラーク原作『幼年期の終わり』TVミニシリーズ | トップページ | ■情報 アンドレイ・タルコフスキー監督、黒澤明監督 映画ポスター@Terry posters:テリー・ポスターズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/60989573

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 チェコ映画 ユライ・ヘルツ監督『高速ヴァンパイヤ(フェラトゥの吸血鬼:Upír z Feratu)』上映会:

« ■情報 アーサー・C・クラーク原作『幼年期の終わり』TVミニシリーズ | トップページ | ■情報 アンドレイ・タルコフスキー監督、黒澤明監督 映画ポスター@Terry posters:テリー・ポスターズ »