« ■感想 フィリップ・K・ディック、佐藤龍雄訳『ヴァルカンの鉄鎚 : Vulcan's Hammer』 | トップページ | ■感想 シディ・ラルビ・シェルカウィ演出『プルートゥ PLUTO』 (浦沢直樹×手塚治虫原作) »

2015.06.03

■情報 大伴昌司の生涯を描いた 幻の映画シナリオ 池田晴海『OH 星に還った男』 電子書籍(Kindle)無料配信

Oh

幻の映画シナリオ『OH 星に還った男』 電子書籍としてKindle無料配信!

" 『OH 星に還った男』は、あまりにも熱く激しく生きた、不世出の天才クリエイター大伴昌司の生涯を描いた映画用シナリオである。

 本作は2005年に立ち上げられ、生前の内田勝が切望しながら完成しなかった幻の映画企画だ。

 内田勝が著した本シナリオの案内書『OH あの日、あの時』を併録。
 永遠の少年・大伴昌司と、盟友・内田勝の大宇宙をお楽しみください。

 シナリオ:池田晴海 表紙イラスト:加藤礼次朗
【配信について】
 池田晴海, 内田勝『OH 星に還った男』 (kindle)
・配信開始:2015年5月30日(土)~ ・価格:¥0"

 映像研究の偉大なる先達、大伴昌司氏の生涯を描いた映画シナリオの刊行!!
 シナリオを書かれた池田晴海さんという方は、シナリオライターとして2本ほどの映像作品があるようです。

 寡聞にして、このような素晴らしい映画企画があることも、このニュースを見て、初めて知ったのだけれど、2005年に企画され映画化は未だ実現していないということだが、この電子書籍の無料配信を機に、ぜひとも映像化が実現してほしいものである。

 映画が望ましいけれど、場合によったらNHK等でのドラマ化も期待できないだろうか。今までも円谷プロ等、いろいろと怪獣関係の実録物がテレビ化されたことがあるので、ここは切に期待したいものである。
 もし映画化のために、クラウドファンディング等が動き出すようであれば、僕も微力ですが、是非協力したいと思います。

 それにしてもこの本で使われている大伴氏と内田氏の内部図解のイラストが素晴らしい。シナリオの映像化の折には、是非ともこの内部図解の映像化も実現して頂きたいものである。
 立体映像研究でも当時最先端を探索されていた大伴氏の図解映像化は、3D-CGで立体視できるトータルスコープ(完全なる映像)で観せてほしい(^^)。

◆関連リンク
大伴昌司 当Blog関連記事 検索
 

|

« ■感想 フィリップ・K・ディック、佐藤龍雄訳『ヴァルカンの鉄鎚 : Vulcan's Hammer』 | トップページ | ■感想 シディ・ラルビ・シェルカウィ演出『プルートゥ PLUTO』 (浦沢直樹×手塚治虫原作) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/61673547

この記事へのトラックバック一覧です: ■情報 大伴昌司の生涯を描いた 幻の映画シナリオ 池田晴海『OH 星に還った男』 電子書籍(Kindle)無料配信:

« ■感想 フィリップ・K・ディック、佐藤龍雄訳『ヴァルカンの鉄鎚 : Vulcan's Hammer』 | トップページ | ■感想 シディ・ラルビ・シェルカウィ演出『プルートゥ PLUTO』 (浦沢直樹×手塚治虫原作) »