« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »

2015年8月30日 - 2015年9月5日

2015.09.02

■感想 切通理作『本多猪四郎 無冠の巨匠』

61vafdfs3gl_sx340_bo1204203200_

 切通理作さんの『本多猪四郎 無冠の巨匠』読了。

 本多監督が作品に込めた想いを、本多監督のスクラッププックや日記等資料に加えて、御家族/関係者へのインタビュー、故郷探訪、そして脚本と映像作品の徹底的な比較等々の徹底分析から、丁寧にあぶり出した力作。

 最後の章「新しい怪獣映画の話をしよう」が特に興味深い。
 本多監督が最後の映画作品『メカゴジラの逆襲』以降で考えていた作品に関するメモとコメントの分析。

本多猪四郎の言葉。
 "核の恐怖というものはなくならないのだから、ゴジラの存在の根底には放射能というものがいまだにあっていいんだけれども、それの認識の仕方・・・今後人間が生きるために作り出していく反作用みたいなものに対するゴジラとの関わりというかな。こういうものをもうちょっと突き詰めていけば、新しいゴジラができるはずだと。それは思いますよ"(P455)

Photo

 この言葉を読んで感じたのは、311後の『ゴジラ』、庵野秀明&樋口真嗣版の課題のひとつは、福島の東電原発事故の存在をどう扱うかということでないかということ。初代『ゴジラ』と本多監督への強いリスペクトを持たれている御二人が現代の日本で新作『ゴジラ』を作るのであれば、原発メルトダウン後を、どう描くかは重要なテーマであるはず。

 この本多監督の言葉から、以下のような映画のシーンが思い浮かんだ。           

 冒頭、大震災直後の破壊された福島第一原発をカメラがなめて、映し出される震源である太平洋の凪いだ海原。カメラはそのまま海底へトラックダウン、そして映し出される黒い巨体。
 上陸し、さらに破壊される東電原発。ゴジラの体に降り注ぐ燃料プールのプルトニウム。

Godzzira

 その先もしばらく役者は登場せず、ドキュメント的に津波にさらわれた海岸を南に向けて進むゴジラが映し出される。福島、茨城、そして東京へ無言のまま、地響きのみをたてて突き進むゴジラ。
 画面は一転、鹿児島。現れた二体目のゴジラ。
 破壊される川内原発1号機。つづいて日本各地に現れるゴジラの総数は、54体。全国の全原発が破壊され、全てのゴジラが向かうのは東京。破壊される国会議事堂と皇居。ここではじめて、54体のゴジラの咆哮。そして街に向けて放たれる放射能火炎。
 タイトル『ゴジラ311』。
 物語は廃墟となった日本でスタートする....



 戦争を体験し科学技術の暴走を何よりも心配されていた本多監督。
 現在、もし本多監督が生きていたら、どんなゴジラを撮るのだろうか。凄まじくノワールなゴジラが登場し、そして最後には絶望に突き落とされた我々観客に、それでも希望を提示されるのではないだろうか。そんなゴジラが観たくてたまらない。

◆関連リンク
【WOWOW】 【町山智浩×切通理作】 無冠の巨匠 本多猪四郎 その1 - YouTube

| | コメント (0)

2015.08.31

■感想 コリン・トレボロウ監督『ジュラシックワールド』Jurassic World


JURASSIC WORLD: Building the Apatosaurus - Legacy Effects - YouTube
 コリン・トレボロウ監督『ジュラシックワールド』RealD 3D吹替にて観てきた。
 名古屋地区のIMAXは残念ながら字幕のみの上映。3Dで立体視を邪魔する字幕はありえない派の僕はしかたなく、RealD 3D吹替に流れるわけです。

 それにしても今回のRealD 3Dの小牧コロナの映像品質はひどかった。まるでスクリーンに霞がかかったようなボンヤリとした映像。
 先日記事にした、うちの三菱の3Dプロジェクタで観た『ヒックとドラゴン2』と比べると、その画面のクリアさは圧倒的に違う。これだったら、もう劇場で観る価値は音響と雰囲気だけということになる。
 今回の小牧コロナの映像品質では、きっとBlu-rayが発売されたら、DLP 3Dプロジェクタで観る方が映像は綺麗だろうと、思わざるを得ない。

 と地方映画館の愚痴になってしまったけれど、映画はいろいろと文句をつけたい部分はあったけれど、久々になかなかのジュラシック世界を体感させてもらった。


☆☆☆☆☆☆☆☆ネタバレ注意☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




 前半、特にインドミナス・レックスが暴走してパーク内で暴れ始める辺りの緊迫感はなかなか。
 本来、自然の作り出したカオスな存在である恐竜を、主人公の「調教」とかで、ある枠内に入れてしまうような描写を排除していればもっと面白くなっただろうにと残念。
 それとドラマ的にはパークの責任者であるはずの女性主人公の行動が残念すぎる。パーク内で人死にが出ているのに自分の甥と姪だけのために動き、責任者としての行動は微塵もとらない。ここのいいかげんさで、本来生まれていたはずのドラマの緊迫感が大幅に削がれている。
 この監督、スターウォーズシリーズの監督に抜擢とのことだけれど、少し心配になるのであるw。

 映像的にも、Stereo D社による2D-3D変換は、ところどころ凄い3Dシーンがあったけれど、全般的には3D映画としての興奮には欠け、ここも残念なところ。例えば、ブロントザウルスの体表をクローズアップで舐めるように立体視させるとか、ステゴザウルスの背びれを効果的に立体視で見せるとか、いろいろと手はあるはずなのに、恐竜世界に入り込んだという興奮がいまひとつだった。

 もともとは全篇3D撮影という話もあったようだけれど、スピルバーグには本格的な3D映画を期待したい。

| | コメント (0)

« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »