« 2015年8月30日 - 2015年9月5日 | トップページ | 2015年9月13日 - 2015年9月19日 »

2015年9月6日 - 2015年9月12日

2015.09.09

■感想 マグリット展 @ 京都市美術館

Img_2276checker

京都市美術館 > 展覧会案内 > マグリット展

"7月11日(土)~10月12日(月・祝)
ルネ・マグリットは、私たちの思想や行動を規定する”枠”を飛び超えてみせる独特の芸術世界を展開した20世紀美術を代表する芸術家である。京都で44年ぶりの本格的な回顧展は,ベルギー王立美術館とマグリット財団の協力を得て,代表作約130点を展示。初期から晩年まで、画家の思想や創造の過程をたどり、マグリット芸術の謎の魅力を堪能する。"

 先日記事にしたヤノベケンジ×増田セバスチャン×髙橋匡太 「PANTHEON-神々の饗宴-」へ行った際に、平安神宮近くの京都市美術館で「マグリット展」を観てきた。初期作品から晩年の見知った絵まで、マグリットの画業の全体像に触れられた。
 思っていたのより、作風が多彩、というか、時代時代でかなり変貌していく作風。
 ルノワールの時代とか「ヴァーシュ(雌牛)の時代」(1947-48)とか、不勉強で知らなかったのだけれど、マグリット的な理知的なシュールレアリスムの絵しか知らなかったので、とても興味深かった。

 特に味わい深かったのは、パリ個展のために作られたという、雌牛の時代の作品。ラフな30枚の絵が描かれたというこの時代の作品、展示会では2枚ほどしかこの時代の絵はなかったのだけれど、他も観てみたくなって検索してみた(vache Magritte - Google 検索)

20150906_121758

 展示されていた一枚はこの引用画の中断一番左の絵。背広の男が持つ拳銃がネクタイと混じり合ったような服を着ている、色彩豊かな絵でマグリットの有名画と比較すると、その破天荒さ、カラフルさに吃驚する。
 どちらかというと、「超現実」といっても現実のリアルを優先し、細部はリアリズム描写のイメージが強いマグリットだけど、この絵のように物体が溶融し、奇怪な形状とサイケな色彩のこのような絵があるとは。
 どちらかというと、有名画よりも、今回この絵画に強い興奮を得たのである。

 初期から時代が進む順に約130点の絵画を鑑賞できる今回の展覧会。
 パネルにはマグリットの絵画に関する思索の流れがわかるような説明文が書かれていたが、哲学的な、人がとらえる現実と真の現実とのズレを意識したマグリットの言葉が印象的だった。
 その思考を絵画化した、額縁の絵と窓の外の実景を描いた絵画や、月という一つしかない事物と三人の男の脳内のそれぞれの月を並列に描いた絵画。
 こうした絵から窺えるのは、シュルレアリスムといっても、感覚的/自動書記的なものではなく、とても理知的なロジカルに組み立てられた「超現実」を狙っていたように読める。

 他にも幾十ものシルクハットのジェントルマンが空中に浮かぶ「ゴルコンダ」のところに記されていたような、「絵には感情はありません、見る人にある」と言ったマグリットの言葉。これも人の認識を哲学的に分析した言葉であり、感覚よりも理知を優先して、リアリズムの手法で超現実を描いた作風の根幹にある思想であるかのように見える。

Img_2281

 今回、こうしたマグリットの思索と絵画を同時に鑑賞できるとても良い機会となり、貴重な経験だった。

 右は展覧会を観終わって訪れたすぐ隣の平安神宮で写した、HDR写真。

 HDRは現実の映像を露出を変えて2枚写して、明暗のダイナミックレンジを広げて「現実」を写す、現代の「超現実」の手法である。

 マグリットが平安神宮へ訪れていたら、どんな「超現実」を描いてくれるか、というようなことを考えるとともに、雌牛の時代のマグリットにもここを訪れてもらい、空間と色彩が歪むような「非現実」的風景も描いて欲しいと考えながら、この赤が眩しい建物に見入ったのでした。

| | コメント (0)

2015.09.07

■感想 園子温監督『映画 みんな! エスパーだよ!』

 園子温監督 映画『みんな! エスパーだよ!』観てきた。
 心配は的中し、TVシリーズ番外編『みんな! エスパーだよ!〜エスパー、都へ行く〜』に続く、悪ノリ大作wだった。たぶん園子温史上最大の悪フザケ暴走エロ大作。  園監督の出身地である東三河(監督は豊川出身)、豊橋の街は催淫の雰囲気に包まれ、街じゅうの人々が往来で下着姿になり、しなだれるw。

 物語はTVシリーズの冒頭を描きなおし、そしてそこから暴走が始まり、TVドラマの際にあった主人公 鴨川嘉郎の青春の哀愁とSFとして結構秀逸だった爆笑のセコイ超能力描写は、背景に押しやられて、ただただ画面は若い女性のパンチラと下着/水着姿で埋め尽くされていく。

 一応、物語の縦糸として、胎児だった時に出会った嘉郎の「運命の人」との邂逅をテーマとして見せているが、それは映画を観客に申し訳程度に繋げ止める、最低限の物語要素だけだったりする。
 この映画、園監督が高校生時代まで過ごした地元豊橋を舞台に、青春の性的妄想が爆発して街に現出している。おそらく監督の当時満たされなかったリピドーが東三河に復讐し、それを映像として定着されたものなのではないかw。三河弁ベタベタで埋め尽くされた性的妄想。妄想だけに本当に計り知れない、観客を置いてけぼりにするシーケンスも幾つか。あれは何だったのだろう...って。
 これはまさに、園子温青春私小説の暴発作である。

 一点、光っていたシーンは、後半でエスパー教師ポルナレフ愛子が英語詩を口づさみながら、嘉郎の前から去っていくシーン。ここに結晶化された物語の縦糸の描き方はゾクっとした。あの詩はどこかに掲載されていないのだろうか。園監督作?

◆関連リンク
『みんな!エスパーだよ!〜欲望だらけのラヴウォーズ〜』|dTV
 dTVでオリジナルドラマもあったんですね。「」、こっちは園子温は総監督。
【WOWOWぷらすと】映画 みんな!エスパーだよ!公開だよ! |WOWOW動画 【旧:W流】.

"中井圭、早織、ゲスト:深水元基、マキタスポーツ
9/4(金)~公開の映画「みんな!エスパーだよ!」で共演の深水元基さんもお迎えし、撮影秘話をたっぷりお届け!"

 もともとプリクエルにする企画もあったようで、胎児の時代を描いているのは、その名残のようです。

続きを読む "■感想 園子温監督『映画 みんな! エスパーだよ!』"

| | コメント (0)

« 2015年8月30日 - 2015年9月5日 | トップページ | 2015年9月13日 - 2015年9月19日 »